百年先も手をとりながら

この曲の表示回数 16,014
歌手:

坂本冬美


作詞:

松井五郎


作曲:

山川恵津子


流れる川の
水面に映る
葉影の色は じきに
次の季節を渡す

留まることを
許さぬ風は
漂う心 何処へ
連れてゆきますか

はじめて逢った日から
どれだけ経ったのでしょう

百年先も
あなたの手をとりながら
どんなときも
そばにいてください

過ぎゆく日々を
見送る空に
翳した花は決して
枯れることはない

ただありがとうとだけ
伝えられたらいいのに

百年先も
あなたの手をとりながら
どんなときも
そばにいてください

百年先も
変わらず手をとりながら
どこまでも
行く舟に乗りたい

百年先も
あなたの手をとりながら
どんなときも
そばにいてください
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:百年先も手をとりながら 歌手:坂本冬美

坂本冬美の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2010-09-29
商品番号:TOCT-22306
EMIミュージックジャパン

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP