紅しょうがの詩

この曲の表示回数 9,038
歌手:

田端義夫


作詞:

野本高平


作曲:

四方章人


その日ぐらしの 母(おや)と子が
今日も夕飯に 紅生姜
こんな総菜(おかず)で すまないと
涙堪えた 母の顔
いまも優しく 目に浮かぶ

頼る父には 先立たれ
苦労をかかえて 生きた母
女ひとりの 歳月は
花の咲かない 冬ばかり
さぞや寒さが 沁みただろ

母の棺に さよならと
泣いて納めた 紅生姜
遠い昔の 明け暮れを
想い出すだろ 母さんも
はるかあの世で あの空で
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:紅しょうがの詩 歌手:田端義夫

田端義夫の新着情報

  • 出世船 / ♪世間が俺をみとめたならば
  • 二見情話 / ♪二見乙女やー花ならば蕾
  • 奄美小唄 / ♪名瀬の港の夕波月に誰を慕うて
  • くろかみ / ♪十八のくろかみをほどかせた
  • 泡盛の島 / ♪泡盛のうまれたくにを知ってる

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2011/10/19
商品番号:TECE-3016
テイチクエンタテインメント

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP