虫けらの唄

この曲の表示回数 19,248
歌手:

バーブ佐竹


作詞:

もず唱平


作曲:

キダタロー


死んだ親父は 極道者で
逃げたお袋 酒づかり
どこに息子の 立つ瀬があろう
ぐれたこの身を 責めるなよ

いつかやるぞと 力んでみても
セコイ世間にゃ 歯がたゝぬ
泣いてみたとて 虫けら達にゃ
明日がひらける わけじゃない

甘い言葉にゃ 欺されないよ
うまい話も 信じない
人の情けを 知らないオレが
なんでお前に 惚れたのか

訊けばお前も 15の春に
親に背いて つまずいて
夢を求めた ネオンの街で
涙ながした 花なのか

どうせ虫けら ネグラもないが
落ちはしないさ これ以上
風のあたらぬ 日陰をさがし
生きて行こうよ 二人して
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:虫けらの唄 歌手:バーブ佐竹

バーブ佐竹の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2007-11-21
商品番号:KICX-3543
キングレコード

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP