梅と兵隊

この曲の表示回数 28,686
歌手:

田端義夫


作詞:

南條歌美


作曲:

倉若晴生


春まだ浅き 戦線の
古城にかおる 梅の花
せめて一輪(いちりん) 母上に
便りに秘めて 送ろじゃないか

覚悟をきめた 吾が身でも
梅が香(か)むせぶ 春の夜は
戦(いくさ)忘れて ひとときを
語れば戦友(とも)よ 愉快じゃないか

明日(あした)出てゆく 前線で
何(いず)れが華(はな)と 散ろうとて
武士の誉じゃ 白梅を
戦闘帽(ぼうし)にさして 行こうじゃないか
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:梅と兵隊 歌手:田端義夫

田端義夫の新着情報

  • 出世船 / ♪世間が俺をみとめたならば
  • 二見情話 / ♪二見乙女やー花ならば蕾
  • 奄美小唄 / ♪名瀬の港の夕波月に誰を慕うて
  • くろかみ / ♪十八のくろかみをほどかせた
  • 泡盛の島 / ♪泡盛のうまれたくにを知ってる

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2009-01-01
商品番号:TECE-30807
テイチクエンタテインメント

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP