試聴する

いつか街で会ったなら

この曲の表示回数 42,884
歌手:

中村雅俊


作詞:

喜多條忠


作曲:

吉田拓郎


何気ない毎日が 風のように過ぎてゆく
この街で君と出会い この街で君と過ごす
この街で君と別れたことも
僕はきっと忘れるだろう

それでもいつか どこかの街で会ったなら
肩を叩いて微笑んでおくれ

さりげないやさしさが 僕の胸をしめつけた
この街で僕を愛し この街で僕を憎み
この街で夢を壊したことも
君はきっと忘れるだろう

それでもいつか どこかの街で会ったなら
肩を叩いて微笑みあおう

それでもいつか どこかの街で会ったなら
肩を叩いて微笑みあおう
icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:いつか街で会ったなら 歌手:中村雅俊

中村雅俊の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:1992-02-01
商品番号:COCA-9506
日本コロムビア株式会社

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP