ふぞろいの人生

この曲の表示回数 13,006
歌手:

杉田二郎


作詞:

たきのえいじ


作曲:

浜圭介


水割りが くちびるに沁みる夜は
都会より 色あせた港が似合う
おもいでを 置き去りに急ぐ船を
見送れば あの頃がまぶたをよこぎる

全てを 白紙にして
おまえを抱きしめたい
ふぞろいの人生を あの日から
巻き戻せたら

恋なんて 短編小説だねと
悲し気に いつも つぶやいてたおまえ
しあわせのかけらさえ みせてやれず
意気がって生きていた 無邪気な歳月

逢いたい も一度だけ
ごめんと云わせてくれ
ふぞろいの人生が音もなく
涙を誘う

全てを 白紙にして
おまえを抱きしめたい
ふぞろいの人生を あの日から
巻き戻せたら
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:ふぞろいの人生 歌手:杉田二郎

杉田二郎の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:1994-10-01
商品番号:FHCF-2180
ファンハウス

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP