ジーンズとハーモニカ

この曲の表示回数 2,850
歌手:

杉田二郎


作詞:

杉田二郎


作曲:

杉田二郎


山の街に別れを告げて 海の見える街へと
俺達の唄のせた列車は 丘の上を急ぐ
時の流れにくぼんだシート 腰をおろせば
数え切れない幸せと 悲しみが聞こえる

もうじっとしてはいられない
旅のせいではないだろう
新しい唄が生まれたのさ
早く早く君に伝えたい

はき馴れたジーンズから ハーモニカとり出せば
愛する人に出会った あの日が昨日のよう
時代の夜明け信じてた あの頃がざわめく
何も言わない風さえも 窓ガラスを叩く

もうじっとしてはいられない
旅のせいではないだろう
新しい唄が生まれたのさ
早く早く君に伝えたい

Woo

いくつもの季節 通り抜ける
長い長い旅だけれども
きっと待っていておくれ
明日は明日は君の街だよ

もうじっとしてはいられない
旅のせいではないだろう
新しい唄が生まれたのさ
早く早く君に伝えたい

Woo
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:ジーンズとハーモニカ 歌手:杉田二郎

杉田二郎の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2016-11-02
商品番号:EPCE-2044
UP FRONT WORKS Z = MUSIC =

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP