想い出のクリフサイド・ホテル

この曲の表示回数 25,817
歌手:

中村雅俊


作詞:

売野雅勇


作曲:

鈴木キサブロー


最後まで君だけが 嘘の名で通したね
マリーナを見下ろす部屋で
西風が灼けた肌濡らしてく頃
君を忘れられたらいいね

夏の日の恋だと割り切れぬ 俺を笑え

想い出のクリフサイド・ホテル
ああ淋しいとささやけよ
想い出のクリフサイド・ホテル
抱きしめてくれもう一度

事情(わけ)のある女だと瞳(め)を閉じて泣いてたね
細い腕うなじに回し
引き湖の渚から君が消えてく
逢わなかったことにしてと

甘い夢醒めれば ほろ苦いただの男さ

想い出のクリフサイド・ホテル
大人でしょうと背を向けた
想い出のクリフサイド・ホテル
君がいちばん哀しいね

君だけが本当の君を知らない

想い出のクリフサイド・ホテル
ああ淋しいとささやけよ
想い出のクリフサイド・ホテル
君がいちばん哀しいね
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:想い出のクリフサイド・ホテル 歌手:中村雅俊

中村雅俊の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:1992-02-01
商品番号:COCA-9506
日本コロムビア株式会社

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP