夏まぼろしの

この曲の表示回数 2,678
歌手:

杉田二郎


作詞:

松井五郎


作曲:

杉田二郎


蜩の空に 夕焼け雲が流れ
畦道を行けば 灯る祭りの明かり
湯上がりの髪が 風の匂いを変えた
ふりかえる影は こぼれた花のように

夏まぼろしの 時の迷い子
遠いあの日に いまも手を引かれ

なにも応えない 月にひとり
ひとりぼんやりと あなたを思えば
この心は まだ残り火
いつまでも いつまでも

せんこう花火が 星のかけらを弾く
つたない手紙は 渡しそびれたままに

夏まぼろしの 時の写し絵
遠いあの日は いまも鮮やかで

決して忘れない 夢にひとり
ひとり目を閉じて あなたを探して
この心は まだ残り火
いつまでも いつまでも

夏まぼろしの 時の迷い子
遠いあの日に いまも手を引かれ

なにも応えない 月にひとり
ひとりぼんやりと あなたに逢いたい
この心は まだ残り火
いつまでも いつまでも
この心は まだ残り火
いつまでも いつまでも
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:夏まぼろしの 歌手:杉田二郎

杉田二郎の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2016-11-02
商品番号:EPCE-2044
UP FRONT WORKS Z = MUSIC =

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP