My Little Loverの歌詞一覧リスト  122曲中 1-122曲を表示

並び順: []
全1ページ中 1ページを表示
122曲中 1-122曲を表示
曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 編曲者名 歌い出し
アイデンティティーあの日のママは妙にマジメ顔で 『信じるものを愛しなさい。』と  あなたの全て使って 思いっきり笑顔 魅せてよね  戯けてみせる微笑みだとか 切り裂かれそうな涙の意味を  いつかわかる時 やって来るために 今を過ごしたい  私を見てる その目はいつも 私の気持ちを試そうとしている 移ろいやすく感じるココロは ひとつのイメージをひた隠しにして 無音の響きを待つように アイデンティティー探してる  昔誰かと話してたこと 『ココロに嘘をついてはいけない。』と  夢も希望も 恐れも弱さも 全部持ってるから  私が見てる大切なものと 目をつぶりたくなるような現実 毎日毎日 繰り返すけど それ全てが私を創り出してる いろんな迷路 通り抜けて アイデンティティー見つける  私を見てる その瞳はただ 私の気持ちを試そうとしている 移ろいやすく感じるココロは 無意識のうちのイメージを開いて 毎日毎日 繰り返すけど それ全てが私を創り出してるMy Little LoverakkoTakeshi Kobayashi小林武史あの日のママは妙にマジメ顔で 『信じるものを愛しなさい。』と  あなたの全て使って 思いっきり笑顔 魅せてよね  戯けてみせる微笑みだとか 切り裂かれそうな涙の意味を  いつかわかる時 やって来るために 今を過ごしたい  私を見てる その目はいつも 私の気持ちを試そうとしている 移ろいやすく感じるココロは ひとつのイメージをひた隠しにして 無音の響きを待つように アイデンティティー探してる  昔誰かと話してたこと 『ココロに嘘をついてはいけない。』と  夢も希望も 恐れも弱さも 全部持ってるから  私が見てる大切なものと 目をつぶりたくなるような現実 毎日毎日 繰り返すけど それ全てが私を創り出してる いろんな迷路 通り抜けて アイデンティティー見つける  私を見てる その瞳はただ 私の気持ちを試そうとしている 移ろいやすく感じるココロは 無意識のうちのイメージを開いて 毎日毎日 繰り返すけど それ全てが私を創り出してる
愛と平和森の中で 木漏れ日を見つけた 木の葉が舞う 息吹を確かめて ゆっくりそよいでる その風に乗って 思いがけないところへ 『つれていって・・』と小さくつぶやいて あなたの手を そっと握りしめた  優しい春風に 包まれながら 夢に終わりないことを知らされる  love and peace よく聞くそのフレーズ 生まれ持つもの 美しくあって 醜くもなってしまう 愛を取り違えないように 今この時が 二度と来ないこと よくよく感じていたい  いつも通り 同じような日々も 必ず違う場面を過ごしてる 毎日起こってる 小さな奇跡を 感じられたら きっと輝く  love and peace 恋い焦がれた時間と 薄らいでゆく記憶と景色が少しずつ乱れても 春の風に揺られながら 私は私なりの想いや願いを紡いでくの  もしもねぇ もしもだけど またあなたが違う夢見て 新しい世界を描いたとして  そこに私がいなくても あなたの笑顔 創り出せるなら 何よりも素敵よ love and peace 多分だけど ずっと愛していられる そんな気がする 春の風に包まれて ららら・・ あなたの笑みが 今もこれからもずっと続きますようにMy Little LoverakkoTomoya Matsuura・akko近田潔人森の中で 木漏れ日を見つけた 木の葉が舞う 息吹を確かめて ゆっくりそよいでる その風に乗って 思いがけないところへ 『つれていって・・』と小さくつぶやいて あなたの手を そっと握りしめた  優しい春風に 包まれながら 夢に終わりないことを知らされる  love and peace よく聞くそのフレーズ 生まれ持つもの 美しくあって 醜くもなってしまう 愛を取り違えないように 今この時が 二度と来ないこと よくよく感じていたい  いつも通り 同じような日々も 必ず違う場面を過ごしてる 毎日起こってる 小さな奇跡を 感じられたら きっと輝く  love and peace 恋い焦がれた時間と 薄らいでゆく記憶と景色が少しずつ乱れても 春の風に揺られながら 私は私なりの想いや願いを紡いでくの  もしもねぇ もしもだけど またあなたが違う夢見て 新しい世界を描いたとして  そこに私がいなくても あなたの笑顔 創り出せるなら 何よりも素敵よ love and peace 多分だけど ずっと愛していられる そんな気がする 春の風に包まれて ららら・・ あなたの笑みが 今もこれからもずっと続きますように
あいのうた ~Swallowtail Butterfly~止まった手のひら ふるえてるの 躊躇して この空の 青の青さに心細くなる  信じるものすべて ポケットにつめこんでから 夏草揺れる線路を 遠くまで歩いた  心に 心に 傷みがあるの 遠くで蜃気楼 揺れて  あなたは雲の影に 明日の夢を追いかけてた 私はうわの空で 別れを想った  汚れた世界に 悲しさは響いてない どこかに通り過ぎてく ただそれを待つだけ  体は 体で 素直になる 涙が止まらない だけど  ここから何処へいっても 世界は夜を乗り越えていく そしてあいのうたが 心に響きはじめる  ママのくつで 速く走れなかった 泣かない 裸足になった日も  逆さに見てた地図さえ もう 捨ててしまった  心に 心に 魔法があるの 嵐に翼ひろげ 飛ぶよ  私はうわの空で あなたのことを想い出したの そしてあいのうたが 響きだして… 私はあいのうたで あなたを探しはじめるMy Little LoverSHUNJI IWAI・CHARA・TAKESHI KOBAYASHITAKESHI KOBAYASHI止まった手のひら ふるえてるの 躊躇して この空の 青の青さに心細くなる  信じるものすべて ポケットにつめこんでから 夏草揺れる線路を 遠くまで歩いた  心に 心に 傷みがあるの 遠くで蜃気楼 揺れて  あなたは雲の影に 明日の夢を追いかけてた 私はうわの空で 別れを想った  汚れた世界に 悲しさは響いてない どこかに通り過ぎてく ただそれを待つだけ  体は 体で 素直になる 涙が止まらない だけど  ここから何処へいっても 世界は夜を乗り越えていく そしてあいのうたが 心に響きはじめる  ママのくつで 速く走れなかった 泣かない 裸足になった日も  逆さに見てた地図さえ もう 捨ててしまった  心に 心に 魔法があるの 嵐に翼ひろげ 飛ぶよ  私はうわの空で あなたのことを想い出したの そしてあいのうたが 響きだして… 私はあいのうたで あなたを探しはじめる
愛のために4車線の高速の上で 視界は流れてゆく いろんな想い出が ハイスピードで映ってる  曲がりくねった迷宮を 走り抜けてく 幾つもの生命  5年前家を離れて 人が来てまた去って あなたに出会ったのは もうずいぶん前  友達はすでに 子供を持ち 知り合いは急に この世を去ったわ  ビルの街が輝いても 壊れかけても あなたをただ 抱きしめたい気持ちが 全てと感じるの  ハイテンションなムードでさえも ルーズな時代になった だってしょうがないじゃない お金が全て決めてた  昨日までとは違う Value きっと明日も探せないでしょう  世界が今 終わるならば この手を延ばし あなたがただ 落ちていっても その手をつかまえてみせるわ  愛のために 生きていたい  あなたをただ 抱きしめたい気持ちが 全てと思うから 世界が今 終わるとしても この手を延ばし 闇を抜けて あなたがただ 落ちていっても その手を つかまえてみせるわ  愛の中に 隠れた力でMy Little LoverAkko・Takeshi KobayashiTakeshi Kobayashi小林武史4車線の高速の上で 視界は流れてゆく いろんな想い出が ハイスピードで映ってる  曲がりくねった迷宮を 走り抜けてく 幾つもの生命  5年前家を離れて 人が来てまた去って あなたに出会ったのは もうずいぶん前  友達はすでに 子供を持ち 知り合いは急に この世を去ったわ  ビルの街が輝いても 壊れかけても あなたをただ 抱きしめたい気持ちが 全てと感じるの  ハイテンションなムードでさえも ルーズな時代になった だってしょうがないじゃない お金が全て決めてた  昨日までとは違う Value きっと明日も探せないでしょう  世界が今 終わるならば この手を延ばし あなたがただ 落ちていっても その手をつかまえてみせるわ  愛のために 生きていたい  あなたをただ 抱きしめたい気持ちが 全てと思うから 世界が今 終わるとしても この手を延ばし 闇を抜けて あなたがただ 落ちていっても その手を つかまえてみせるわ  愛の中に 隠れた力で
赤いグライダー風の立つ夕暮れの赤い色 私はまだあの空に心を奪われている  川沿いの道をただ歩いてた その流れに身をまかせ 遥かを流れて揺れていた  あなたと生み出す 明日の匂いと 何も無い夜の 闇の匂いと  あの日のあなたが今でも 胸に消えない 二人が出逢って別れた ただそれだけの 無数の中のひとつの話なのにね  毎日は退屈に過ぎていた そんなことも私には生きてることだと感じた  笑って過ごした時の隙間に 意味を確かめるような焦りがあった  遠くで旋回していた赤いグライダー フォーカスがズレて見える 二重の軌道で 片寄った心なら幾つもあるでしょう  夕暮れは時々心に痛い その無邪気な美しさと悲しさ  泣いてるような表情が今も 胸に消えない 二人が出逢って別れた ただそれだけの 無数の中のひとつの話なのにねMy Little LoverTakeshi KobayashiTakeshi Kobayashi小林武史風の立つ夕暮れの赤い色 私はまだあの空に心を奪われている  川沿いの道をただ歩いてた その流れに身をまかせ 遥かを流れて揺れていた  あなたと生み出す 明日の匂いと 何も無い夜の 闇の匂いと  あの日のあなたが今でも 胸に消えない 二人が出逢って別れた ただそれだけの 無数の中のひとつの話なのにね  毎日は退屈に過ぎていた そんなことも私には生きてることだと感じた  笑って過ごした時の隙間に 意味を確かめるような焦りがあった  遠くで旋回していた赤いグライダー フォーカスがズレて見える 二重の軌道で 片寄った心なら幾つもあるでしょう  夕暮れは時々心に痛い その無邪気な美しさと悲しさ  泣いてるような表情が今も 胸に消えない 二人が出逢って別れた ただそれだけの 無数の中のひとつの話なのにね
アシタ争い続けた 僕らの心に いつしか 冷たい雨が降ってた  傷あと流した 雨はまた空に 戻れば 再び時を待つのだろう  だけど僕ら 祈るだけじゃだめなんだよ  Nothings's gonna change.....  全ては あなたの想うとおりMy Little LoverTakeshi KobayashiTakeshi Kobayashi小林武史争い続けた 僕らの心に いつしか 冷たい雨が降ってた  傷あと流した 雨はまた空に 戻れば 再び時を待つのだろう  だけど僕ら 祈るだけじゃだめなんだよ  Nothings's gonna change.....  全ては あなたの想うとおり
アスプレイ~晴れた日の空に~ココニイルコトハ マエカラノヒミツ ココロイレカエテ アナタヲカンジタイ  時間の波なら 何処にでも行ける 一緒の10年後 離れてる3年後  あなたに会えて 出逢った訳を ふと考えたり 思い出したり  互いに物足りない 懐かしむのはsunny day ココロに誓った 言葉もないけど 空も喜ぶような あなたの笑顔が見たい 晴れた日の空に 波しぶき上がる 眩しい程に  あなたは向かった 大変な波に 横で見ていても 後ろにいても  あたしに何かが できるかも知れず 戻るあなたの 傍にいたかった  時間の波を 逆さに行こう 何処かであなたと 向かい合いに行く  愛は海の壁を抜け 恋は波の帆柱に やがて2人は出逢って行くよ 雲も遠慮するような あなたの笑顔が見たい 時空を超えても  何処にいようとも いつ現われても あなたがいるなら すぐに見つける  互いに物足りない 恋に満ちていたsunny day ココロに誓った 言葉はないけど 空も喜ぶような あなたの笑顔が見たい 晴れた日の空に アスプレイ(osprey)がかけてく ナイフのように 晴れた日の空に向かいMy Little LoverTakeshi KobayashiKenji Fujii小林武史ココニイルコトハ マエカラノヒミツ ココロイレカエテ アナタヲカンジタイ  時間の波なら 何処にでも行ける 一緒の10年後 離れてる3年後  あなたに会えて 出逢った訳を ふと考えたり 思い出したり  互いに物足りない 懐かしむのはsunny day ココロに誓った 言葉もないけど 空も喜ぶような あなたの笑顔が見たい 晴れた日の空に 波しぶき上がる 眩しい程に  あなたは向かった 大変な波に 横で見ていても 後ろにいても  あたしに何かが できるかも知れず 戻るあなたの 傍にいたかった  時間の波を 逆さに行こう 何処かであなたと 向かい合いに行く  愛は海の壁を抜け 恋は波の帆柱に やがて2人は出逢って行くよ 雲も遠慮するような あなたの笑顔が見たい 時空を超えても  何処にいようとも いつ現われても あなたがいるなら すぐに見つける  互いに物足りない 恋に満ちていたsunny day ココロに誓った 言葉はないけど 空も喜ぶような あなたの笑顔が見たい 晴れた日の空に アスプレイ(osprey)がかけてく ナイフのように 晴れた日の空に向かい
新しい愛のかたちネットサーフするみたいに この街を歩く アンハッピーな気分さえ 次第に晴れてく そもそも移り気なこころ 穏やかな風が吹いてる だんだんフォーカス合ってく  大きなプラモデルみたい 現実じゃないみたい デスクトップの計算と シンクロしている そもそも現金なこころ 細かな計算が進んで どんどんズームされていく  新しい愛のかたちが 新しい愛のスタイル 新しい愛の姿を 手に入れそうな気がするの  見えないとこで私は 意地が悪いかも アンラッキーな事にまだ いい子にはなれない 誰でも浮き沈みはある 私は沈みはいらない 私は浮きと浮きがいい  新しい愛のかたちが 新しい愛のスタイル 新しい愛の姿を 手に入れそうな気がするの  あなたはだまってさったわ  そしてGood Bye my darling  ホントはね感じてるのよ 新しい愛のかたちが 新しい愛のスタイル そんなものはどこにもない きっときっと私には探せない  ネットサーフしていく ネットサーフしていく この街に潜り込んで いつの間にかいなくなるMy Little LoverTakeshi KobayashiTakeshi Kobayashi小林武史ネットサーフするみたいに この街を歩く アンハッピーな気分さえ 次第に晴れてく そもそも移り気なこころ 穏やかな風が吹いてる だんだんフォーカス合ってく  大きなプラモデルみたい 現実じゃないみたい デスクトップの計算と シンクロしている そもそも現金なこころ 細かな計算が進んで どんどんズームされていく  新しい愛のかたちが 新しい愛のスタイル 新しい愛の姿を 手に入れそうな気がするの  見えないとこで私は 意地が悪いかも アンラッキーな事にまだ いい子にはなれない 誰でも浮き沈みはある 私は沈みはいらない 私は浮きと浮きがいい  新しい愛のかたちが 新しい愛のスタイル 新しい愛の姿を 手に入れそうな気がするの  あなたはだまってさったわ  そしてGood Bye my darling  ホントはね感じてるのよ 新しい愛のかたちが 新しい愛のスタイル そんなものはどこにもない きっときっと私には探せない  ネットサーフしていく ネットサーフしていく この街に潜り込んで いつの間にかいなくなる
other side水晶の光の向こうに 蒼い雷鳴の彼方に 水たまりの月の向こうに To the other side  朝が始まる時の蒼に 温かさのある寒さに 瞳の奥の光る闇に To the other side  何度も僕ら繰り返してきてるんだ この先の事も何も解らないまま 自分が自分である事を探す旅であれば そこが世界の果てでも構わない To the other side  水晶の光の向こうに 蒼い雷鳴の彼方に 水たまりの月の向こうに To the other side  Everything is there nothing is there  水晶の光の向こうに To the other side 水たまりの月の向こうに To the other sideMy Little Lover小林武史小林武史小林武史水晶の光の向こうに 蒼い雷鳴の彼方に 水たまりの月の向こうに To the other side  朝が始まる時の蒼に 温かさのある寒さに 瞳の奥の光る闇に To the other side  何度も僕ら繰り返してきてるんだ この先の事も何も解らないまま 自分が自分である事を探す旅であれば そこが世界の果てでも構わない To the other side  水晶の光の向こうに 蒼い雷鳴の彼方に 水たまりの月の向こうに To the other side  Everything is there nothing is there  水晶の光の向こうに To the other side 水たまりの月の向こうに To the other side
anniversary定められた運命だと 思えるから 約束を交わしたの 二人  銀河系の果ての果てまで 生きづいてる 時の川を選んで 生まれて 出会って  ここにいてよ Baby 淋しい夜は 二人のハート行き交う テレパシーがない I wanna hold you  すましてきどって 元気になったつもりでも 時々 優しさを見失ってるの いつも いけないと思う でも心が通わない 本当の二人を 取り戻したいよ 今日は二人の anniversary  いつの日にかタイムマシーンが できたなら 二人が出会った理由(いみ)を解く 旅に行こう  今はこの世界で 街のにおいや 風のささやき感じて 生きて行けたら ステキなんだ  飾って磨いて 綺麗になったつもりでも 毎日 あなたが鏡になってるの ずっと 愛おしい気持ち ちょっと憎らしい気持ち すべてを合わせて 包んであげたい いついつまでも anniversary  楽しみなのBaby 今日は朝から 髪をまいたり好みの スタイリングをした you wanna hold me?  毎日が過ぎて 季節がまた戻れば ふたつの星座が 空に現れる きっと 二人の明るい 未来を決めてくのは 私の他には あなたがいるだけ 今日は二人の anniversary いつまでも anniversaryMy Little LoverAkko・Takeshi KobayashiTakeshi Kobayashi小林武史定められた運命だと 思えるから 約束を交わしたの 二人  銀河系の果ての果てまで 生きづいてる 時の川を選んで 生まれて 出会って  ここにいてよ Baby 淋しい夜は 二人のハート行き交う テレパシーがない I wanna hold you  すましてきどって 元気になったつもりでも 時々 優しさを見失ってるの いつも いけないと思う でも心が通わない 本当の二人を 取り戻したいよ 今日は二人の anniversary  いつの日にかタイムマシーンが できたなら 二人が出会った理由(いみ)を解く 旅に行こう  今はこの世界で 街のにおいや 風のささやき感じて 生きて行けたら ステキなんだ  飾って磨いて 綺麗になったつもりでも 毎日 あなたが鏡になってるの ずっと 愛おしい気持ち ちょっと憎らしい気持ち すべてを合わせて 包んであげたい いついつまでも anniversary  楽しみなのBaby 今日は朝から 髪をまいたり好みの スタイリングをした you wanna hold me?  毎日が過ぎて 季節がまた戻れば ふたつの星座が 空に現れる きっと 二人の明るい 未来を決めてくのは 私の他には あなたがいるだけ 今日は二人の anniversary いつまでも anniversary
あふれるぼやけたその画面 耳にするのは 手軽さとか おしゃれさとか すり込まれては消えてく 嘘に慣れた笑顔 夕暮れ時は 抜け殻のよう 悪意のない過ちさえ 起こしてしまう  留まってる 情熱のreason 細かく変わり続けてる  あふれるよ もうすぐ 行き場を探して あふれる涙と いたずらに混ざり合う  美しい想い出 空に吸い込まれて にじみ出した光がまた 闇を押しのけている 日向や日陰でもないこの場所に 身を隠して 自分の弱さ守っては 抜け出せないね  誰に出会う? どの分かれ道? 道なりのその道の彼方  あふれる孤独と 向き合う涙が あふれて戻らない 全ては流れる  気まぐれ流れ雲が通せんぼうと惑わせてみる 愉快なまぼろし  あふれるよ もうすぐ こらえていた何かが あふれて 戻らない 全ては流れの中にある  永遠という行き先なのかな?  あふれて 眠らない 鼓動はいつの時も あふれて 変わらない 君のぬくもりとともに  あふれるよ もうすぐ 愛してるよ この先も もっと あふれて 満たして もうすぐMy Little LoverakkoTakeshi KobayashiTakeshi Kobayashiぼやけたその画面 耳にするのは 手軽さとか おしゃれさとか すり込まれては消えてく 嘘に慣れた笑顔 夕暮れ時は 抜け殻のよう 悪意のない過ちさえ 起こしてしまう  留まってる 情熱のreason 細かく変わり続けてる  あふれるよ もうすぐ 行き場を探して あふれる涙と いたずらに混ざり合う  美しい想い出 空に吸い込まれて にじみ出した光がまた 闇を押しのけている 日向や日陰でもないこの場所に 身を隠して 自分の弱さ守っては 抜け出せないね  誰に出会う? どの分かれ道? 道なりのその道の彼方  あふれる孤独と 向き合う涙が あふれて戻らない 全ては流れる  気まぐれ流れ雲が通せんぼうと惑わせてみる 愉快なまぼろし  あふれるよ もうすぐ こらえていた何かが あふれて 戻らない 全ては流れの中にある  永遠という行き先なのかな?  あふれて 眠らない 鼓動はいつの時も あふれて 変わらない 君のぬくもりとともに  あふれるよ もうすぐ 愛してるよ この先も もっと あふれて 満たして もうすぐ
雨の音雨の音 蛇口から こぼれる 夢 水たまり 歩いた 真っ赤な 長グツ 重たい 空気に しおれた 髪 鏡に 写すと 涙が 見えた  こんなに近くても 遠くて 離れてる ココロから ココロへと 流れ込む 雨 ララララ....My Little Lover小林武史小林武史小林武史雨の音 蛇口から こぼれる 夢 水たまり 歩いた 真っ赤な 長グツ 重たい 空気に しおれた 髪 鏡に 写すと 涙が 見えた  こんなに近くても 遠くて 離れてる ココロから ココロへと 流れ込む 雨 ララララ....
雨フリのち神なり見上げたら 空に浮いていた 宇宙船のような雲が 広がって 溶けだして あふれ出してるぞ! oh my god!  街中が一瞬のうちにびしょびしょ濡れだ! どうしましょう? このまま雲の中 溺れるのかしら?  言葉のいらない愛が欲しくたって 求めたって 甘えててもダメ!(?) 振り返り 空を仰いで 祈っても すがっても 君次第なんです!  雨降りのち雷 やや荒れ模様 雲と雲の間から 現れる光 その先は 見えなくて 闇恐くて 僕もおなか押さえて 震えるんだよ  夢を追いかけて 追い越して もう何年? 目指すとこ どこだっけ? 誰だっけ? 探してるものは何だ?  やけに手隙よくなったって のどの奥 引っかかってる ものの正体は? 聞こえないフリしてきた 願いたちが 淋しげに 激しく光ってる  雨ふりのちカミナリ 声に出せるようなものなら きっともっと簡単なのに 気まぐれな 空模様 何か似てるって 思いながら まぁいっか また晴れるなら  雨フリのち神なり 行く手は未来が 高く誇らしげに笑って侍っています 気まぐれな 空模様 何か似てるって 思いながら まぁいっか また晴れてくれたから  雨フリのち神なり 空に浮いてた 宇宙船のような雲が もっと モクモクと 美味しいそうな 綿アメのように膨らんで 飲み込まれ消えてった まぁいっかって去ってった  雨フリ 神なりMy Little LoverakkoKiyoto Konda近田潔人見上げたら 空に浮いていた 宇宙船のような雲が 広がって 溶けだして あふれ出してるぞ! oh my god!  街中が一瞬のうちにびしょびしょ濡れだ! どうしましょう? このまま雲の中 溺れるのかしら?  言葉のいらない愛が欲しくたって 求めたって 甘えててもダメ!(?) 振り返り 空を仰いで 祈っても すがっても 君次第なんです!  雨降りのち雷 やや荒れ模様 雲と雲の間から 現れる光 その先は 見えなくて 闇恐くて 僕もおなか押さえて 震えるんだよ  夢を追いかけて 追い越して もう何年? 目指すとこ どこだっけ? 誰だっけ? 探してるものは何だ?  やけに手隙よくなったって のどの奥 引っかかってる ものの正体は? 聞こえないフリしてきた 願いたちが 淋しげに 激しく光ってる  雨ふりのちカミナリ 声に出せるようなものなら きっともっと簡単なのに 気まぐれな 空模様 何か似てるって 思いながら まぁいっか また晴れるなら  雨フリのち神なり 行く手は未来が 高く誇らしげに笑って侍っています 気まぐれな 空模様 何か似てるって 思いながら まぁいっか また晴れてくれたから  雨フリのち神なり 空に浮いてた 宇宙船のような雲が もっと モクモクと 美味しいそうな 綿アメのように膨らんで 飲み込まれ消えてった まぁいっかって去ってった  雨フリ 神なり
ALICEGOLD LYLIC“愛”って 何処にでもあるって 言うけど 心の中泳いで キラキラ光って とどまることさえ 知らずに 揺らいだ中に  素敵な迷いはあるから 緑の森泳いで ソワソワしたって いいから あなたに罪を 打ち明けたいよ  いけない気持ちだけを しめ出したままで 気をぬいてると フイに風が いい事しようって 囁く  鏡のように光る 喜び抱いている いつだって恋だけが 素敵なことでしょう いとしいあなたの心の中 のぞいてみる 誰だって恋だけじゃ 愛にたどり着けない  “性”って 漢字で書いても 何だか あいまいで 解らなくて だけど 知ってゆく運命は 好奇心を あなただけに向かわせる  やさしい木立の中 日だまりが生まれ そして二人は すべり込むの キャッチできるよ 光を  体がHEARTに 何か伝えたがっている *+▼☆▲△×□って意味を越えている 世界中に広がってゆく ネットワークみたいに ☆▼□×+▲*△ 心を旅する  時を越えてくる メッセージは きっとあるから  Ah 瞳に写る空は 青いキャンバスで いたずらなパレット 選びだせば どんな色にも染まる  鏡のように光る 喜び抱いている いつだって恋だけが 素敵なことでしょう 熱い体がHEARTに 何か伝えたがっている ▼△*+×□▲☆って意味を越えている  そして アリスのように 不思議さを受けとめたら 誰だって いつだって 森に迷い込めるのGOLD LYLICMy Little Lover小林武史・AKKO小林武史“愛”って 何処にでもあるって 言うけど 心の中泳いで キラキラ光って とどまることさえ 知らずに 揺らいだ中に  素敵な迷いはあるから 緑の森泳いで ソワソワしたって いいから あなたに罪を 打ち明けたいよ  いけない気持ちだけを しめ出したままで 気をぬいてると フイに風が いい事しようって 囁く  鏡のように光る 喜び抱いている いつだって恋だけが 素敵なことでしょう いとしいあなたの心の中 のぞいてみる 誰だって恋だけじゃ 愛にたどり着けない  “性”って 漢字で書いても 何だか あいまいで 解らなくて だけど 知ってゆく運命は 好奇心を あなただけに向かわせる  やさしい木立の中 日だまりが生まれ そして二人は すべり込むの キャッチできるよ 光を  体がHEARTに 何か伝えたがっている *+▼☆▲△×□って意味を越えている 世界中に広がってゆく ネットワークみたいに ☆▼□×+▲*△ 心を旅する  時を越えてくる メッセージは きっとあるから  Ah 瞳に写る空は 青いキャンバスで いたずらなパレット 選びだせば どんな色にも染まる  鏡のように光る 喜び抱いている いつだって恋だけが 素敵なことでしょう 熱い体がHEARTに 何か伝えたがっている ▼△*+×□▲☆って意味を越えている  そして アリスのように 不思議さを受けとめたら 誰だって いつだって 森に迷い込めるの
A wonderful life何もわからないままで 生きて行くよな気がしてた 暮らしていく 形しか 見えなかった  でも 誰かに頼ってたり 誰も信じられなくなると 振り返ると ひとりで そこに立ってた  素晴らしい日々 それがどんなものなのか 言い訳せずに 探しに出かけようと どこかで声がした  いつもひとりきり だけどいつもひとりじゃない そんなことも 少しずつ 分かり始めた  素晴らしい日々 それはどんな道の先に 幾つもの ヒントが 転がってはいるけれど ココロだけが知っている  僕達は いまも 愛すること 学んでるんだろう 一緒に目覚めてく 生きて行く 魂もふるえて  列車のベルの音が 聞こえたらまた旅立ちだよ 新しい 風にまた 吹かれていくんだ  いつか素晴らしい日々に いつか素晴らしい日 その素晴らしい日々にMy Little LoverTakeshi KobayashiTakeshi Kobayashi何もわからないままで 生きて行くよな気がしてた 暮らしていく 形しか 見えなかった  でも 誰かに頼ってたり 誰も信じられなくなると 振り返ると ひとりで そこに立ってた  素晴らしい日々 それがどんなものなのか 言い訳せずに 探しに出かけようと どこかで声がした  いつもひとりきり だけどいつもひとりじゃない そんなことも 少しずつ 分かり始めた  素晴らしい日々 それはどんな道の先に 幾つもの ヒントが 転がってはいるけれど ココロだけが知っている  僕達は いまも 愛すること 学んでるんだろう 一緒に目覚めてく 生きて行く 魂もふるえて  列車のベルの音が 聞こえたらまた旅立ちだよ 新しい 風にまた 吹かれていくんだ  いつか素晴らしい日々に いつか素晴らしい日 その素晴らしい日々に
YES ~free flower~言葉ひとつ 重く消えるよ 恋の終わりは 夏の香り 急ぎ足で 帰る途中で 振り返ったら 影がのびた  寂しさも Yes Yes ときめきも Yes Yes ためらいも Yes Yes  深く眠る ずっと眠るよ 待ちわびたのは あなたのため  陽炎も Yes Yes 夕立も Yes Yes 微笑みも Yes Yes いつの日も Yes Yes  言葉ひとつ 重く消えるよ 急ぎ足で 帰る途中で (寂しさも Yes Yes) (ときめきも Yes Yes) (ためらいも Yes Yes) (微笑みも Yes Yes) (いつの日も Yes Yes)My Little LoverTakeshi KobayashiTakeshi Kobayashi言葉ひとつ 重く消えるよ 恋の終わりは 夏の香り 急ぎ足で 帰る途中で 振り返ったら 影がのびた  寂しさも Yes Yes ときめきも Yes Yes ためらいも Yes Yes  深く眠る ずっと眠るよ 待ちわびたのは あなたのため  陽炎も Yes Yes 夕立も Yes Yes 微笑みも Yes Yes いつの日も Yes Yes  言葉ひとつ 重く消えるよ 急ぎ足で 帰る途中で (寂しさも Yes Yes) (ときめきも Yes Yes) (ためらいも Yes Yes) (微笑みも Yes Yes) (いつの日も Yes Yes)
いとしい毎日てくてくと ひたすらに ここまでやって来たけど 大切なことが ココロに重なり  最後まで 諦めず 想い貫いてみて きっと必要な 答えが見つけられた  風を集めて  素敵な日々も 日常の中 営みは 繰り返す どんなに淋しく 悲しい夜も 長くは続かないよ  泣いたり笑ったり 愛しい毎日  枯れた葉の 乾いた匂い 何もかもがここにある 花びらがひとつふたつ開いて  季節の陽受けたフラワー 咲き始めてるから 優しい気持ちが また生まれ変われるね  光を受けて  鼓動が響き 鳴るべきベルが鳴り 持つべき愛 学びながら 気持ちは届く 望んでる場所 イメージを飛び越えて  どこまでも 続いて  素敵な日々も 日常の中 営みは 繰り返すから どんなに淋しく 悲しい夜も 長くは続かないよ  泣いたり笑ったり  愛しい毎日My Little LoverakkoTomoya Matsuuraてくてくと ひたすらに ここまでやって来たけど 大切なことが ココロに重なり  最後まで 諦めず 想い貫いてみて きっと必要な 答えが見つけられた  風を集めて  素敵な日々も 日常の中 営みは 繰り返す どんなに淋しく 悲しい夜も 長くは続かないよ  泣いたり笑ったり 愛しい毎日  枯れた葉の 乾いた匂い 何もかもがここにある 花びらがひとつふたつ開いて  季節の陽受けたフラワー 咲き始めてるから 優しい気持ちが また生まれ変われるね  光を受けて  鼓動が響き 鳴るべきベルが鳴り 持つべき愛 学びながら 気持ちは届く 望んでる場所 イメージを飛び越えて  どこまでも 続いて  素敵な日々も 日常の中 営みは 繰り返すから どんなに淋しく 悲しい夜も 長くは続かないよ  泣いたり笑ったり  愛しい毎日
イニシャル言葉の森の中 彷徨ってる 午後の日差し 落ちる前に キラリ踊り 想いが駆け抜けた  あなたが見てるのは 私じゃなくて 予期せぬ未来 追いかけてる 追い越されて 消えてゆきそうで 大切な日々が  街は景色変える ビルはそびえていってる かけがえのないものが 隠れてく  切なさはもういらない 待ってるより あきらめない 気持ちが強く強く 響いてる 夕暮れの街で わかった 愛したいよ 恋したいよ ずっと もっと激しく もっと素直に なれたなら イニシャル(初めての) こころに帰れるから  出会いはいつでも自由 始まりなら でも何にでも なれそうだわ 夢の続きみせてくれるような そんな甘い罠  巧みに操ってる 言葉なんてただのツール だけど伝えたいことに溢れてる  過去から未来へと変わる 今このフラッシュ 目の前の道しるべがいう どれよりも信じてる 路を進めと 悲しみや なくした夢の代わり その風を探しに行けば そこにはいつでも ラララ笑顔溢れた  ありふれたイニシャル(頭文字) テキストの最後で いつも見ていた  切なさはもういらない 待ってるより あきらめない 気持ちが強く強く 響いてる 夕暮れの街で わかった 愛したいよ 恋したいよ ずっと もっと激しく もっと素直に なれたなら イニシャル(初めての)のころに還れるから  そこにはいつでも 光が ラララ、ららら、溢れた  ラララ、笑顔溢れたMy Little LoverakkoTakeshi KobayashiTakeshi Kobayashi言葉の森の中 彷徨ってる 午後の日差し 落ちる前に キラリ踊り 想いが駆け抜けた  あなたが見てるのは 私じゃなくて 予期せぬ未来 追いかけてる 追い越されて 消えてゆきそうで 大切な日々が  街は景色変える ビルはそびえていってる かけがえのないものが 隠れてく  切なさはもういらない 待ってるより あきらめない 気持ちが強く強く 響いてる 夕暮れの街で わかった 愛したいよ 恋したいよ ずっと もっと激しく もっと素直に なれたなら イニシャル(初めての) こころに帰れるから  出会いはいつでも自由 始まりなら でも何にでも なれそうだわ 夢の続きみせてくれるような そんな甘い罠  巧みに操ってる 言葉なんてただのツール だけど伝えたいことに溢れてる  過去から未来へと変わる 今このフラッシュ 目の前の道しるべがいう どれよりも信じてる 路を進めと 悲しみや なくした夢の代わり その風を探しに行けば そこにはいつでも ラララ笑顔溢れた  ありふれたイニシャル(頭文字) テキストの最後で いつも見ていた  切なさはもういらない 待ってるより あきらめない 気持ちが強く強く 響いてる 夕暮れの街で わかった 愛したいよ 恋したいよ ずっと もっと激しく もっと素直に なれたなら イニシャル(初めての)のころに還れるから  そこにはいつでも 光が ラララ、ららら、溢れた  ラララ、笑顔溢れた
インスピレーション寒い日の朝は 起きるのがとても辛くて あと5分 あと3分って あ~ 動けない~ 体がもう再生することなんてありえない!って思っちゃったりするけど  今日はまだウィークディー 働きあり宿命 女王様の命令 背く勇気なし でも不思議なこと 目覚めてしまえば 腹も ぐるる ぐるる  あなたの声聞きたくて 想い描いてみたら 体の全てのパーツ 緩やかになる ライフとはどういう意味? 想いが届きにくい 世界にバックキャスティング がんばりますけど 今日も軽~く惨敗だ~  逃げたい瞬間は 山のようにあるけれど 状況は必ず追っかけて やって来る 足元そこで踏ん張って相撲取りのように だって日本魂受け継いでますもの  朝の星占い 見てしまったbad day 運命を切り開くのはby myself 嘘つき弱虫 見せかけのbeauty man 出口どこだ? どこだ?  いつだって誰だって 笑い飛ばして過ごせたら 怖いもんなんてなくなるって ほら 駄目な私にだって 愛すべきことがある 難儀な試練こそ 受けてたってやる! 大口叩いても いいんじゃない?  いつだって誰だって 笑い飛ばして過ごせたら 怖いもんなんてなくなるって ほら インスピレーション アンテナ立てて コミュニケーション 本当は苦手だけど 会いたい知りたい出会いたい ずっとでかいこの世界でMy Little Loverakko松浦友也鈴木雅也寒い日の朝は 起きるのがとても辛くて あと5分 あと3分って あ~ 動けない~ 体がもう再生することなんてありえない!って思っちゃったりするけど  今日はまだウィークディー 働きあり宿命 女王様の命令 背く勇気なし でも不思議なこと 目覚めてしまえば 腹も ぐるる ぐるる  あなたの声聞きたくて 想い描いてみたら 体の全てのパーツ 緩やかになる ライフとはどういう意味? 想いが届きにくい 世界にバックキャスティング がんばりますけど 今日も軽~く惨敗だ~  逃げたい瞬間は 山のようにあるけれど 状況は必ず追っかけて やって来る 足元そこで踏ん張って相撲取りのように だって日本魂受け継いでますもの  朝の星占い 見てしまったbad day 運命を切り開くのはby myself 嘘つき弱虫 見せかけのbeauty man 出口どこだ? どこだ?  いつだって誰だって 笑い飛ばして過ごせたら 怖いもんなんてなくなるって ほら 駄目な私にだって 愛すべきことがある 難儀な試練こそ 受けてたってやる! 大口叩いても いいんじゃない?  いつだって誰だって 笑い飛ばして過ごせたら 怖いもんなんてなくなるって ほら インスピレーション アンテナ立てて コミュニケーション 本当は苦手だけど 会いたい知りたい出会いたい ずっとでかいこの世界で
winter song が聴こえる行き交う人がまとった 厚手の服がアンサンブルになる 冬の街と 夕暮れ色と ショウウィンドウに描かれた夢と  あなたが買ってくれたの 赤いルビー色のフランジヒール 好きな歩幅と 好きなリズムで あなたと歩いた 全てのメモリー  戻れないけど 戻りたい時間の 路地 曲がれば 街が滲む この街でまた ひとつ年を重ねる イルミネーションはLEDに変わっても wintersong は聴こえるよ  今年起こった出来事 ツリーの飾りのように並んでる でも去年や 三年前の 出来事は忘れてしまいそうだわ  happy merry christmas 大切な人たちの幸せを願ってる いつかこの場所 去る日は来るけれど この街のフェス パレードはいつまででも続いていけるのかな  happy merry christmas ずっと大切にしてた あなたからのプレゼント その靴よりも 新しい自分の ための靴を探そうかな もしかして今日 このパレードの中 出会えるかもしれないよ そこでは wintersong が聴こえるよ the song againMy Little Lover小林武史小林武史行き交う人がまとった 厚手の服がアンサンブルになる 冬の街と 夕暮れ色と ショウウィンドウに描かれた夢と  あなたが買ってくれたの 赤いルビー色のフランジヒール 好きな歩幅と 好きなリズムで あなたと歩いた 全てのメモリー  戻れないけど 戻りたい時間の 路地 曲がれば 街が滲む この街でまた ひとつ年を重ねる イルミネーションはLEDに変わっても wintersong は聴こえるよ  今年起こった出来事 ツリーの飾りのように並んでる でも去年や 三年前の 出来事は忘れてしまいそうだわ  happy merry christmas 大切な人たちの幸せを願ってる いつかこの場所 去る日は来るけれど この街のフェス パレードはいつまででも続いていけるのかな  happy merry christmas ずっと大切にしてた あなたからのプレゼント その靴よりも 新しい自分の ための靴を探そうかな もしかして今日 このパレードの中 出会えるかもしれないよ そこでは wintersong が聴こえるよ the song again
evergreen水まきしてた 季節が過ぎて 風の香り 変わりはじめてた  緑はやがて 褪せてゆくけど 幹は今も 嵐に耐えてる そこに立ってる  誰もが痛み抱いて 迷いも消えなくて この地球は淋しさ溢れていて 何を求めてる  あなたをただ 愛してるだけ ただそれだけで生きて行けると ぼんやりと思ってたら 何だか勇気が湧いてきてた それは気持ちに 羽根が生えた様に 空を飛んでく  水平線の見えない この街に生まれて そして死んで行っても あなたがいれば 全てを感じる  枯れ葉落ちてく 木枯らしが吹いてく 長い冬を越えて 自分の中 春が訪れて 夏は来る  永遠の緑は 心に広がってる そう信じていたい いつの日にも どんな時でも oh evergreen with you  lalala… lalala… lalala… lala… lalala… lalala… lalala… lalala… lala… lalala… lalala… lalala… lalala… lala… lalala… lalala… lalala… lalala… lala… lalala… lalala… lalala… lalala… lala… lalala…My Little Lover小林武史小林武史小林武史水まきしてた 季節が過ぎて 風の香り 変わりはじめてた  緑はやがて 褪せてゆくけど 幹は今も 嵐に耐えてる そこに立ってる  誰もが痛み抱いて 迷いも消えなくて この地球は淋しさ溢れていて 何を求めてる  あなたをただ 愛してるだけ ただそれだけで生きて行けると ぼんやりと思ってたら 何だか勇気が湧いてきてた それは気持ちに 羽根が生えた様に 空を飛んでく  水平線の見えない この街に生まれて そして死んで行っても あなたがいれば 全てを感じる  枯れ葉落ちてく 木枯らしが吹いてく 長い冬を越えて 自分の中 春が訪れて 夏は来る  永遠の緑は 心に広がってる そう信じていたい いつの日にも どんな時でも oh evergreen with you  lalala… lalala… lalala… lala… lalala… lalala… lalala… lalala… lala… lalala… lalala… lalala… lalala… lala… lalala… lalala… lalala… lalala… lala… lalala… lalala… lalala… lalala… lala… lalala…
送る想い晴れた空に 送る想い それから あなたを見送った 春の兆し あふれている なぜだか それで涙ぐんだ  あなたには 伝えること ありすぎて まだ おしまいには 出来ないようです  何回目かの 殻を破って出て行くような 鈍い痛みがある なのに嬉しい 手放していく思いだけど 思い出すものは 生きてきたことの証で  分かれ道は 同じような 形や気配に見えるけど だけどすべて違う道で 終わりない阿弥陀くじを進む  そこに 何があっても 逃げないように 痛みも覚えて 治り方も  人が人のため 何をしてあげられるものか 本当は分からない でも間違っても 伝えながら進んでいく時 道はいつか太い川であることに気がつく  孤独な夜も 必ずあるよ 越えて行ければ きっと  晴れた空に 送る想いはいつまででも 消えることはないけど だから 切ない 手放していく思いだけど 心に残るのは 生きてきたことの証で 一緒に生きてきた証ですMy Little Lover小林武史小林武史TAKESHI KOBAYASHI・TAKUO YAMAMOTO晴れた空に 送る想い それから あなたを見送った 春の兆し あふれている なぜだか それで涙ぐんだ  あなたには 伝えること ありすぎて まだ おしまいには 出来ないようです  何回目かの 殻を破って出て行くような 鈍い痛みがある なのに嬉しい 手放していく思いだけど 思い出すものは 生きてきたことの証で  分かれ道は 同じような 形や気配に見えるけど だけどすべて違う道で 終わりない阿弥陀くじを進む  そこに 何があっても 逃げないように 痛みも覚えて 治り方も  人が人のため 何をしてあげられるものか 本当は分からない でも間違っても 伝えながら進んでいく時 道はいつか太い川であることに気がつく  孤独な夜も 必ずあるよ 越えて行ければ きっと  晴れた空に 送る想いはいつまででも 消えることはないけど だから 切ない 手放していく思いだけど 心に残るのは 生きてきたことの証で 一緒に生きてきた証です
音のない世界GOLD LYLIC懐かしいような 優しげな風が 頬をかすめる 何度でも その風の通り道を  寄り添いながら 未来を語るでもなくて ただ そこにあるものたちの 声を聞いてた  君がそこにいるだけで 僕は嬉しくて 穏やかになれる  音のない 映画みたい 青すぎる空の色が 何よりも鮮やかに 僕を目覚めさせる そう fly away  どうして人は素直になりきれず そう 怖くて つまらない間違いを起こしてしまう? 時にココロが 出口見失って その全てが淋しさに変わってしまうこともあるけど  初めて会った時から知ってたような出来事が 通り過ぎた場所  海よりも深いところ 風が今 生まれている 静けさに その手触りに メロディーが初めて 飛び出すから  音のない 世界にだけ  聞こえてる 流れている  海よりも 深いところ 風が今 メロディーとなって 何よりも鮮やかに 僕を目覚めさせる そう fly awayGOLD LYLICMy Little LoverakkoTOMOYA MATSUURAMAKOTO MINAGAWA懐かしいような 優しげな風が 頬をかすめる 何度でも その風の通り道を  寄り添いながら 未来を語るでもなくて ただ そこにあるものたちの 声を聞いてた  君がそこにいるだけで 僕は嬉しくて 穏やかになれる  音のない 映画みたい 青すぎる空の色が 何よりも鮮やかに 僕を目覚めさせる そう fly away  どうして人は素直になりきれず そう 怖くて つまらない間違いを起こしてしまう? 時にココロが 出口見失って その全てが淋しさに変わってしまうこともあるけど  初めて会った時から知ってたような出来事が 通り過ぎた場所  海よりも深いところ 風が今 生まれている 静けさに その手触りに メロディーが初めて 飛び出すから  音のない 世界にだけ  聞こえてる 流れている  海よりも 深いところ 風が今 メロディーとなって 何よりも鮮やかに 僕を目覚めさせる そう fly away
想いのかけらいつも見ていた 君のカタチ 丸くも四角もない  急ぎ歩いて 疲れ果てても 選んで来た 求めたから  この街の空は 大き過ぎて わからないことが溢れてるよ そう あの時も  からのココロが今 全てを受け入れようとしてる 声をひそめ語り明かした あの日の約束は 守られないけど  忘れてしまいたいような出来事が 新たな始まりともいう  言葉にできない 想いのかけら 集めて 並べてみる  色あるものや 傷ついてるもの 光を返して 呼吸するようにそこにある  からのココロだけに 解けることのできる謎がある 何も怖がらずに 緩やかなその光にまかせて  からのココロだけに 見つけられる真実があるから 夢中で語り明かした あの日の約束は また想いのかけらとなり 僕の一部となるMy Little LoverakkoTomoya Matsuura西川進いつも見ていた 君のカタチ 丸くも四角もない  急ぎ歩いて 疲れ果てても 選んで来た 求めたから  この街の空は 大き過ぎて わからないことが溢れてるよ そう あの時も  からのココロが今 全てを受け入れようとしてる 声をひそめ語り明かした あの日の約束は 守られないけど  忘れてしまいたいような出来事が 新たな始まりともいう  言葉にできない 想いのかけら 集めて 並べてみる  色あるものや 傷ついてるもの 光を返して 呼吸するようにそこにある  からのココロだけに 解けることのできる謎がある 何も怖がらずに 緩やかなその光にまかせて  からのココロだけに 見つけられる真実があるから 夢中で語り明かした あの日の約束は また想いのかけらとなり 僕の一部となる
overture気まぐれな 空模様 何か似てるって 思いながら まぁいっか また晴れてくれたからMy Little LoverakkoKiyoto Konda気まぐれな 空模様 何か似てるって 思いながら まぁいっか また晴れてくれたから
風と空のキリムあなたに逢えたことがいちばん 今まででうれしいと思った かんしょの緑が揺れる音の その先に沈む夕日を見た時  いい事だけの空気を吸おうよ いらないものは持たないでいいよ 多分全部は無理だと知ってる だけど希望が込み上げてきてる  どうして光さしてくるの 訳もしれずに涙こぼれる あなたのことを感じる全てで からだをとりまいてる空気まで  海が夕日でざわついてきたら 高まるこころポケットに詰めて 今日はここを離れていくけど イメージの中には花が咲いた  どうして人は生きていくの 問いかけてたら涙にじんだ あなたのことを感じる全てで からだをとりまいてる空気まで  かんしょの海が手をふってたMy Little LoverTAKESHI KOBAYASHITAKESHI KOBAYASHI小林武史あなたに逢えたことがいちばん 今まででうれしいと思った かんしょの緑が揺れる音の その先に沈む夕日を見た時  いい事だけの空気を吸おうよ いらないものは持たないでいいよ 多分全部は無理だと知ってる だけど希望が込み上げてきてる  どうして光さしてくるの 訳もしれずに涙こぼれる あなたのことを感じる全てで からだをとりまいてる空気まで  海が夕日でざわついてきたら 高まるこころポケットに詰めて 今日はここを離れていくけど イメージの中には花が咲いた  どうして人は生きていくの 問いかけてたら涙にじんだ あなたのことを感じる全てで からだをとりまいてる空気まで  かんしょの海が手をふってた
風をあつめて街のはずれの 背のびした路地を 散歩してたら 汚点だらけの 靄ごしに 起きぬけの路面電車が 海を渡るのが 見えたんです それで ぼくも 風をあつめて 風をあつめて 蒼空を翔けたいんです 蒼空を  とても素敵な 昧爽どきを 通り抜けてたら 伽藍とした 防波堤ごしに 緋色の帆を掲げた都市が 碇泊しているのが 見えたんです それで ぼくも 風をあつめて 風をあつめて 蒼空を翔けたいんです 蒼空を  人気のない 朝の珈琲屋で 暇をつぶしてたら ひび割れた 玻璃ごしに 摩天楼の衣擦れが 舗道をひたすのを見たんです それで ぼくも 風をあつめて 風をあつめて 蒼空を翔けたいんです 蒼空をMy Little Lover松本隆細野晴臣街のはずれの 背のびした路地を 散歩してたら 汚点だらけの 靄ごしに 起きぬけの路面電車が 海を渡るのが 見えたんです それで ぼくも 風をあつめて 風をあつめて 蒼空を翔けたいんです 蒼空を  とても素敵な 昧爽どきを 通り抜けてたら 伽藍とした 防波堤ごしに 緋色の帆を掲げた都市が 碇泊しているのが 見えたんです それで ぼくも 風をあつめて 風をあつめて 蒼空を翔けたいんです 蒼空を  人気のない 朝の珈琲屋で 暇をつぶしてたら ひび割れた 玻璃ごしに 摩天楼の衣擦れが 舗道をひたすのを見たんです それで ぼくも 風をあつめて 風をあつめて 蒼空を翔けたいんです 蒼空を
悲しきパペット華やいだステージ ライト眩し過ぎて 足もとに絡む ネガにつまずいて転んだ  言いたくない台詞言わされて 怒り笑いしても そう気付かれない  悲しきパペット 泣き笑いの戯けた天使 ココロまで操られてしまうよ それでもずっと 身をゆだねて 我を生きる もしもあなたが笑ってさえくれたら それだけでいい いくらでも踊るのさ  忍び寄る影の 正体が見えずに 曖昧な夢が 曖昧な日々を語るよ  その全てがほら壊れ離れてしまうその瞬間が 痛く切なくて  それでもまた 踊るよパペット 歌い疲れて 倒れてしまいたくなる時も 忘れないで いつの日にか わかり合える ココロの奥に流れている暖かいものに 触れさせる時がやって来るまでね  『いつの日にも ここにいるよ』踊り続けて ココロまで操られたとしても わかってるよ 泣き笑いの悲しきパペット 戯けた天使 あなたのその笑顔でどこへでも行ける その羽を広げたら  忘れないで僕が壊れても・・・・My Little LoverakkoTakaki Horigome中島ノブユキ華やいだステージ ライト眩し過ぎて 足もとに絡む ネガにつまずいて転んだ  言いたくない台詞言わされて 怒り笑いしても そう気付かれない  悲しきパペット 泣き笑いの戯けた天使 ココロまで操られてしまうよ それでもずっと 身をゆだねて 我を生きる もしもあなたが笑ってさえくれたら それだけでいい いくらでも踊るのさ  忍び寄る影の 正体が見えずに 曖昧な夢が 曖昧な日々を語るよ  その全てがほら壊れ離れてしまうその瞬間が 痛く切なくて  それでもまた 踊るよパペット 歌い疲れて 倒れてしまいたくなる時も 忘れないで いつの日にか わかり合える ココロの奥に流れている暖かいものに 触れさせる時がやって来るまでね  『いつの日にも ここにいるよ』踊り続けて ココロまで操られたとしても わかってるよ 泣き笑いの悲しきパペット 戯けた天使 あなたのその笑顔でどこへでも行ける その羽を広げたら  忘れないで僕が壊れても・・・・
悲しみよ今日わ突然に雨が降る 街が白く揺れる ガラス越し水槽の内側でコールする  道の向こう側の赤 シグナルが変わって さよならの予感だけ取り残されているの  ワイパーを2回動かしたら 傘を持たずに駆けだしてきている ずぶ濡れの人と目が合った  デジタルの青が時を示す 悪いことなんかきっと何もないよって 短い沈黙の間に浮かぶ  メロディーやリズムなら息を潜めている どうにもならないことは わかっているはずだけど  水槽の中で泳ぐものなら すれ違っててもまるで知らない顔で 表情の裏側 夢を見てる  悲しみが向こうから現れてきても 大丈夫 わたしならそれで強くなれる  だけど耳に響くのは鼓動のビートだけ 横を通り過ぎていく車や人の中で  あなたからさよならは言わないでほしい 悲しみよ今日わ 今日はそれでいいんだから 悲しみよ今日わ それはもうわかってるからMy Little LoverTakeshi KobayashiTakeshi KobayashiTAKESHI KOBAYASHI突然に雨が降る 街が白く揺れる ガラス越し水槽の内側でコールする  道の向こう側の赤 シグナルが変わって さよならの予感だけ取り残されているの  ワイパーを2回動かしたら 傘を持たずに駆けだしてきている ずぶ濡れの人と目が合った  デジタルの青が時を示す 悪いことなんかきっと何もないよって 短い沈黙の間に浮かぶ  メロディーやリズムなら息を潜めている どうにもならないことは わかっているはずだけど  水槽の中で泳ぐものなら すれ違っててもまるで知らない顔で 表情の裏側 夢を見てる  悲しみが向こうから現れてきても 大丈夫 わたしならそれで強くなれる  だけど耳に響くのは鼓動のビートだけ 横を通り過ぎていく車や人の中で  あなたからさよならは言わないでほしい 悲しみよ今日わ 今日はそれでいいんだから 悲しみよ今日わ それはもうわかってるから
カラフルまるで助け出されたようなあの日のこと ちょっとした出来事が 私にとって何かを大きく変えた瞬間 街がふるえた  空にただよう鳥たちのむれ うわさ話を耳にしたという  太陽のひかりを受けることで 野に咲く花のようにつよく息づいてく カラフルにいろどられながら かぎりない夢を咲きほこるよ あふれてる地球で  『君すこし変わってるね』なんて言われちゃってる チグハグなメッセージ どこが違うのかって? 違わない人なんて どこにもいないでしょ?  同じものはひとつもない世界 色とりどりの花を咲かせよう!  カラフルにつつまれた街では お月さまのことづけが届きます 迷子になってしまったとしても よく耳をすませば聴こえてくる  太陽のひかりを受けることで 野に咲く花はもっとつよく美しく カラフルに色あざやかになって かぎりある生命(いのち)を咲きほこるよ あふれだす宇宙でMy Little LoverakkoTOMOYA MATSUURAMAKOTO MINAGAWAまるで助け出されたようなあの日のこと ちょっとした出来事が 私にとって何かを大きく変えた瞬間 街がふるえた  空にただよう鳥たちのむれ うわさ話を耳にしたという  太陽のひかりを受けることで 野に咲く花のようにつよく息づいてく カラフルにいろどられながら かぎりない夢を咲きほこるよ あふれてる地球で  『君すこし変わってるね』なんて言われちゃってる チグハグなメッセージ どこが違うのかって? 違わない人なんて どこにもいないでしょ?  同じものはひとつもない世界 色とりどりの花を咲かせよう!  カラフルにつつまれた街では お月さまのことづけが届きます 迷子になってしまったとしても よく耳をすませば聴こえてくる  太陽のひかりを受けることで 野に咲く花はもっとつよく美しく カラフルに色あざやかになって かぎりある生命(いのち)を咲きほこるよ あふれだす宇宙で
曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 編曲者名 歌い出し
カラフル(TVサイズ ver.)『君少し変わってるね』 なんて言われちゃってる チグハグなメッセージ どこが違うのかって? 違わない人なんて  どこにもいないでしょ?  カラフルにいろどられながら かぎりない夢を咲きほこるよ あふれてる地球でMy Little LoverakkoTOMOYA MATSUURAMAKOTO MINAGAWA『君少し変わってるね』 なんて言われちゃってる チグハグなメッセージ どこが違うのかって? 違わない人なんて  どこにもいないでしょ?  カラフルにいろどられながら かぎりない夢を咲きほこるよ あふれてる地球で
今日が雨降りでも駅前の停留所 小さな赤い車 ドアを開けてすぐに ビニール傘が開く 土砂降りの雨がただ 音を立て打ち付ける 赤いワンピースが グレイに煙ってる  記憶はまだ雨降りでも スローモーションに変わってる あの時言えてない言葉 いまも覚えている  記憶の中だけ いまも聴こえてる  あんなに恋は淡い 水色をしてた どんなに早いペースで 流れたとしても 岸の近くを見れば 若い青さはじけた 奥の方は深く 急流で濁ってる  今日はここが雨降りでも 昨日からまだ止まなくても 濁流 飲み込まれながら 海にたどり着いている  グレイの海は 夜更けまで重い  あの時ドアを閉めて 世界は変わってた 最後の音が鈍く 耳に残っていた  心はまだ雨降りでも 今夜もまだ雨降りでも 明日はきっと晴れるから 夜明けはきっと近いから  当たり前で疲れる  どうしてなんだろう この雨にもっと浸りたいなんてMy Little Lover小林武史小林武史TAKESHI KOBAYASHI駅前の停留所 小さな赤い車 ドアを開けてすぐに ビニール傘が開く 土砂降りの雨がただ 音を立て打ち付ける 赤いワンピースが グレイに煙ってる  記憶はまだ雨降りでも スローモーションに変わってる あの時言えてない言葉 いまも覚えている  記憶の中だけ いまも聴こえてる  あんなに恋は淡い 水色をしてた どんなに早いペースで 流れたとしても 岸の近くを見れば 若い青さはじけた 奥の方は深く 急流で濁ってる  今日はここが雨降りでも 昨日からまだ止まなくても 濁流 飲み込まれながら 海にたどり着いている  グレイの海は 夜更けまで重い  あの時ドアを閉めて 世界は変わってた 最後の音が鈍く 耳に残っていた  心はまだ雨降りでも 今夜もまだ雨降りでも 明日はきっと晴れるから 夜明けはきっと近いから  当たり前で疲れる  どうしてなんだろう この雨にもっと浸りたいなんて
くちびる細かい霧のような雨降り注ぐ 静かに静まる 闇が深まり始めて  彩り香ってく 胸の奥底で 求めるあなたが感じられるまで  キスをして 確かめ合うたび 好きよと 涙が 指の先まで 愛を感じたまま 全ては満たされて  あなたの呼吸と 秘められた吐息 わかってる わかってない どこから来るのか  そうきっと あなたは私を 忘れてしまうよ ここにある 潔められた闇 そこに全てが留まって  偶然の中に生きてるような気がしたけど あなたを知る事は必然としか思えない  唇を吹き抜ける風が 何かを問うよう 流されず留まる涙は 出口探して 潜んでるMy Little Loverakko森俊之・吉川昌義・akko古川昌義・森俊之細かい霧のような雨降り注ぐ 静かに静まる 闇が深まり始めて  彩り香ってく 胸の奥底で 求めるあなたが感じられるまで  キスをして 確かめ合うたび 好きよと 涙が 指の先まで 愛を感じたまま 全ては満たされて  あなたの呼吸と 秘められた吐息 わかってる わかってない どこから来るのか  そうきっと あなたは私を 忘れてしまうよ ここにある 潔められた闇 そこに全てが留まって  偶然の中に生きてるような気がしたけど あなたを知る事は必然としか思えない  唇を吹き抜ける風が 何かを問うよう 流されず留まる涙は 出口探して 潜んでる
CRAZY LOVEあなたに会うと ときめきさえも うまく言葉に出来ないけど 恋心さえ 隠したままで チョットずるくなったかな  不幸せそうな眼で 私を見る仕草を hold you  目的よりも プロセスによって 歴史は塗り変えてきたらしい 全ての恋も 仕事もみんな 本当はマニュアルの外  ずっと前に見た夢 あれが何かを壊したの  愛の方程式 解いてね そして close to me 太陽よりも 強い引力のような crazy love  放課後の恋 黄昏の恋 忘れ去られているような浪漫 狂おしい程 じゃれてみたりね 死んだように眠ったり  そんな恋がいいなら それじゃどこかを壊してよ  love is a moon with shadow of cloud 雲の影に揺られて 銀色に光る 心の波の上を来て 愛の方程式 解いてね そしてclose to me もし解けたなら 秘密の鍵を持てる きっとfor us  ずっと前に見た夢 あなたへの恋心知った時  naturalな風が 私を包む午後の 光の中で膨らむのは あなたへの crazy love 銀色に光る 心の波の上の oh crazy loveMy Little Lover小林武史小林武史小林武史あなたに会うと ときめきさえも うまく言葉に出来ないけど 恋心さえ 隠したままで チョットずるくなったかな  不幸せそうな眼で 私を見る仕草を hold you  目的よりも プロセスによって 歴史は塗り変えてきたらしい 全ての恋も 仕事もみんな 本当はマニュアルの外  ずっと前に見た夢 あれが何かを壊したの  愛の方程式 解いてね そして close to me 太陽よりも 強い引力のような crazy love  放課後の恋 黄昏の恋 忘れ去られているような浪漫 狂おしい程 じゃれてみたりね 死んだように眠ったり  そんな恋がいいなら それじゃどこかを壊してよ  love is a moon with shadow of cloud 雲の影に揺られて 銀色に光る 心の波の上を来て 愛の方程式 解いてね そしてclose to me もし解けたなら 秘密の鍵を持てる きっとfor us  ずっと前に見た夢 あなたへの恋心知った時  naturalな風が 私を包む午後の 光の中で膨らむのは あなたへの crazy love 銀色に光る 心の波の上の oh crazy love
暮れゆく街で何を探し求め どこへ行くのかわからずに あなたの住む街を 一人彷徨い続けてた 何より あなたを必要としてる 誰かのため 通い合っていた気持ちから 手を離す  いくら愛し合っても どんなに信じ合っていても それぞれに答えや 迷いがあることは知ってる 痛みと悲しみは 何処かで覚悟してたけど いつでも 陽気な顔で気付かぬふりした  不意に 何の迷いもなく交された笑顔 その時 もし目の前で 思いっきり泣けたなら  少ない言葉数 黙ってわかり合ったけれど もっともっと恋の気持ちを伝えればよかった にぎわう街並みの中 背中ただ見つめたけど 暮れゆく空の下 強く強く抱き合う  握り締めていた手を ゆっくり解いてゆく その時 あなたがまるで他人の様に見えた  夜へと向かう電車が 灯るランプの様に 時々 霞んでは消え あしばやに流れてく  握り締めていた手を ゆっくり解いてゆく 悲しい程 愛してるあなたが他人になるMy Little Lover小林武史小林武史小林武史何を探し求め どこへ行くのかわからずに あなたの住む街を 一人彷徨い続けてた 何より あなたを必要としてる 誰かのため 通い合っていた気持ちから 手を離す  いくら愛し合っても どんなに信じ合っていても それぞれに答えや 迷いがあることは知ってる 痛みと悲しみは 何処かで覚悟してたけど いつでも 陽気な顔で気付かぬふりした  不意に 何の迷いもなく交された笑顔 その時 もし目の前で 思いっきり泣けたなら  少ない言葉数 黙ってわかり合ったけれど もっともっと恋の気持ちを伝えればよかった にぎわう街並みの中 背中ただ見つめたけど 暮れゆく空の下 強く強く抱き合う  握り締めていた手を ゆっくり解いてゆく その時 あなたがまるで他人の様に見えた  夜へと向かう電車が 灯るランプの様に 時々 霞んでは消え あしばやに流れてく  握り締めていた手を ゆっくり解いてゆく 悲しい程 愛してるあなたが他人になる
恋のデジャヴのどかな日曜日 がらんとした電車 ゆらりゆらりと ほんのり寒くて 心細くなってしまう  背伸びしてる小さな子が誇らしげ 切ない現実とは 裏腹に はしゃいでる  私だけを愛して 抱きしめて欲しい 叶わぬ願い胸に 涙雨降らす  夢に見る恋のデジャヴ 記憶のかけらが 永遠に続くように 恋の謎解きゲーム  揺るぎない想いを いくら重ねても 頑張ってみても 根を下ろした幹 倒すことは容易くはない  曖昧な世界と うわべだけの付き合いが 全てをまぼろしにしてしまうのは つまらないから!  パズルを組み合わすよう 輪郭見えたら パステル色に染めて 想い描きたそう  呼吸するよう私たち 求め愛し合う 例え一時だけハッピーネス 永遠の扉  私だけを愛して 抱きしめて欲しい 叶わぬ願い胸に 涙雨降らす  夢に見る恋のデジャヴ 記憶のかけらが 永遠に続くように 恋の謎解きゲームMy Little LoverakkotetsuhikoMasaya Suzukiのどかな日曜日 がらんとした電車 ゆらりゆらりと ほんのり寒くて 心細くなってしまう  背伸びしてる小さな子が誇らしげ 切ない現実とは 裏腹に はしゃいでる  私だけを愛して 抱きしめて欲しい 叶わぬ願い胸に 涙雨降らす  夢に見る恋のデジャヴ 記憶のかけらが 永遠に続くように 恋の謎解きゲーム  揺るぎない想いを いくら重ねても 頑張ってみても 根を下ろした幹 倒すことは容易くはない  曖昧な世界と うわべだけの付き合いが 全てをまぼろしにしてしまうのは つまらないから!  パズルを組み合わすよう 輪郭見えたら パステル色に染めて 想い描きたそう  呼吸するよう私たち 求め愛し合う 例え一時だけハッピーネス 永遠の扉  私だけを愛して 抱きしめて欲しい 叶わぬ願い胸に 涙雨降らす  夢に見る恋のデジャヴ 記憶のかけらが 永遠に続くように 恋の謎解きゲーム
光速を超えてできるだけ 遠くまで 彼方までも 旅をしよう 距離じゃなく 時間でもないものの 先の先 達い場所へ  僕達の 奥底に 目覚めたままの 世界がある それはまだ 見たことはないけれど そのことがあると知ってる  信じるものの そのまた先を 信じていこう 悲しみも 届かない 光速を超えて  波の向こう 空のすぐ 下にある あの辺り 道の角 曲がって目に入った 光が射す あの辺りも  それが今 どこにあったとしても 強く想うよ 僕のファンタジーMy Little LoverTakeshi KobayashiTakeshi KobayashiTAKESHI KOBAYASHIできるだけ 遠くまで 彼方までも 旅をしよう 距離じゃなく 時間でもないものの 先の先 達い場所へ  僕達の 奥底に 目覚めたままの 世界がある それはまだ 見たことはないけれど そのことがあると知ってる  信じるものの そのまた先を 信じていこう 悲しみも 届かない 光速を超えて  波の向こう 空のすぐ 下にある あの辺り 道の角 曲がって目に入った 光が射す あの辺りも  それが今 どこにあったとしても 強く想うよ 僕のファンタジー
回廊(コリドー)をぬけて夢の回廊ですれ違う 誰かの影 振り向いてみても 誰なのかわからない 愛が夜の中で 落ち込んで しょげていてもね 夢のあなたで 暖かくなれる  うまくいかないと 傷つけあったりもして 上手な生き方 見つけて先を急ぐ愛は はずみのように 涙を流すけれども いつも激しさで 燃えたりはしない  変わらぬ日々に Don't give up ため息も 喜びも 日常(まいにち)を揺れてる シャボン玉のようでも  心の痛みやつらさに 触れないように 仲間もこの頃 予定調和の日々 愛は孤独の果て 悲しみの先で待ってる ずっと昔から 知ってた気がする  変わる世界で Don't give up 誰にでもなれるなら バーチャルの向こうで 私になりたい Don't give up もう一度抱きしめて 本当の私と 本当のあなたと  心の扉 開いてみてたら 木立のまわりに 風もそよいでるよ tu..... 街も恋も灯も 愛も生も死も 揺れてる  夢の回廊 すれ違う人に 語りかけてみても 声にならない 愛が夜の中で 落ち込んで しょげていたなら 夢のあなたに 手を差し伸べて 伝えたい 変わらぬ気持ち  Don't give up oh Don't give up 負けないで 日常を揺れてる シャボンのようでも Don't give up もう一度抱きしめて 本当の私と 本当のあなたと 夢の中の 回廊をぬけてMy Little LoverTakeshi KobayashiTakeshi Kobayashi小林武史夢の回廊ですれ違う 誰かの影 振り向いてみても 誰なのかわからない 愛が夜の中で 落ち込んで しょげていてもね 夢のあなたで 暖かくなれる  うまくいかないと 傷つけあったりもして 上手な生き方 見つけて先を急ぐ愛は はずみのように 涙を流すけれども いつも激しさで 燃えたりはしない  変わらぬ日々に Don't give up ため息も 喜びも 日常(まいにち)を揺れてる シャボン玉のようでも  心の痛みやつらさに 触れないように 仲間もこの頃 予定調和の日々 愛は孤独の果て 悲しみの先で待ってる ずっと昔から 知ってた気がする  変わる世界で Don't give up 誰にでもなれるなら バーチャルの向こうで 私になりたい Don't give up もう一度抱きしめて 本当の私と 本当のあなたと  心の扉 開いてみてたら 木立のまわりに 風もそよいでるよ tu..... 街も恋も灯も 愛も生も死も 揺れてる  夢の回廊 すれ違う人に 語りかけてみても 声にならない 愛が夜の中で 落ち込んで しょげていたなら 夢のあなたに 手を差し伸べて 伝えたい 変わらぬ気持ち  Don't give up oh Don't give up 負けないで 日常を揺れてる シャボンのようでも Don't give up もう一度抱きしめて 本当の私と 本当のあなたと 夢の中の 回廊をぬけて
午後の曳航(午後の曳航) 黄金色の 水面が立つ 四時を過ぎて 日ざしは影を 永く曳いてく  (陽が消えてく) 私はまだ あなた憶い 七時前の 離れてしまう 心が儚い  愛されて生まれ 愛されてきた 愛を感じて 探してみた 愛に傷つき 愛に震え 愛の涙を流す事になった  (闇の中で) 時間がまた 戻るように 零時が過ぎ あなたが誰か 問いかけてしまう  (朝陽を待って) 藍色した 深い闇が 少し碧を 帯び始めてる 再生の時に  愛されて生まれ 愛されてきた 愛を感じて 探してみた 愛に傷つき 愛に震え 愛の涙を流す事になったMy Little LoverTakeshi KobayashiTakeshi Kobayashi小林武史(午後の曳航) 黄金色の 水面が立つ 四時を過ぎて 日ざしは影を 永く曳いてく  (陽が消えてく) 私はまだ あなた憶い 七時前の 離れてしまう 心が儚い  愛されて生まれ 愛されてきた 愛を感じて 探してみた 愛に傷つき 愛に震え 愛の涙を流す事になった  (闇の中で) 時間がまた 戻るように 零時が過ぎ あなたが誰か 問いかけてしまう  (朝陽を待って) 藍色した 深い闇が 少し碧を 帯び始めてる 再生の時に  愛されて生まれ 愛されてきた 愛を感じて 探してみた 愛に傷つき 愛に震え 愛の涙を流す事になった
サテライト20時前の空 オレンジ色 雲にネオンサイン だらしない程に 膨れている 人々の群れ 交差点の近く ホテルの側に B級映画のスパイが ポーズ決める  街頭ビジョンに繰り返して パンクバンドが跳ぶ やたらに歪んでる 早い動き エディットのため 他の色達の点滅とスクランブルしている むやみに反応している レンズのセンサー 私のセンサー  いま街のあらゆる場所で 生まれる電波の矢が 宇宙の果てに向かって 届いた後に跳ね返るなら いつかここに戻ることを願って 孤独なこの地球の孤独な恋人たち  サテライトデ サガシテホシイ ワタシノイルトコロ トギレタリ ミエナクッテモ ミダレタシンゴウデ サテライトデ サガシテホシイ ワタシノイルトコロ  サテライトで探して欲しい 私のいるところMy Little LoverTakeshi KobayashiTakeshi KobayashiTAKESHI KOBAYASHI20時前の空 オレンジ色 雲にネオンサイン だらしない程に 膨れている 人々の群れ 交差点の近く ホテルの側に B級映画のスパイが ポーズ決める  街頭ビジョンに繰り返して パンクバンドが跳ぶ やたらに歪んでる 早い動き エディットのため 他の色達の点滅とスクランブルしている むやみに反応している レンズのセンサー 私のセンサー  いま街のあらゆる場所で 生まれる電波の矢が 宇宙の果てに向かって 届いた後に跳ね返るなら いつかここに戻ることを願って 孤独なこの地球の孤独な恋人たち  サテライトデ サガシテホシイ ワタシノイルトコロ トギレタリ ミエナクッテモ ミダレタシンゴウデ サテライトデ サガシテホシイ ワタシノイルトコロ  サテライトで探して欲しい 私のいるところ
Survival新しい絵具で 街を書いたら 蛍光の色ばかり だけど明るくはないの  前から あなたの事なら 誰よりも知っている そう感じていたから 油断してはいけないと 甘えててもいけないと解っていたはずの恋よ  サバイバルなら ココロの中でしてたから 雨の日も恋も 夜の闇でも くぐり抜けてゆける uh baby だけど止まない 嵐の中の雷鳴に 怯えて走って ずぶ濡れになって 空をにらんでても nothing change (I just hear the sound of a bell through the blue)  薔薇の棘さえも そこかしこに潜んでる いつかまた晴れていく きっとどこか続いてく 歌のセリフみたいだねって、笑うほど甘くはない  サバイバルなら さみしさに負けることなく このままでいいの ここで降りるの 語りかけは響く un baby 悲しみの空 遠くまでも晴れ渡っていたけど 昨日(さくじつ)のミスも 9月の朝も きっと乗り越えてゆく  サバイバルなら ココロの中でしてたから 雨の日も恋も 夜の闇でも ずぶ濡れになって 空をにらんだら また歩いてゆこう  夕暮れの空 行き交う人に 明かりが 微笑むよ 風の向こうで また会えるならって 願いを 込めてるんだ la la la… 行き交う人に 明かりが 微笑んだ la la la…My Little LoverTakeshi KobayashiTakeshi Kobayashi小林武史新しい絵具で 街を書いたら 蛍光の色ばかり だけど明るくはないの  前から あなたの事なら 誰よりも知っている そう感じていたから 油断してはいけないと 甘えててもいけないと解っていたはずの恋よ  サバイバルなら ココロの中でしてたから 雨の日も恋も 夜の闇でも くぐり抜けてゆける uh baby だけど止まない 嵐の中の雷鳴に 怯えて走って ずぶ濡れになって 空をにらんでても nothing change (I just hear the sound of a bell through the blue)  薔薇の棘さえも そこかしこに潜んでる いつかまた晴れていく きっとどこか続いてく 歌のセリフみたいだねって、笑うほど甘くはない  サバイバルなら さみしさに負けることなく このままでいいの ここで降りるの 語りかけは響く un baby 悲しみの空 遠くまでも晴れ渡っていたけど 昨日(さくじつ)のミスも 9月の朝も きっと乗り越えてゆく  サバイバルなら ココロの中でしてたから 雨の日も恋も 夜の闇でも ずぶ濡れになって 空をにらんだら また歩いてゆこう  夕暮れの空 行き交う人に 明かりが 微笑むよ 風の向こうで また会えるならって 願いを 込めてるんだ la la la… 行き交う人に 明かりが 微笑んだ la la la…
sunday morningsunday morning  窓の外を眺めてたい 雨にうたれた街が 潤い始める  些細な理由が 人を傷つける わかりきったことを また繰り返してる  いつだって…  忘れないで過ぎし日を 思い立って走り出して  崖っぷちで戸惑い いくつもの涙が また今日の雨となるMy Little LoverakkoTomoya Matsuuraakko・Kiyoto Konda・Tomoya Matsuurasunday morning  窓の外を眺めてたい 雨にうたれた街が 潤い始める  些細な理由が 人を傷つける わかりきったことを また繰り返してる  いつだって…  忘れないで過ぎし日を 思い立って走り出して  崖っぷちで戸惑い いくつもの涙が また今日の雨となる
THE WATERS透明な 水の中 遠く近く 波を感じ 長い間 夢を見てた あなたがいる 私の外 私の中に  そっと背中にある 手を腰へと 落としていって このままずっと 波の中 昇っていこう そしてずっと 潜っていこう  Dive in water 渦の中で やがて目覚めてく 向かい合う 自分をかわし(回避し) あなたを探す  水槽に泳いでるあなたを この水槽から 眺めていたの ガラス越しに 口唇さえ よせていけば 全てはじけた  Dive in water 悲しさとか喜びの間に Dive in water ハートビートが響いてくるまで  壊れたビル 雨は流れて コンクリートに染み込んだ 変わってく景色の中で 可愛い花が咲き 風に舞う  ここにいて 二人を抱き 溶かすような波の 中にいて そこで揺れて コスモ(宇宙)を感じて Dive in water 二人を抱き 溶かすような愛にMy Little LoverTAKESHI KOBAYASHITAKESHI KOBAYASHI透明な 水の中 遠く近く 波を感じ 長い間 夢を見てた あなたがいる 私の外 私の中に  そっと背中にある 手を腰へと 落としていって このままずっと 波の中 昇っていこう そしてずっと 潜っていこう  Dive in water 渦の中で やがて目覚めてく 向かい合う 自分をかわし(回避し) あなたを探す  水槽に泳いでるあなたを この水槽から 眺めていたの ガラス越しに 口唇さえ よせていけば 全てはじけた  Dive in water 悲しさとか喜びの間に Dive in water ハートビートが響いてくるまで  壊れたビル 雨は流れて コンクリートに染み込んだ 変わってく景色の中で 可愛い花が咲き 風に舞う  ここにいて 二人を抱き 溶かすような波の 中にいて そこで揺れて コスモ(宇宙)を感じて Dive in water 二人を抱き 溶かすような愛に
Shiny Shoeshiny shoe かがやく靴をいつもこころの足下に履いて  lonely night 悲しいときも明日はどこに出かけていこうか  イメージしていたいな ワクワクもしながら  毎日はクリスマスやハロウィンじゃないけれども いつかナイトが来るって信じてる訳じゃないけど  あれもこれも無理だと嘆いてしまう前に 私達はそろそろ気づき出していると思う すべて小さなことと繋がってると  shiny shoe 磨いていたらきっと何かが写し出されるよ  lonely night 埃被って泣きっ面の夜の片隅でも  イメージしていたいな もっと悪くなっても 負けない気持ちを  子供の仕草みてたら元気が込み上げてくるよ キラキラしているチカラはどこから流れて来るんだろう  命は尽きる事なく受け継がれていくから 私達はいつでもただ役割果たしてきた すべて小さなことで成り立っていた  shiny shoe かがやく靴をいつもこころの足下に履いて  shiny shoe 磨いていたらきっと何かが写し出されるよ  lonely night パーティーのような沢山のプレゼントはないけれど  shiny shoe かがやく靴をいつもこころの足下に履いてMy Little LoverTakeshi KobayashiTakeshi KobayashiTAKESHI KOBAYASHIshiny shoe かがやく靴をいつもこころの足下に履いて  lonely night 悲しいときも明日はどこに出かけていこうか  イメージしていたいな ワクワクもしながら  毎日はクリスマスやハロウィンじゃないけれども いつかナイトが来るって信じてる訳じゃないけど  あれもこれも無理だと嘆いてしまう前に 私達はそろそろ気づき出していると思う すべて小さなことと繋がってると  shiny shoe 磨いていたらきっと何かが写し出されるよ  lonely night 埃被って泣きっ面の夜の片隅でも  イメージしていたいな もっと悪くなっても 負けない気持ちを  子供の仕草みてたら元気が込み上げてくるよ キラキラしているチカラはどこから流れて来るんだろう  命は尽きる事なく受け継がれていくから 私達はいつでもただ役割果たしてきた すべて小さなことで成り立っていた  shiny shoe かがやく靴をいつもこころの足下に履いて  shiny shoe 磨いていたらきっと何かが写し出されるよ  lonely night パーティーのような沢山のプレゼントはないけれど  shiny shoe かがやく靴をいつもこころの足下に履いて
Shuffleスプリンクラー 勢いで 回っているよ ぬけるようなsky 悲しい程遠い  だるいbeatも 好きだけど たまにはこんな アッパーなdrive 心臓がドキドキ 早い  海を渡るそよ風と 灼熱の砂漠の渦 私、まだこの季節を わかってない  悲しいkissは まだ この胸にあるよ あなたの言葉に 今も oh break my heart 涙の彼方へ行こう 遠くまで行こう だけどこの街に 隠れたままの sweet sweet soul  やりたいこと 探すこと あきらめないこと だから今日もtry でもデータはすぐに version up  答えは無数の星のようで 愛とは宇宙の果てのようで そして心に花を持たなきゃって  タイトな未来に 夢 ただ見てちゃだめで 逃げ出す場所さえ 見えない だけど We can't stop 涙の彼方へ行こう 遠くまで行こう やがて始まりは ここに 見えては隠れてきっと再び現れる  悲しいkissは まだ この胸にあるよ あなたの言葉に 今も oh break my heart 涙の彼方へ行こう 遠くまで行こう そしてこの街で 全てを shuffleして そしてもう一度 抱きしめる La La La sweet sweet soulMy Little Lover小林武史小林武史小林武史スプリンクラー 勢いで 回っているよ ぬけるようなsky 悲しい程遠い  だるいbeatも 好きだけど たまにはこんな アッパーなdrive 心臓がドキドキ 早い  海を渡るそよ風と 灼熱の砂漠の渦 私、まだこの季節を わかってない  悲しいkissは まだ この胸にあるよ あなたの言葉に 今も oh break my heart 涙の彼方へ行こう 遠くまで行こう だけどこの街に 隠れたままの sweet sweet soul  やりたいこと 探すこと あきらめないこと だから今日もtry でもデータはすぐに version up  答えは無数の星のようで 愛とは宇宙の果てのようで そして心に花を持たなきゃって  タイトな未来に 夢 ただ見てちゃだめで 逃げ出す場所さえ 見えない だけど We can't stop 涙の彼方へ行こう 遠くまで行こう やがて始まりは ここに 見えては隠れてきっと再び現れる  悲しいkissは まだ この胸にあるよ あなたの言葉に 今も oh break my heart 涙の彼方へ行こう 遠くまで行こう そしてこの街で 全てを shuffleして そしてもう一度 抱きしめる La La La sweet sweet soul
chutes and laddersあ~ いつも通り 空をみてる にじんだ影 意識しながら もし 大地揺れて 街が崩れ 嵐が舞い 調整できなくて  そんなことは起きたくはない 『だからどうした?』 通り過ぎる地下鉄の 閉ざされた景色の中 情報過多の世の中で  Life is 飛んでもコケても 泣いても怒っても chutes and ladders 繰り返される 飲んでも惚れても 一人でも二人でも ぐるぐる地球は回ってる 本当はもっとも愛してる気持ちに忠犬ハチ公も驚く 計算できないぶきっちょな私も 『どうかあの人を守りたい!』と思っていいのでしょうか?  あ~ 巡り巡る 大海原 ほおり投げられる そんな気分ですわ why~ 虫眼鏡で 目を開いて 見えたものは そんなに醜いの?  だってそんなに捨てたもんじゃないよ 目の前にある 目に映ってないものは 憎たらしい 表情さえ 愛してしまう 切ない性分です~  Life is なんでもかんでも 結構納得 chutes and ladders おもしるがって いつでもどこにでも 愛してるあなたと くるくる宇宙は 踊ってる 本当は絶対 譲れない気持はいつでもココロに持ってる あなたをただただ 愛していられたら どんなシビアな山でも乗り越えてみせましょう  I can see you I can flyMy Little LoverakkoNobuo Akita近田潔人あ~ いつも通り 空をみてる にじんだ影 意識しながら もし 大地揺れて 街が崩れ 嵐が舞い 調整できなくて  そんなことは起きたくはない 『だからどうした?』 通り過ぎる地下鉄の 閉ざされた景色の中 情報過多の世の中で  Life is 飛んでもコケても 泣いても怒っても chutes and ladders 繰り返される 飲んでも惚れても 一人でも二人でも ぐるぐる地球は回ってる 本当はもっとも愛してる気持ちに忠犬ハチ公も驚く 計算できないぶきっちょな私も 『どうかあの人を守りたい!』と思っていいのでしょうか?  あ~ 巡り巡る 大海原 ほおり投げられる そんな気分ですわ why~ 虫眼鏡で 目を開いて 見えたものは そんなに醜いの?  だってそんなに捨てたもんじゃないよ 目の前にある 目に映ってないものは 憎たらしい 表情さえ 愛してしまう 切ない性分です~  Life is なんでもかんでも 結構納得 chutes and ladders おもしるがって いつでもどこにでも 愛してるあなたと くるくる宇宙は 踊ってる 本当は絶対 譲れない気持はいつでもココロに持ってる あなたをただただ 愛していられたら どんなシビアな山でも乗り越えてみせましょう  I can see you I can fly
shooting star~シューティングスター~空も流れるように果てまで続いている 明日を探して広がる  あなたのこころがいつか何かに目覚めた時 わたしの色は 褪せていくと思ってた もしもあなたが永久の愛を約束しても  ココロに シューティングスター 2つ流れて 初めは別れの ことだと思った  悲しい気持ちはこのままでも 傷のように癒えてく そして治るだけ  あなたのこころがどこか遠く歩いてたら いつか出逢って 全てを抱きしめたい もしも例えあなたが誰であったとしても  ココロに シューティングスター 2つ流れて 何も無いような愛を感じた  そしてそこに全ては1つとしてあるだけなら あなたもきっと 向かっているのでしょうか  ヨゾラに シューティングスター 街を覆ってく 全てがあるような愛をうけたら  アナタに シューティングスター 届けてほしい いつか出逢う日の サインのためにMy Little LoverTakeshi KobayashiTakeshi Kobayashi小林武史空も流れるように果てまで続いている 明日を探して広がる  あなたのこころがいつか何かに目覚めた時 わたしの色は 褪せていくと思ってた もしもあなたが永久の愛を約束しても  ココロに シューティングスター 2つ流れて 初めは別れの ことだと思った  悲しい気持ちはこのままでも 傷のように癒えてく そして治るだけ  あなたのこころがどこか遠く歩いてたら いつか出逢って 全てを抱きしめたい もしも例えあなたが誰であったとしても  ココロに シューティングスター 2つ流れて 何も無いような愛を感じた  そしてそこに全ては1つとしてあるだけなら あなたもきっと 向かっているのでしょうか  ヨゾラに シューティングスター 街を覆ってく 全てがあるような愛をうけたら  アナタに シューティングスター 届けてほしい いつか出逢う日の サインのために
ショータイム駆け足で通り過ぎる 僕の目の前すぐ ちらりと見ることもなく  風になびいた髪 甘い香りがふわり 瞬く間 恋の虜  そこでよりによって 君は振り返る  smiling back ドキドキ 凍り付く細胞から laughing soup 飲み干し クラクラきてるみたいにね  この世に生きる 摩訶不思議 彩る  いろんな人来ては たくさんの友出てく 入り口と出口だけの  部屋にどうか留まって 僕を一人にしないで ずっと一緒 遊んでくれよ  もう全て捧げます 君の思うようにね  a walking dream ふらら 夢うつつからメロディー be flying high tururu 踊ろう我こそは君のため  この遊びに尽きる 誇大妄想  この悪ふざけピエロ ショータイム この遊びに尽きる my life  a walking dream ふらら 夢うつつからメロディー be flying high tururu 踊ろう我こそは君のため  この遊びに尽きる 誇大  この悪ふざけピエロ ショータイム  この世に生きる 摩訶不思議 彩るMy Little LoverakkoDavid Meadデヴィッド・ミード駆け足で通り過ぎる 僕の目の前すぐ ちらりと見ることもなく  風になびいた髪 甘い香りがふわり 瞬く間 恋の虜  そこでよりによって 君は振り返る  smiling back ドキドキ 凍り付く細胞から laughing soup 飲み干し クラクラきてるみたいにね  この世に生きる 摩訶不思議 彩る  いろんな人来ては たくさんの友出てく 入り口と出口だけの  部屋にどうか留まって 僕を一人にしないで ずっと一緒 遊んでくれよ  もう全て捧げます 君の思うようにね  a walking dream ふらら 夢うつつからメロディー be flying high tururu 踊ろう我こそは君のため  この遊びに尽きる 誇大妄想  この悪ふざけピエロ ショータイム この遊びに尽きる my life  a walking dream ふらら 夢うつつからメロディー be flying high tururu 踊ろう我こそは君のため  この遊びに尽きる 誇大  この悪ふざけピエロ ショータイム  この世に生きる 摩訶不思議 彩る
白いカイトGOLD LYLIC悲しみの言葉は 全部すてたい 愛はひとつの言葉では 語れないけど 悲しくなる程 誰かを愛したい それに気づかぬフリをして 時は流れた  そして今 Chance Chance Chance 逃している 自分ばかりが目につく 世界は私だけおいて回り続ける  空は夏の色に染まる 白いカイトも揺れている 心の中つないだ恋のタイトロープ渡りたい  誰かの言葉に 惑わされぬように そして誰かの痛みから 逃げ出さぬように  暗闇を Knock Knock Knock してる気持ち 手探りしてあせってる だけど心は探してる かさねあう瞬間(とき)を  雲の切れ間からこぼれる 輝く予感を集めて ここで今 鼓動打ち 呼吸してる oh my soul  夕暮れの空に向かって 少年はカイトを上げてる まるで地球と話をしてるみたいさ なめらかに  ここで今 鼓動打ち 呼吸してる oh my soul  銀色の波に向かって 白いカイトは揺れている まるで宇宙とダンスをしているみたいさ 永遠にGOLD LYLICMy Little LoverKATE小林武史小林武史悲しみの言葉は 全部すてたい 愛はひとつの言葉では 語れないけど 悲しくなる程 誰かを愛したい それに気づかぬフリをして 時は流れた  そして今 Chance Chance Chance 逃している 自分ばかりが目につく 世界は私だけおいて回り続ける  空は夏の色に染まる 白いカイトも揺れている 心の中つないだ恋のタイトロープ渡りたい  誰かの言葉に 惑わされぬように そして誰かの痛みから 逃げ出さぬように  暗闇を Knock Knock Knock してる気持ち 手探りしてあせってる だけど心は探してる かさねあう瞬間(とき)を  雲の切れ間からこぼれる 輝く予感を集めて ここで今 鼓動打ち 呼吸してる oh my soul  夕暮れの空に向かって 少年はカイトを上げてる まるで地球と話をしてるみたいさ なめらかに  ここで今 鼓動打ち 呼吸してる oh my soul  銀色の波に向かって 白いカイトは揺れている まるで宇宙とダンスをしているみたいさ 永遠に
深呼吸の必要あなたといれば世界が変わった 何もかも新しく思えてた 愛と感じた全てが逆さの ネガのように見えてくる時を過ぎて いつか世界は 変わらなくなってた 悲しみや笑うこともフィルム越しだった  青い空の中 雲が動いていく 久しく見ない空は普通の空 独りの心を感じたなら少し あなたの気持ちを分かってキュンとなった  夏の空では 鳥が舞ったから 幼日のあこがれを思い出した 海からの風 陸から吹く風 回るように絡むように流れになる 世界はいつも澄んでる訳じゃない とりあえず迷うこと 怖がらずいよう  青い海の先 飛沫が跳ね上がり 行こうと船がうなりを上げてる 息をはき出して少しこらえたなら いつか全ての気の力をすおう  こころにしみ込む水の雫に 溶けてしまうのは固い寂しさ  青い空の中 雲が動いていく 私の体は再び目覚めてく 独りの心を感じたならもっと あなたの気持ちを分かってキュンとなった あなたへの道を 回り道してるその途中で その途中でMy Little LoverTAKESHI KOBAYASHITAKESHI KOBAYASHI小林武史あなたといれば世界が変わった 何もかも新しく思えてた 愛と感じた全てが逆さの ネガのように見えてくる時を過ぎて いつか世界は 変わらなくなってた 悲しみや笑うこともフィルム越しだった  青い空の中 雲が動いていく 久しく見ない空は普通の空 独りの心を感じたなら少し あなたの気持ちを分かってキュンとなった  夏の空では 鳥が舞ったから 幼日のあこがれを思い出した 海からの風 陸から吹く風 回るように絡むように流れになる 世界はいつも澄んでる訳じゃない とりあえず迷うこと 怖がらずいよう  青い海の先 飛沫が跳ね上がり 行こうと船がうなりを上げてる 息をはき出して少しこらえたなら いつか全ての気の力をすおう  こころにしみ込む水の雫に 溶けてしまうのは固い寂しさ  青い空の中 雲が動いていく 私の体は再び目覚めてく 独りの心を感じたならもっと あなたの気持ちを分かってキュンとなった あなたへの道を 回り道してるその途中で その途中で
Gypsynothing with a radiance wander around the sand a bandwagon play the sound woh oh oh  聞こえてるのは 神話の世界 ラジオを合わせ ここにいれば きっとダメになってく その声がする方へ  逃げ出すように見えている 孤独な夜 oh oh oh moving out in the moonlight ここで1つ夢を 叶えたのか わかんないままで 夜の先 まぎれてゆく  nothing with a radiance wander around the sand a bandwagon play the sound woh oh oh  許し合えるなら この街の中で 荷物をほどいて だけどいつの日にか 変われなくなる こころ開けないままで  逃げ出すように見えている 孤独な夜 oh oh oh moving out in the moonlight ここで1つ夢を 叶えたのか わかんないままで 夜の先 まぎれてゆく  nothing with a radiance wander around the sand a bandwagon play the sound woh oh ohMy Little LoverTakeshi KobayashiTakeshi KobayashiTAKESHI KOBAYASHInothing with a radiance wander around the sand a bandwagon play the sound woh oh oh  聞こえてるのは 神話の世界 ラジオを合わせ ここにいれば きっとダメになってく その声がする方へ  逃げ出すように見えている 孤独な夜 oh oh oh moving out in the moonlight ここで1つ夢を 叶えたのか わかんないままで 夜の先 まぎれてゆく  nothing with a radiance wander around the sand a bandwagon play the sound woh oh oh  許し合えるなら この街の中で 荷物をほどいて だけどいつの日にか 変われなくなる こころ開けないままで  逃げ出すように見えている 孤独な夜 oh oh oh moving out in the moonlight ここで1つ夢を 叶えたのか わかんないままで 夜の先 まぎれてゆく  nothing with a radiance wander around the sand a bandwagon play the sound woh oh oh
12月の天使達この手で この指で 確かめる 幸せに永遠は無いと感じていた  空から舞い降りる天使なら  微笑む光は 夜のイルミネーション  愛はどこまでを知ってる? 心に隠されてる  激しさは こんな12月の街にひそむ  会いたい せつなさは ふりだした雪に包まれて 涙をかくすの  街は 終わりへのフェスティバル 高まる行進のよう はぐれた私が天使の羽をかりたら  空へと かけあがり 遠くから街の光を見つめ この手にふれるの um…My Little Lover小林武史小林武史小林武史この手で この指で 確かめる 幸せに永遠は無いと感じていた  空から舞い降りる天使なら  微笑む光は 夜のイルミネーション  愛はどこまでを知ってる? 心に隠されてる  激しさは こんな12月の街にひそむ  会いたい せつなさは ふりだした雪に包まれて 涙をかくすの  街は 終わりへのフェスティバル 高まる行進のよう はぐれた私が天使の羽をかりたら  空へと かけあがり 遠くから街の光を見つめ この手にふれるの um…
jelly fish野に咲くタンポポ ウサギが跳ねる 今宵は月からメッセージ  眠りにつくサンシャイン 地球の裏で ジリジリと音をたてている  Oh darling, don't be jelly fish  光の速さで闇に変わるドリーム 何度でも挫けそう  ココロのものごと 難し過ぎて 努力だけじゃ解決しない  Oh darling, don't be jelly beans  でもね なんだってあり 夢の  星空高く響く (聞こえるよう) あちら様こちらへ そっと歩いてくるみたいだから  Oh darling, don't be in a rush  だから あるがままに 生きるMy Little Loverakko堀込泰行森俊之野に咲くタンポポ ウサギが跳ねる 今宵は月からメッセージ  眠りにつくサンシャイン 地球の裏で ジリジリと音をたてている  Oh darling, don't be jelly fish  光の速さで闇に変わるドリーム 何度でも挫けそう  ココロのものごと 難し過ぎて 努力だけじゃ解決しない  Oh darling, don't be jelly beans  でもね なんだってあり 夢の  星空高く響く (聞こえるよう) あちら様こちらへ そっと歩いてくるみたいだから  Oh darling, don't be in a rush  だから あるがままに 生きる
Sweet Home緑燃ゆる丘の道 繋る草かき分けた 向こうには 誰か待つ Sweet Home そのイメージは変わらず  鳥たちが歌うだろう 戦いの傷跡も そのうちに 消えてしまうだろう 僕達を残してね  優しげな笑顔の中に 本当の狂気が潜む  僕達が見てたもの それはまだここにある 辿り着け 幻のSweet Home そして捨ててしまいましょう  家族でも一人一人で がんばってるから 優しくなれる ららららら 海の向こうでも ららららら 歌うよSweet Home  緑燃ゆる丘の道 繋る草かき分けた 向こうには 君が待つ Sweet Home そこにはもう戻れない 戻らないMy Little LoverTakeshi KobayashiTakeshi KobayashiTAKESHI KOBAYASHI緑燃ゆる丘の道 繋る草かき分けた 向こうには 誰か待つ Sweet Home そのイメージは変わらず  鳥たちが歌うだろう 戦いの傷跡も そのうちに 消えてしまうだろう 僕達を残してね  優しげな笑顔の中に 本当の狂気が潜む  僕達が見てたもの それはまだここにある 辿り着け 幻のSweet Home そして捨ててしまいましょう  家族でも一人一人で がんばってるから 優しくなれる ららららら 海の向こうでも ららららら 歌うよSweet Home  緑燃ゆる丘の道 繋る草かき分けた 向こうには 君が待つ Sweet Home そこにはもう戻れない 戻らない
STARDUST曇り空から 雨が落ちる 行く宛のない 恋人の肩に  恋は熱病 浅い夢の 続きもやがて 治るように色褪せていった  もっと愛の もっと先まで  あなたの瞳にスターダスト 真昼の空に写って 戻れない時も今は 越えてゆきそう 痛むようなら 心を重ねればいい  街の光が 強い夜に そこに広がる星たちが 見えない世界  虚しさと 踊り続けた  あなたの瞳にスターダスト この都市(まち)の夜に映って 無数の愛の魔法が 霧のように降る ここであなたと二人で 隠れていよう  あなたの瞳にスターダスト この都市の夜に映って 無数の愛の魔法が 霧のように降る 痛むようなら 心を重ねればいい  そしてあなたとこうして 隠れていようMy Little Lover小林武史小林武史小林武史曇り空から 雨が落ちる 行く宛のない 恋人の肩に  恋は熱病 浅い夢の 続きもやがて 治るように色褪せていった  もっと愛の もっと先まで  あなたの瞳にスターダスト 真昼の空に写って 戻れない時も今は 越えてゆきそう 痛むようなら 心を重ねればいい  街の光が 強い夜に そこに広がる星たちが 見えない世界  虚しさと 踊り続けた  あなたの瞳にスターダスト この都市(まち)の夜に映って 無数の愛の魔法が 霧のように降る ここであなたと二人で 隠れていよう  あなたの瞳にスターダスト この都市の夜に映って 無数の愛の魔法が 霧のように降る 痛むようなら 心を重ねればいい  そしてあなたとこうして 隠れていよう
ストレイシープ右左右を見て 前向いて歩いても 空に何かが 浮いて吹いて風散って 闇にさらわれるかも?  コワいイメージ  雨が雪に変わり ひょうやら槍やら 襲いかかってくるかもしれぬ世に 君は僕にそっと 教えてくれる 目に映らない 素敵なこと!  手とテと愛と優しさが 君に届いて 僕に届いてゆけ 迷える子羊 今日だって 森の中から 手を差し伸べる 『初めまして‥』  羊を数えたなら 眠くなるってホント? 嘘くさい呪文 人に変わるロボット 夢みちゃいけないらしい…  そんなのってあり??  同じ海の底に あぶくのように 僕らは生まれ 這い上がってきた 風が吹き 空を青くしたなら 争うことをやめませんか?  human natureどんな時だって 臆病になって 怖くなったって ほら 手とテと愛と優しさが 君に届くよ ボクに届くよ  いつだって  human natureどんな時だって 臆病になって 怖くなったって ほら 迷える子羊 いつだって 森の中から 手を差し伸べる 『任しといて‥』My Little Loverakko松浦友也安達練右左右を見て 前向いて歩いても 空に何かが 浮いて吹いて風散って 闇にさらわれるかも?  コワいイメージ  雨が雪に変わり ひょうやら槍やら 襲いかかってくるかもしれぬ世に 君は僕にそっと 教えてくれる 目に映らない 素敵なこと!  手とテと愛と優しさが 君に届いて 僕に届いてゆけ 迷える子羊 今日だって 森の中から 手を差し伸べる 『初めまして‥』  羊を数えたなら 眠くなるってホント? 嘘くさい呪文 人に変わるロボット 夢みちゃいけないらしい…  そんなのってあり??  同じ海の底に あぶくのように 僕らは生まれ 這い上がってきた 風が吹き 空を青くしたなら 争うことをやめませんか?  human natureどんな時だって 臆病になって 怖くなったって ほら 手とテと愛と優しさが 君に届くよ ボクに届くよ  いつだって  human natureどんな時だって 臆病になって 怖くなったって ほら 迷える子羊 いつだって 森の中から 手を差し伸べる 『任しといて‥』
spell海沿い 丘 坂道 ジグザクに歩く スクールガール するりと伸びた影が 今日の明日を探してる  煙と消えそうな 素敵なメモリー 遠くで記憶の汽笛 呼びかけているよ  もっともっと素直に 言葉を交わし合えたら きっと固くなった思考のエリアがほぐされるよ そっとふっと気付いて 投げかけられる記憶の そのコードを受け取ってみてよ 愛ってものの Spellが解けるから  むやみに目覚めるネガ 昼も夜も容赦はない 『ルールを決めましょう。』と提案しても聞いちゃいない  今年の始めの イメージに似た 予感がまた荒波を越えようとしている  地球の隅と隅は どこからどこをさせばいいの? 僕のこの立ち位置 見上げたら 空が呼吸して彩った 見たいものだけを見てるような時代は終わりにしよう 揺さぶられた 記憶のコード たどってみるから  ココロの奥の 汽笛が鳴り響く…  もっともっと素直に 言葉を交わし合えたら きっと固くなった思考のエリアがほぐされるよ ずっとずっと信じて 投げかけられる記憶で 愛ってものの Spell解ける頃 また出かけよう 明日の空へとMy Little LoverakkoKeisuke Maeda前田啓介海沿い 丘 坂道 ジグザクに歩く スクールガール するりと伸びた影が 今日の明日を探してる  煙と消えそうな 素敵なメモリー 遠くで記憶の汽笛 呼びかけているよ  もっともっと素直に 言葉を交わし合えたら きっと固くなった思考のエリアがほぐされるよ そっとふっと気付いて 投げかけられる記憶の そのコードを受け取ってみてよ 愛ってものの Spellが解けるから  むやみに目覚めるネガ 昼も夜も容赦はない 『ルールを決めましょう。』と提案しても聞いちゃいない  今年の始めの イメージに似た 予感がまた荒波を越えようとしている  地球の隅と隅は どこからどこをさせばいいの? 僕のこの立ち位置 見上げたら 空が呼吸して彩った 見たいものだけを見てるような時代は終わりにしよう 揺さぶられた 記憶のコード たどってみるから  ココロの奥の 汽笛が鳴り響く…  もっともっと素直に 言葉を交わし合えたら きっと固くなった思考のエリアがほぐされるよ ずっとずっと信じて 投げかけられる記憶で 愛ってものの Spell解ける頃 また出かけよう 明日の空へと
世界の旅人ある朝に目覚めたら ココロとカラダが くっついたり離れたり 僕を惑わせる  昨夜ふいに訪れた こわいこわい話 また寝たフリをしてみても 消えてはくれないよね  ハレルヤ 世界中の旅人よ 頭じゃなくて ココロで学べ! ハレルヤ 誰もが悲しみを抱えながら 何度でも目覚めて立ち上がるから It's gonna be all right!!  毎日ジェットコースターみたい 速すぎる景色で どれだけ大切なことを覚えていられるかい?  ココロに秘めた探し物はずっと前から 僕のポケットに潜んでた もう一度出会うために  ハレルヤ 世界は駆け抜けてく 僕はがむしゃらに追いかけてくけど ハレルヤ 叶わない願いがあったとしても 泡のように消してまた願えばいい 晴れるや! どんなことが起きたとしても 僕らは世界の旅人だから ハレルヤ 喜びに満ちた未来を求めて 手をつなぎ 僕らは感じ合えるから  It's gonna be alright, It's gonna be happy, It's gonna be alright, It's gonna, yeah!  Would you believe, どれくらい? You could believe, 僕のこと 深く深い 声を聞き 眠ってる 僕の意識の中で  Would you believe, どれくらい? You could believe, 君自身のことを 深く深い 声を聞き 眠ってる 君の意識の中で  Would you believe, どれくらい? You could believe, 僕らのことをMy Little LoverakkoRoger Joseph Manning Jr.ある朝に目覚めたら ココロとカラダが くっついたり離れたり 僕を惑わせる  昨夜ふいに訪れた こわいこわい話 また寝たフリをしてみても 消えてはくれないよね  ハレルヤ 世界中の旅人よ 頭じゃなくて ココロで学べ! ハレルヤ 誰もが悲しみを抱えながら 何度でも目覚めて立ち上がるから It's gonna be all right!!  毎日ジェットコースターみたい 速すぎる景色で どれだけ大切なことを覚えていられるかい?  ココロに秘めた探し物はずっと前から 僕のポケットに潜んでた もう一度出会うために  ハレルヤ 世界は駆け抜けてく 僕はがむしゃらに追いかけてくけど ハレルヤ 叶わない願いがあったとしても 泡のように消してまた願えばいい 晴れるや! どんなことが起きたとしても 僕らは世界の旅人だから ハレルヤ 喜びに満ちた未来を求めて 手をつなぎ 僕らは感じ合えるから  It's gonna be alright, It's gonna be happy, It's gonna be alright, It's gonna, yeah!  Would you believe, どれくらい? You could believe, 僕のこと 深く深い 声を聞き 眠ってる 僕の意識の中で  Would you believe, どれくらい? You could believe, 君自身のことを 深く深い 声を聞き 眠ってる 君の意識の中で  Would you believe, どれくらい? You could believe, 僕らのことを
その問題私のことなら かまわないで 勝手に楽しんでるから 私のことなら かまわないで 全然バッチリなんです  でも問題は 変わらない その問題は あなたゆえ起こるの  (lord oh lord com'on com'on do it just do it) 神様 いつかは地球が 人口増加であふれて 新しい星に 移ろうと したけど失敗しました  その問題は どうしよう その問題の 聞こえないフリはしないでね  その前に あなたに逢いに行きたいな ずっと会えてなかったような気がする  (lord oh lord com'on com'on do it just do it) あなたは再び箱舟を 持ち出したりするのかしら 助けてあげたい命は もう決めているのでしょうか  でも落選は どうしよう そのたくさんの 数と群れ  その前に あなたに逢いに行きたいな ずっと会えてなかったような気がする  (com'on com'on com'on com'on do it just do it ) その問題は 変わらない (oh lord give me the joy) その問題は あなたなの (give me the joy) その問題は あなたなの? (oh lord give me the joy) その問題は …・・ (oh lord)My Little LoverTakeshi KobayashiTakeshi Kobayashi小林武史私のことなら かまわないで 勝手に楽しんでるから 私のことなら かまわないで 全然バッチリなんです  でも問題は 変わらない その問題は あなたゆえ起こるの  (lord oh lord com'on com'on do it just do it) 神様 いつかは地球が 人口増加であふれて 新しい星に 移ろうと したけど失敗しました  その問題は どうしよう その問題の 聞こえないフリはしないでね  その前に あなたに逢いに行きたいな ずっと会えてなかったような気がする  (lord oh lord com'on com'on do it just do it) あなたは再び箱舟を 持ち出したりするのかしら 助けてあげたい命は もう決めているのでしょうか  でも落選は どうしよう そのたくさんの 数と群れ  その前に あなたに逢いに行きたいな ずっと会えてなかったような気がする  (com'on com'on com'on com'on do it just do it ) その問題は 変わらない (oh lord give me the joy) その問題は あなたなの (give me the joy) その問題は あなたなの? (oh lord give me the joy) その問題は …・・ (oh lord)
空の下で自転車が回転する 音は川のよう 坂道を登りきると 急に視界が開けてく 昔だったら 見えない気持ちが 少しずつ流れてくる 時を渡って  空の下で あなたに出会ったことも 時の谷に 住みついた日も ありふれた日々に 迷い込んだ事さえ 空の下で 風に運ばれ 舞い上がってた  変わらない気持ちよりも 変わってく心を 受け止めてゆく強さが もっと自分にあったなら あんな涙は 流さず済むのか 切なさは音もなく 愛に潜んだ  空の下で あなたは川のようだね 激しく恋に 揺れて走って 辿り着ける場所に 意味は無くとも 空の下で ただ生きていて 輝いていて  街路樹 ビル街 古びた家なみ 誰かが行きすぎ 子供が笑い声上げて ふと終わりの中の 始まりを知る  空の下で あなたに出会ったことも 時の谷に 住みついた日も ありふれた日々に 迷い込んだ事さえ 空の下で 風に運ばれ  あなたに また巡り会えたとしたなら 恋はそこにあるか知らない けれど 空の下で 時はリズムとなって 空の下で 音楽はまた響き始めるMy Little LoverTakeshi KobayashiTakeshi Kobayashi小林武史自転車が回転する 音は川のよう 坂道を登りきると 急に視界が開けてく 昔だったら 見えない気持ちが 少しずつ流れてくる 時を渡って  空の下で あなたに出会ったことも 時の谷に 住みついた日も ありふれた日々に 迷い込んだ事さえ 空の下で 風に運ばれ 舞い上がってた  変わらない気持ちよりも 変わってく心を 受け止めてゆく強さが もっと自分にあったなら あんな涙は 流さず済むのか 切なさは音もなく 愛に潜んだ  空の下で あなたは川のようだね 激しく恋に 揺れて走って 辿り着ける場所に 意味は無くとも 空の下で ただ生きていて 輝いていて  街路樹 ビル街 古びた家なみ 誰かが行きすぎ 子供が笑い声上げて ふと終わりの中の 始まりを知る  空の下で あなたに出会ったことも 時の谷に 住みついた日も ありふれた日々に 迷い込んだ事さえ 空の下で 風に運ばれ  あなたに また巡り会えたとしたなら 恋はそこにあるか知らない けれど 空の下で 時はリズムとなって 空の下で 音楽はまた響き始める
曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 編曲者名 歌い出し
ターミナル流れる 遠くに過ぎる町並み 目で追いかけてるよ どこかで はぐれてしまった場所は 見つからなくなっても  雪が降る季節は透明で あの時の「もしも」が露わに 浮かんでいた  人の波で 見失ったの 降りしきる雪にかくれたの  ターミナル ふいに繋がっている だけどすぐに途切れてしまう だからあなたを捜してしまうでしょう  時々 自分の場所が分からない 迷路のような街で 逃げても 振り出しに戻ってしまう だからもうやめようと  何が勝ちなのかわからないよ 自分の歩幅で歩ければ それもいいから  あの日あなたが示したことは 自分の強さで生きること だけど寂しい風が吹いたら やっぱり全てが縮んでいく だから 切ない夜でも 羽根広げて  ターミナル ふいに繋がっている あの感触を思い出してる  人の波で 見失ったの 降りしきる雪にかくれたの  ターミナル いつか戻れるのなら 夜にあなた捜してしまう きっとあなたを見つけてしまうでしょう  何もかも変わったとしてもねMy Little Lover小林武史小林武史TAKESHI KOBAYASHI・Udai Shika流れる 遠くに過ぎる町並み 目で追いかけてるよ どこかで はぐれてしまった場所は 見つからなくなっても  雪が降る季節は透明で あの時の「もしも」が露わに 浮かんでいた  人の波で 見失ったの 降りしきる雪にかくれたの  ターミナル ふいに繋がっている だけどすぐに途切れてしまう だからあなたを捜してしまうでしょう  時々 自分の場所が分からない 迷路のような街で 逃げても 振り出しに戻ってしまう だからもうやめようと  何が勝ちなのかわからないよ 自分の歩幅で歩ければ それもいいから  あの日あなたが示したことは 自分の強さで生きること だけど寂しい風が吹いたら やっぱり全てが縮んでいく だから 切ない夜でも 羽根広げて  ターミナル ふいに繋がっている あの感触を思い出してる  人の波で 見失ったの 降りしきる雪にかくれたの  ターミナル いつか戻れるのなら 夜にあなた捜してしまう きっとあなたを見つけてしまうでしょう  何もかも変わったとしてもね
ちいさな魂揺るぎないものなんて何もない 最近そう思ってる 見方を変えれば答えが変わるのは いくつもあるからでしょ  私の浅い知恵なんかじゃサンプルデータさえ読めないけれど  大切な想いがこの胸に残る いくつもの出会いが別れを生んだとしても それをくり返して生きていくことだけで 後は成すがままでいいよ そんな気がする  一人一人が世の中にとって宝物だろうけど 人間が病の器だってとても分かる気がする  誰もがここで生まれて育って ここで衰えここで死んでいくけど  あなたと出会って過ぎていく日々の果て 悲しみもいつか平凡な顔を見せても かけがえのない日々がこの胸に残る そしてまた繰り返すんだろう こんな瞬間  この時 この声 あなたの気配と あなたの体と 通り抜けてしまった ちっちゃな魂 あの時あの声 目眩がするような あなたと私の 記憶 呼吸 リアルな幻 あなたと私の 素晴らしい日々の先に  あなたがすぐにも旅に出たいのならば 私を於いてでもためらうことはないよ もしも涙が隠し切れなくてもね 後はありのままでいいよ そんな気がする だけどいつまでも本当は一緒にいたいと願っている ちいさな魂My Little LoverTakeshi KobayashiTakeshi KobayashiTAKESHI KOBAYASHI揺るぎないものなんて何もない 最近そう思ってる 見方を変えれば答えが変わるのは いくつもあるからでしょ  私の浅い知恵なんかじゃサンプルデータさえ読めないけれど  大切な想いがこの胸に残る いくつもの出会いが別れを生んだとしても それをくり返して生きていくことだけで 後は成すがままでいいよ そんな気がする  一人一人が世の中にとって宝物だろうけど 人間が病の器だってとても分かる気がする  誰もがここで生まれて育って ここで衰えここで死んでいくけど  あなたと出会って過ぎていく日々の果て 悲しみもいつか平凡な顔を見せても かけがえのない日々がこの胸に残る そしてまた繰り返すんだろう こんな瞬間  この時 この声 あなたの気配と あなたの体と 通り抜けてしまった ちっちゃな魂 あの時あの声 目眩がするような あなたと私の 記憶 呼吸 リアルな幻 あなたと私の 素晴らしい日々の先に  あなたがすぐにも旅に出たいのならば 私を於いてでもためらうことはないよ もしも涙が隠し切れなくてもね 後はありのままでいいよ そんな気がする だけどいつまでも本当は一緒にいたいと願っている ちいさな魂
ちいさなロマンスもの憂さと甘さが付きまとって離れない週末 やりたい事があるはずなのに思い出せない ちょっとだけ投げやりな気持ちで 何かが恋しくなった  後だしジャンケン ずるくたって 勝ちゃいいってもんじゃない! 表情に隠れた 良心はどこですか?  誰でも気付かずに 誰かを愛してたり 愛される ちいさなロマンス 今日という一日はどれだけ素敵な日になる? 君がどれだけ笑顔を魅せるか次第です!  無意味なプライドにスタックしてたって そんなのwaste of time やるべき事をリストアップしたところまできたけど おやおや?そこで満足しないでね もうちょっと頑張ろうよ  『正直者がバカをみる』なんて言われてますけど そんなのまやかし 騙されないで  大切なメッセージ 風に吹かれながら 聞こえてる ちいさなロマンス 夢から夢へと醒めぬまま 未来へともっと遠く 意味だらけの この世に生きてますから  私たちの周りにはちいさなロマンスであふれてる  そのメッセージ 耳棲まして 体に取り込んで 深呼吸したら ハッピーエンディング!  誰でも気付かずに 誰かを愛してたり 愛される ちいさなロマンス 今日という一日はいくらでも素敵になれる! さあオシャレして この空の下出掛けましょう!My Little Loverakko森俊之・古川祥義・akkoakko・古川昌義・森俊之もの憂さと甘さが付きまとって離れない週末 やりたい事があるはずなのに思い出せない ちょっとだけ投げやりな気持ちで 何かが恋しくなった  後だしジャンケン ずるくたって 勝ちゃいいってもんじゃない! 表情に隠れた 良心はどこですか?  誰でも気付かずに 誰かを愛してたり 愛される ちいさなロマンス 今日という一日はどれだけ素敵な日になる? 君がどれだけ笑顔を魅せるか次第です!  無意味なプライドにスタックしてたって そんなのwaste of time やるべき事をリストアップしたところまできたけど おやおや?そこで満足しないでね もうちょっと頑張ろうよ  『正直者がバカをみる』なんて言われてますけど そんなのまやかし 騙されないで  大切なメッセージ 風に吹かれながら 聞こえてる ちいさなロマンス 夢から夢へと醒めぬまま 未来へともっと遠く 意味だらけの この世に生きてますから  私たちの周りにはちいさなロマンスであふれてる  そのメッセージ 耳棲まして 体に取り込んで 深呼吸したら ハッピーエンディング!  誰でも気付かずに 誰かを愛してたり 愛される ちいさなロマンス 今日という一日はいくらでも素敵になれる! さあオシャレして この空の下出掛けましょう!
チャンス夜が明ける 密かに待ってたかも ここから抜け出す チャンスが来る 燈み渡る大気 この星空の下 きりりと澄んだ空気に肌を  なでられながらも はっきり目覚める  折り重なってる 触れられたい場所 センシティブに動いてたことに気が付いたなら  歌声を忘れたカナリアのよう 意識はもうろうとしていたけど そこにあるものを理解しようとして 自分を納得させていたから  封印していた 欲望溶け出す  眼に見えなくても 心の中強く 芽吹き出すように 扉が今開いてる  折り重なってる 触れられたい場所 センシティブに動いてたことに気が付いたから  この空の下 夜が明け始める try to do your best wayMy Little LoverakkoTomoya Matsuura川端良征・松浦友也夜が明ける 密かに待ってたかも ここから抜け出す チャンスが来る 燈み渡る大気 この星空の下 きりりと澄んだ空気に肌を  なでられながらも はっきり目覚める  折り重なってる 触れられたい場所 センシティブに動いてたことに気が付いたなら  歌声を忘れたカナリアのよう 意識はもうろうとしていたけど そこにあるものを理解しようとして 自分を納得させていたから  封印していた 欲望溶け出す  眼に見えなくても 心の中強く 芽吹き出すように 扉が今開いてる  折り重なってる 触れられたい場所 センシティブに動いてたことに気が付いたから  この空の下 夜が明け始める try to do your best way
月とプラモデル恋の予感? はじけそうな in my heart 綴るストーリー 生きるための ファンタジー  女の子はいつも複雑で 思い通りにはならないもの like the moon  ややこしい事 嫌いだけど コツコツやるべき事 きちんとこなします  そんな彼女を 彼はどう愛するの?? (fall in love with you) 抱いてキスして 愛奪ってしまえ  男はいつだって単純で 大切なプラモデル隠し持ってる  細かい事 苦手だけど ルルル 守るべきもの きちんと守ります  そんな彼を 彼女はどう愛するの?? (fall in love with you) 全ての回路 包み込んでしまえ  所詮かよわき乙女なんです ah~いつでも受け入れ準備オッケー 整っております  所詮寂しい侍なんです ah~いつでも攻撃準備オッケー 血が騒いでしまう  恋の予感? はじけそうな in my heart 綴るストーリー 生きるための ファンタジー  男と女 それでなりたってます どうか大目に見てやってくださいMy Little LoverakkoYasuhiro Abe阿部靖広恋の予感? はじけそうな in my heart 綴るストーリー 生きるための ファンタジー  女の子はいつも複雑で 思い通りにはならないもの like the moon  ややこしい事 嫌いだけど コツコツやるべき事 きちんとこなします  そんな彼女を 彼はどう愛するの?? (fall in love with you) 抱いてキスして 愛奪ってしまえ  男はいつだって単純で 大切なプラモデル隠し持ってる  細かい事 苦手だけど ルルル 守るべきもの きちんと守ります  そんな彼を 彼女はどう愛するの?? (fall in love with you) 全ての回路 包み込んでしまえ  所詮かよわき乙女なんです ah~いつでも受け入れ準備オッケー 整っております  所詮寂しい侍なんです ah~いつでも攻撃準備オッケー 血が騒いでしまう  恋の予感? はじけそうな in my heart 綴るストーリー 生きるための ファンタジー  男と女 それでなりたってます どうか大目に見てやってください
月の船夜空に月の船があてなく 街の光を吸い込んでるみたい かすかに聞こえる風の気配が 波を引き寄せてる  あなたに優しく抱きしめられてるみたい 胸の奥底で暖められていくようで  愛してるからかな 愛されたいからかな 自分で自分の気持ちが よくわからなくなって 見失いそうで恐くて ひとり泣いた…  私の中に潜む 答えの持たない問いに 今も悩まされてる 永遠のそばで 光続けてる月の船は 何かを伝えることもなく 誰かを乗せることさえ許さなくて 時に怖がらせたりもして  あなたをもっと知りたいけれど 知れば知るほどにわからなくなる 二人の想いは これからもずっと 交わらないのかもしれないけど  ただあなたのこと 想う感覚が 私をどんなにか強くさせる 波が繰り返し 砂浜を打つように 心をゆっくり 潤し続けるのね  愛してるからかな 愛されたいからかな 自分で自分の気持ちが よくわからないけど  ただあなたのこと 想う感覚が 私をどんなにも強くさせる  まぎれもない そのあなたの笑みに 私は何度も 想い募らせ 波が繰り返し 砂浜を打つように 心をゆっくり 潤し続けるからMy Little Loverakko前田啓介夜空に月の船があてなく 街の光を吸い込んでるみたい かすかに聞こえる風の気配が 波を引き寄せてる  あなたに優しく抱きしめられてるみたい 胸の奥底で暖められていくようで  愛してるからかな 愛されたいからかな 自分で自分の気持ちが よくわからなくなって 見失いそうで恐くて ひとり泣いた…  私の中に潜む 答えの持たない問いに 今も悩まされてる 永遠のそばで 光続けてる月の船は 何かを伝えることもなく 誰かを乗せることさえ許さなくて 時に怖がらせたりもして  あなたをもっと知りたいけれど 知れば知るほどにわからなくなる 二人の想いは これからもずっと 交わらないのかもしれないけど  ただあなたのこと 想う感覚が 私をどんなにか強くさせる 波が繰り返し 砂浜を打つように 心をゆっくり 潤し続けるのね  愛してるからかな 愛されたいからかな 自分で自分の気持ちが よくわからないけど  ただあなたのこと 想う感覚が 私をどんなにも強くさせる  まぎれもない そのあなたの笑みに 私は何度も 想い募らせ 波が繰り返し 砂浜を打つように 心をゆっくり 潤し続けるから
Daysそしてまた緑が深く 記憶の扉 開いていった バスを待つ子供の列も はしゃいだように時を遊んでいる  たんぽぽが咲いた小道で あなたと手と手 つないでみる  夢のようなDays だけど夢じゃなく この胸の中のリアル 地平線の先に沈む 朱色の深さよりも 切ない気持ち  時は 笑えたり 笑わなかったり 悲しみの雨降ってみせたり 気まぐれな神様のする いろんな事に慣れていっても  無邪気な事で笑いたい あなたとアンテナつながってたい  風の上の紙ヒコーキ 想い出を飛ぶグライダー 霧の朝も 雨の夜も 舵を持たず飛んできた  いつもがんばってるって 言いたい訳じゃないけど みじめな想いは 数えきれない程 ぶら下がっった手から 力が抜けていっても 落ちた場所から 始めればいい  あなたとつないだ手と手 全てがここにつながるように  夢のようなDays だけど夢じゃなく この胸の中のリアル あの緑の先で光る 大きなハートもつれて 夢のような日々も だけど夢じゃなく この胸の中のリアル 毎日は風のように過ぎてっても いつまでもここにある  ラララララ...笑顔の中に 涙こぼれてる ラララララ...もっともっともっと 優しくなれるよMy Little Lover小林武史小林武史小林武史そしてまた緑が深く 記憶の扉 開いていった バスを待つ子供の列も はしゃいだように時を遊んでいる  たんぽぽが咲いた小道で あなたと手と手 つないでみる  夢のようなDays だけど夢じゃなく この胸の中のリアル 地平線の先に沈む 朱色の深さよりも 切ない気持ち  時は 笑えたり 笑わなかったり 悲しみの雨降ってみせたり 気まぐれな神様のする いろんな事に慣れていっても  無邪気な事で笑いたい あなたとアンテナつながってたい  風の上の紙ヒコーキ 想い出を飛ぶグライダー 霧の朝も 雨の夜も 舵を持たず飛んできた  いつもがんばってるって 言いたい訳じゃないけど みじめな想いは 数えきれない程 ぶら下がっった手から 力が抜けていっても 落ちた場所から 始めればいい  あなたとつないだ手と手 全てがここにつながるように  夢のようなDays だけど夢じゃなく この胸の中のリアル あの緑の先で光る 大きなハートもつれて 夢のような日々も だけど夢じゃなく この胸の中のリアル 毎日は風のように過ぎてっても いつまでもここにある  ラララララ...笑顔の中に 涙こぼれてる ラララララ...もっともっともっと 優しくなれるよ
DESTINYGOLD LYLICあなたを感じたなら 想いがもっと届いたら 涙が溢れること たった今 想い出せたの  心からの サインが乱れてる 両極に揺れる 自分を笑う つじつまさえ 合わせられなくて 過ぎてゆく日々を ほどいていた  現在(いま)がここで 回りだす  近づくほどに遠く 海のように揺れるけど あなたも泳いでるなら きっと逢える 運命の時に  指と指を からませて云う この生命の脆さ 美しさを  この世界は 終わっても  あなたを想い出せば あなたをもっと感じれば 涙が溢れること ずっとずっと知っていたのに  アイシテル 愛している ただその言葉だけで  近づくほどに遠く 想いはまだ揺れるけど あなたを抱きしめれば あなたをもっと感じれば 涙が溢れること ずっとずっと知っていたのにGOLD LYLICMy Little Lover小林武史小林武史小林武史あなたを感じたなら 想いがもっと届いたら 涙が溢れること たった今 想い出せたの  心からの サインが乱れてる 両極に揺れる 自分を笑う つじつまさえ 合わせられなくて 過ぎてゆく日々を ほどいていた  現在(いま)がここで 回りだす  近づくほどに遠く 海のように揺れるけど あなたも泳いでるなら きっと逢える 運命の時に  指と指を からませて云う この生命の脆さ 美しさを  この世界は 終わっても  あなたを想い出せば あなたをもっと感じれば 涙が溢れること ずっとずっと知っていたのに  アイシテル 愛している ただその言葉だけで  近づくほどに遠く 想いはまだ揺れるけど あなたを抱きしめれば あなたをもっと感じれば 涙が溢れること ずっとずっと知っていたのに
Deck the HallsDeck the halls with boughs of holly Fa la la la la , la la la la Tis the season to be jolly Fa la la la la , la la la la  don we now our gay apparel Fa la la la la , la la la la Troll the ancient Yuletide carol Fa la la la la , la la la laMy Little Lover不詳不詳Deck the halls with boughs of holly Fa la la la la , la la la la Tis the season to be jolly Fa la la la la , la la la la  don we now our gay apparel Fa la la la la , la la la la Troll the ancient Yuletide carol Fa la la la la , la la la la
Delicacy人が言う程 悪い人じゃない だけども良くもない 人の噂も いらぬお世話だと 思わせる人だけど  時が 迫り来る恋のエネルギーを消耗させる アアそして lazy lazy lazy lazy lzay 待ってるだけじゃ 悲しいから  この世界 見渡してもそんなにときめかない だけど 何か 胸騒ぎ それは 切ない気持ち  何だかんだ言っても 誰かを求めるだけで 傷ついたり傷つけられたりしてる woo baby あなたの場合 沈黙が長すぎるってだけで 悪気もない 他意もない でもちょっとだけ デリカシーがないんだわ  Uh My Boyfriend  My Boyfriend  友達が言った「好きなところとね 嫌いなところは 本当はきっと紙一重のように隣あっている」と  あなた本当はずるいし はっきりしない うやむやな人 アアだけど lonely lonely lonely lonely lonely heart 優しさだけは 感じるから  遠い過去 近い未来 流れてるミステリー 微妙に揺れてる心 それは生命の不思議  1+1=2 だって数字を考えた人も きっと恋愛じゃ そんなにうまくはいかないかもね 教えられた事と 知りたい事はいつでも アア少しずれてる それはもっともっとデリカシーがある事 tu tu ru tu ru tu ru  何だかんだ言っても 誰かを求めることで 喜んだり喜ばれたりしている たぶん平行線みたいに見えるけど 干渉ばっかしてる もどかしくも 少し興奮したりね するわ  1+1=2 だって数字を考えた人も きっと恋愛じゃ そんなにうまくはいかないかもね 教えられた事と 知りたい事はいつでも アア少しずれてる それはデリカシーがいる事 アア アア…My Little LoverKATE小林武史小林武史人が言う程 悪い人じゃない だけども良くもない 人の噂も いらぬお世話だと 思わせる人だけど  時が 迫り来る恋のエネルギーを消耗させる アアそして lazy lazy lazy lazy lzay 待ってるだけじゃ 悲しいから  この世界 見渡してもそんなにときめかない だけど 何か 胸騒ぎ それは 切ない気持ち  何だかんだ言っても 誰かを求めるだけで 傷ついたり傷つけられたりしてる woo baby あなたの場合 沈黙が長すぎるってだけで 悪気もない 他意もない でもちょっとだけ デリカシーがないんだわ  Uh My Boyfriend  My Boyfriend  友達が言った「好きなところとね 嫌いなところは 本当はきっと紙一重のように隣あっている」と  あなた本当はずるいし はっきりしない うやむやな人 アアだけど lonely lonely lonely lonely lonely heart 優しさだけは 感じるから  遠い過去 近い未来 流れてるミステリー 微妙に揺れてる心 それは生命の不思議  1+1=2 だって数字を考えた人も きっと恋愛じゃ そんなにうまくはいかないかもね 教えられた事と 知りたい事はいつでも アア少しずれてる それはもっともっとデリカシーがある事 tu tu ru tu ru tu ru  何だかんだ言っても 誰かを求めることで 喜んだり喜ばれたりしている たぶん平行線みたいに見えるけど 干渉ばっかしてる もどかしくも 少し興奮したりね するわ  1+1=2 だって数字を考えた人も きっと恋愛じゃ そんなにうまくはいかないかもね 教えられた事と 知りたい事はいつでも アア少しずれてる それはデリカシーがいる事 アア アア…
Tokyo Tower朝もやの中を 朝もやの中を 光り続けてる 東京タワーは  一生懸命 電波をめぐらせて 聞き耳を立てて この街のすべて 全て この街のすべて 知りたがってる  東京タワー 知りたがってる TOKYO TOWER  私の中には 私の中には メガロポリスさえ 存在している  絶対無限の 宇宙を駆け抜けて 彗星を抜けて 私の肉体 カラダ 肉体の中で  そびえたってる 東京タワー そびえたってる TOKYO TOWER  カラフルなライト 見つめる パラソル達の行進  あなたとなら いつでも できるよ 愛の交信  ルルルルル .....  もっと愛して  朝もやの中を 朝もやの中を 光り続けてる 東京タワーは  一生懸命 電波をめぐらせて 聞き耳を立てて この街のすべて 全て この街のすべて 知りたがってる  東京タワー 知りたがってる TOKYO TOWER  夜を飛んでく 東京タワー 光り舞ってる TOKYO TOWER  あなたと私の 永遠は 何処から来て 何処へ向かってる 知ってか 知らずか 東京タワーMy Little LoverAKKOTAKESHI KOBAYASHI小林武史朝もやの中を 朝もやの中を 光り続けてる 東京タワーは  一生懸命 電波をめぐらせて 聞き耳を立てて この街のすべて 全て この街のすべて 知りたがってる  東京タワー 知りたがってる TOKYO TOWER  私の中には 私の中には メガロポリスさえ 存在している  絶対無限の 宇宙を駆け抜けて 彗星を抜けて 私の肉体 カラダ 肉体の中で  そびえたってる 東京タワー そびえたってる TOKYO TOWER  カラフルなライト 見つめる パラソル達の行進  あなたとなら いつでも できるよ 愛の交信  ルルルルル .....  もっと愛して  朝もやの中を 朝もやの中を 光り続けてる 東京タワーは  一生懸命 電波をめぐらせて 聞き耳を立てて この街のすべて 全て この街のすべて 知りたがってる  東京タワー 知りたがってる TOKYO TOWER  夜を飛んでく 東京タワー 光り舞ってる TOKYO TOWER  あなたと私の 永遠は 何処から来て 何処へ向かってる 知ってか 知らずか 東京タワー
遠い河遠い河を 流れている 別の時間を 想ってみる あなたがもしも いないとしても ずっとあなたを 想っている  拝啓、昔の自分に言う 生きることは 不安ですか 見渡せば きっとあるはず あなたを助ける優しさが  雨の粒が 頬を濡らし 向かい風の中を行く 人々の列は 絶えることなく 夢から夢へ続いている  時は流れて 腕の中に 新しい命が 息づいている まどろむ内に 旅は続き 多分、全ては還っていく  遠い河を 流れている 別の時間を 想ってみる あなたがもしも いないとしても ずっとあなたを 想っている  あなたがもしも いないとしても ずっとあなたを 想っているMy Little LoverTakeshi KobayashiTakeshi Kobayashi小林武史遠い河を 流れている 別の時間を 想ってみる あなたがもしも いないとしても ずっとあなたを 想っている  拝啓、昔の自分に言う 生きることは 不安ですか 見渡せば きっとあるはず あなたを助ける優しさが  雨の粒が 頬を濡らし 向かい風の中を行く 人々の列は 絶えることなく 夢から夢へ続いている  時は流れて 腕の中に 新しい命が 息づいている まどろむ内に 旅は続き 多分、全ては還っていく  遠い河を 流れている 別の時間を 想ってみる あなたがもしも いないとしても ずっとあなたを 想っている  あなたがもしも いないとしても ずっとあなたを 想っている
時のベル夕焼け雲が 空を曖めて 道行く人のココロに声かける 『お疲れさま』とか『また会いましょうよ』って 僕を優しい気持ちにする  僕と君を つないでるものは 簡単に切れる糸かもしれない でも容易く 結び直すこと いつでもできますから!  ルリランラン ルリランラン 時のベルが 激しくも優しくも 教えてくれる オレンジ色に染まる空が快い  ルリランラン ルリランラン 眠れない夜 黙々とコツコツと 数えてたって きらびやかな朝が やがて必ずやってくるから 心配ご無用!  ばかばかしい事でよく涙する でもその時は マジで真剣勝負 お先が真っ暗 どん底なライフ とかってドラマ仕立てにして  悲劇のヒロイン ほろ苦い気分で 演じてみたって シンデレラみたいに 王子様が迎えにくる ah~ そんなことあるわけない!  ルリランラン ルリランラン 時のベルが 高鳴って 浮き立って 未来を泳いで たくさんのストーリーに響く Oh darling  るりらんらん るりらんらん イマジネーション いくつでも いくらでも 膨らませて 高く高いハードル 勢いつけて どんどん飛び越えていこう  るりらんらん るりらんらん 時のベルは どこだって 誰だって 持ち合わせてる オレンジ色に染まる空が 快いように  るりらんらん るりらんらん 胸が躍る 駆け出して 浮き立って 空を飛ぶように 高く高いハードル 勢いつけて どんどん飛び越えていこうMy Little LoverakkotetsuhikoMAKOTO MINAGAWA夕焼け雲が 空を曖めて 道行く人のココロに声かける 『お疲れさま』とか『また会いましょうよ』って 僕を優しい気持ちにする  僕と君を つないでるものは 簡単に切れる糸かもしれない でも容易く 結び直すこと いつでもできますから!  ルリランラン ルリランラン 時のベルが 激しくも優しくも 教えてくれる オレンジ色に染まる空が快い  ルリランラン ルリランラン 眠れない夜 黙々とコツコツと 数えてたって きらびやかな朝が やがて必ずやってくるから 心配ご無用!  ばかばかしい事でよく涙する でもその時は マジで真剣勝負 お先が真っ暗 どん底なライフ とかってドラマ仕立てにして  悲劇のヒロイン ほろ苦い気分で 演じてみたって シンデレラみたいに 王子様が迎えにくる ah~ そんなことあるわけない!  ルリランラン ルリランラン 時のベルが 高鳴って 浮き立って 未来を泳いで たくさんのストーリーに響く Oh darling  るりらんらん るりらんらん イマジネーション いくつでも いくらでも 膨らませて 高く高いハードル 勢いつけて どんどん飛び越えていこう  るりらんらん るりらんらん 時のベルは どこだって 誰だって 持ち合わせてる オレンジ色に染まる空が 快いように  るりらんらん るりらんらん 胸が躍る 駆け出して 浮き立って 空を飛ぶように 高く高いハードル 勢いつけて どんどん飛び越えていこう
Topics今朝のニュースでラジオだかテレビだかの キャスターが喋ってたというスティービーの名作の 30年近くも前のアルバムのオープニング でも30年たった現在 そのキャスターは今も同じことを喋ってる 昨日も今朝も  愛が足りてない 愛が不足している 愛を補充しないと 今朝のトピックです  50年前から チャーリーと仲間達は 名もない街に住み 現実をぼやいてた 最初は新聞の4こまマンガの中 そして50年もたった現在 チャーリー達は今も同じことを話してる 今日も明日も  愛が足りてない 愛が不足している 愛を補充しないと 愛が足りてないのよ 愛が不足しています 愛を充たしてね  私達のテレビやインターネットで探る未来 チャンネルをいくら変えてみたとしても 本当のことは誰にも解らないのでしょう 本当のことは誰かが知っているのでしょうか  疑い続ける日々が迷わせてる でも何年たったとしても 私は繰り返し同じように歌っていたいな あのキャスターのように  愛が足りてない 愛が不足している 愛を補充しないと 愛が足りてないのよ 愛が不足しています 愛を充たしてください 今朝のトピックですMy Little LoverTakeshi KobayashiTakeshi Kobayashi小林武史今朝のニュースでラジオだかテレビだかの キャスターが喋ってたというスティービーの名作の 30年近くも前のアルバムのオープニング でも30年たった現在 そのキャスターは今も同じことを喋ってる 昨日も今朝も  愛が足りてない 愛が不足している 愛を補充しないと 今朝のトピックです  50年前から チャーリーと仲間達は 名もない街に住み 現実をぼやいてた 最初は新聞の4こまマンガの中 そして50年もたった現在 チャーリー達は今も同じことを話してる 今日も明日も  愛が足りてない 愛が不足している 愛を補充しないと 愛が足りてないのよ 愛が不足しています 愛を充たしてね  私達のテレビやインターネットで探る未来 チャンネルをいくら変えてみたとしても 本当のことは誰にも解らないのでしょう 本当のことは誰かが知っているのでしょうか  疑い続ける日々が迷わせてる でも何年たったとしても 私は繰り返し同じように歌っていたいな あのキャスターのように  愛が足りてない 愛が不足している 愛を補充しないと 愛が足りてないのよ 愛が不足しています 愛を充たしてください 今朝のトピックです
try世界は今 物憂いことばかり 竜巻のごとく 街を荒らす  完璧な生き物なんてない  try どこまで走って行ける so great ありふれた毎日も 必ず違う 風が吹く  夢に見る ぼやけた記憶の先に 真実が垣間みれることある  諦めないで 忘れないで  try 答えは無数にある so great タイムテーブル通りの 毎日もそう 美しい  try どこまで走って行ける so great ありふれた毎日も try 答えは無数にある so great タイムテーブル通りの 毎日もそう 美しい‥My Little LoverakkoTOMOYA MATSUURAMAKOTO MINAGAWA世界は今 物憂いことばかり 竜巻のごとく 街を荒らす  完璧な生き物なんてない  try どこまで走って行ける so great ありふれた毎日も 必ず違う 風が吹く  夢に見る ぼやけた記憶の先に 真実が垣間みれることある  諦めないで 忘れないで  try 答えは無数にある so great タイムテーブル通りの 毎日もそう 美しい  try どこまで走って行ける so great ありふれた毎日も try 答えは無数にある so great タイムテーブル通りの 毎日もそう 美しい‥
traveling with natureけむしもじもじ ばったがはねる くもがケハイをムにして はりつく  もっとおくのほう のぞいてみれば なぞのせいめい いきる はたらきテ  宇宙から聞こえるエナジー 揺れに揺らいでる 叫びにも似て 夢を乗せたスプートニク あなた方何を見たのでしょうか?  かみさまがやどる そのおかのそのおく みつけてしまった ひみつのガーデン  あふれていく ゆめの ゆめ ゆめ おおきなそらのホール ひろがってる  もうこれ以上壊さないで traveling with nature 走り続けて 吸い込まれてく ブラックホール ゆだねないで 手綱を強く持って  やどるやどるやどるつづくつづく  もっとずっとあきるまでホる どろだらけでも ぼろぼろではない ココロうごかす ミチ (未知・満ち) あふれてる 永遠の笑み 紡いで繋ぐ generation  るるるるるる るるるるるる るるるるるるる るるるるるるるMy Little LoverakkoTomoya Matsuura川端良征・松浦友也けむしもじもじ ばったがはねる くもがケハイをムにして はりつく  もっとおくのほう のぞいてみれば なぞのせいめい いきる はたらきテ  宇宙から聞こえるエナジー 揺れに揺らいでる 叫びにも似て 夢を乗せたスプートニク あなた方何を見たのでしょうか?  かみさまがやどる そのおかのそのおく みつけてしまった ひみつのガーデン  あふれていく ゆめの ゆめ ゆめ おおきなそらのホール ひろがってる  もうこれ以上壊さないで traveling with nature 走り続けて 吸い込まれてく ブラックホール ゆだねないで 手綱を強く持って  やどるやどるやどるつづくつづく  もっとずっとあきるまでホる どろだらけでも ぼろぼろではない ココロうごかす ミチ (未知・満ち) あふれてる 永遠の笑み 紡いで繋ぐ generation  るるるるるる るるるるるる るるるるるるる るるるるるるる
dreamy successキミは登る 大地踏みしめ 分厚いセメント 間挟んで 穴をあけて モグラみたいに どろんこまみれで 笑いを 笑顔を  コワいものは何もない~? 『ホントに?』 ケタ違いの未来を抜けてく  この世の限り  dreamy success 微妙な creamy 甘い罠に lovely 愛を注いで もっと満たしておくれよ  kiss kiss もうこれ以上 ウソついちゃ嫌だよ トライアル期間は今のところ一ヶ月です!  いろんな知恵と スラングを学んで 要領よければ 楽しい? 嬉しい?  激しく生きることが 『大切?』 よりどりみどりの街 霞んでく  曖昧な日々だけど  dreamy success 壊れた creamy だって甘くて lovely いつまでもそんなこと言っていたいよ  kiss kiss 大好きな君 もっとココロ放て トライアルサービス必要なら承ります  だって間違うこと きっと山ほどある 放り投げちゃうのは安易すぎじゃないですか?  いつもわかってるけど だって そう誰だって その高い山を越えなくちゃいけない時があるMy Little Loverakko松浦友也安達練キミは登る 大地踏みしめ 分厚いセメント 間挟んで 穴をあけて モグラみたいに どろんこまみれで 笑いを 笑顔を  コワいものは何もない~? 『ホントに?』 ケタ違いの未来を抜けてく  この世の限り  dreamy success 微妙な creamy 甘い罠に lovely 愛を注いで もっと満たしておくれよ  kiss kiss もうこれ以上 ウソついちゃ嫌だよ トライアル期間は今のところ一ヶ月です!  いろんな知恵と スラングを学んで 要領よければ 楽しい? 嬉しい?  激しく生きることが 『大切?』 よりどりみどりの街 霞んでく  曖昧な日々だけど  dreamy success 壊れた creamy だって甘くて lovely いつまでもそんなこと言っていたいよ  kiss kiss 大好きな君 もっとココロ放て トライアルサービス必要なら承ります  だって間違うこと きっと山ほどある 放り投げちゃうのは安易すぎじゃないですか?  いつもわかってるけど だって そう誰だって その高い山を越えなくちゃいけない時がある
NOW AND THEN ~失われた時を求めて~空の中で夢見た 無数の枝わかれと 自分の未来を 見たような気がして 目が覚めた  僕はここで生きてる 僕はここで想ってる 自分の明日に つながりを求めない oh  心がにじんだ 夢のほとり かけがえのない 日々のほとり  僕は生まれゆく 時の中で 悲しさの仕草など 忘れてゆく 忘れてしまうから  地球儀をまわしたら いくつもの街角で いくつもの君と 出会える予感がした oh  あの時 あの声 あの場面で 二人は別れを選んでた  時は戻らずに 強がるから 凛とした魂も 泣き笑いで 涙があふれてる  自分らしく 生きる事など 何の意味もないような 朝焼け  誰もいない 朝の街に立ち 構えてみる 短距離走者のように スタートライン心で描いてた  そして 僕は生まれゆく 時の中で 悲しさの仕草など 忘れてしまうのだろう  風を切るような スピードの中でMy Little LoverTakeshi KobayashiTakeshi Kobayashi空の中で夢見た 無数の枝わかれと 自分の未来を 見たような気がして 目が覚めた  僕はここで生きてる 僕はここで想ってる 自分の明日に つながりを求めない oh  心がにじんだ 夢のほとり かけがえのない 日々のほとり  僕は生まれゆく 時の中で 悲しさの仕草など 忘れてゆく 忘れてしまうから  地球儀をまわしたら いくつもの街角で いくつもの君と 出会える予感がした oh  あの時 あの声 あの場面で 二人は別れを選んでた  時は戻らずに 強がるから 凛とした魂も 泣き笑いで 涙があふれてる  自分らしく 生きる事など 何の意味もないような 朝焼け  誰もいない 朝の街に立ち 構えてみる 短距離走者のように スタートライン心で描いてた  そして 僕は生まれゆく 時の中で 悲しさの仕草など 忘れてしまうのだろう  風を切るような スピードの中で
夏からの手紙この街の片隅にだって 小さな想いが宿っている 沢山とか超えてる 小さな宇宙かな  永遠ってそんなことかな 大きな建築もいいけど ミクロの宇宙っていう話も よく聞くじゃないの  自転車こいで行こうよ さあ  夏から 手紙 届いたみたい あなたが きっと帰ってくるよ だんだん勇気が湧いてくるよ 生き物の世界なんだ ここは  夏の祭りの音がする 鐘や太鼓の革の音は 変わらない 笑ってる 子供と大人が ふいに入れ替わったりしてる  時さえ越えて 営んでる 海鳥 近づいてくるよ 堤防 越しに見た 白波 寄せては 返すを繰り返す  自然の起こすこと それを知って 受け入れていくって 浜のひとがいう 急に守りすぎても 怖がりすぎても だめだって  夏から 手紙 届いたみたい あなたが きっと帰ってくるよ だんだん勇気が湧いてくるよ 生き物の世界なんだ ここは  それから この先も 続いてMy Little Lover小林武史小林武史TAKESHI KOBAYASHIこの街の片隅にだって 小さな想いが宿っている 沢山とか超えてる 小さな宇宙かな  永遠ってそんなことかな 大きな建築もいいけど ミクロの宇宙っていう話も よく聞くじゃないの  自転車こいで行こうよ さあ  夏から 手紙 届いたみたい あなたが きっと帰ってくるよ だんだん勇気が湧いてくるよ 生き物の世界なんだ ここは  夏の祭りの音がする 鐘や太鼓の革の音は 変わらない 笑ってる 子供と大人が ふいに入れ替わったりしてる  時さえ越えて 営んでる 海鳥 近づいてくるよ 堤防 越しに見た 白波 寄せては 返すを繰り返す  自然の起こすこと それを知って 受け入れていくって 浜のひとがいう 急に守りすぎても 怖がりすぎても だめだって  夏から 手紙 届いたみたい あなたが きっと帰ってくるよ だんだん勇気が湧いてくるよ 生き物の世界なんだ ここは  それから この先も 続いて
七色の海ひらけた空仰いで 夢見る少女の夢を見る 光と影と 神様みたいキラキラ 見た事もない木の実 そっともぎ取って眺めてみる  アダムとイブが 愛し合ったようにね 禁断の果実を 口に運んだなら 善と悪境目 迷子にならぬように 耳を澄まして風追う  七色の海 遠くに 打ち寄せる 巡り巡る 風の匂いから 数えきれない想いが 混ざり合う  駆け出して行く 想いの裏側 駆け引きなんて 必要ないから 磨きかけて もっと  何度となく流れる 涙とその想いの隙間 目を凝らすよう 霞んでは消え去り 忘れる頃にまたやって来るのです そう甘くない  意味深き永遠に繰り返される 情熱と諦め 今も揺れている こんな想いは もうしたくはないけど 誰にも止められないよ  嵐の航海 恐怖に震えて 揺れに揺れる大波の中で 渦に巻き込まれ 路を見失っても 見え隠れする 七色照らして 高く波を捉えたなら もっと弾み つけて 超えてMy Little LoverakkoTomoya MatsuuraKiyoto Kondaひらけた空仰いで 夢見る少女の夢を見る 光と影と 神様みたいキラキラ 見た事もない木の実 そっともぎ取って眺めてみる  アダムとイブが 愛し合ったようにね 禁断の果実を 口に運んだなら 善と悪境目 迷子にならぬように 耳を澄まして風追う  七色の海 遠くに 打ち寄せる 巡り巡る 風の匂いから 数えきれない想いが 混ざり合う  駆け出して行く 想いの裏側 駆け引きなんて 必要ないから 磨きかけて もっと  何度となく流れる 涙とその想いの隙間 目を凝らすよう 霞んでは消え去り 忘れる頃にまたやって来るのです そう甘くない  意味深き永遠に繰り返される 情熱と諦め 今も揺れている こんな想いは もうしたくはないけど 誰にも止められないよ  嵐の航海 恐怖に震えて 揺れに揺れる大波の中で 渦に巻き込まれ 路を見失っても 見え隠れする 七色照らして 高く波を捉えたなら もっと弾み つけて 超えて
New Adventure昼下がりの ユウウツは 段々薄れてる したいことは 無理矢理なら見つかる 自分を知れば知るほどに 心は痛くなる だけど私は あなたにはなれずに 今でも壁を壊せない  New Adventure その先は New Adventure どこにあるの  月の動き 波の規則 肉体中 流れてる 不思議なリズム 感じているのならね 昼下がりの 陽炎の中 私を抱きしめて 全てが溶けて 崩れてしまう前に そして時を止めてみて  New Adventure 何処へ行こう New Adventure 心に聞こう 何処にいても  そこに留まることはなく 歩いていても 休むことも 許されている 自由なはずが 同じ予測 同じ未来と 同じシンパシー 持たなきゃ 恐くて  New Adventure この宇宙の孤独の方が 暖かいよ あなたも感じているかな New Adventure 二人して 旅を 続けているのMy Little Lover小林武史小林武史小林武史昼下がりの ユウウツは 段々薄れてる したいことは 無理矢理なら見つかる 自分を知れば知るほどに 心は痛くなる だけど私は あなたにはなれずに 今でも壁を壊せない  New Adventure その先は New Adventure どこにあるの  月の動き 波の規則 肉体中 流れてる 不思議なリズム 感じているのならね 昼下がりの 陽炎の中 私を抱きしめて 全てが溶けて 崩れてしまう前に そして時を止めてみて  New Adventure 何処へ行こう New Adventure 心に聞こう 何処にいても  そこに留まることはなく 歩いていても 休むことも 許されている 自由なはずが 同じ予測 同じ未来と 同じシンパシー 持たなきゃ 恐くて  New Adventure この宇宙の孤独の方が 暖かいよ あなたも感じているかな New Adventure 二人して 旅を 続けているの
Nakedまるで水に揺れてる プリズムのような トワイライト あやふやな恋の形 照らしたり 見えなくしたり 地図もなく 行く先も見えないまま あなたの手を取って そして 何処へ行こう 何処へ行こうと考えてた  あなたの目を見るたび 世界は閉ざされたり 広がったりすることで 不思議な気持ちになる ため息は夜の闇に潜んだ 無意識に火をつけ そして これ以上 これ以上 待てないと思うけど  あなたとならば Naked 全てを忘れて ただ果てしなく流れてく ことさえいいと思ってしまう 今なら  そういえば信じている 人など一人もなく すり切れそうな気持ちを 笑い飛ばしていたよ この街の風が冷たすぎても 暖かくなれる それは 一つだけ 一つだけ あなたがそばにいれば  あなたにならば Naked 心も開いて でもいけない恋ならば 全てをゆるして oh あなたとならば Naked 退屈な時を変えてしまえる  そして これ以上 これ以上 燃えたなら 溶けてゆく  あなたとならば Naked 全てを忘れて oh あなたにならば Naked 心も開いて ただ果てしなく流れてく ここは夢の中  ためらいのカーブも曲れない トラブルの明日もふぜない 快楽のドアをたたいて もう一つの世界へと  oh 何処まで行けるのか 誰もが知らない oh 何処まで行けるのか oh..... ただぬくもり確かめて 一つになりたい oh あなたとならば Naked ただ一つになりたいMy Little LoverTakeshi KobayashiTakeshi Kobayashi小林武史まるで水に揺れてる プリズムのような トワイライト あやふやな恋の形 照らしたり 見えなくしたり 地図もなく 行く先も見えないまま あなたの手を取って そして 何処へ行こう 何処へ行こうと考えてた  あなたの目を見るたび 世界は閉ざされたり 広がったりすることで 不思議な気持ちになる ため息は夜の闇に潜んだ 無意識に火をつけ そして これ以上 これ以上 待てないと思うけど  あなたとならば Naked 全てを忘れて ただ果てしなく流れてく ことさえいいと思ってしまう 今なら  そういえば信じている 人など一人もなく すり切れそうな気持ちを 笑い飛ばしていたよ この街の風が冷たすぎても 暖かくなれる それは 一つだけ 一つだけ あなたがそばにいれば  あなたにならば Naked 心も開いて でもいけない恋ならば 全てをゆるして oh あなたとならば Naked 退屈な時を変えてしまえる  そして これ以上 これ以上 燃えたなら 溶けてゆく  あなたとならば Naked 全てを忘れて oh あなたにならば Naked 心も開いて ただ果てしなく流れてく ここは夢の中  ためらいのカーブも曲れない トラブルの明日もふぜない 快楽のドアをたたいて もう一つの世界へと  oh 何処まで行けるのか 誰もが知らない oh 何処まで行けるのか oh..... ただぬくもり確かめて 一つになりたい oh あなたとならば Naked ただ一つになりたい
背景のような空歩いて迷った 走って転んだ  目の前に広がる 背景のような空に 僕が照らした星 そっと輝き続けて  ぽつりとこぼした余分なひと言 またやってしまった! 学ばない自分 そんな事繰り返しちゃったとしても  全てのことに理由があるような ないようね だからその出来事すべて 僕はひとつひとつ 空にしるしをつけるんだ 照らすんだ  頭が忘れてしまったとしても  体は確実に 覚えているようだ 君を愛したこと 傷ついた痛みたちも  考えてみると 長くも短くもある それぞれに配られた大切な日々は みんな同じように持ってる  背景のような空に 僕が照らした星 傷もあるけれど 光を放ってる 想いは刻まれてる  夜空に  目の前に広がって 背景のような空に 照らした星  輝き続けてMy Little Loverakkoakkoakko・古川昌義・森俊之歩いて迷った 走って転んだ  目の前に広がる 背景のような空に 僕が照らした星 そっと輝き続けて  ぽつりとこぼした余分なひと言 またやってしまった! 学ばない自分 そんな事繰り返しちゃったとしても  全てのことに理由があるような ないようね だからその出来事すべて 僕はひとつひとつ 空にしるしをつけるんだ 照らすんだ  頭が忘れてしまったとしても  体は確実に 覚えているようだ 君を愛したこと 傷ついた痛みたちも  考えてみると 長くも短くもある それぞれに配られた大切な日々は みんな同じように持ってる  背景のような空に 僕が照らした星 傷もあるけれど 光を放ってる 想いは刻まれてる  夜空に  目の前に広がって 背景のような空に 照らした星  輝き続けて
Hello, Again ~昔からある場所~PLATINA LYLICいつも 君と 待ち続けた 季節は 何も言わず 通り過ぎた 雨はこの街に 降り注ぐ 少しの リグレットと罪を 包み込んで  泣かないことを 誓ったまま 時は過ぎ 痛む心に 気が付かずに 僕は一人になった  「記憶の中で ずっと二人は 生きて行ける」 君の声が 今も胸に響くよ それは愛が彷徨う影 君は少し泣いた? あの時見えなかった  自分の限界が どこまでかを 知るために 僕は生きてる訳じゃない  だけど 新しい扉を開け 海に出れば 波の彼方に ちゃんと“果て”を感じられる  僕は この手伸ばして 空に進み 風を受けて 生きて行こう どこかでまためぐるよ 遠い昔からある場所 夜の間でさえ 季節は変わって行く  雨は やがて あがっていた  「記憶の中で ずっと二人は 生きて行ける」 君の声が 今も胸に響くよ それは愛が彷徨う影 君は少し泣いた? あの時見えなかった  Hello, again a feeling heart  Hello, again my old dear placePLATINA LYLICMy Little LoverKATE藤井謙二・小林武史小林武史・MY LITTLE LOVERいつも 君と 待ち続けた 季節は 何も言わず 通り過ぎた 雨はこの街に 降り注ぐ 少しの リグレットと罪を 包み込んで  泣かないことを 誓ったまま 時は過ぎ 痛む心に 気が付かずに 僕は一人になった  「記憶の中で ずっと二人は 生きて行ける」 君の声が 今も胸に響くよ それは愛が彷徨う影 君は少し泣いた? あの時見えなかった  自分の限界が どこまでかを 知るために 僕は生きてる訳じゃない  だけど 新しい扉を開け 海に出れば 波の彼方に ちゃんと“果て”を感じられる  僕は この手伸ばして 空に進み 風を受けて 生きて行こう どこかでまためぐるよ 遠い昔からある場所 夜の間でさえ 季節は変わって行く  雨は やがて あがっていた  「記憶の中で ずっと二人は 生きて行ける」 君の声が 今も胸に響くよ それは愛が彷徨う影 君は少し泣いた? あの時見えなかった  Hello, again a feeling heart  Hello, again my old dear place
ハーモニーあなたが見て来たものと 私が見て来たものは あまりにも違うみたい 不思議ね  その2つを重ねてみて +と-が合わせるように ここにある全てが手をつないだら  あるはずのない永遠の愛を知ることができる 4次元の世界から 聴こえてるハーモニー  『宇宙の始まりが見てた夢は こんなはずじゃなかった』と 熱く語ってたあなたは どこへ向かってる?  あなたが変わったのではなく 私の見方が変わったことで 少し不安になったの ごめんね  間違ってしまったことが 時に答えの在処へ 導いてくれるのよ 続いてるハーモニー  『僕らが見てた夢は それぞれ違うところにあった』と 淋しげな影を落とした あなたの横顔 もしも私が神様に 何かを伝えられるとしたら 『笑顔は下さい』 どんな時も そんな普通のことが私を支えてる  あなたが描く夢は 追いかけて求めるために そのために 在るから  私はその凹凸を重ねて 揺らいでるハーモニーを あなたと奏でられたらいい 空に願ってた まるでオーケストラのメンバー クラリネットを吹くみたいに この宇宙で奏でるハーモニー あなたと一緒に  一部になりたいMy Little Loverakkoakkoakko・近田潔人あなたが見て来たものと 私が見て来たものは あまりにも違うみたい 不思議ね  その2つを重ねてみて +と-が合わせるように ここにある全てが手をつないだら  あるはずのない永遠の愛を知ることができる 4次元の世界から 聴こえてるハーモニー  『宇宙の始まりが見てた夢は こんなはずじゃなかった』と 熱く語ってたあなたは どこへ向かってる?  あなたが変わったのではなく 私の見方が変わったことで 少し不安になったの ごめんね  間違ってしまったことが 時に答えの在処へ 導いてくれるのよ 続いてるハーモニー  『僕らが見てた夢は それぞれ違うところにあった』と 淋しげな影を落とした あなたの横顔 もしも私が神様に 何かを伝えられるとしたら 『笑顔は下さい』 どんな時も そんな普通のことが私を支えてる  あなたが描く夢は 追いかけて求めるために そのために 在るから  私はその凹凸を重ねて 揺らいでるハーモニーを あなたと奏でられたらいい 空に願ってた まるでオーケストラのメンバー クラリネットを吹くみたいに この宇宙で奏でるハーモニー あなたと一緒に  一部になりたい
バケット蛇口からこぼれる 滴を集めてみる 大きなバケット 時間をかけて 溢れ出すまでいっぱい  こうして満たされたバケット ひっくり返したような雨 傘さしながら 身構えてみても あっさりびっしょりずぶ濡れ  だけどなんだかふさいでた気持ち 溶けるように流れてく 軽やかな気持ちから 遠く見え始めてる  僕らはとてつもない世界 産み落とされて生き死ゆけるから ちっぽけな僕らの想いでも かき集めたなら いつかそのバケットを 満たせることになる  みるく色の空が 君を怯えさせるの? 切なさとか 捨てなきゃいけないものたちが増えているの?  誰にでもある普通の朝 時間がゆっくり流れて 優しく吹くそよ風 なまり色突き抜けて  バケットが溢れゆくまでは 伝え続けてく 願い続けてみる 僕らのちっぽけな想いを かき集めたなら いつかそのバケットを 満たして溢れる  バケットが満たされたとして だけど役には立たないかもしれない それなら 文字通りだけど また水に流そう いっそひっくり返してしまえば いいかもね  『いつか』まで 待ってるMy Little LoverakkoTomoya Matsuura蛇口からこぼれる 滴を集めてみる 大きなバケット 時間をかけて 溢れ出すまでいっぱい  こうして満たされたバケット ひっくり返したような雨 傘さしながら 身構えてみても あっさりびっしょりずぶ濡れ  だけどなんだかふさいでた気持ち 溶けるように流れてく 軽やかな気持ちから 遠く見え始めてる  僕らはとてつもない世界 産み落とされて生き死ゆけるから ちっぽけな僕らの想いでも かき集めたなら いつかそのバケットを 満たせることになる  みるく色の空が 君を怯えさせるの? 切なさとか 捨てなきゃいけないものたちが増えているの?  誰にでもある普通の朝 時間がゆっくり流れて 優しく吹くそよ風 なまり色突き抜けて  バケットが溢れゆくまでは 伝え続けてく 願い続けてみる 僕らのちっぽけな想いを かき集めたなら いつかそのバケットを 満たして溢れる  バケットが満たされたとして だけど役には立たないかもしれない それなら 文字通りだけど また水に流そう いっそひっくり返してしまえば いいかもね  『いつか』まで 待ってる
BABEL'S TOWER前から少しおかしくなってる記憶 いつもどおりに言葉は口をついて出るけど よく聞いてみれば 誰かの口まねのマネキン  善くない事にあなたは悪くとってた 昨日の優しさのつもりのあたしの行動 思い出してみても 決して善かったとは言えない  神様はすでに罰を与えてた 心の中に共通感情がない  Babel's towerの上で 愛欲を謳歌してもなお 充たされぬ世界で 記憶は薄れていった  善い事と悪い事 その境目はもう ドリアングレイのように空しく溶けていった 考えてみれば その違いさえ解ってない  神様はどこで何を見てたの あたしが悪い事してたのでしょうか  Babel's towerの上で 快感を予約してる人達 未来の先取りのようで イメージは乏しくなった  神様はすでに罰を与えてた 心の中に共通感情がない  Babel's towerの上で 愛欲を謳歌してもなお 充たされぬ世界で 記憶は薄れていった  そんな未来のストーリー 昔の人も考えてた ららら、、、、 今も昔も変わらないMy Little LoverTakeshi KobayashiKenji Fujii小林武史前から少しおかしくなってる記憶 いつもどおりに言葉は口をついて出るけど よく聞いてみれば 誰かの口まねのマネキン  善くない事にあなたは悪くとってた 昨日の優しさのつもりのあたしの行動 思い出してみても 決して善かったとは言えない  神様はすでに罰を与えてた 心の中に共通感情がない  Babel's towerの上で 愛欲を謳歌してもなお 充たされぬ世界で 記憶は薄れていった  善い事と悪い事 その境目はもう ドリアングレイのように空しく溶けていった 考えてみれば その違いさえ解ってない  神様はどこで何を見てたの あたしが悪い事してたのでしょうか  Babel's towerの上で 快感を予約してる人達 未来の先取りのようで イメージは乏しくなった  神様はすでに罰を与えてた 心の中に共通感情がない  Babel's towerの上で 愛欲を謳歌してもなお 充たされぬ世界で 記憶は薄れていった  そんな未来のストーリー 昔の人も考えてた ららら、、、、 今も昔も変わらない
バランスあなた以外では 何も見つからず 胸の奥で もどかしい 毎日が続く 昨日が過ぎてく 今日が過ぎていく そんなことに慣れてた 帰り道を行く  砂が熱くて 夏の気配から 切ない気配ごと 秋風が吹く  二人がそれぞれ 別々の時間過ごせば 自由でいられるけど そのバランスなら マニュアルはどこにあるの 分からなくなるのは なぜだか いつでも わたしだけだと思う  もう戻れないよ あなたの場所から わたしをひとりぼっちには しないようにして  時にうれしく そして切なくて 男の心にいま 肩を抱かれたい  抱き合えればまた 何もなくなってく気持ちは 抑えきれないほど 二人のバランスに 重力があったら それが 命の重さなの  二人がそれぞれ 別々の時間過ごせば 自由でいられるけど 抱き合えればまた 永遠になってく心に かかえきれないほど 二人のバランスの マニュアルはどこにあるの 分からなくなるのは なぜだか いつでも わたしだけだと思うMy Little Lover小林武史小林武史TAKESHI KOBAYASHIあなた以外では 何も見つからず 胸の奥で もどかしい 毎日が続く 昨日が過ぎてく 今日が過ぎていく そんなことに慣れてた 帰り道を行く  砂が熱くて 夏の気配から 切ない気配ごと 秋風が吹く  二人がそれぞれ 別々の時間過ごせば 自由でいられるけど そのバランスなら マニュアルはどこにあるの 分からなくなるのは なぜだか いつでも わたしだけだと思う  もう戻れないよ あなたの場所から わたしをひとりぼっちには しないようにして  時にうれしく そして切なくて 男の心にいま 肩を抱かれたい  抱き合えればまた 何もなくなってく気持ちは 抑えきれないほど 二人のバランスに 重力があったら それが 命の重さなの  二人がそれぞれ 別々の時間過ごせば 自由でいられるけど 抱き合えればまた 永遠になってく心に かかえきれないほど 二人のバランスの マニュアルはどこにあるの 分からなくなるのは なぜだか いつでも わたしだけだと思う
pastelいつだって 甘い色に night & day 繰り返して 曖昧で 曇りガラス 覗いてた 待ったって 戻らない Pastel day 思い出す rolling day ミラーボールと回っていくの  近頃 遊びの気持ちが減ってるかな 段々 大きく 膨らんでいく街で 私の欲望は そこまで大きくなってない あなたに合わせて買っていた 洋服もいまは もう持ってないから  sexy で 波の音に night & day 身を任せ 太陽と月の光 繰り返す 夕がた オレンジは Pastel time 思い出す rolling day 甘い罠と 踊っていたの  いつかは離れて 行くと知っていたの 互いにフ レーズ 知っていたのにね 淡い pastel に混ざりあった色たちは ピュアで少し軽やかで だけど簡単な配分じゃない  転がっていくだけの 若さで生きていた 息さえ 出来ないほどに 切なくて 真夜中過ぎにでも 光を求めてく もうすぐ夜が開けていくと知って  いつだって 甘い色に night & day 繰り返して 曖昧で 曇りガラス 覗いてた 待ったって 戻らない Pastel day 思い出す rolling day Pastel day  いつだって 甘い色に night & day 繰り返して 曖昧で 曇りガラス 覗いてた 待ったって 戻らない Pastel day 思い出す rolling day ミラーボールと回っていくのMy Little Lover小林武史小林武史TAKESHI KOBAYASHI・TAKUO YAMAMOTOいつだって 甘い色に night & day 繰り返して 曖昧で 曇りガラス 覗いてた 待ったって 戻らない Pastel day 思い出す rolling day ミラーボールと回っていくの  近頃 遊びの気持ちが減ってるかな 段々 大きく 膨らんでいく街で 私の欲望は そこまで大きくなってない あなたに合わせて買っていた 洋服もいまは もう持ってないから  sexy で 波の音に night & day 身を任せ 太陽と月の光 繰り返す 夕がた オレンジは Pastel time 思い出す rolling day 甘い罠と 踊っていたの  いつかは離れて 行くと知っていたの 互いにフ レーズ 知っていたのにね 淡い pastel に混ざりあった色たちは ピュアで少し軽やかで だけど簡単な配分じゃない  転がっていくだけの 若さで生きていた 息さえ 出来ないほどに 切なくて 真夜中過ぎにでも 光を求めてく もうすぐ夜が開けていくと知って  いつだって 甘い色に night & day 繰り返して 曖昧で 曇りガラス 覗いてた 待ったって 戻らない Pastel day 思い出す rolling day Pastel day  いつだって 甘い色に night & day 繰り返して 曖昧で 曇りガラス 覗いてた 待ったって 戻らない Pastel day 思い出す rolling day ミラーボールと回っていくの
日傘~japanese beauty~太陽が空で 全てを照らすから 失った 恋さえも 陽の光 浴びてしまうの  あたしに日傘は 似合わないけれども 心にさす 白い傘で あたしは守った  無邪気に笑った 街の片隅から やがて明日に息がつまった  あなたとあたしの 心の片隅に 落ちていた 物語の プロローグのドア 開けてく鍵 それを捕って  夏の陽が何故か センチにさせるのは 強すぎる その光り 心だけ 取り残すから  もうすぐに海は 夕なぎになるから 大切な ささやきでも 聞こえてくるでしょう  美しさ求め 生きてゆくことから シンプルな想いに 気がつく あなたの心 繋がる鍵 それを捕って  夕暮れの空と この街は痛みで 壊れたり 裏切ったり 悲しみも とめどないけど  あなたがやって来て あたしを抱きしめる 持っていた 白い傘が 手から離れたら  愛しさも 勇気さえも 込み上げて泣いた 抱いたMy Little LoverTakeshi KobayashiTakeshi Kobayashi小林武史太陽が空で 全てを照らすから 失った 恋さえも 陽の光 浴びてしまうの  あたしに日傘は 似合わないけれども 心にさす 白い傘で あたしは守った  無邪気に笑った 街の片隅から やがて明日に息がつまった  あなたとあたしの 心の片隅に 落ちていた 物語の プロローグのドア 開けてく鍵 それを捕って  夏の陽が何故か センチにさせるのは 強すぎる その光り 心だけ 取り残すから  もうすぐに海は 夕なぎになるから 大切な ささやきでも 聞こえてくるでしょう  美しさ求め 生きてゆくことから シンプルな想いに 気がつく あなたの心 繋がる鍵 それを捕って  夕暮れの空と この街は痛みで 壊れたり 裏切ったり 悲しみも とめどないけど  あなたがやって来て あたしを抱きしめる 持っていた 白い傘が 手から離れたら  愛しさも 勇気さえも 込み上げて泣いた 抱いた
曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 編曲者名 歌い出し
ひこうき雲遠いところへ行けるなら できるだけ遠い方がいい 流れるのが涙なら 枯れるまで泣いた方がいい  だけど夕暮れの空に また見つけたんだ  心を隠した闇はいつか 厚い雲に変わっていたから 晴れることなんかないと思ってた でもこうして見上げたら ひこうき雲が 走った  大きな世界 小さな自分 その違いはどこにもある 自分のサイズを 知っていても もっともっと、、って 欲しがってたんだ  嘘のない世界はひとつもない でもその先で待ってた  大きく切り開く チカラなのか だけど違っていたんだ その音は 銀色のつばさの 光つれて 遠ざかっていったけれど この空にいま残った  まっすぐな感じとか 正直さとか あなたみたいだな  晴れる事なんか忘れていた でもこうして見上げたら ららら ひこうき雲なら空に溶ける ゆっくりと消えてゆくよ 私たちみたいに 人として生きて 立ち止まって また歩き出してゆける 心に隠した闇もいつか 消えてしまう時がくるようにMy Little Lover小林武史小林武史Takeshi Kobayashi遠いところへ行けるなら できるだけ遠い方がいい 流れるのが涙なら 枯れるまで泣いた方がいい  だけど夕暮れの空に また見つけたんだ  心を隠した闇はいつか 厚い雲に変わっていたから 晴れることなんかないと思ってた でもこうして見上げたら ひこうき雲が 走った  大きな世界 小さな自分 その違いはどこにもある 自分のサイズを 知っていても もっともっと、、って 欲しがってたんだ  嘘のない世界はひとつもない でもその先で待ってた  大きく切り開く チカラなのか だけど違っていたんだ その音は 銀色のつばさの 光つれて 遠ざかっていったけれど この空にいま残った  まっすぐな感じとか 正直さとか あなたみたいだな  晴れる事なんか忘れていた でもこうして見上げたら ららら ひこうき雲なら空に溶ける ゆっくりと消えてゆくよ 私たちみたいに 人として生きて 立ち止まって また歩き出してゆける 心に隠した闇もいつか 消えてしまう時がくるように
ひこうき雲(Yumi Arai cover song)白い坂道が空まで続いていた ゆらゆらかげろうが あの子を包む 誰も気づかず ただひとり あの子は 昇っていく 何もおそれない そして舞い上がる  空に憧れて 空をかけてゆく あの子の命はひこうき雲  高いあの窓で あの子は死ぬ前も 空を見ていたの 今はわからない ほかの人には わからない あまりにも若すぎたと ただ思うだけ けれど しあわせ  空に憧れて 空をかけてゆく あの子の命はひこうき雲  空に憧れて 空をかけてゆく あの子の命はひこうき雲My Little Lover荒井由実荒井由実白い坂道が空まで続いていた ゆらゆらかげろうが あの子を包む 誰も気づかず ただひとり あの子は 昇っていく 何もおそれない そして舞い上がる  空に憧れて 空をかけてゆく あの子の命はひこうき雲  高いあの窓で あの子は死ぬ前も 空を見ていたの 今はわからない ほかの人には わからない あまりにも若すぎたと ただ思うだけ けれど しあわせ  空に憧れて 空をかけてゆく あの子の命はひこうき雲  空に憧れて 空をかけてゆく あの子の命はひこうき雲
Periodあたしが心に 秘めてるものなら 二人で愛したり 流され合ったりもしたり そこで揺れてる 脆い記憶  二人の関係が 終わってしまった今 悲しみの涙も 今さら出ないし 痛みも 感じたりしないが 傷だらけさ 心は  あたしは弱虫だし あなたはいたずらだけど キラメク確かな瞬間ならここにあった 全てが溶けてしまう夢なら醒めないけれど せつなの川を渡っていくよ  嘘のようなホント 本当のようなウソに 馴れ合うことだけ 長い時間慣れていた そこで歪んでる 温い記憶の中で  あたしが見てるものが幻だったらいいと あなたの背中越しで思った時はまだ 全てが溶けてしまう幻覚はなかったけれど いまならそれに色さえ付いた  あたしは弱虫だし あなたはイジワルだけど キラメク確かな瞬間ならここにあった 全ての物語の終わりは終わってくための 寂しいただのピリオドだとしても 点の奥には 愛の記憶が 瞬間の連鎖が  つづくMy Little LoverTakeshi KobayashiTakeshi KobayashiTAKESHI KOBAYASHIあたしが心に 秘めてるものなら 二人で愛したり 流され合ったりもしたり そこで揺れてる 脆い記憶  二人の関係が 終わってしまった今 悲しみの涙も 今さら出ないし 痛みも 感じたりしないが 傷だらけさ 心は  あたしは弱虫だし あなたはいたずらだけど キラメク確かな瞬間ならここにあった 全てが溶けてしまう夢なら醒めないけれど せつなの川を渡っていくよ  嘘のようなホント 本当のようなウソに 馴れ合うことだけ 長い時間慣れていた そこで歪んでる 温い記憶の中で  あたしが見てるものが幻だったらいいと あなたの背中越しで思った時はまだ 全てが溶けてしまう幻覚はなかったけれど いまならそれに色さえ付いた  あたしは弱虫だし あなたはイジワルだけど キラメク確かな瞬間ならここにあった 全ての物語の終わりは終わってくための 寂しいただのピリオドだとしても 点の奥には 愛の記憶が 瞬間の連鎖が  つづく
FANTASY例えていうなら 私は 偶然なら 信じられるけど それ以外は  絆とか約束は 重くてやりきれない そう考えたら 少し楽になれる  月の向こう側では 何もかもが許される きらきらと光るもの 光をまた写すもの それはまるで ルールを持たないオーケストラのよう  私はねじれた 心をもとに戻そう 巻かれすぎたので 無心に戻るように  ピエロの泣き顔 突然の歓声  月の向こう側では 夢の続きが見られる 私があなたになって 心の岸辺に立って そして独りに戻っていたら また目覚めている  私が暗闇で膝を抱えていると 私の仮面をつけ ピエロがこう言った 「不安が 不安で 不安になる 不安はまた生まれる そしてそれも愛の仕業さ」  月の向こう側では 何もかもが許される クルクルと廻るもの 飲み込まれてしまうもの 真面目なコメディー ふざけたトラジディー リアルな幻 それはファンタジーMy Little LoverTakeshi KobayashiTakeshi KobayashiTAKESHI KOBAYASHI例えていうなら 私は 偶然なら 信じられるけど それ以外は  絆とか約束は 重くてやりきれない そう考えたら 少し楽になれる  月の向こう側では 何もかもが許される きらきらと光るもの 光をまた写すもの それはまるで ルールを持たないオーケストラのよう  私はねじれた 心をもとに戻そう 巻かれすぎたので 無心に戻るように  ピエロの泣き顔 突然の歓声  月の向こう側では 夢の続きが見られる 私があなたになって 心の岸辺に立って そして独りに戻っていたら また目覚めている  私が暗闇で膝を抱えていると 私の仮面をつけ ピエロがこう言った 「不安が 不安で 不安になる 不安はまた生まれる そしてそれも愛の仕業さ」  月の向こう側では 何もかもが許される クルクルと廻るもの 飲み込まれてしまうもの 真面目なコメディー ふざけたトラジディー リアルな幻 それはファンタジー
Fallin' Blue誰かを好きになったら 心はときめき 相手も答えてくれたら なるようになったら  例えばね それがうまくいったなら それが幸せと言える感じなのかな  あれからボンヤリして 心と話がない 少しも自分らしくない時間が過ぎてく  今でもね たまに思い出すけれど あなたのせいにはもうすることはない  例えばね 恋に似た始まり方なら それで幸せな気分になれるのかな  多分 あなただけを愛してる  例えばね それがうまくいったなら それが幸せと言える感じなのかな  例えばね 恋に似た始まり方なら それで幸せな気分になれるのかな  多分 あなたをまだ探してるMy Little Lover小林武史小林武史小林武史誰かを好きになったら 心はときめき 相手も答えてくれたら なるようになったら  例えばね それがうまくいったなら それが幸せと言える感じなのかな  あれからボンヤリして 心と話がない 少しも自分らしくない時間が過ぎてく  今でもね たまに思い出すけれど あなたのせいにはもうすることはない  例えばね 恋に似た始まり方なら それで幸せな気分になれるのかな  多分 あなただけを愛してる  例えばね それがうまくいったなら それが幸せと言える感じなのかな  例えばね 恋に似た始まり方なら それで幸せな気分になれるのかな  多分 あなたをまだ探してる
Free新聞も読まない あたしでも 毎日TVみたり 毎日街に出たり すればわかる 時代のムード  “さがしものは見つかったの” 誰かの声がしたり 誰かに問いかけたり 時々する さびしくなる  それはまるで パズルと迷路 あなたのせいで 空っぽになった心に 力をあたえて そして  自分のスタイルをもって 得意のスマイルいかして あなたがいない私はFree センチメンタルっぽいナンバーいっぱい並べてもおいて 一晩中泣き続けてもFree  “人間は誰でも一人” なんてあたりまえのセリフ 絶対ごまかされない 飽きただけの言い訳でしょ  それはまるでパズルと迷路 あなたのせいで 複雑になった心を だんだん解いてく だけど  英会話もかじって 留学計画もねって 計画だおれになるのもFree どっかでナンパもされて 適当なあいづちうって 成り行きに任せるのもFree  セルフコントロールして 教えかなんかすがって 求める一人よがりのFree でも本当は知ってるの 前から分かってたの あなたがいなけりゃ ただのFree  Ah-神様 未来はどこにあるの  好きなだけ抱きしめて 欲しいだけ求め続けて 昨日とか明日とかなくなるのがいい  自分のスタイルをもって 得意のスマイルいかして あなたがいない私はFree センチメンタルっぽいナンバーいっぱい並べてもおいて 一晩中泣き続けてもFree  社会全体の行く先も 宇宙全体の終点も どこまでたどり着けるかもFree LALALALAって夜中に 一人鼻歌して あなたのことを想い出すFree  Ah-神様 明日は何処へゆくのMy Little Lover小林武史小林武史小林武史新聞も読まない あたしでも 毎日TVみたり 毎日街に出たり すればわかる 時代のムード  “さがしものは見つかったの” 誰かの声がしたり 誰かに問いかけたり 時々する さびしくなる  それはまるで パズルと迷路 あなたのせいで 空っぽになった心に 力をあたえて そして  自分のスタイルをもって 得意のスマイルいかして あなたがいない私はFree センチメンタルっぽいナンバーいっぱい並べてもおいて 一晩中泣き続けてもFree  “人間は誰でも一人” なんてあたりまえのセリフ 絶対ごまかされない 飽きただけの言い訳でしょ  それはまるでパズルと迷路 あなたのせいで 複雑になった心を だんだん解いてく だけど  英会話もかじって 留学計画もねって 計画だおれになるのもFree どっかでナンパもされて 適当なあいづちうって 成り行きに任せるのもFree  セルフコントロールして 教えかなんかすがって 求める一人よがりのFree でも本当は知ってるの 前から分かってたの あなたがいなけりゃ ただのFree  Ah-神様 未来はどこにあるの  好きなだけ抱きしめて 欲しいだけ求め続けて 昨日とか明日とかなくなるのがいい  自分のスタイルをもって 得意のスマイルいかして あなたがいない私はFree センチメンタルっぽいナンバーいっぱい並べてもおいて 一晩中泣き続けてもFree  社会全体の行く先も 宇宙全体の終点も どこまでたどり着けるかもFree LALALALAって夜中に 一人鼻歌して あなたのことを想い出すFree  Ah-神様 明日は何処へゆくの
舞台芝居毎日のニュースを見ていて 気づいたことがある それぞれが測っている 価値がバラバラ  あなたと喧嘩した夜も 違うものさし 振り回してた あなたは世界も同じ 平行線だという  その違いは 地理や歴史や宗教から来てるの? でもその奥で男と女が 手招きしあっているよ  この世はまるで 舞台芝居 悲劇と喜劇が交じりあう 酔わせたり意表をついたりして 歌ってる この世の素晴らしさと切なさ  最近は何だか綾がない 表面ばかり目立ってる 分かりやすさ求めて 難しくなった  それはきっと 自分のことも同じだと知っている もっと深くあなたに出逢いたい でも時間に追われてる  12時過ぎるまでシンデレラ 時計のマジックで夢を見た 貴方がナイトになれなくても 待ってる そぶりで シナリオを書き換える  取り戻さなけりゃいけないことがある だけど進化もしていかなきゃね それを男に任せてばかりでは だめな気がする 僭越ながら  展開も読めない 舞台芝居 生身であること誇って もっと悩ましくも愛しげな 物語 歌おう 何度も この世界の素晴らしさと切なさ 切なさのMy Little Lover小林武史小林武史TAKESHI KOBAYASHI・TAKUO YAMAMOTO毎日のニュースを見ていて 気づいたことがある それぞれが測っている 価値がバラバラ  あなたと喧嘩した夜も 違うものさし 振り回してた あなたは世界も同じ 平行線だという  その違いは 地理や歴史や宗教から来てるの? でもその奥で男と女が 手招きしあっているよ  この世はまるで 舞台芝居 悲劇と喜劇が交じりあう 酔わせたり意表をついたりして 歌ってる この世の素晴らしさと切なさ  最近は何だか綾がない 表面ばかり目立ってる 分かりやすさ求めて 難しくなった  それはきっと 自分のことも同じだと知っている もっと深くあなたに出逢いたい でも時間に追われてる  12時過ぎるまでシンデレラ 時計のマジックで夢を見た 貴方がナイトになれなくても 待ってる そぶりで シナリオを書き換える  取り戻さなけりゃいけないことがある だけど進化もしていかなきゃね それを男に任せてばかりでは だめな気がする 僭越ながら  展開も読めない 舞台芝居 生身であること誇って もっと悩ましくも愛しげな 物語 歌おう 何度も この世界の素晴らしさと切なさ 切なさの
blue skyひらひらと蝶々が舞う空間に 差し込んだ一筋の光  ズームして その触角へとフォーカス 目的の場所をサーチしてる  舞い回れメリーゴーランド パイプオルガンの旋律  広げた羽は今 膨らんでく 大きくなる  blue sky ほら つながった 明日への扉 開放して 強い足取りで歩く 果てない空へ  butterfly 肩に舞い降りて 甘い蜜のおすそわけ 限りある時を旅する 上級者たち  柔らかなその動きにうっとりして 振り返りその流れを見つめた  八百万の神に 守られてる気分 全てはひとつのクモの巣みたい 結びついている  blue sky 空を全うして 僕らはいつでも 納得して ゆかりのある所へと 向かって行くよ  butterfly 風を乗っ取って 甘い蜜を探り当てて また誰かが生まれるため 運ばれるのさ  この世に生を受けた時から 分かってたことなんだ 傷つけちゃいけないってこと 大切なことは何かってこと  blue sky 空を全うして 僕らはいつでも 納得して ゆかりのある所へと 向かって行くよ  butterfly 風を乗っ取って 甘い蜜を探り当てて また誰かが生まれるため運ばれるのさMy Little LoverakkoTOMOYA MATSUURAMAKOTO MINAGAWAひらひらと蝶々が舞う空間に 差し込んだ一筋の光  ズームして その触角へとフォーカス 目的の場所をサーチしてる  舞い回れメリーゴーランド パイプオルガンの旋律  広げた羽は今 膨らんでく 大きくなる  blue sky ほら つながった 明日への扉 開放して 強い足取りで歩く 果てない空へ  butterfly 肩に舞い降りて 甘い蜜のおすそわけ 限りある時を旅する 上級者たち  柔らかなその動きにうっとりして 振り返りその流れを見つめた  八百万の神に 守られてる気分 全てはひとつのクモの巣みたい 結びついている  blue sky 空を全うして 僕らはいつでも 納得して ゆかりのある所へと 向かって行くよ  butterfly 風を乗っ取って 甘い蜜を探り当てて また誰かが生まれるため 運ばれるのさ  この世に生を受けた時から 分かってたことなんだ 傷つけちゃいけないってこと 大切なことは何かってこと  blue sky 空を全うして 僕らはいつでも 納得して ゆかりのある所へと 向かって行くよ  butterfly 風を乗っ取って 甘い蜜を探り当てて また誰かが生まれるため運ばれるのさ
Private eyesハローハローハロー ハローハローハロー あなたの声 ここで響く 力ぬけた あたしのBody Banana のように ベッドに這う  Private eyes なぜあたし Private eyes ここにいるんだろう Private eyes いつまであたしを見るの?  火照りはじめる 心の上 メイキャップを してみせたら あたし どんな 天使にでも 悪魔にさえ なれると思う  Private eyes 口唇も Private eyes かわきはじめて Private eyes もっと光続けたい  Private eyes 真実は今 Private eyes あなたの目に宿る Private eyes 何処からあたしを見るの?  シーツの海の中 泳ぐ魚になる いろんな愛かがあり 優しくときめくわ La La La La....×2 あなたのもっと近く 辿り着いてみせるわ  光の奥 何があるの? それは多分 心の壁  Private eyes 違う場所 Private eyes 違う世界から Private eyes 見つめてる あなたを今 (Private eyes')  Private eyes 見つめ返すの Private eyes 抱きしめてあげるの Private eyes 操られた心まで  Ah... Ah... ハローハローハロー ハローハローハロー ハローハローハローMy Little LoverAKKO・小林武史小林武史小林武史ハローハローハロー ハローハローハロー あなたの声 ここで響く 力ぬけた あたしのBody Banana のように ベッドに這う  Private eyes なぜあたし Private eyes ここにいるんだろう Private eyes いつまであたしを見るの?  火照りはじめる 心の上 メイキャップを してみせたら あたし どんな 天使にでも 悪魔にさえ なれると思う  Private eyes 口唇も Private eyes かわきはじめて Private eyes もっと光続けたい  Private eyes 真実は今 Private eyes あなたの目に宿る Private eyes 何処からあたしを見るの?  シーツの海の中 泳ぐ魚になる いろんな愛かがあり 優しくときめくわ La La La La....×2 あなたのもっと近く 辿り着いてみせるわ  光の奥 何があるの? それは多分 心の壁  Private eyes 違う場所 Private eyes 違う世界から Private eyes 見つめてる あなたを今 (Private eyes')  Private eyes 見つめ返すの Private eyes 抱きしめてあげるの Private eyes 操られた心まで  Ah... Ah... ハローハローハロー ハローハローハロー ハローハローハロー
星空の軌道巡り巡る 季節も恋も花の色も またいつか 出会ってゆく 星空の 軌道のように  「どこかで会ったような気がするわ」 そんな古いラブコメのセリフのよう それでも 心は気づいてる あなたとのこんな出会いは 偶然じゃない もしもね 偶然だとしても それは ここまでの 二人のすべてに選ばれたことで  どんな未来 明るいこと 悲しいことも すべて乗せて この世界は 今日も回り続けるよ  ベストのパートナー持っていた 友達も恋に破れた 心配もしたけど しばらくたったら 突然の ゴールインの報告が届いたよ  よかったねと 言える気持ち 勿論あった けれども 「あなたはどう?」って 自分にも 問いかけていたの  誰もみんな 取り残されたくはないけれど あなたが幸せになることを本当に願っているよ  星座が語り継ぐ物語は 本当に起こったことかもしれないと ふと感じた 満天の星に  あなたに いま 出会えたこと 涙のように きらめいた 流れていった 流星のしずくのひとつ  巡り巡る 季節も恋も花の色も  またいつか 出会ってゆく 星空の 軌道のようにMy Little Lover小林武史小林武史TAKESHI KOBAYASHI・Udai Shika巡り巡る 季節も恋も花の色も またいつか 出会ってゆく 星空の 軌道のように  「どこかで会ったような気がするわ」 そんな古いラブコメのセリフのよう それでも 心は気づいてる あなたとのこんな出会いは 偶然じゃない もしもね 偶然だとしても それは ここまでの 二人のすべてに選ばれたことで  どんな未来 明るいこと 悲しいことも すべて乗せて この世界は 今日も回り続けるよ  ベストのパートナー持っていた 友達も恋に破れた 心配もしたけど しばらくたったら 突然の ゴールインの報告が届いたよ  よかったねと 言える気持ち 勿論あった けれども 「あなたはどう?」って 自分にも 問いかけていたの  誰もみんな 取り残されたくはないけれど あなたが幸せになることを本当に願っているよ  星座が語り継ぐ物語は 本当に起こったことかもしれないと ふと感じた 満天の星に  あなたに いま 出会えたこと 涙のように きらめいた 流れていった 流星のしずくのひとつ  巡り巡る 季節も恋も花の色も  またいつか 出会ってゆく 星空の 軌道のように
ほしつきよる墨のように香る夜空 君のため息が ちいさな雲となって 白く光って消えた  闇に生きてる 星の数がいくつかの道を いつでも照らしてるはずなのに 眠らない都会(まち)は  明る過ぎて 通い慣れてる道でさえ ぼやけて足元を隠してしまう  たった一つだけ 願い叶うならば 何を祈ればいいのでしょうか? 君と過ごした時間(とき)を もう一度… なんてありふれてるかな  声に出して問いかけてみる 『どこへ向かえばいいの?』 どのページ開いても どこにも答えは書いてない  喜びの価値観だとか 悲しみの程度とか それぞれに秘めてるものは 誰にもわからない  重くのしかかる 闇だけに 星の光が もっと強く輝けるから  閉ざされた夜に どれくらいの 星のしるしを付けられるだろう? 君が道に迷った時に そっと照らしたいから  僕も君も迷いながら 愛し愛されためらいながらも その光を感じてる  like the starry night  もし愛して欲しいならば それ以上に愛すればいい 星の渦巻く夜空に  もっともっと  like the starry night  閉ざされた夜に 揺らぐ影と 混ざり合う光と風の匂い 君が道に迷った時は  そっと照らしているよMy Little Loverakkoakko近田潔人墨のように香る夜空 君のため息が ちいさな雲となって 白く光って消えた  闇に生きてる 星の数がいくつかの道を いつでも照らしてるはずなのに 眠らない都会(まち)は  明る過ぎて 通い慣れてる道でさえ ぼやけて足元を隠してしまう  たった一つだけ 願い叶うならば 何を祈ればいいのでしょうか? 君と過ごした時間(とき)を もう一度… なんてありふれてるかな  声に出して問いかけてみる 『どこへ向かえばいいの?』 どのページ開いても どこにも答えは書いてない  喜びの価値観だとか 悲しみの程度とか それぞれに秘めてるものは 誰にもわからない  重くのしかかる 闇だけに 星の光が もっと強く輝けるから  閉ざされた夜に どれくらいの 星のしるしを付けられるだろう? 君が道に迷った時に そっと照らしたいから  僕も君も迷いながら 愛し愛されためらいながらも その光を感じてる  like the starry night  もし愛して欲しいならば それ以上に愛すればいい 星の渦巻く夜空に  もっともっと  like the starry night  閉ざされた夜に 揺らぐ影と 混ざり合う光と風の匂い 君が道に迷った時は  そっと照らしているよ
My sweet lord電光掲示板では 明日の天気が流れる 暑い日になると 光の帯は告げてる この街に そっと夏は訪れてる  何本もの道が 無軌道に交差してるけど 彼とはぐれた場所は もう想い出さない 言い訳を 自分にしすぎてたから  流れる雲 もっと早く 見えない明日を連れておいで  振り返れば 今日までなら 生きてきたじゃない 優しさを My sweet lord 探すように My sweet lord  周りには“リーダー”みたいになれる娘もいる 自分がむいてるっていう 話もあるみたい でも なんとなく 流れに任せ生きてる  クールな目で 突き放して エスカレートしてく街と生きる  入り組んでる 迷路の中 隠れているなら 現われて My sweet heart しなやかな My sweet heart  夕暮れには 心騒いだり 落ち込んだりする 夜はやがて 街に降りてきて 巨大なマシーン 狂ったダンスが始まる  きっと夏は訪れてる 昔からも 未来からも 続いてる道はきっとあるよ  見渡したら 明日からも 生きて行くのだろう 遠くへと Winding road 続いてく Winding road やりきれない 夜も 明けるよね My sweet heartMy Little LoverTakeshi KobayashiTakeshi Kobayashi小林武史電光掲示板では 明日の天気が流れる 暑い日になると 光の帯は告げてる この街に そっと夏は訪れてる  何本もの道が 無軌道に交差してるけど 彼とはぐれた場所は もう想い出さない 言い訳を 自分にしすぎてたから  流れる雲 もっと早く 見えない明日を連れておいで  振り返れば 今日までなら 生きてきたじゃない 優しさを My sweet lord 探すように My sweet lord  周りには“リーダー”みたいになれる娘もいる 自分がむいてるっていう 話もあるみたい でも なんとなく 流れに任せ生きてる  クールな目で 突き放して エスカレートしてく街と生きる  入り組んでる 迷路の中 隠れているなら 現われて My sweet heart しなやかな My sweet heart  夕暮れには 心騒いだり 落ち込んだりする 夜はやがて 街に降りてきて 巨大なマシーン 狂ったダンスが始まる  きっと夏は訪れてる 昔からも 未来からも 続いてる道はきっとあるよ  見渡したら 明日からも 生きて行くのだろう 遠くへと Winding road 続いてく Winding road やりきれない 夜も 明けるよね My sweet heart
My PaintingWait 誰より好きでも 今のままがいい あせらずに Stop 答えはないけど私 Single girl  色々言われてもわからなくなる 悲しい気持ちだけ残ってくわ 七色に光ればビーズが跳ねる 無重力に揺れている  輝くホワイトブルー気持ちは まっ白に 好きな時に好きな色で My Painting  ときどき寂しい時 何よりの特効 どきどきすることが ときめくこと 七色に光れば街も喜び  宇宙船が都市になる  だから今  Wait 誰より好きでも 今のままがいい あせらずに Stop 答えはないけど私 Single girl  恋のため 愛のために 夢とわかっても信じたい 恋のため 愛のために 自分の気持ちを信じていたいから  Wait 誰より好きでも 今のままがいい あせらずに Stop 答えはないけど私 Single girl  いつか Happy girlMy Little LoverKATE小林武史小林武史Wait 誰より好きでも 今のままがいい あせらずに Stop 答えはないけど私 Single girl  色々言われてもわからなくなる 悲しい気持ちだけ残ってくわ 七色に光ればビーズが跳ねる 無重力に揺れている  輝くホワイトブルー気持ちは まっ白に 好きな時に好きな色で My Painting  ときどき寂しい時 何よりの特効 どきどきすることが ときめくこと 七色に光れば街も喜び  宇宙船が都市になる  だから今  Wait 誰より好きでも 今のままがいい あせらずに Stop 答えはないけど私 Single girl  恋のため 愛のために 夢とわかっても信じたい 恋のため 愛のために 自分の気持ちを信じていたいから  Wait 誰より好きでも 今のままがいい あせらずに Stop 答えはないけど私 Single girl  いつか Happy girl
マイムマイム書かれてたいつかのこと 古い古いページに こつこつと刻んできた  『マイムマイム』「踊ろうよダーリン」  偏った知識のうえ あたかも自分の手柄と 言いたくてしょうがなくて  『マイムマイム』「動きを読めよ」  恐いよ いつの日にだって みんな一人さ 手取り足取り 誰も教えてくれないよ~  『マイムマイム』 wonderful womanになれなかったとしてもね 愛を強く持って 扉を開けたままで 『マイムマイム』 派手なパフォーマンス できなくたっていいじゃない? 心を込めて ありのままで踊ろう  迷子のために備わる サービスセンターのような ところに来てみたって  『マイムマイム』「誰もいなくて」  切り裂いたそのページのくず テープで貼り合わせたら 宝物に変わるかも  『マイムマイム』「学べよ ずっと」  示し方がうまくなくて 何度でもほら 誤解される日々 続いても いつかは  『マイムマイム』 wonderful lifeがやってくると信じましょ! いつの時代も ずっと 一人じゃないから 『マイムマイム』 喜びは分かち合うものです!と 神様は教えてくれたから 一緒に踊ろう  wonderful womanになれなかったとしてもね 愛を強く持って 扉を開けたままで  wonderful lifeがやってくると信じましょ! 喜びは分かち合って 一緒に踊ろうMy Little Loverakko松浦友也・akko近田潔人書かれてたいつかのこと 古い古いページに こつこつと刻んできた  『マイムマイム』「踊ろうよダーリン」  偏った知識のうえ あたかも自分の手柄と 言いたくてしょうがなくて  『マイムマイム』「動きを読めよ」  恐いよ いつの日にだって みんな一人さ 手取り足取り 誰も教えてくれないよ~  『マイムマイム』 wonderful womanになれなかったとしてもね 愛を強く持って 扉を開けたままで 『マイムマイム』 派手なパフォーマンス できなくたっていいじゃない? 心を込めて ありのままで踊ろう  迷子のために備わる サービスセンターのような ところに来てみたって  『マイムマイム』「誰もいなくて」  切り裂いたそのページのくず テープで貼り合わせたら 宝物に変わるかも  『マイムマイム』「学べよ ずっと」  示し方がうまくなくて 何度でもほら 誤解される日々 続いても いつかは  『マイムマイム』 wonderful lifeがやってくると信じましょ! いつの時代も ずっと 一人じゃないから 『マイムマイム』 喜びは分かち合うものです!と 神様は教えてくれたから 一緒に踊ろう  wonderful womanになれなかったとしてもね 愛を強く持って 扉を開けたままで  wonderful lifeがやってくると信じましょ! 喜びは分かち合って 一緒に踊ろう
マインドゲーム私は男 あなたは女 例えば時々 入れ代わっても 二次元の間 揺れていても 多分遊びなら ただの趣味の問題  マインドゲーム その先で 心から触れあいたい マインドゲーム 眼を閉じて 痛みの向こう岸に立って 電気自動車走る世界 宇宙家族の時代は 来るのかしら そんな未来も人の世で 悲しみも消えてないでしょ  マインドゲーム 眼を開けて この体繋いでいてね 痛みの向こう岸に立って 分かち合っていく事と 混ざっていく事とは違う でもマインドゲーム その先で ひとつのものと捉えて そんな未来も人の世で 悲しみも消えてないでしょ  マインドゲーム 眼を開けて この体繋いでいてね 痛みの向こう岸に立ってMy Little Lover小林武史小林武史私は男 あなたは女 例えば時々 入れ代わっても 二次元の間 揺れていても 多分遊びなら ただの趣味の問題  マインドゲーム その先で 心から触れあいたい マインドゲーム 眼を閉じて 痛みの向こう岸に立って 電気自動車走る世界 宇宙家族の時代は 来るのかしら そんな未来も人の世で 悲しみも消えてないでしょ  マインドゲーム 眼を開けて この体繋いでいてね 痛みの向こう岸に立って 分かち合っていく事と 混ざっていく事とは違う でもマインドゲーム その先で ひとつのものと捉えて そんな未来も人の世で 悲しみも消えてないでしょ  マインドゲーム 眼を開けて この体繋いでいてね 痛みの向こう岸に立って
負け犬くんそう 淋しかった だから泣いた 君が離れてったから  ついてなかった 僕 負け犬? 嫌な言葉が流行る  白か黒かって両極じゃなかったはずなのに グレーゾーンだって 切なさを知る 最高のチャンス!  巡り巡って 争わないで 世界中 愛したい 僕らはもっと 知らないこと 学んでく生き物さ  君のもとに 届くように 僕の愛し方を ややこしくって ごめんなさい‥ でも大好きだったよ  夢の中で 僕は君を また探し始めている 目覚めた朝 悲しくなる でもわかっているよ  いつものように カーテンを開けて背のびした 明けたての空が『おはよ~』と声をかけてるよ  僕は笑った 君を想って これは幻じゃない 空に浮かんだ 雲の上に 飛び乗れそうな気がする  ボクの今の この気持ちが 君に届くといいな ややこしくって ごめんなさい‥ でも大好きだったよ  素直じゃなくて ややこしくって ごめんなさい‥  巡り巡って 争わないで 僕は笑った 君を想ってMy Little Loverakko前田啓介前田啓介そう 淋しかった だから泣いた 君が離れてったから  ついてなかった 僕 負け犬? 嫌な言葉が流行る  白か黒かって両極じゃなかったはずなのに グレーゾーンだって 切なさを知る 最高のチャンス!  巡り巡って 争わないで 世界中 愛したい 僕らはもっと 知らないこと 学んでく生き物さ  君のもとに 届くように 僕の愛し方を ややこしくって ごめんなさい‥ でも大好きだったよ  夢の中で 僕は君を また探し始めている 目覚めた朝 悲しくなる でもわかっているよ  いつものように カーテンを開けて背のびした 明けたての空が『おはよ~』と声をかけてるよ  僕は笑った 君を想って これは幻じゃない 空に浮かんだ 雲の上に 飛び乗れそうな気がする  ボクの今の この気持ちが 君に届くといいな ややこしくって ごめんなさい‥ でも大好きだったよ  素直じゃなくて ややこしくって ごめんなさい‥  巡り巡って 争わないで 僕は笑った 君を想って
Magic Timeまるでヴェールがかった 夢の向こうに 近づいてる 秒針の音が聞こえる  それは今 私の体内時計からも 響いてきてる 素敵な恋の登場を 待ってる (tick tock, tick tock, tick tock) (tick tock, tick tock, tick tock) ta… lata… tuta ta… lata… tuta  夜が明けて 紫に煙る Magic Time 誰もいない Merry Merry-Go-Around 回り始めた  それは今 大好きな歌 乗せて走る 悲しみさえも ひきつれて どんな日常もぬけて (tick tock, tick tock, tick tock) (tick tock, tick tock, tick tock) ta… lata… tuta ta… lata… tuta  つらい時は 心閉ざしてもいいから 耳をすまして 次の旅立ちまでの アナウンスとカウントダウン聞くの  (tick tock, tick tock, tick tock) (tick tock, tick tock, tick tock) 10, 9, 8, 7, 6, 5, 4, 3 & 2, 1 10, 9, 8, 7, 6, 5, 4, 3 & 2, 1~0 (tick tock, tick tock, tick tock) (tick tock, tick tock, tick tock) (tick tock, tick tock, tick tock) (tick tock, tick tock, tick tock)My Little Lover小林武史小林武史小林武史まるでヴェールがかった 夢の向こうに 近づいてる 秒針の音が聞こえる  それは今 私の体内時計からも 響いてきてる 素敵な恋の登場を 待ってる (tick tock, tick tock, tick tock) (tick tock, tick tock, tick tock) ta… lata… tuta ta… lata… tuta  夜が明けて 紫に煙る Magic Time 誰もいない Merry Merry-Go-Around 回り始めた  それは今 大好きな歌 乗せて走る 悲しみさえも ひきつれて どんな日常もぬけて (tick tock, tick tock, tick tock) (tick tock, tick tock, tick tock) ta… lata… tuta ta… lata… tuta  つらい時は 心閉ざしてもいいから 耳をすまして 次の旅立ちまでの アナウンスとカウントダウン聞くの  (tick tock, tick tock, tick tock) (tick tock, tick tock, tick tock) 10, 9, 8, 7, 6, 5, 4, 3 & 2, 1 10, 9, 8, 7, 6, 5, 4, 3 & 2, 1~0 (tick tock, tick tock, tick tock) (tick tock, tick tock, tick tock) (tick tock, tick tock, tick tock) (tick tock, tick tock, tick tock)
迷い猫ご機嫌斜め空の雲 灰色の雨 降り注ぐ いつもの定位置は混雑 怯えた目たち語らう  愛された記憶少し alive 濡れた体暖める tonight  何にも言えずにただ 身を委ねて 逆らうことなく 汚れた雨水 含んでは ほろ苦い夢滅びる  出会い求めて 迷い猫 tonight 夕闇に消えて メランコリー alive  宙に浮かぶ月夜が 街の音閉じ込めて 誰かが呼ぶ声聞く?  青く白くかすむ月 tonight 届く頃には 安らげるといい  tonightMy Little LoverakkoDavid Meadデヴィッド・ミードご機嫌斜め空の雲 灰色の雨 降り注ぐ いつもの定位置は混雑 怯えた目たち語らう  愛された記憶少し alive 濡れた体暖める tonight  何にも言えずにただ 身を委ねて 逆らうことなく 汚れた雨水 含んでは ほろ苦い夢滅びる  出会い求めて 迷い猫 tonight 夕闇に消えて メランコリー alive  宙に浮かぶ月夜が 街の音閉じ込めて 誰かが呼ぶ声聞く?  青く白くかすむ月 tonight 届く頃には 安らげるといい  tonight
Man & WomanGOLD LYLIC悲しみのため息 ひとり身のせつなさ 抱きしめたい 抱きしめたいから Man & Woman 愛してる 愛してるって言っても 好きだから 好きだからって言っても きっと言葉だけじゃだめだよ Man & Woman いつかは Hey Hey Hey!  話す言葉につまっても 大丈夫心配いらないいらないよきっと 出会ってまだ少しだけど あなたとのことはきっとピントきてた 世界中で誰かが誰かに会い ある時ひらめいたらその時 恋に落ちる  街路樹の影がかたむき 下校時刻の昔の私がいる 未来はまだわからなくて がむしゃらさとさめてた打算がまざって うそぶいてた誰かに会いたくても その時裏切られる気持ちが恐すぎて I got a something new  悲しみのため息 ひとり身のせつなさ 抱きしめたい 抱きしめたいから Man & Woman 愛してる 愛してるって言っても 好きだから 好きだからって言っても きっと言葉だけじゃだめだよ Man & Woman いつかは Hey Hey Hey!  心がけひとつだって言うから 素直さが大事だって言うから それなりにやってきたわ だけども全然報われないのは (きっと きっと)あなただけじゃないから (きっと きっと)私だけじゃないから Man & Woman  優しく抱きしめたり 優しく触れられたり 時々激しく求めたりして生きてる  時は流れまた出会って すれ違いを繰り返し繰り返しでも 出会ってまだ少しだけど あなたとのことはきっとピントきてた 世界中で誰かが誰かに会い ある時ひらめいたらその時 恋に落ちる I got a something new  悲しみのため息 ひとり身のせつなさ 抱きしめたい 抱きしめたいから Man & Woman 愛してる 愛してるって言っても 好きだから 好きだからって言っても きっと言葉だけじゃだめだよ Man & Woman  Man & Woman もっともっともっとキスしたいよ ずっとずっと抱きしめていたいよ もっともっと寄り添っていたいよ Man & Woman いつかは Hey Hey Hey! Hey Hey HeyGOLD LYLICMy Little LoverKATE小林武史小林武史悲しみのため息 ひとり身のせつなさ 抱きしめたい 抱きしめたいから Man & Woman 愛してる 愛してるって言っても 好きだから 好きだからって言っても きっと言葉だけじゃだめだよ Man & Woman いつかは Hey Hey Hey!  話す言葉につまっても 大丈夫心配いらないいらないよきっと 出会ってまだ少しだけど あなたとのことはきっとピントきてた 世界中で誰かが誰かに会い ある時ひらめいたらその時 恋に落ちる  街路樹の影がかたむき 下校時刻の昔の私がいる 未来はまだわからなくて がむしゃらさとさめてた打算がまざって うそぶいてた誰かに会いたくても その時裏切られる気持ちが恐すぎて I got a something new  悲しみのため息 ひとり身のせつなさ 抱きしめたい 抱きしめたいから Man & Woman 愛してる 愛してるって言っても 好きだから 好きだからって言っても きっと言葉だけじゃだめだよ Man & Woman いつかは Hey Hey Hey!  心がけひとつだって言うから 素直さが大事だって言うから それなりにやってきたわ だけども全然報われないのは (きっと きっと)あなただけじゃないから (きっと きっと)私だけじゃないから Man & Woman  優しく抱きしめたり 優しく触れられたり 時々激しく求めたりして生きてる  時は流れまた出会って すれ違いを繰り返し繰り返しでも 出会ってまだ少しだけど あなたとのことはきっとピントきてた 世界中で誰かが誰かに会い ある時ひらめいたらその時 恋に落ちる I got a something new  悲しみのため息 ひとり身のせつなさ 抱きしめたい 抱きしめたいから Man & Woman 愛してる 愛してるって言っても 好きだから 好きだからって言っても きっと言葉だけじゃだめだよ Man & Woman  Man & Woman もっともっともっとキスしたいよ ずっとずっと抱きしめていたいよ もっともっと寄り添っていたいよ Man & Woman いつかは Hey Hey Hey! Hey Hey Hey
未来ボリビアいつか 恋のはずれの辺りの ちょっと暗がりの中から 愛の双眼鏡がかっこつけて 手招きしてるよ 未来で  ダイナーで遅いあなたを待ってる いつか叶う夢をつれ 愛の寒暖計が調子つけて 抱きしめる温度にセットした  だからもっともっと行っててね ずっとずっと待っててね 風に舞う紙屑のようにね  そしてもっと愛をロックして ずっと宙をロールして こころの鎖を解いてね  不思議な都市 未来ボリビア  チューナーはハートにチューニング合せ 悲しみに魔法をかける 愛の散弾銃でパッと撒けば テクニカラーの毎日にlive again  だからもっともっと行っててね ずっとずっと待っててね 宇宙に咲く塵のようにね  そしてもっと愛をロックして ずっと宙をロールして 溶け合うエネルギーのようにね  レボリューションに 詩を求めて  いつか 恋のはずれの辺りの ちょっと暗がりの中から  だからもっともっと行っててね ずっとずっと待っててね 風に舞う紙屑のようにね  そしてもっと愛をロックして ずっと宙をロールして こころの鎖を解いてね  不思議な都市 未来ボリビアMy Little LoverTakeshi KobayashiTakeshi Kobayashi小林武史いつか 恋のはずれの辺りの ちょっと暗がりの中から 愛の双眼鏡がかっこつけて 手招きしてるよ 未来で  ダイナーで遅いあなたを待ってる いつか叶う夢をつれ 愛の寒暖計が調子つけて 抱きしめる温度にセットした  だからもっともっと行っててね ずっとずっと待っててね 風に舞う紙屑のようにね  そしてもっと愛をロックして ずっと宙をロールして こころの鎖を解いてね  不思議な都市 未来ボリビア  チューナーはハートにチューニング合せ 悲しみに魔法をかける 愛の散弾銃でパッと撒けば テクニカラーの毎日にlive again  だからもっともっと行っててね ずっとずっと待っててね 宇宙に咲く塵のようにね  そしてもっと愛をロックして ずっと宙をロールして 溶け合うエネルギーのようにね  レボリューションに 詩を求めて  いつか 恋のはずれの辺りの ちょっと暗がりの中から  だからもっともっと行っててね ずっとずっと待っててね 風に舞う紙屑のようにね  そしてもっと愛をロックして ずっと宙をロールして こころの鎖を解いてね  不思議な都市 未来ボリビア
めぐり逢う世界慣れない事ばかり 気遣う事ばかり 無我夢中と言うのにも 違うけど 少し未来を夢見て 越した部屋 今だに少しだけ寒くて 馴染めない  愛想 振りまいてるけど 知ってる 泣きくずれる程 孤独が  “ずっとそばにいて” いつも願う 抱きしめたい気持ち 抑えきれず 愛する事の喜び 哀しみに いつの間にか 気が付いてた しのびよる様に  やさしくされたくて 泣かれたくなくて 都合のいい事ばかり言うけれど 自由とわがままの間にある あなたの心を 今ならば許せるの  いろんな迷いに 背中を向けないで 向き合った瞳を そらさないで  激しい日差しに 手をかざせば 光と影を なぜか感じる 瞳にうつるもののすべては 今 滅びゆくはかなさを抱えて 通りすぎてく  めぐり逢える世界 遠ざかる世界 心の壁を作らずに 生きてゆけない悲しさ  “ずっとそばにいて” いつも願う 抱きしめたい気持ち 抑えきれず 愛する事の喜び 哀しみは 永遠に背中合わせてゆくけど  平凡な毎日の 隙間を抜け あなたのすべて Lu Lu Lu… 守るのMy Little LoverAKKO・小林武史小林武史小林武史慣れない事ばかり 気遣う事ばかり 無我夢中と言うのにも 違うけど 少し未来を夢見て 越した部屋 今だに少しだけ寒くて 馴染めない  愛想 振りまいてるけど 知ってる 泣きくずれる程 孤独が  “ずっとそばにいて” いつも願う 抱きしめたい気持ち 抑えきれず 愛する事の喜び 哀しみに いつの間にか 気が付いてた しのびよる様に  やさしくされたくて 泣かれたくなくて 都合のいい事ばかり言うけれど 自由とわがままの間にある あなたの心を 今ならば許せるの  いろんな迷いに 背中を向けないで 向き合った瞳を そらさないで  激しい日差しに 手をかざせば 光と影を なぜか感じる 瞳にうつるもののすべては 今 滅びゆくはかなさを抱えて 通りすぎてく  めぐり逢える世界 遠ざかる世界 心の壁を作らずに 生きてゆけない悲しさ  “ずっとそばにいて” いつも願う 抱きしめたい気持ち 抑えきれず 愛する事の喜び 哀しみは 永遠に背中合わせてゆくけど  平凡な毎日の 隙間を抜け あなたのすべて Lu Lu Lu… 守るの
Melodyメロディー 誰のこころを映しだして ここに辿り着くのか いまはわからないけど  メモリー どこかに埋めたチップをたどり はるか遠くの空や涙をわたったり  銀の飛沫の中 僕は君を想う その君のままで ありのままでいいと ずっと  メモリー 色が滲んで混ざりあったら どこに僕がいるかも分からなくなるほど メロディー  この世界の中のもの 産み落とされたものたち 理由はないんだ そこに いる意味はない 風の中 何度も 答えはやってくる でもそれは何も しない  こころのひだなら 何度も割れてる その向こう側に 泳いでいけばいい 銀の飛沫の中 僕は自分を想う この僕のままで ありのままでいいと ずっと  メロディー すべてのことを映しだして ここに辿り着くのさ 君と1つになる そのために  My Little LoverTakeshi KobayashiTakeshi KobayashiTAKESHI KOBAYASHIメロディー 誰のこころを映しだして ここに辿り着くのか いまはわからないけど  メモリー どこかに埋めたチップをたどり はるか遠くの空や涙をわたったり  銀の飛沫の中 僕は君を想う その君のままで ありのままでいいと ずっと  メモリー 色が滲んで混ざりあったら どこに僕がいるかも分からなくなるほど メロディー  この世界の中のもの 産み落とされたものたち 理由はないんだ そこに いる意味はない 風の中 何度も 答えはやってくる でもそれは何も しない  こころのひだなら 何度も割れてる その向こう側に 泳いでいけばいい 銀の飛沫の中 僕は自分を想う この僕のままで ありのままでいいと ずっと  メロディー すべてのことを映しだして ここに辿り着くのさ 君と1つになる そのために  
予感ずっと探してたものがどこにあるか 見つけられるわけない 風が吹き上げる ずっと愛してるっていう君の瞳の 光る色が少しずつ変わり始めてた  信じられてたもの全てウソでも 時計の針は容赦なく進み続ける  優しい声 空のもっと 向こうから 響いていた 消えかかった 想いの中 その声は笑っていた 探してた 忘れかけてた 遠くから 光ひかる その光 強くできるの 自分だけ 僕だけ  望み託して託されて取りあえず誰かのせいにしたり やらされていると感じたのなら そこに広がる無数の響きをただ感じることはできないよ  理由はなしで 言い訳もいらない 風の向きが変わったら ここから出よう  狙い定め 弓を引くよう その距離 計ってみたら たどり着くため 必要なもの きっと揃えられる 今確かに ある予感を 信じること できたなら ここにある 無数の響き 受け止められるから  優しい声 空のもっと 向こうから 響いている 消えかかった 想いの中 懐かしい笑い声 探してた 忘れかけてた 遠くから 光ひかる その光 強くできるの 自分だけ 僕だけMy Little Loverakkotetsuhikotetsuhikoずっと探してたものがどこにあるか 見つけられるわけない 風が吹き上げる ずっと愛してるっていう君の瞳の 光る色が少しずつ変わり始めてた  信じられてたもの全てウソでも 時計の針は容赦なく進み続ける  優しい声 空のもっと 向こうから 響いていた 消えかかった 想いの中 その声は笑っていた 探してた 忘れかけてた 遠くから 光ひかる その光 強くできるの 自分だけ 僕だけ  望み託して託されて取りあえず誰かのせいにしたり やらされていると感じたのなら そこに広がる無数の響きをただ感じることはできないよ  理由はなしで 言い訳もいらない 風の向きが変わったら ここから出よう  狙い定め 弓を引くよう その距離 計ってみたら たどり着くため 必要なもの きっと揃えられる 今確かに ある予感を 信じること できたなら ここにある 無数の響き 受け止められるから  優しい声 空のもっと 向こうから 響いている 消えかかった 想いの中 懐かしい笑い声 探してた 忘れかけてた 遠くから 光ひかる その光 強くできるの 自分だけ 僕だけ
Like an onionありのままの自分 あなたは時々言うけど ありのままの自分なら ここにあるじゃない  その先に待ってるって あなたが笑って言うけど その先の自分なら そこで会えればいい  あたしはただ あなたの望むこと 叶えてあげたい それがベストです  あなたもね 時々は 意地悪になるけど それもあなたを好きな ありのままの自分なの  ありのままの自分 強がることはあるし 泣いて気を引いたりすることもあるけど  あたし以外には なることはできなかったの それにあなたが 気付かせてくれたのよ  あたしはただ あなたの望むこと 叶えてあげたい それがベストです  それがもし 矛盾してる 望みだとしてもね その先で待つ ありのままの 自分に聞いて もっと先の ありのままの あなたに逢うMy Little LoverTakeshi KobayashiTakeshi Kobayashi小林武史ありのままの自分 あなたは時々言うけど ありのままの自分なら ここにあるじゃない  その先に待ってるって あなたが笑って言うけど その先の自分なら そこで会えればいい  あたしはただ あなたの望むこと 叶えてあげたい それがベストです  あなたもね 時々は 意地悪になるけど それもあなたを好きな ありのままの自分なの  ありのままの自分 強がることはあるし 泣いて気を引いたりすることもあるけど  あたし以外には なることはできなかったの それにあなたが 気付かせてくれたのよ  あたしはただ あなたの望むこと 叶えてあげたい それがベストです  それがもし 矛盾してる 望みだとしてもね その先で待つ ありのままの 自分に聞いて もっと先の ありのままの あなたに逢う
ラビリンスまるで見知らぬ街で一人 迷子になり ちいさな子供のように泣きたくなって 握りしめてたはずの手を探してみる  至る所で目立ってる 立ち振る舞いの上手な物事が 理想的のように描かれたりしても  私は私の中 ものがたりを読むの その重さを天秤にかけて愛を測るの? ココロのラビリンス たどって巡って 立ち止まって思った 「何が与えられるの?」  夢は生まれ変わり続く 果てない旅 その瞬間(とき)に触れる 気持ちに向き合って 閉ざされたままのそのドア 開けてみたら  古い窓からこぼれてる 月の明かりが 世界のふくらみを照らし いつか遠く 見渡す空越えて  怖がらないで 全てココロの仕業だから ものがたりをたどって 鏡に映してみる 誰より『愛してる』その言葉は今 なんの意味も持たない 静かに光を待って  ココロに隠れていた 探してたものがたり  私は私の中 ものがたりを読むよ 悲しみや喜びが 今足元を照らすよ その光強く 初めから知ってた 終わりの向こう側で いつも照らし続けながらMy Little LoverakkoTakeshi KobayashiTakeshi Kobayashiまるで見知らぬ街で一人 迷子になり ちいさな子供のように泣きたくなって 握りしめてたはずの手を探してみる  至る所で目立ってる 立ち振る舞いの上手な物事が 理想的のように描かれたりしても  私は私の中 ものがたりを読むの その重さを天秤にかけて愛を測るの? ココロのラビリンス たどって巡って 立ち止まって思った 「何が与えられるの?」  夢は生まれ変わり続く 果てない旅 その瞬間(とき)に触れる 気持ちに向き合って 閉ざされたままのそのドア 開けてみたら  古い窓からこぼれてる 月の明かりが 世界のふくらみを照らし いつか遠く 見渡す空越えて  怖がらないで 全てココロの仕業だから ものがたりをたどって 鏡に映してみる 誰より『愛してる』その言葉は今 なんの意味も持たない 静かに光を待って  ココロに隠れていた 探してたものがたり  私は私の中 ものがたりを読むよ 悲しみや喜びが 今足元を照らすよ その光強く 初めから知ってた 終わりの向こう側で いつも照らし続けながら
ランデブーなるようになればいいと思ってた なるようにしかならないと思ってた  陽の当たる場所を 選んで歩いた 木陰では一人 こっそり泣いていた  それは遠い昔 それは遠い昔 それは遠い昔  ある時 私が階段を作り 一段一段 高く積み上げて そうして 空まで届いた時に そしてあなたが 舞降りる時に 私は あなたと ランデブーする  当たって砕けてもいいと思ってた 拾ってくれる人はいないと思ってた 目に見えたものはただそこにあった だけどいつしか形を変えていた  それは遠い昔 それは遠い昔 それは遠い昔  ある時 あなたの手を握って 足跡残さず 山を登り そうして 空まで届いた時に そして そこから 舞降りる時に 私は あなたと ランデブーする  ある時 私が階段を作り 一段一段 高く積み上げて そうして 空まで届いた時に そして あなたが 舞降りる時に 私は あなたと ランデブーする 私は あなたと ランデブーするMy Little LoverAKKOTAKESHI KOBAYASHI小林武史なるようになればいいと思ってた なるようにしかならないと思ってた  陽の当たる場所を 選んで歩いた 木陰では一人 こっそり泣いていた  それは遠い昔 それは遠い昔 それは遠い昔  ある時 私が階段を作り 一段一段 高く積み上げて そうして 空まで届いた時に そしてあなたが 舞降りる時に 私は あなたと ランデブーする  当たって砕けてもいいと思ってた 拾ってくれる人はいないと思ってた 目に見えたものはただそこにあった だけどいつしか形を変えていた  それは遠い昔 それは遠い昔 それは遠い昔  ある時 あなたの手を握って 足跡残さず 山を登り そうして 空まで届いた時に そして そこから 舞降りる時に 私は あなたと ランデブーする  ある時 私が階段を作り 一段一段 高く積み上げて そうして 空まで届いた時に そして あなたが 舞降りる時に 私は あなたと ランデブーする 私は あなたと ランデブーする
re:evergreenホームで待つ列車が ゆっくりと入ってくる これまでの時間に 幕を引くように それぞれの大きさの 荷物を抱えている 幾つかの別れや旅立ち そこに発車のベルが鳴る  愛はどこにある その答え探して この場所にやってきてからもう 随分時は過ぎたけど  枯れてしまった夢も しぼんでしまった恋も 咲かない花も 沢山あるけど 小さな想いがまた あなたと巡り会えて 動き出す それは夜を越え 空をかけぬけていた  愛はここにある 例え どんな日が 来ても消えはしない あなたがまた教えてくれた 心のともしび 消さずにゆけたら もし離れてもね いつか会える きっとブーメランみたいに  その時がきたよ 新しい世界への その言葉がまた 聴こえた時 ベルが鳴り止んだ 愛はここにある 胸の中にある 動き出していく列車のプレート そこに名前を書いたら それはきっと いつも evergreenMy Little Lover小林武史小林武史TAKESHI KOBAYASHI・TAKUO YAMAMOTOホームで待つ列車が ゆっくりと入ってくる これまでの時間に 幕を引くように それぞれの大きさの 荷物を抱えている 幾つかの別れや旅立ち そこに発車のベルが鳴る  愛はどこにある その答え探して この場所にやってきてからもう 随分時は過ぎたけど  枯れてしまった夢も しぼんでしまった恋も 咲かない花も 沢山あるけど 小さな想いがまた あなたと巡り会えて 動き出す それは夜を越え 空をかけぬけていた  愛はここにある 例え どんな日が 来ても消えはしない あなたがまた教えてくれた 心のともしび 消さずにゆけたら もし離れてもね いつか会える きっとブーメランみたいに  その時がきたよ 新しい世界への その言葉がまた 聴こえた時 ベルが鳴り止んだ 愛はここにある 胸の中にある 動き出していく列車のプレート そこに名前を書いたら それはきっと いつも evergreen
recall放課後の教室で 見た抜け殻 そこで知ったことは違ってた  ブランコに揺れる 小さな瞳の dream ゆらゆら揺れて ふわふわしたり  知的好奇心あふれてる 輝くその瞳 記憶の片隅にある recall your feeling!  いつの日にも どこまででも無限大に広がる 目を離せない 夢はもちろんスーパースター  情報に操られてる状況で 夢と現実 立ちはだかる big wall  スプーンからこぼれかけたピンクのJell-O 宇宙ではスプーンに張り付いて落っこちない  引力に引っ張られ 常識の枠の中 滑り落ちないようにね oh~good luck!  代わる代わる 歌い踊る カーニバルのように 今の best goal くるくる舞い上がれ  格好つけても 理屈並べても 何も始まれない! 飾らずに ありのままの 自分受け入れたなら きっときっと きっとサイコー  愛が足りない 夢が持てない そんなはずはない! もっとよく目を凝らして 周りを見てごらん  いつの日にも どこまででも無限大に広がる 目を離せない 夢はもちろんスーパースター  代わる代わる 歌い踊る カーニバルのように 今の best goal くるくる舞い上がれMy Little LoverakkoTANATONOTE川端良征放課後の教室で 見た抜け殻 そこで知ったことは違ってた  ブランコに揺れる 小さな瞳の dream ゆらゆら揺れて ふわふわしたり  知的好奇心あふれてる 輝くその瞳 記憶の片隅にある recall your feeling!  いつの日にも どこまででも無限大に広がる 目を離せない 夢はもちろんスーパースター  情報に操られてる状況で 夢と現実 立ちはだかる big wall  スプーンからこぼれかけたピンクのJell-O 宇宙ではスプーンに張り付いて落っこちない  引力に引っ張られ 常識の枠の中 滑り落ちないようにね oh~good luck!  代わる代わる 歌い踊る カーニバルのように 今の best goal くるくる舞い上がれ  格好つけても 理屈並べても 何も始まれない! 飾らずに ありのままの 自分受け入れたなら きっときっと きっとサイコー  愛が足りない 夢が持てない そんなはずはない! もっとよく目を凝らして 周りを見てごらん  いつの日にも どこまででも無限大に広がる 目を離せない 夢はもちろんスーパースター  代わる代わる 歌い踊る カーニバルのように 今の best goal くるくる舞い上がれ
listenネエ キイテ ネエ キイテ  例えば風の音 触れる音 髪を撫でる音 私の鼓動 キスの音 涙の音 汗の音  ネエ キイテ  水の音 シャワーの音 全てを洗い流す音 水の音 シャワーの音 全てを洗い流す音  ネエ キイテ ネエ キイテ  あなたが求める音を 私が求める音を あなたが求める音を 私が求める音を その全ての中に 溶けている自分 今から本当の私を唄うから 唄うから  ネエ ミテ ネエ ミテ  例えば 私の瞳 こわばる頬 濡れた唇 震える指先 震える指先  二人を包むとき 二人を隔てるとき  大地から森 森から月 月から空へと  あなたが求めるものを 私が求めるものを あなたが求めるものを 私が求めるものを その全ての中に 溶けている自分 今から本当の私を見せるから 見せるから  あなたが求める音を 私が求める音を あなたが求める音を 私が求める音を その全ての中に 溶けている自分 今から本当の私を唄うから 唄うからMy Little LoverAKKOTAKESHI KOBAYASHI小林武史ネエ キイテ ネエ キイテ  例えば風の音 触れる音 髪を撫でる音 私の鼓動 キスの音 涙の音 汗の音  ネエ キイテ  水の音 シャワーの音 全てを洗い流す音 水の音 シャワーの音 全てを洗い流す音  ネエ キイテ ネエ キイテ  あなたが求める音を 私が求める音を あなたが求める音を 私が求める音を その全ての中に 溶けている自分 今から本当の私を唄うから 唄うから  ネエ ミテ ネエ ミテ  例えば 私の瞳 こわばる頬 濡れた唇 震える指先 震える指先  二人を包むとき 二人を隔てるとき  大地から森 森から月 月から空へと  あなたが求めるものを 私が求めるものを あなたが求めるものを 私が求めるものを その全ての中に 溶けている自分 今から本当の私を見せるから 見せるから  あなたが求める音を 私が求める音を あなたが求める音を 私が求める音を その全ての中に 溶けている自分 今から本当の私を唄うから 唄うから
リトル・プリンスそよ風がひとりごとを話すと 海がそれに聞くともなく答えてる 「お腹が空いたから もう帰ろう」って 暖かな手がそっと触れたみたい  いつもよりも赤く染まってる 空の色と風の匂いと sing along さぁ歌いながら帰ろう  今日という日が終わってしまう前に 明日への光りを見つけよう 「心で見なくちゃ ものごとはよく見えてこない」 リトル・プリンスは言う  別れのない日はないのだろう 時計の針だって止められない だから今を これから先へと 切ない気持ちはここに仕舞うから  ヘビに噛まれたリトル・プリンス 自分の星へ帰れたのか? sing along さぁ歌いながら 祈ろう  大切なあなたを想いながら 優しい気持ち 育て続けるよ 「逢いたい」って気持ち 強くなったら 夜空に舞う 星を見上げるよ  瞳閉じて 耳をすませたら 風が運ぶ あの頃の気配 sing along いつだってあなたが近くに…  大切なあなたを想いながら 優しい気持ち 育て続けるよ 「逢いたい」って気持ち 強くなったら 夜空に舞う 星たちの声を聴いて 今日という日が終わってしまう前に 明日への光を見つけるよMy Little LoverakkoakkoKiyoto Kondaそよ風がひとりごとを話すと 海がそれに聞くともなく答えてる 「お腹が空いたから もう帰ろう」って 暖かな手がそっと触れたみたい  いつもよりも赤く染まってる 空の色と風の匂いと sing along さぁ歌いながら帰ろう  今日という日が終わってしまう前に 明日への光りを見つけよう 「心で見なくちゃ ものごとはよく見えてこない」 リトル・プリンスは言う  別れのない日はないのだろう 時計の針だって止められない だから今を これから先へと 切ない気持ちはここに仕舞うから  ヘビに噛まれたリトル・プリンス 自分の星へ帰れたのか? sing along さぁ歌いながら 祈ろう  大切なあなたを想いながら 優しい気持ち 育て続けるよ 「逢いたい」って気持ち 強くなったら 夜空に舞う 星を見上げるよ  瞳閉じて 耳をすませたら 風が運ぶ あの頃の気配 sing along いつだってあなたが近くに…  大切なあなたを想いながら 優しい気持ち 育て続けるよ 「逢いたい」って気持ち 強くなったら 夜空に舞う 星たちの声を聴いて 今日という日が終わってしまう前に 明日への光を見つけるよ
り・ぼん退屈な日々に悩まされてる 大切な仕事まかされるけど  依存することで 紛らわしたり 打ち明けられない孤独に涙  寂しさ薄める衝動買いで 手に入れたものたち 積み重なって 色あせていく 流されてく  数えきれぬ星 冬の空に 浮かび上がる 眠れぬまま その輝きが ココロの中 光伸びる ルラ 赤いリボン 冬の街に 輝きだす もしもここに 願い事さえ 叶うならば 想いのまま 目を閉じて  優しい気持ちで 素直になっても わかり合えること 難しいけど  前向き人生 恐れ知らずに 素晴らしい日々が 繰り返されると  どこか信じて 日々を紡いで がむしゃらに生きてた 乗り越えられない 壁はないとか あり得ないのに  赤く滲んでる 夢の続き なぞったなら あなたをまだ 強く感じる 花のように 香り放つ ルラ 赤いりぼん 冬の空に ほどけなくて そして弱さ 受け入れるため あなたもまた 旅をしてる きっとまだ  空のもっと先 宙に泳ぐ流れ星は 風をするりとすり抜けても 曖昧なウィンド 放り出される 見えなくなる頃 記憶少し薄れていく だけど好きなあなたの笑みは きっとずっと思い出される  そしてまた 出会えるからMy Little Loverakkotetsuhikotetsuhiko and other退屈な日々に悩まされてる 大切な仕事まかされるけど  依存することで 紛らわしたり 打ち明けられない孤独に涙  寂しさ薄める衝動買いで 手に入れたものたち 積み重なって 色あせていく 流されてく  数えきれぬ星 冬の空に 浮かび上がる 眠れぬまま その輝きが ココロの中 光伸びる ルラ 赤いリボン 冬の街に 輝きだす もしもここに 願い事さえ 叶うならば 想いのまま 目を閉じて  優しい気持ちで 素直になっても わかり合えること 難しいけど  前向き人生 恐れ知らずに 素晴らしい日々が 繰り返されると  どこか信じて 日々を紡いで がむしゃらに生きてた 乗り越えられない 壁はないとか あり得ないのに  赤く滲んでる 夢の続き なぞったなら あなたをまだ 強く感じる 花のように 香り放つ ルラ 赤いりぼん 冬の空に ほどけなくて そして弱さ 受け入れるため あなたもまた 旅をしてる きっとまだ  空のもっと先 宙に泳ぐ流れ星は 風をするりとすり抜けても 曖昧なウィンド 放り出される 見えなくなる頃 記憶少し薄れていく だけど好きなあなたの笑みは きっとずっと思い出される  そしてまた 出会えるから
ロンリーハート愛が風の中で揺らいでも 私は待ってたりしない 誰かが教えてくれる 夢を捨てたら あなたの心に触れてみたい そのロンリーハート  暖められた記憶は 何処かに隠れて もう一度 波の中で つながることを感じる  この場所で 時はリズムを欲しがってるけれど 私は そんなにノレないの 生まれて 壊れて 消える それだけじゃ 心揺れない 感じてたい  欲しいものは プライドのような 傷つきやすいものばかり こんな街で暮らして あなたに出会う ためらう心を抱いて欲しい このロンリーハート  歌を歌えば セルロイドの世界の中 小さな種が 芽を出して できたら 花も咲かせば そんな場所に似合いの歌 聞いていたい  愛が夜の中で揺らいでも 燃え尽きてしまうことはない 未来と過去は 途切れてしまったけど あなたの心に触れていたい 抱きしめていたい  欲しいものは プライドのような 傷つきやすいものばかり こんな街で暮らして あなたに出会う ためらう心を抱いて欲しい  愛が風の中で揺らいでも 私は待ってたりしない 誰かが教えてくれる 夢を捨てたら あなたの心に触れてみたい そのロンリーハートMy Little LoverTAKESHI KOBAYASHITAKESHI KOBAYASHI小林武史愛が風の中で揺らいでも 私は待ってたりしない 誰かが教えてくれる 夢を捨てたら あなたの心に触れてみたい そのロンリーハート  暖められた記憶は 何処かに隠れて もう一度 波の中で つながることを感じる  この場所で 時はリズムを欲しがってるけれど 私は そんなにノレないの 生まれて 壊れて 消える それだけじゃ 心揺れない 感じてたい  欲しいものは プライドのような 傷つきやすいものばかり こんな街で暮らして あなたに出会う ためらう心を抱いて欲しい このロンリーハート  歌を歌えば セルロイドの世界の中 小さな種が 芽を出して できたら 花も咲かせば そんな場所に似合いの歌 聞いていたい  愛が夜の中で揺らいでも 燃え尽きてしまうことはない 未来と過去は 途切れてしまったけど あなたの心に触れていたい 抱きしめていたい  欲しいものは プライドのような 傷つきやすいものばかり こんな街で暮らして あなたに出会う ためらう心を抱いて欲しい  愛が風の中で揺らいでも 私は待ってたりしない 誰かが教えてくれる 夢を捨てたら あなたの心に触れてみたい そのロンリーハート
全1ページ中 1ページを表示

リアルタイムランキング

  1. アルジャーノン
  2. Subtitle
  3. 可愛くてごめん feat. ちゅーたん(早見沙織)
  4. 第ゼロ感
  5. この空がトリガー

歌ネットのアクセス数を元に作成
サムネイルはAmazonのデータを参照

注目度ランキング

  1. Boom Boom Back
  2. Romance
  3. アルジャーノン
  4. この空がトリガー
  5. 女のはじまり

歌ネットのアクセス数を元に作成
サムネイルはAmazonのデータを参照