試聴する

故郷の山が見える

この曲の表示回数 13,048
歌手:

走裕介


作詞:

木下龍太郎


作曲:

船村徹


いちど東京へ 行くと言いながら
いつも口だけで ひとり野良仕事
老けたおふくろの やせたあの肩を
さすってあげたい
峠 越えれば 俺のふるさと
山が見えてくる

ふるさとの山に向いて 言うことなし
ふるさとの山は ありがたきかな(啄木詩集より)

けんかしたけれど 何故か気があって
どこへ行くんだと 泣いてくれたやつ
月の縁側で 馬鹿を言いながら
ふたりで呑みたい
幼なじみと 共に遊んだ
山が見えてくる

村を出るときは ひとり踏切りで
汽車が消えるまで 背伸びしていた娘
町へ嫁に行き 母となったいま
しあわせだろうか
恋を失くした 遠いあの日の
山が見えてくる
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:故郷の山が見える 歌手:走裕介

走裕介の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2011-10-19
商品番号:COCP-36978
日本コロムビア

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP