GOLD LYLIC 

透明少女

この曲の表示回数 168,021
歌手:

NUMBER GIRL


作詞:

MUKAI SHUTOKU


作曲:

MUKAI SHUTOKU


赤いキセツ 到来告げて
今・俺の前にある
軋轢は加速して風景
記憶・妄想に変わる
気づいたら俺はなんとなく夏だった
赫い髪の少女は早足の男に手をひかれ
うそっぽく笑った
路上に風が震え
彼女は「すずしい」と笑いながら夏だった

透きとおって見えるのだ 狂った街かどきらきら‥…
気づいたら俺は夏だった風景
街の中へきえてゆく

はいから狂いの 少女たちは 桃色作戦で
きらきら光っている 街かどは今日も アツレキまくっている
とにかく オレは 気づいたら 夏だった!!

透きとおって見えるのだ 狂った街かどきらきら‥…
気づいたら俺は夏だった風景
街の中へきえてゆく
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:透明少女 歌手:NUMBER GIRL

NUMBER GIRLの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:1999-05-26
商品番号:TOCT-22009
EMIミュージック・ジャパン

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP