試聴する

春の北岬

この曲の表示回数 7,543
歌手:

走裕介


作詞:

峰崎林二郎


作曲:

船村徹


いのち支える 小枝をくわえ
雁(かり)が飛び立つ 北岬
遠く旅して ふるさと目指し
帰り着けずに はぐれた枝が
白く哀しい 春の浜

遥か波間を 小枝で休み
雁(かり)は渡って 行く北へ
昔小枝で 湯船を焚いて
冬鳥(とり)の想いを 慰めたとか
情けしみじみ 北岬

君が待ってる あのふるさとを
越えて行くのか 冬鳥(とり)達は
夢のひと枝 花咲く日まで
今は帰れぬ ああつらいけど
思い重ねる 北岬
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:春の北岬 歌手:走裕介

走裕介の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2011-10-19
商品番号:COCP-36978
日本コロムビア

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP