島の船唄

この曲の表示回数 27,313
歌手:

田端義夫


作詞:

清水みのる


作曲:

倉若晴生


小島離れりゃ 船唄で
今日も暮れるか 海の上
いつも俺いらは 波まくら
ひとり船頭で くらすのさ

何が恋しゅて 浜千鳥
小松がくれに 呼ぶのかよ
星も綺麗な 夜じゃないか
なまじ見せるな 未練気を

明日(あす)は明日(あした)の 風が吹く
波の浮世に 一人もの
ならば千鳥よ この俺と
唄を仲間に くらそうよ
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:島の船唄 歌手:田端義夫

田端義夫の新着情報

  • 出世船 / ♪世間が俺をみとめたならば
  • 二見情話 / ♪二見乙女やー花ならば蕾
  • 奄美小唄 / ♪名瀬の港の夕波月に誰を慕うて
  • くろかみ / ♪十八のくろかみをほどかせた
  • 泡盛の島 / ♪泡盛のうまれたくにを知ってる

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2009-01-01
商品番号:TECE-30807
テイチクエンタテインメント

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP