NUMBER GIRLの歌詞一覧リスト  46曲中 1-46曲を表示

並び順: []
全1ページ中 1ページを表示
46曲中 1-46曲を表示
曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 編曲者名 歌い出し
I don't knowおーい!! あの娘の本当 オレは知らない あの娘のうそを オレは知らない I don't know  あの娘はひとり マンガを読んで 笑いながら 眠ってしまった I don't know  あの娘は今日も 夕暮れ族で半分空気 笑って走り出す  あの娘は今日も 夕暮れ族で半分空気 笑って走り出す  あの娘は今日も 夕暮れ族で半分空気 笑って走り出すNUMBER GIRLMUKAI SHUTOKUMUKAI SHUTOKUおーい!! あの娘の本当 オレは知らない あの娘のうそを オレは知らない I don't know  あの娘はひとり マンガを読んで 笑いながら 眠ってしまった I don't know  あの娘は今日も 夕暮れ族で半分空気 笑って走り出す  あの娘は今日も 夕暮れ族で半分空気 笑って走り出す  あの娘は今日も 夕暮れ族で半分空気 笑って走り出す
ABSTRACT TRUTH一升瓶 3本 一升瓶 …答えはない 禅問答 YOSHIMURA HIDEKI 禅問答 答えはいらん いらーん TWIN REVERB 拝聴 TWIN REVERB 岡崎蝉男 目盛りは10 JAZZ MASTER TWIN REVERB 答えはない なーい 正解はない 赫点もない 答えは求めない 先生、狂ったオレですか? 答えを求めるな 本質なんてどこにもない わかった気がした 先生 あなたは一体どこの誰ですか? 先生 安直な答えを出してもらっちゃ困る 先生 あなたは誰ですか 先生 お前は誰ですか 先生 貴様は誰なんだNUMBER GIRL向井秀徳向井秀徳一升瓶 3本 一升瓶 …答えはない 禅問答 YOSHIMURA HIDEKI 禅問答 答えはいらん いらーん TWIN REVERB 拝聴 TWIN REVERB 岡崎蝉男 目盛りは10 JAZZ MASTER TWIN REVERB 答えはない なーい 正解はない 赫点もない 答えは求めない 先生、狂ったオレですか? 答えを求めるな 本質なんてどこにもない わかった気がした 先生 あなたは一体どこの誰ですか? 先生 安直な答えを出してもらっちゃ困る 先生 あなたは誰ですか 先生 お前は誰ですか 先生 貴様は誰なんだ
URBAN GUITAR SAYONARAHEY 敵多い? 歯が立たん 攻撃ならやる意味ない さすらってる 行き倒れに 街はなんの感傷もない  メルカトル図法によって かかれた地図を見ながら 俺は 3号線を 狂う目から 可愛しいへ向かって 北上 土曜に 北上  していた ことがある 福岡空港から 離陸しますって 実況する 俺の 真上に ヒコ―キ雲が すぐに消えて なくなるのだろうか  さらに俺の 土曜日も すぐなくなって しまうのだろうか? 雲の羅列が消えてゆく 瞬間に俺は迷走  土曜に北上 黙々人の群れに出くわす ハガクレの 思想をもってしても 歯が立たん ヤツに出くわす 敵か味方か 酔狂人には関係なし なやむことなし!! 都市伝説は本当だった 深夜3時に 沈没って ビルってる 都市へ向かって ハガクレっている 俺 北上!!  暗夜航路を空っ走る 開戦前夜のこのカンジ 土曜に足跡 残し 俺 酩酊の限りをつくすNUMBER GIRL向井秀徳向井秀徳HEY 敵多い? 歯が立たん 攻撃ならやる意味ない さすらってる 行き倒れに 街はなんの感傷もない  メルカトル図法によって かかれた地図を見ながら 俺は 3号線を 狂う目から 可愛しいへ向かって 北上 土曜に 北上  していた ことがある 福岡空港から 離陸しますって 実況する 俺の 真上に ヒコ―キ雲が すぐに消えて なくなるのだろうか  さらに俺の 土曜日も すぐなくなって しまうのだろうか? 雲の羅列が消えてゆく 瞬間に俺は迷走  土曜に北上 黙々人の群れに出くわす ハガクレの 思想をもってしても 歯が立たん ヤツに出くわす 敵か味方か 酔狂人には関係なし なやむことなし!! 都市伝説は本当だった 深夜3時に 沈没って ビルってる 都市へ向かって ハガクレっている 俺 北上!!  暗夜航路を空っ走る 開戦前夜のこのカンジ 土曜に足跡 残し 俺 酩酊の限りをつくす
IGGY POP FAN CLUB君は家猫娘だった この部屋でいつも寝ころんで 俺のこの部屋に入り込む夕陽に映る 君の顔見とれてた俺はまさに赤色のエレジーだった!!  何度となく聞いたこの部屋で 君の夏 初体験物語 このレコードを君は嫌いって言った この曲を笑いながらヘンな歌って言った  あの曲を いま聞いてる 忘れてた 君の顔のりんかくを一寸 思いだしたりしてみたNUMBER GIRLMUKAI SHUTOKUMUKAI SHUTOKU君は家猫娘だった この部屋でいつも寝ころんで 俺のこの部屋に入り込む夕陽に映る 君の顔見とれてた俺はまさに赤色のエレジーだった!!  何度となく聞いたこの部屋で 君の夏 初体験物語 このレコードを君は嫌いって言った この曲を笑いながらヘンな歌って言った  あの曲を いま聞いてる 忘れてた 君の顔のりんかくを一寸 思いだしたりしてみた
INAZAWA CHAINSAW6本のハガネの振動 8ビートの犬猫音頭 キックと直線ベースの格闘 スピーカー血まみれ イナザワチェインソー  狂ったカセットテープ 真っ赤な悲鳴 中憲 田渕のびっくりまつり R・O・C・K 犬猫戦争 とんでるイナザワ ドラムで即死!!  鋭角 探して上京 1998年 酩酊の果ての虚勢ばかりの俺様 6弦使い  狂ったカセットテープ 笑って絶叫 中憲 田渕のつっぱりまつり R・O・C・K 犬猫音頭 とんでるイナザワ ドラムで繁盛!!NUMBER GIRLMUKAI SHUTOKUMUKAI SHUTOKU6本のハガネの振動 8ビートの犬猫音頭 キックと直線ベースの格闘 スピーカー血まみれ イナザワチェインソー  狂ったカセットテープ 真っ赤な悲鳴 中憲 田渕のびっくりまつり R・O・C・K 犬猫戦争 とんでるイナザワ ドラムで即死!!  鋭角 探して上京 1998年 酩酊の果ての虚勢ばかりの俺様 6弦使い  狂ったカセットテープ 笑って絶叫 中憲 田渕のつっぱりまつり R・O・C・K 犬猫音頭 とんでるイナザワ ドラムで繁盛!!
INUZINIINUZINI覚悟は戦後流行らん 花魁(おいらん)はがんばっているが都市はそんなもんはいらん  としとるし0.5秒の速さで、 その目をそらし アコースティック・ギターの狂気が隣人を怒(いか)らし 怒っている 怒っている 怒りまくって 俺を告発 俺を告発  俺は内容証明を頂くに至った!!  6本のFUSIGIな共振連合 振れあう貴様と俺らの衝動 6本の狂ったハガネの振動 fender社長に礼を言う  西鉄狂う目の駅周辺 ヒマなら一度行ってみてん 夕暮に憂いビルディングの奴隷 PIXIES聞いて 葛飾北斎NUMBER GIRLMukai ShutokuMukai ShutokuINUZINI覚悟は戦後流行らん 花魁(おいらん)はがんばっているが都市はそんなもんはいらん  としとるし0.5秒の速さで、 その目をそらし アコースティック・ギターの狂気が隣人を怒(いか)らし 怒っている 怒っている 怒りまくって 俺を告発 俺を告発  俺は内容証明を頂くに至った!!  6本のFUSIGIな共振連合 振れあう貴様と俺らの衝動 6本の狂ったハガネの振動 fender社長に礼を言う  西鉄狂う目の駅周辺 ヒマなら一度行ってみてん 夕暮に憂いビルディングの奴隷 PIXIES聞いて 葛飾北斎
WAVE OF MUTILATIONcease to resist, giving my goodbye drive my car into the ocean you'll think i'm dead, but i sail away on a wave of mutilation a wave wave  i've kissed mermaids, rode the el nino walked the sand with the crustaceans could find my way to mariana on a wave of mutilation. wave of mutilation wave of mutilation wave  wave of mutilation waveNUMBER GIRLBlack FrancisBlack Franciscease to resist, giving my goodbye drive my car into the ocean you'll think i'm dead, but i sail away on a wave of mutilation a wave wave  i've kissed mermaids, rode the el nino walked the sand with the crustaceans could find my way to mariana on a wave of mutilation. wave of mutilation wave of mutilation wave  wave of mutilation wave
EIGHT BEATERアツレキすれちがう心と心 衝動4TRACKに流し込んで酩酊する俺は 君よりはイカれていない。 ~~オレ、5秒でグラスを空けた~~ フィーッドバックシティに生きている ここ焦燥都市24時  さすらっていた EIGHT BEATER JAPANESE STYLE さまよっている EIGHT BEATER JAPANESE STYLE  よみがえる性的衝動 繰りかえされる諸行無常 日ざしの角度がちょうどキて 風の匂い感じることができて でもコミュニケイション不能!!フィードバックは果てしなく続く 瞬と瞬の間 果てしなく広がる風景 見たことがあるようなないような… そこんところ さまよっている さすらっている EIGHT BEATER JAPANESE STYLENUMBER GIRLMUKAI SHUTOKUMUKAI SHUTOKUアツレキすれちがう心と心 衝動4TRACKに流し込んで酩酊する俺は 君よりはイカれていない。 ~~オレ、5秒でグラスを空けた~~ フィーッドバックシティに生きている ここ焦燥都市24時  さすらっていた EIGHT BEATER JAPANESE STYLE さまよっている EIGHT BEATER JAPANESE STYLE  よみがえる性的衝動 繰りかえされる諸行無常 日ざしの角度がちょうどキて 風の匂い感じることができて でもコミュニケイション不能!!フィードバックは果てしなく続く 瞬と瞬の間 果てしなく広がる風景 見たことがあるようなないような… そこんところ さまよっている さすらっている EIGHT BEATER JAPANESE STYLE
OMOIDE IN MY HEADねむらずに朝が来て ふらつきながら帰る 誰もいない電車の中を 朝日が白昼夢色に染める ああ制服の少女よ 気が狂いそうな青空と朝日の せいで白くまぶしい 俺は うすく目を開けて 閉じてそしてまた開く!! 現実と残像はくりかえし 気がつくとそこに ポケットに手を突っこんで センチメンタル通りを 練り歩く 17歳の俺がいた 朝日は いまだ白くまぶしくて 俺はおれをとりもどすのをじっと待ってる だんだんクリアになってゆく 頭の中の想い出が遠ざかる さあもう目を開けて 感傷のうずまきに沈んでゆく俺を まぼろしに とりつかれた俺を 突き飛ばせ そしてどこかに 捨てちまえNUMBER GIRLMUKAI SHUTOKUMUKAI SHUTOKUねむらずに朝が来て ふらつきながら帰る 誰もいない電車の中を 朝日が白昼夢色に染める ああ制服の少女よ 気が狂いそうな青空と朝日の せいで白くまぶしい 俺は うすく目を開けて 閉じてそしてまた開く!! 現実と残像はくりかえし 気がつくとそこに ポケットに手を突っこんで センチメンタル通りを 練り歩く 17歳の俺がいた 朝日は いまだ白くまぶしくて 俺はおれをとりもどすのをじっと待ってる だんだんクリアになってゆく 頭の中の想い出が遠ざかる さあもう目を開けて 感傷のうずまきに沈んでゆく俺を まぼろしに とりつかれた俺を 突き飛ばせ そしてどこかに 捨てちまえ
CRAMP DISCHARGERオレ、好き夕暮れの感じ 殺伐にゆれる 人の影 明るくも 暗くもなく  すれちがいの町をさまようよ 酒場にあらわれるよオレ 酔わせてよ~  町 なんか あいまいにけいれん それ、オレ46度で 頭ん中 麻痺っているだけ?  知りすぎたヤツが消される 夢の中に生きるヤツがいる それはオレ~かもNUMBER GIRLMUKAI SHUTOKUMUKAI SHUTOKUオレ、好き夕暮れの感じ 殺伐にゆれる 人の影 明るくも 暗くもなく  すれちがいの町をさまようよ 酒場にあらわれるよオレ 酔わせてよ~  町 なんか あいまいにけいれん それ、オレ46度で 頭ん中 麻痺っているだけ?  知りすぎたヤツが消される 夢の中に生きるヤツがいる それはオレ~かも
黒目がちな少女さすらっていた 中野の駅前 夕方はもう近い ハラヘってしょうがない  ラーメン食らって走り出したい  信号が変わる すれちがう人の数 いろいろな人がいるもんだ  派手に転んで ぶっ倒れて 俺は初めて 都市の匂いを知った  少女が黒目をきょろきょろさせて 何かを探していた  犬が俺に歌った 感覚が笑って 俺はまた酒が飲みたくなって 家に帰る 家に帰るNUMBER GIRLMukai ShutokuMukai Shutokuさすらっていた 中野の駅前 夕方はもう近い ハラヘってしょうがない  ラーメン食らって走り出したい  信号が変わる すれちがう人の数 いろいろな人がいるもんだ  派手に転んで ぶっ倒れて 俺は初めて 都市の匂いを知った  少女が黒目をきょろきょろさせて 何かを探していた  犬が俺に歌った 感覚が笑って 俺はまた酒が飲みたくなって 家に帰る 家に帰る
SASU-YOU刺さってる 入ってる ぬかるんでる 笑ってる  刺すYOU TOURIMA 辻斬り  刺さってる 入ってる 深くずぶってる かなりまいってる  オレ なんも悪いことしとらんのに 積年のルサンチマン 抱えたやつら ごろごろNUMBER GIRLMUKAI SHUTOKUMUKAI SHUTOKU刺さってる 入ってる ぬかるんでる 笑ってる  刺すYOU TOURIMA 辻斬り  刺さってる 入ってる 深くずぶってる かなりまいってる  オレ なんも悪いことしとらんのに 積年のルサンチマン 抱えたやつら ごろごろ
SAPPUKEI現在位置の自覚をせんと 結果は容易に予想できる 都市ビル天狗が飛んだよ 新宿でオレはそれを見たよ  殺す風景!! 生かす風景!!  殺す風景見た のはオーサカの橋の上に 座り込んでオレはくだらん 孤独主義者だった!!  AとBとの会話が不通 逃げ場のない貴様の苦痛 オレを弁護するヤツがいない その自尊心との闘いはいつまで続く?NUMBER GIRL向井秀徳向井秀徳現在位置の自覚をせんと 結果は容易に予想できる 都市ビル天狗が飛んだよ 新宿でオレはそれを見たよ  殺す風景!! 生かす風景!!  殺す風景見た のはオーサカの橋の上に 座り込んでオレはくだらん 孤独主義者だった!!  AとBとの会話が不通 逃げ場のない貴様の苦痛 オレを弁護するヤツがいない その自尊心との闘いはいつまで続く?
SAMURAI鋭く研ぎすまされた カタナのような あの娘の言葉 狂ったあの娘はうそだらけ 居合いで俺を斬りつけける ジャスタライク サムライスォード 斬りまくりのカタナのような 真っ赤に染まる俺のギター 狂いまくりのハガネの衝動 居合いでキサマをぶった斬る S.A.M.U.R.A.INUMBER GIRLMUKAI SHUTOKUMUKAI SHUTOKU鋭く研ぎすまされた カタナのような あの娘の言葉 狂ったあの娘はうそだらけ 居合いで俺を斬りつけける ジャスタライク サムライスォード 斬りまくりのカタナのような 真っ赤に染まる俺のギター 狂いまくりのハガネの衝動 居合いでキサマをぶった斬る S.A.M.U.R.A.I
SUPER YOUNGボリューム全開でサク裂するノイズの中で 僕達は青春の息吹きを感じている。 ありふれた希望や夢をありふれた幻メツに すりかえて堕落を気取っている しなやかに見えやすいた嘘ついて 時間より遅いスピードで駆けぬける走りぬける 街を加速するそして逃げ続け いつまでも いつまでも 変わらない僕らです  間奏~自由に詩を書いて朗読して下さい~ (例)昨日、路上で飲んだ。むっちゃ可愛い 水色ガールが通り過ぎて僕は酔いがまわった。 雨が降りはじめたので中止になったのは野球 だった。ビリヤードをした。以上  いつかくる 終わりのキセツ 僕らはクールな衝動を感じている いつまでも いつまでも 変わらない僕らですNUMBER GIRLMUKAI SHUTOKUMUKAI SHUTOKUボリューム全開でサク裂するノイズの中で 僕達は青春の息吹きを感じている。 ありふれた希望や夢をありふれた幻メツに すりかえて堕落を気取っている しなやかに見えやすいた嘘ついて 時間より遅いスピードで駆けぬける走りぬける 街を加速するそして逃げ続け いつまでも いつまでも 変わらない僕らです  間奏~自由に詩を書いて朗読して下さい~ (例)昨日、路上で飲んだ。むっちゃ可愛い 水色ガールが通り過ぎて僕は酔いがまわった。 雨が降りはじめたので中止になったのは野球 だった。ビリヤードをした。以上  いつかくる 終わりのキセツ 僕らはクールな衝動を感じている いつまでも いつまでも 変わらない僕らです
性的少女村の神社の境内で ヤったあの娘は街に出て 夏大学に入学決定 桃色、青に変わって 裸足の季節がはじまった  はじまって はじまって はじまって それからどーした? あーじゃいこーじゃい なんじゃいこーじゃい  性的少女の見た夢は 真っ赤な烏(からす)を食らう夢 起きると部屋には誰もおらん 知らない誰かの吸いがらだけが 灰皿の上に山の様  山の様 山の様 山の様 それからどーした? あーじゃいこーじゃい なんじゃいこーじゃい  歩いている 知り合いはいない 街ん中 誰も知らない 覚えているのは冷たい感触と 朝日が差しこむ部屋のあのカンジ  思い出したくないから忘れることにするよ 思い出す必要はないから すっかり忘れてしまった どうでもいいから 思い出なんて  どうでもいいから 記憶なんて 忘れてしまうよ カンタンに 忘れてしまえば 楽勝よ  記憶を消して、記憶を自ら消去した 記憶を消して、記憶を己でブチ消した 忘れてしまった 忘れてしまった  あの娘は今日も歩いていた 知らない誰かと歩いていた。NUMBER GIRLMukai ShutokuMukai Shutoku村の神社の境内で ヤったあの娘は街に出て 夏大学に入学決定 桃色、青に変わって 裸足の季節がはじまった  はじまって はじまって はじまって それからどーした? あーじゃいこーじゃい なんじゃいこーじゃい  性的少女の見た夢は 真っ赤な烏(からす)を食らう夢 起きると部屋には誰もおらん 知らない誰かの吸いがらだけが 灰皿の上に山の様  山の様 山の様 山の様 それからどーした? あーじゃいこーじゃい なんじゃいこーじゃい  歩いている 知り合いはいない 街ん中 誰も知らない 覚えているのは冷たい感触と 朝日が差しこむ部屋のあのカンジ  思い出したくないから忘れることにするよ 思い出す必要はないから すっかり忘れてしまった どうでもいいから 思い出なんて  どうでもいいから 記憶なんて 忘れてしまうよ カンタンに 忘れてしまえば 楽勝よ  記憶を消して、記憶を自ら消去した 記憶を消して、記憶を己でブチ消した 忘れてしまった 忘れてしまった  あの娘は今日も歩いていた 知らない誰かと歩いていた。
SENTIMENTAL GIRL'S VIOLENT JOKE殺人的なジョークで死にたい あの娘は泣かない 笑う狂う部屋ん中は32インチのスピーカーに マヒったやつらでいっぱい さらってとあの娘はいった 笑わせて 笑い飛ばす なんでもかんでも 無気力と感傷行ったり来たり 真夜中は何食ってもうまい 笑いながら あの娘はそう言った 草たばこ すいながら 笑いながら キメながら 暴力的なジョークで死にたい あの娘は笑う ジャマイカたばこをキめながら 笑う 笑う あの娘は笑う 笑い狂う 殺人的にNUMBER GIRLMUKAI SHUTOKUMUKAI SHUTOKU殺人的なジョークで死にたい あの娘は泣かない 笑う狂う部屋ん中は32インチのスピーカーに マヒったやつらでいっぱい さらってとあの娘はいった 笑わせて 笑い飛ばす なんでもかんでも 無気力と感傷行ったり来たり 真夜中は何食ってもうまい 笑いながら あの娘はそう言った 草たばこ すいながら 笑いながら キメながら 暴力的なジョークで死にたい あの娘は笑う ジャマイカたばこをキめながら 笑う 笑う あの娘は笑う 笑い狂う 殺人的に
ZEGEN VS UNDERCOVERヤバイ さらにやばい バリヤバ 笑う さらに笑う あきらめて  ZEGEN(女衒)が暗躍して 街が色 JORO(女郎)とねんごろの潜入刑事 が殺されて見つかった のはこの街のロジウラで  知らん 俺は知らん 傍観者 見えん 実に見えん 殺風景  蛇味線を持ったアフリカンアメリカンの女 がブルースをこの上なく器用に歌って街が色 キケンが暗躍して もみ消して  知らん 俺は知らん 傍観者 見えん 実に見えん 殺風景  おととしの事件を誰も憶えておらんように オレもまた この風景の中に消えてゆくのだろうか  ヤバイ さらにやばい バリヤバ 笑う さらに笑う あきらめて 知らん 俺は知らん 傍観者 見えん 実に見えん 殺風景NUMBER GIRLMUKAI SHUTOKUMUKAI SHUTOKUヤバイ さらにやばい バリヤバ 笑う さらに笑う あきらめて  ZEGEN(女衒)が暗躍して 街が色 JORO(女郎)とねんごろの潜入刑事 が殺されて見つかった のはこの街のロジウラで  知らん 俺は知らん 傍観者 見えん 実に見えん 殺風景  蛇味線を持ったアフリカンアメリカンの女 がブルースをこの上なく器用に歌って街が色 キケンが暗躍して もみ消して  知らん 俺は知らん 傍観者 見えん 実に見えん 殺風景  おととしの事件を誰も憶えておらんように オレもまた この風景の中に消えてゆくのだろうか  ヤバイ さらにやばい バリヤバ 笑う さらに笑う あきらめて 知らん 俺は知らん 傍観者 見えん 実に見えん 殺風景
タッチ触れることを恐れた アイツは 臆病風吹かしながら 勝ち誇ったような顔して街頭に存在 熱病におかされた俺は部屋の中で高い熱で  熱さを嫌う若者たちは冷えきった場所へ逃げてゆく 通じあわないで 触れあわないで それでも奴等笑いあう それでも奴等信じあう  心ん中刺されることに 恐怖を感じるあの娘はうそ笑いで 放課後の恋を探す 街頭に立って 熱病にうなされる 俺はまだ部屋の中で  熱さを嫌う若者たちは冷えきった場所へ逃げてゆく 通じあわないで 触れあわないで それでも奴等笑いあう それでも奴等信じあうNUMBER GIRLMUKAI SHUTOKUMUKAI SHUTOKU触れることを恐れた アイツは 臆病風吹かしながら 勝ち誇ったような顔して街頭に存在 熱病におかされた俺は部屋の中で高い熱で  熱さを嫌う若者たちは冷えきった場所へ逃げてゆく 通じあわないで 触れあわないで それでも奴等笑いあう それでも奴等信じあう  心ん中刺されることに 恐怖を感じるあの娘はうそ笑いで 放課後の恋を探す 街頭に立って 熱病にうなされる 俺はまだ部屋の中で  熱さを嫌う若者たちは冷えきった場所へ逃げてゆく 通じあわないで 触れあわないで それでも奴等笑いあう それでも奴等信じあう
TATTOOあり右肩 イレズミ 明け方 残像  黒っぽいTシャツを脱いだときはもう朝焼け。 照らされるイレズミはハートの模様だったかな?  右肩 イレズミ 明け方 残像  はたちの誕生日に刺されたって彼女は言った。 顔が見えない記憶の映像 いま模様だけがぐるぐる  記憶探しの旅ばかり しかしいつしかそれは妄想に変わっていく  風のにおいや日ざしの角度がちょうどキてあらわれる映像 瞬と瞬の間に広がるあいまいではっきりした映像  顔のりんかくも 髪の香りよりも 名字と名前よりも いま模様だけがぐるぐる!!NUMBER GIRLMUKAI SHUTOKUMUKAI SHUTOKU右肩 イレズミ 明け方 残像  黒っぽいTシャツを脱いだときはもう朝焼け。 照らされるイレズミはハートの模様だったかな?  右肩 イレズミ 明け方 残像  はたちの誕生日に刺されたって彼女は言った。 顔が見えない記憶の映像 いま模様だけがぐるぐる  記憶探しの旅ばかり しかしいつしかそれは妄想に変わっていく  風のにおいや日ざしの角度がちょうどキてあらわれる映像 瞬と瞬の間に広がるあいまいではっきりした映像  顔のりんかくも 髪の香りよりも 名字と名前よりも いま模様だけがぐるぐる!!
CIBICCOさんCIBICCOさんよ なんばしよんの? CIBICCOさんよ なんがしたいの? CIBICCOさんよ なんが可笑しい CIBICCOさんよ なんば笑っている?  釣り人さんよ 何が釣れんの? 釣り人さんよ じっとしとんね 盗人さんよ なんばしよると? 盗人さんよ ちゃんとしてんの?  ガキ共が遊んどる こんなせまい公園で 野球なんてむりやりやん こんなせまい都市型の公園で 夕日に照らされてなんかちょっと楽しそうやね  大きな犬を連れて 歩いてるおじょうさん ねらってるあなたの持っているまんじゅうを 今にも食われそうな でっかく口が ゆっくり坂道を登りきって見えなくなった。NUMBER GIRLMukai ShutokuMukai ShutokuCIBICCOさんよ なんばしよんの? CIBICCOさんよ なんがしたいの? CIBICCOさんよ なんが可笑しい CIBICCOさんよ なんば笑っている?  釣り人さんよ 何が釣れんの? 釣り人さんよ じっとしとんね 盗人さんよ なんばしよると? 盗人さんよ ちゃんとしてんの?  ガキ共が遊んどる こんなせまい公園で 野球なんてむりやりやん こんなせまい都市型の公園で 夕日に照らされてなんかちょっと楽しそうやね  大きな犬を連れて 歩いてるおじょうさん ねらってるあなたの持っているまんじゅうを 今にも食われそうな でっかく口が ゆっくり坂道を登りきって見えなくなった。
TUESDAY GIRL体育祭 終わって 流血 5時半 彼の部屋に 残した血は汚れた血 火曜日の純情の記憶 彼女の記憶 火曜日のあの娘の記憶  笑って あの娘 歩いた夜は忘れん それは 土曜日の夢しばい  記憶探しの旅ばかり しかしいつしか それは妄想に変わっていく 東京の空はいまだ変わらず 現実的に赫く染まる 赤ーく 記憶の中に感傷が侵入 記憶劇場の主役になって だーんだん 妄想に変わっていく だーんだん 記憶が妄想に変わっていく フラッシュバック現象  夕暮れの匂に出会うたび 彼女は思い出すのだろう 火曜日の純情を 土曜日の性情を 記憶はいつか妄想に変わる 変わる 彼女の記憶 あの娘の残像 あの娘の流血 あの娘の笑顔 火曜日の記憶 火曜日の残像 火曜日の思い出つくり 火曜日のあの娘の妄想NUMBER GIRLMUKAI SHUTOKUMUKAI SHUTOKU体育祭 終わって 流血 5時半 彼の部屋に 残した血は汚れた血 火曜日の純情の記憶 彼女の記憶 火曜日のあの娘の記憶  笑って あの娘 歩いた夜は忘れん それは 土曜日の夢しばい  記憶探しの旅ばかり しかしいつしか それは妄想に変わっていく 東京の空はいまだ変わらず 現実的に赫く染まる 赤ーく 記憶の中に感傷が侵入 記憶劇場の主役になって だーんだん 妄想に変わっていく だーんだん 記憶が妄想に変わっていく フラッシュバック現象  夕暮れの匂に出会うたび 彼女は思い出すのだろう 火曜日の純情を 土曜日の性情を 記憶はいつか妄想に変わる 変わる 彼女の記憶 あの娘の残像 あの娘の流血 あの娘の笑顔 火曜日の記憶 火曜日の残像 火曜日の思い出つくり 火曜日のあの娘の妄想
TEENAGE CASUALTIESどこかの誰かが優しい声で 恋人にささやく夜 どこかの誰かが散弾銃を ぶっぱなそうかと考える夜 学生通りは午後6時 アイツ、自転車でこぎまくって笑いながら ガールフレンドの家にでも 行くのかな  どこかの誰かに惑わされて アイデンティティを問われる夜 どこかの誰かが自分を待ってる そんな気がして街さすらう夜 さりげなく 遠くで聞こえる小学校のグランドのかけ声 昼寝を覚ましたオレは それをずっと聞いていた  どこかの誰かが被害者 どこかの誰かが加害者NUMBER GIRLMUKAI SHUTOKUMUKAI SHUTOKUどこかの誰かが優しい声で 恋人にささやく夜 どこかの誰かが散弾銃を ぶっぱなそうかと考える夜 学生通りは午後6時 アイツ、自転車でこぎまくって笑いながら ガールフレンドの家にでも 行くのかな  どこかの誰かに惑わされて アイデンティティを問われる夜 どこかの誰かが自分を待ってる そんな気がして街さすらう夜 さりげなく 遠くで聞こえる小学校のグランドのかけ声 昼寝を覚ましたオレは それをずっと聞いていた  どこかの誰かが被害者 どこかの誰かが加害者
鉄風鋭くなって発狂した飼い猫を 川へ捨てに行って 念仏唱えてさようなら 中古の戦車を拾って帰る  Aという名の野良猫は 3丁目でくたばった 泣いてるポーズの野球帽 マンガのバッチがとれかかる  風 風 鋭くなって  鼻水たらして 斜めの角度の野球帽  夕暮れ時間 オレ いる 橋の上  ボルトの赫サビ 墨田川 屋形船では花遊び  風鋭くなって 鉄の鋲打たれた橋 オレ いま橋の上 鉄風あびて 鋭くなって 夕焼けあびて 侍 余裕の花遊び 風鋭くなって にっこり笑った 芸者の少女  都会の野良猫 眼光鋭くなって 鉄風の中 少年たちは球ひろい そう 鋭くなって 笑った少女と目があった 風 鋭くなって 都会の少女はにっこり笑う!! にっこり笑って 鋭くなって 笑って笑って 風鋭くなってNUMBER GIRLMUKAI SHUTOKUMUKAI SHUTOKU発狂した飼い猫を 川へ捨てに行って 念仏唱えてさようなら 中古の戦車を拾って帰る  Aという名の野良猫は 3丁目でくたばった 泣いてるポーズの野球帽 マンガのバッチがとれかかる  風 風 鋭くなって  鼻水たらして 斜めの角度の野球帽  夕暮れ時間 オレ いる 橋の上  ボルトの赫サビ 墨田川 屋形船では花遊び  風鋭くなって 鉄の鋲打たれた橋 オレ いま橋の上 鉄風あびて 鋭くなって 夕焼けあびて 侍 余裕の花遊び 風鋭くなって にっこり笑った 芸者の少女  都会の野良猫 眼光鋭くなって 鉄風の中 少年たちは球ひろい そう 鋭くなって 笑った少女と目があった 風 鋭くなって 都会の少女はにっこり笑う!! にっこり笑って 鋭くなって 笑って笑って 風鋭くなって
DESTRUCTION BABY破壊 はかなくも 見事にぶっ壊された Absolute Destruction 眩暈みんな 死にもの狂い  Destruction Girl Destruction Baby コントロール不能 コントロール不能 の気持ち  清々しい程 破壊された君の心ん中 そのあと 誰が 入り込んだ? 誰が 住んでいるの?  Destruction Girl Destruction Baby コントロール不能 コントロール不能 の気持ち  Destruction Girl Destruction Baby コントロール不能 コントロール不能 の気持ち 気持ちいい~NUMBER GIRL向井秀徳向井秀徳破壊 はかなくも 見事にぶっ壊された Absolute Destruction 眩暈みんな 死にもの狂い  Destruction Girl Destruction Baby コントロール不能 コントロール不能 の気持ち  清々しい程 破壊された君の心ん中 そのあと 誰が 入り込んだ? 誰が 住んでいるの?  Destruction Girl Destruction Baby コントロール不能 コントロール不能 の気持ち  Destruction Girl Destruction Baby コントロール不能 コントロール不能 の気持ち 気持ちいい~
delayed brain脳内浮浪 笑う体内回路  春歌(しゅんか)を歌って 朝8時  ガキのエデュケイションプログラムTVを 不条理な目線で見て呟いて  こんがらかってる In my brain ×2 Frustraition In my blood ×2  狂乱本線に乗車 待合は混みあい 狂ったカブキのように、すり抜け歩く俺。 隣接する百貨店のエレベーターレイディは重力障害  こんがらかってる In my brain ×2 Frustraition In my blood ×2  夜が昨日と同じ 苦悩を気取るヒマはない 社会との約束 思い出せんときがある  こんがらかってる In my brain ×2 Frustraition In my blood ×2  こんがらかってる In my brain ×2 Frustraition In my blood ×2NUMBER GIRLMukai ShutokuMukai Shutoku脳内浮浪 笑う体内回路  春歌(しゅんか)を歌って 朝8時  ガキのエデュケイションプログラムTVを 不条理な目線で見て呟いて  こんがらかってる In my brain ×2 Frustraition In my blood ×2  狂乱本線に乗車 待合は混みあい 狂ったカブキのように、すり抜け歩く俺。 隣接する百貨店のエレベーターレイディは重力障害  こんがらかってる In my brain ×2 Frustraition In my blood ×2  夜が昨日と同じ 苦悩を気取るヒマはない 社会との約束 思い出せんときがある  こんがらかってる In my brain ×2 Frustraition In my blood ×2  こんがらかってる In my brain ×2 Frustraition In my blood ×2
透明少女GOLD LYLIC赤いキセツ 到来告げて 今・俺の前にある 軋轢は加速して風景 記憶・妄想に変わる 気づいたら俺はなんとなく夏だった 赫い髪の少女は早足の男に手をひかれ うそっぽく笑った 路上に風が震え 彼女は「すずしい」と笑いながら夏だった  透きとおって見えるのだ 狂った街かどきらきら‥… 気づいたら俺は夏だった風景 街の中へきえてゆく  はいから狂いの 少女たちは 桃色作戦で きらきら光っている 街かどは今日も アツレキまくっている とにかく オレは 気づいたら 夏だった!!  透きとおって見えるのだ 狂った街かどきらきら‥… 気づいたら俺は夏だった風景 街の中へきえてゆくGOLD LYLICNUMBER GIRLMUKAI SHUTOKUMUKAI SHUTOKU赤いキセツ 到来告げて 今・俺の前にある 軋轢は加速して風景 記憶・妄想に変わる 気づいたら俺はなんとなく夏だった 赫い髪の少女は早足の男に手をひかれ うそっぽく笑った 路上に風が震え 彼女は「すずしい」と笑いながら夏だった  透きとおって見えるのだ 狂った街かどきらきら‥… 気づいたら俺は夏だった風景 街の中へきえてゆく  はいから狂いの 少女たちは 桃色作戦で きらきら光っている 街かどは今日も アツレキまくっている とにかく オレは 気づいたら 夏だった!!  透きとおって見えるのだ 狂った街かどきらきら‥… 気づいたら俺は夏だった風景 街の中へきえてゆく
TRAMPOLINE GIRLなんかさりげなく夏の花を思い浮かべてしまう なんで?いまオレ色街のざわざわに同化して  飛んだ 少女は飛んだ 俺は見たのだ それは 真夏の背が高い草の上を飛ぶ花粉の様  真夜中が狂いだす、笑い出すとき 軽やかに翔んでるガール あの娘は翔んだ でも俺、この喧騒に呑みこまれてしまう  力強く・惑わされもなく ただ立っている あの娘は笑っている でもゆらいで、傷ついて そして飛ぶ!! 少女は飛ぶ  背高草のざわざわっと。 それ以外聞こえない静かな夏の風景 ビルってるこの街 したたかに たたずんでいる 俺 100%ふっきれ中 スキマから見えるきらきらの出所(でどころ)を探している 翔んでるガール ど真ん中 翔んでるガール 戦いは翔んでるガールの完全勝利 真夜中 に狂い 翔ぶ あの娘の勝利 勝利!! オレはやはりその凛々に オレはやはり負けるのか?  力強く・惑わされもなく ただ立っている あの娘は笑っている でもゆらいで、傷ついて そして飛ぶ!! 少女は飛ぶ  いまちょうど 零時半NUMBER GIRL向井秀徳向井秀徳なんかさりげなく夏の花を思い浮かべてしまう なんで?いまオレ色街のざわざわに同化して  飛んだ 少女は飛んだ 俺は見たのだ それは 真夏の背が高い草の上を飛ぶ花粉の様  真夜中が狂いだす、笑い出すとき 軽やかに翔んでるガール あの娘は翔んだ でも俺、この喧騒に呑みこまれてしまう  力強く・惑わされもなく ただ立っている あの娘は笑っている でもゆらいで、傷ついて そして飛ぶ!! 少女は飛ぶ  背高草のざわざわっと。 それ以外聞こえない静かな夏の風景 ビルってるこの街 したたかに たたずんでいる 俺 100%ふっきれ中 スキマから見えるきらきらの出所(でどころ)を探している 翔んでるガール ど真ん中 翔んでるガール 戦いは翔んでるガールの完全勝利 真夜中 に狂い 翔ぶ あの娘の勝利 勝利!! オレはやはりその凛々に オレはやはり負けるのか?  力強く・惑わされもなく ただ立っている あの娘は笑っている でもゆらいで、傷ついて そして飛ぶ!! 少女は飛ぶ  いまちょうど 零時半
Tombo the electric bloodred真っ赤なTomboは  真っ赤な血の色 動脈の赫色 Tomboが飛んでいる  夕方 売春婦は客を待ってた Tomboに笑いかけながら  首に浮き出る動脈が 夕暮れ時にとても優しい  真っ赤な夕方 Tomboが笑った 路地裏誰も居ない ただ一人客を待ってた  女は笑いながら ただ待っている ただ一人待っている  季節と季節の変わり目に 恋をする少女だったときもあったNUMBER GIRLMukai ShutokuMukai Shutoku真っ赤なTomboは  真っ赤な血の色 動脈の赫色 Tomboが飛んでいる  夕方 売春婦は客を待ってた Tomboに笑いかけながら  首に浮き出る動脈が 夕暮れ時にとても優しい  真っ赤な夕方 Tomboが笑った 路地裏誰も居ない ただ一人客を待ってた  女は笑いながら ただ待っている ただ一人待っている  季節と季節の変わり目に 恋をする少女だったときもあった
DRUNK AFTERNOON夏が過ぎて 真昼の酩酊 オレは傍観者。都会の中枢 半(はん)冷たく午後の風はふわふわと 窓から風景にあいさつ 町に生きる人たちを知る ―故郷のあの香りは いまだ変わらないだろうか?― 砂漠の格闘 都会のまん中 色街では裸の女が待っているらしい 午後1時オレ、いま5杯目GALAXIE500 聞いて酩酊 LからRへ 行く間に見える 知らない景色 届きますか? つながりますか? あなたのところへNUMBER GIRLMUKAI SHUTOKUMUKAI SHUTOKU夏が過ぎて 真昼の酩酊 オレは傍観者。都会の中枢 半(はん)冷たく午後の風はふわふわと 窓から風景にあいさつ 町に生きる人たちを知る ―故郷のあの香りは いまだ変わらないだろうか?― 砂漠の格闘 都会のまん中 色街では裸の女が待っているらしい 午後1時オレ、いま5杯目GALAXIE500 聞いて酩酊 LからRへ 行く間に見える 知らない景色 届きますか? つながりますか? あなたのところへ
DRUNKEN HEARTED第一章 路上 午後23時30分 しとしとふるよ 雨ってやつは 路上 人の雨 夜を生きる俺 つまり意見は無用ノ介 街角から想う&さすらう 街サムライの俺 ぬれた地面は際立たせなんか閉塞感だなあ おもいで酒だけが おれを酔わすのだ おもいで酒だけが おれを酔わすのだ 酔わすのだ‥‥。  第二章 SUPER DRUNKEN HEARTED おーい元気かーい? っていってくれ 俺にいってくれ  第三章 都市伝説Pt1 午前1時15分 ここは不夜城か!?なんて思うくらいにきらきら‥‥。 でも俺はまぶしすぎる 桃色ガールを前にして殺伐!! 気狂い人の君 ついに心は開かれず コミュニケイション不能!!! うそつき娘の心の中はどんな色? いまだ風景はしたたかに殺伐 いつまで俺 夜 歩くの いつまで俺夜歩くの 夜歩くの‥‥?  第四章 田淵ひさこ ギターソロ  第五章 俺はここにいる 午前3時30分 何回俺は俺の青春地図を広げるのだろう 現在位置ちょっと確認 いま確かに ここに俺はいる 夜歩く 俺がいる…。NUMBER GIRLMUKAI SHUTOKUMUKAI SHUTOKU第一章 路上 午後23時30分 しとしとふるよ 雨ってやつは 路上 人の雨 夜を生きる俺 つまり意見は無用ノ介 街角から想う&さすらう 街サムライの俺 ぬれた地面は際立たせなんか閉塞感だなあ おもいで酒だけが おれを酔わすのだ おもいで酒だけが おれを酔わすのだ 酔わすのだ‥‥。  第二章 SUPER DRUNKEN HEARTED おーい元気かーい? っていってくれ 俺にいってくれ  第三章 都市伝説Pt1 午前1時15分 ここは不夜城か!?なんて思うくらいにきらきら‥‥。 でも俺はまぶしすぎる 桃色ガールを前にして殺伐!! 気狂い人の君 ついに心は開かれず コミュニケイション不能!!! うそつき娘の心の中はどんな色? いまだ風景はしたたかに殺伐 いつまで俺 夜 歩くの いつまで俺夜歩くの 夜歩くの‥‥?  第四章 田淵ひさこ ギターソロ  第五章 俺はここにいる 午前3時30分 何回俺は俺の青春地図を広げるのだろう 現在位置ちょっと確認 いま確かに ここに俺はいる 夜歩く 俺がいる…。
NUM-AMI-DABUTZ現代。冷凍都市に住む 妄想人類諸君に告ぐ 我々は酔っぱらった。今日も46度の半透明だった HAGAKURE理論に基き 吠えたNUM-AMI-DABUTZ が成功し 祝うこの世の無常節  同情の果ての冷笑を無視 俺は極極(きわきわ)に集中力を高める必要がある。 メシ食う時は新聞を凝視する必要がある。 中間試験を受ける必要はない。軍事訓練を行う必要はない 赤軍派に感化される必要はない。 俺はそんな平和な俺の平和を歌う必要はない。  鋭角恐怖症のヤツは耳をふさげ。 エレクトリック混乱主義者の俺は酒毒に 侵食された脳が繰り出す言葉を呟きながら、 虚(うつ)ってあいまっていたから。  歩き出した冷凍都市の18時半 真昼間にひっつきまくった男女の生殖器官はもういい加減 どうこうもならん。 視姦される女たちが自意識をまきちらし恥さらし しかしとりすましてパンツ濡らし 天は雨を降らし 餓鬼はガンジャ吹かし  それでも整然と営む冷凍都市の暮らし  冷凍都市の暮らし~ あいつ姿くらまし~NUMBER GIRLMUKAI SHUTOKUMUKAI SHUTOKU現代。冷凍都市に住む 妄想人類諸君に告ぐ 我々は酔っぱらった。今日も46度の半透明だった HAGAKURE理論に基き 吠えたNUM-AMI-DABUTZ が成功し 祝うこの世の無常節  同情の果ての冷笑を無視 俺は極極(きわきわ)に集中力を高める必要がある。 メシ食う時は新聞を凝視する必要がある。 中間試験を受ける必要はない。軍事訓練を行う必要はない 赤軍派に感化される必要はない。 俺はそんな平和な俺の平和を歌う必要はない。  鋭角恐怖症のヤツは耳をふさげ。 エレクトリック混乱主義者の俺は酒毒に 侵食された脳が繰り出す言葉を呟きながら、 虚(うつ)ってあいまっていたから。  歩き出した冷凍都市の18時半 真昼間にひっつきまくった男女の生殖器官はもういい加減 どうこうもならん。 視姦される女たちが自意識をまきちらし恥さらし しかしとりすましてパンツ濡らし 天は雨を降らし 餓鬼はガンジャ吹かし  それでも整然と営む冷凍都市の暮らし  冷凍都市の暮らし~ あいつ姿くらまし~
NUM-HEAVYMETALLIC鉄の小太鼓 どんしゃん鳴らし 鎖の三味線 針の声  山から聞こえる 春猫音頭 祝うこの世の 無常節  発情して炎上 さらに色めく 発狂和尚 発情して炎上 さらに色めく 発狂和尚 発情して炎上 さらに色めく 発狂和尚 発情して炎上 さらに色めく 発狂和尚  しょんべんもらして 少年少女 ええじゃないかのやりまくり  今は昔の桂浜 この世を憂いて何思う?NUMBER GIRLMukai ShutokuMukai Shutoku鉄の小太鼓 どんしゃん鳴らし 鎖の三味線 針の声  山から聞こえる 春猫音頭 祝うこの世の 無常節  発情して炎上 さらに色めく 発狂和尚 発情して炎上 さらに色めく 発狂和尚 発情して炎上 さらに色めく 発狂和尚 発情して炎上 さらに色めく 発狂和尚  しょんべんもらして 少年少女 ええじゃないかのやりまくり  今は昔の桂浜 この世を憂いて何思う?
はいから狂い知らない間に朝になってた街の色 まぶしすぎるそのぎらぎらに俺は日焼けする 知らぬ間に燃えている×2 そのぎらぎらに俺の眼鏡が焼けていく×2  さまよって 朝の街から夕暮れまで 人は病気を繰り返す 街ソルジャーの暴力衝動 古い夏の日の想い出は消えてゆく  病気はどんどん進行 病気はどんどん進行 はやり病に冒された 多くの人が死んだ はやり病いにかかっちまった 俺はまだ生きているNUMBER GIRLMUKAI SHUTOKUMUKAI SHUTOKU知らない間に朝になってた街の色 まぶしすぎるそのぎらぎらに俺は日焼けする 知らぬ間に燃えている×2 そのぎらぎらに俺の眼鏡が焼けていく×2  さまよって 朝の街から夕暮れまで 人は病気を繰り返す 街ソルジャーの暴力衝動 古い夏の日の想い出は消えてゆく  病気はどんどん進行 病気はどんどん進行 はやり病に冒された 多くの人が死んだ はやり病いにかかっちまった 俺はまだ生きている
裸足の季節妄想都市は今日もオレを待っていた すれちがう人 ニットのセットのそのふくらみが もうそんなキセツ 終わりの季節 俺は眼鏡を かけ直す 裸足の少女は 俺の前を走りぬける 風都市ガールの世紀末ダンスに見とれている男は多い 俺はずれた眼鏡をかけ直す 終わりのキセツ 世紀末にのっかった女の子を見たか!?NUMBER GIRLMUKAI SHUTOKUMUKAI SHUTOKU妄想都市は今日もオレを待っていた すれちがう人 ニットのセットのそのふくらみが もうそんなキセツ 終わりの季節 俺は眼鏡を かけ直す 裸足の少女は 俺の前を走りぬける 風都市ガールの世紀末ダンスに見とれている男は多い 俺はずれた眼鏡をかけ直す 終わりのキセツ 世紀末にのっかった女の子を見たか!?
FIGHT FIGHT女性に 聞きたいことがある でもそれは言わない 女性は完全に勝利 断言はしない しない 戦が終わって 勝ったと思ったら負けとった 知らんかった 残念 ユニークな死に方をした男 座頭市に斬られりゃ痛いか? あいたた…NUMBER GIRLMUKAI SHUTOKUMUKAI SHUTOKU女性に 聞きたいことがある でもそれは言わない 女性は完全に勝利 断言はしない しない 戦が終わって 勝ったと思ったら負けとった 知らんかった 残念 ユニークな死に方をした男 座頭市に斬られりゃ痛いか? あいたた…
FU・SI・GIコウモリが飛んでいる 俺の実家 1km圏内 目つきはやわらかい 田舎だから 群れになって飛んで 攻撃はしない  FUSIGIだ俺 何でお前らばっさばさと 笑いながら 死んでいく  ふくろうがとまっている 電線に 規則的にくびを振る 不思議がってる FUSIGIだ俺 俺はお前がFUSIGI なぜ、そこに存在するの? なんで俺はここにいる?NUMBER GIRLMukai ShutokuMukai Shutokuコウモリが飛んでいる 俺の実家 1km圏内 目つきはやわらかい 田舎だから 群れになって飛んで 攻撃はしない  FUSIGIだ俺 何でお前らばっさばさと 笑いながら 死んでいく  ふくろうがとまっている 電線に 規則的にくびを振る 不思議がってる FUSIGIだ俺 俺はお前がFUSIGI なぜ、そこに存在するの? なんで俺はここにいる?
Frustration in my blood性的少女と思い出小僧は 夜に空を見上げ 三毛猫座を探す そんなもんはない そんなもんありはしない  狂わす真昼間 体内回路 MANZOKU できんでうろうろ 妄想都市に入り込んで 迷ってしまった 妄想都市に入り込んで迷ってしまった  桃色ぬったくった街 歩く俺らはやはり色情に支配された犬か?  Frustration in my blood  俺はかつて 酔狂人(すいきょうびと)だった 今も変わらない 何か知らんがうろうろ うろうろしたくなってくる ぐらぐらしたくなってくる 俺は俺に似合ってた 歩く俺はやはり  Frustration in my bloodNUMBER GIRLMukai ShutokuMukai Shutoku性的少女と思い出小僧は 夜に空を見上げ 三毛猫座を探す そんなもんはない そんなもんありはしない  狂わす真昼間 体内回路 MANZOKU できんでうろうろ 妄想都市に入り込んで 迷ってしまった 妄想都市に入り込んで迷ってしまった  桃色ぬったくった街 歩く俺らはやはり色情に支配された犬か?  Frustration in my blood  俺はかつて 酔狂人(すいきょうびと)だった 今も変わらない 何か知らんがうろうろ うろうろしたくなってくる ぐらぐらしたくなってくる 俺は俺に似合ってた 歩く俺はやはり  Frustration in my blood
BRUTAL NUMBER GIRL.我々は冷凍都市の攻撃を 酒飲んでかわす  諸君と平尾駅の朝6時に 戯れまくり 一九九五年から 自力を信じてます その指令を無視しろ 南から来た俺等 好調!!NUMBER GIRL向井秀徳向井秀徳我々は冷凍都市の攻撃を 酒飲んでかわす  諸君と平尾駅の朝6時に 戯れまくり 一九九五年から 自力を信じてます その指令を無視しろ 南から来た俺等 好調!!
BRUTAL MAN6本の狂ったハガネの振動 猫飼って 死んでしまう 無常 洞察の裏側にある冷笑 その行き先はやっぱり 結局 オレ I'm a brutal man  国家の最高機密を知らんオレ ベースとキックの同調具合と R・O・C・Kのヒミツで お前を扇情 戦場 いってみれば この街あたりもそう I'm a brutal man  brutal man 愛してますなんて誰に言うのってカンジで LからRへ 突っ走る この俺様の一人旅 腐れきった くだらん感傷 浸る度 I'm a brutal manNUMBER GIRL向井秀徳向井秀徳6本の狂ったハガネの振動 猫飼って 死んでしまう 無常 洞察の裏側にある冷笑 その行き先はやっぱり 結局 オレ I'm a brutal man  国家の最高機密を知らんオレ ベースとキックの同調具合と R・O・C・Kのヒミツで お前を扇情 戦場 いってみれば この街あたりもそう I'm a brutal man  brutal man 愛してますなんて誰に言うのってカンジで LからRへ 突っ走る この俺様の一人旅 腐れきった くだらん感傷 浸る度 I'm a brutal man
MACHIGAI赤い朝に 触れない君はめかしこんで 出かけて行った 2時間かけて歩いた先は 誰も知らないMACHIGAIだった  彼女はそこで何をしてた? 誰かに連れられどこに行った?  足どり消えたまま 村人たちは祭りの準備 動き出した潜入刑事も 最後は行方をどっかにくらました  1人消え 2人消え 最後は誰もおらんごとなってNUMBER GIRLMUKAI SHUTOKUMUKAI SHUTOKU赤い朝に 触れない君はめかしこんで 出かけて行った 2時間かけて歩いた先は 誰も知らないMACHIGAIだった  彼女はそこで何をしてた? 誰かに連れられどこに行った?  足どり消えたまま 村人たちは祭りの準備 動き出した潜入刑事も 最後は行方をどっかにくらました  1人消え 2人消え 最後は誰もおらんごとなって
真っ昼間ガール真っ昼間から楽しんでる2人 ワタシも誰かとワケアリになりたーい そうは許さぬ儒教のおしえ だけども誰でもやってる×3 風 真っ昼間からとんでもないことやってる ワタシは孤独を気取ってる 空元気 嘘いっぱい ホントは本当はねさびしいの 誰が拾ってワタシを×3 拾って あー3万円でいいから 修羅場を見せて 落っことして 落っことして 落っことして 落っことして×3 ムチャクチャにして ワタシを ワタシを ムチャクチャにして 落ちるとこまでただ落ちたいの 諸行の無常を感じてたいの 真っ昼間から 飛び降り自殺見ちゃった アッ夏のかぜ すずしいね スカートふわりNUMBER GIRLMUKAI SHUTOKUMUKAI SHUTOKU真っ昼間から楽しんでる2人 ワタシも誰かとワケアリになりたーい そうは許さぬ儒教のおしえ だけども誰でもやってる×3 風 真っ昼間からとんでもないことやってる ワタシは孤独を気取ってる 空元気 嘘いっぱい ホントは本当はねさびしいの 誰が拾ってワタシを×3 拾って あー3万円でいいから 修羅場を見せて 落っことして 落っことして 落っことして 落っことして×3 ムチャクチャにして ワタシを ワタシを ムチャクチャにして 落ちるとこまでただ落ちたいの 諸行の無常を感じてたいの 真っ昼間から 飛び降り自殺見ちゃった アッ夏のかぜ すずしいね スカートふわり
MANGA SICK漫画を読んで KAPPAは飛んだ 素敵なもんだ 恋ってやつは  朝日がエロくって 2人がはじまって 純情恋愛 ブチ壊し!!  純情な彼、彼女 恋なんてなんすんの? 性的な恋心 2人組 どーすんの?  KAPPAのお皿に水がない KAPPAは死んだ きらめく恋がしてみたい 彼女の想像  狂った恋の結末は 彼氏の本気の熱 だった 彼女が一番スキなのは 狂ったフンイキだけだった  ひっついてまぐわって MACHIGAって 腹立って 傷ついた 失った どうなった?どうなった?  俺は言う 俺は聞く 俺は言う 俺は聞く  恋なんてなんするの 恋なんてどうなるの 愛してるって誰に言う 愛してるって誰が言う?  彼女の気分 いつも最悪 わかってしまったからだった フンイキ気分  漫画な恋の結末はわかってしまったからだった 彼女が一番スキなのは 漫画の雰囲気だけだった!!  恋なんてなんするの 恋なんてどうなるの 愛してるって誰に言う 愛してるって誰が言う?  彼女は思っている 現実的SUGILL 風景はいらない 風景は見えない 彼女は願っている 漫画の恋をしていたい 気分の中で生きていたい 愛してるって誰に言いたい?NUMBER GIRLMukai ShutokuMukai Shutoku漫画を読んで KAPPAは飛んだ 素敵なもんだ 恋ってやつは  朝日がエロくって 2人がはじまって 純情恋愛 ブチ壊し!!  純情な彼、彼女 恋なんてなんすんの? 性的な恋心 2人組 どーすんの?  KAPPAのお皿に水がない KAPPAは死んだ きらめく恋がしてみたい 彼女の想像  狂った恋の結末は 彼氏の本気の熱 だった 彼女が一番スキなのは 狂ったフンイキだけだった  ひっついてまぐわって MACHIGAって 腹立って 傷ついた 失った どうなった?どうなった?  俺は言う 俺は聞く 俺は言う 俺は聞く  恋なんてなんするの 恋なんてどうなるの 愛してるって誰に言う 愛してるって誰が言う?  彼女の気分 いつも最悪 わかってしまったからだった フンイキ気分  漫画な恋の結末はわかってしまったからだった 彼女が一番スキなのは 漫画の雰囲気だけだった!!  恋なんてなんするの 恋なんてどうなるの 愛してるって誰に言う 愛してるって誰が言う?  彼女は思っている 現実的SUGILL 風景はいらない 風景は見えない 彼女は願っている 漫画の恋をしていたい 気分の中で生きていたい 愛してるって誰に言いたい?
MUKAI NIGHT俺は 俺は夜 俺は 俺は笑って夜 笑って夜は通行止め  開園祝いで花踊り 犬猫音頭をブチかます すっぴんねーちゃんリアリズム!!  俺は 俺は5時 俺は 夕方5時 夕方5時はみんな活戦 オッサンぽい小僧走り出す 数学問題が難解で 修学旅行でとんずら  俺は一人会議をしていた 深夜3時につぶやきたい そろそろ変化が訪れる 憂いの時代に突入か?NUMBER GIRLMUKAI SHUTOKUMUKAI SHUTOKU俺は 俺は夜 俺は 俺は笑って夜 笑って夜は通行止め  開園祝いで花踊り 犬猫音頭をブチかます すっぴんねーちゃんリアリズム!!  俺は 俺は5時 俺は 夕方5時 夕方5時はみんな活戦 オッサンぽい小僧走り出す 数学問題が難解で 修学旅行でとんずら  俺は一人会議をしていた 深夜3時につぶやきたい そろそろ変化が訪れる 憂いの時代に突入か?
YARUSE NAKIKO の BEAT都市公団に整備された団地の6階 から公園が見えた。 中途ハンパな緑の配置 その公園のシーソーでオレは「ワニ殺し」という新種の遊びを開発した  笑って自慢気  1979年に起った事件なのさ 1979年に起った事件である  思い出している 一人部屋で  1979年に起った事件なのさ 1979年に起った事件である  1980年代にオレは中間試験を受けていた その際問題用紙のウラっかわに 長編漫画を連載していた  笑って自慢毛  1988年に起った事件なのさ 1988年に起った事件である  思い出している 一人部屋で  1988年に起った事件なのさ 1988年に起った事件であるNUMBER GIRL向井秀徳向井秀徳都市公団に整備された団地の6階 から公園が見えた。 中途ハンパな緑の配置 その公園のシーソーでオレは「ワニ殺し」という新種の遊びを開発した  笑って自慢気  1979年に起った事件なのさ 1979年に起った事件である  思い出している 一人部屋で  1979年に起った事件なのさ 1979年に起った事件である  1980年代にオレは中間試験を受けていた その際問題用紙のウラっかわに 長編漫画を連載していた  笑って自慢毛  1988年に起った事件なのさ 1988年に起った事件である  思い出している 一人部屋で  1988年に起った事件なのさ 1988年に起った事件である
U-REIマド、一気に開ける 新宿都庁の表層部分 赤。出た!この赫…。 全くもって赤い もう夕暮れ族に なっちまったか オレ 数分先に ATARIを待つ俺 自力で勝利  ユーレイ 死に神 見たのは夕暮れ ユーレイ 死に神 見たのは夕焼け  新しい自分の居場所 を必死に探す人と違ってオレは ションベン横丁が復興すれば それでいい…というのは空ゲンキ?  ハンパな強がり TOKYO来てから? ハンパな強がり TOKYO来てから?  憂(うれ)ってる 街に止まって 目立ってる 赫い夕暮れ 気取ってる りりしい顔で 憂ってる 街にとまって  夕暮れ時間は赤ーい。放課後の少年少女 ひっつき慣れた2人は 仲の良さそうだ  俺、憂い夕暮れに たまーにさァーとなるカンジNUMBER GIRL向井秀徳向井秀徳マド、一気に開ける 新宿都庁の表層部分 赤。出た!この赫…。 全くもって赤い もう夕暮れ族に なっちまったか オレ 数分先に ATARIを待つ俺 自力で勝利  ユーレイ 死に神 見たのは夕暮れ ユーレイ 死に神 見たのは夕焼け  新しい自分の居場所 を必死に探す人と違ってオレは ションベン横丁が復興すれば それでいい…というのは空ゲンキ?  ハンパな強がり TOKYO来てから? ハンパな強がり TOKYO来てから?  憂(うれ)ってる 街に止まって 目立ってる 赫い夕暮れ 気取ってる りりしい顔で 憂ってる 街にとまって  夕暮れ時間は赤ーい。放課後の少年少女 ひっつき慣れた2人は 仲の良さそうだ  俺、憂い夕暮れに たまーにさァーとなるカンジ
全1ページ中 1ページを表示

リアルタイムランキング

  1. 新時代
  2. Habit
  3. 長崎の鐘
  4. 逆光
  5. ミックスナッツ

歌ネットのアクセス数を元に作成
サムネイルはAmazonのデータを参照

注目度ランキング

  1. ウタカタララバイ
  2. 新時代
  3. Scream
  4. どうして
  5. 逆光

歌ネットのアクセス数を元に作成
サムネイルはAmazonのデータを参照