LIVE REPORT

9mm Parabellum Bullet ライヴレポート ライブレポート

9mm Parabellum Bullet ライヴレポート

【9mm Parabellum Bullet ライヴレポート】 『カオスの百年 vol.12』 2018年5月27日 at 日比谷野外大音楽堂

2018年05月27日@

撮影:西槇太一/取材:田山雄士

2018.06.07

9mm Parabellum Bulletの自主企画イベント『カオスの百年』が5月27日に日比谷野外大音楽堂で行なわれた。今回は“vol.12”となり、同企画を野音で開催するのは初! さらに、対バンに新プロジェクト“AC 9mm”(エーシーキューミリ)を迎えての公演で、2018年第一弾新曲の初披露&無料ダウンロードを事前告知していたということもあり、そこかしこに特別な要素が詰まったステージだったと言える。

まずはAC 9mm。開演時刻になるとかみじょうちひろ(Dr)がステージに現れてソロで叩き、追って中村和彦(Ba)、菅原卓郎(Vo&Gu)の音が重なり、「Answer And Answer」が始まる。原曲とは異なるラテン調のノリが気持ち良く、哀愁風味がマシマシ。中村がジャジーなラインを弾く「Psychopolis」、かみじょうのマーチ的ビートで展開する「Battle March」、菅原のアコギが多彩に響く「荒地」、ゆったりビートに裏拍アコギを乗せた「ハートに火をつけて」もたまらない。“ぺーぺーなバンドなんで、あとは十何年選手の人たちに任せます(笑)。いい夜にしましょう!”と菅原が締め、本家9mmにつないだ。

9mmはライヴ活動セーブ中の滝 善充(Gu)がスタートから居て嬉しかった。滝の暴れぶりに引っ張られるように、「Mr.Suicide」では菅原が“日比谷ーッ!!”と観客に呼び掛け、かみじょうのドラムは熱を帯び、中村のシャウトも投下! 滝のギターが歪み倒した激烈ファストチューン「Supernova」で最初のピークを迎える。“新しい伝説作るか!”と宣言する菅原、「Story of Glory」で《わけなんてなくて笑っていた おれたちは今夜無敵なんだ》を叫ぶ滝と見逃せない瞬間が続く。サポートギターがfolcaの為川裕也からHEREの武田将幸に代わると、2ビートで駆け抜けた新曲「キャリーオン」も披露。菅原と滝がイントロでマラカスを振りステージのミラーボールから光が舞い上がった「Talking Machine」、大合唱を巻き起こして最後はキャノン砲発射の「新しい光」など、どこを取っても笑っちゃうくらいに無敵の9mmでした。

撮影:西槇太一/取材:田山雄士

9mm Parabellum Bullet

キューミリ パラベラム バレット:2004年3月横浜にて結成。 2枚のミニアルバムをインディーズレーベルからリリースし、07年にDebut Disc「Discommunication e.p.」でメジャーデビュー。09年9月9日に初の日本武道館公演を開催し、結成10周年を迎えた14年には日本武道館2Days公演を成功させた。パンク・メタル・エモ・ハードコア・J-POPなどあらゆるジャンルを飲み込んだ独特な音楽性とライヴパフォーマンスで日本ロックシーンの支持を得る。

関連ライブレポート

twitter Facebok google+