TEENAGE CASUALTIES

この曲の表示回数 13,471
歌手:

NUMBER GIRL


作詞:

MUKAI SHUTOKU


作曲:

MUKAI SHUTOKU


どこかの誰かが優しい声で 恋人にささやく夜
どこかの誰かが散弾銃を ぶっぱなそうかと考える夜
学生通りは午後6時 アイツ、自転車でこぎまくって笑いながら
ガールフレンドの家にでも 行くのかな

どこかの誰かに惑わされて アイデンティティを問われる夜
どこかの誰かが自分を待ってる そんな気がして街さすらう夜
さりげなく 遠くで聞こえる小学校のグランドのかけ声
昼寝を覚ましたオレは それをずっと聞いていた

どこかの誰かが被害者
どこかの誰かが加害者
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:TEENAGE CASUALTIES 歌手:NUMBER GIRL

NUMBER GIRLの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2005-03-02
商品番号:TOCT-25647
EMIミュージック・ジャパン

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP