YUKIの歌詞一覧リスト  170曲中 1-170曲を表示

並び順: []
全1ページ中 1ページを表示
170曲中 1-170曲を表示
曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 編曲者名 歌い出し
ア・イ・ウ・エ・オふと気付くと陽が暮れてたのは あたり前の出来事 ふと気付くとキミが居てくれたのは うれしい 出来事  何もなくても楽しいね こんな彼がいつもくれば  ア・イ・ウ・エ・オ サ・シ・ス・セ・ソ  ふと振り返ると月が登る あまりにも出来過ぎ ふと振り返るとキミが笑ってる 浮かれてしまいそう  こんな夜がいつも来れば 何もなくても楽しいね  ア・イ・ウ・エ・オ サ・シ・ス・セ・ソYUKI遠藤みちろう遠藤みちろうふと気付くと陽が暮れてたのは あたり前の出来事 ふと気付くとキミが居てくれたのは うれしい 出来事  何もなくても楽しいね こんな彼がいつもくれば  ア・イ・ウ・エ・オ サ・シ・ス・セ・ソ  ふと振り返ると月が登る あまりにも出来過ぎ ふと振り返るとキミが笑ってる 浮かれてしまいそう  こんな夜がいつも来れば 何もなくても楽しいね  ア・イ・ウ・エ・オ サ・シ・ス・セ・ソ
愛しあえばたべてみたい そう しあわせの実 寄り添う ビーチ ん~ ダーリン楽しい 不思議なパイ 永遠に染まるグレイ 抱きしめてハイ 呼ぶ マイ・サイン 愛しあえば 素直になる 愛しあう時 触れる手と手 愛しあいたい さらわれたい 愛しあうよ 喜び歌う窓辺 会えない日は 淋し気にブルー ひとりで踊るよ 月曜の日 君がいれば 汚されないよ 青いバタフライ 飛ぶのですか 愛しあえば きれいになる 愛しあう時 みつめる目と目 愛しあいたい さわられたい 愛しあうよ この喜び 歌う窓辺 うたうまどべ うたうまどべ すきと言えば すきだと笑う 零れ落ちる砂 波がさらう 明日の事 わからないけど 抱きしめて はなれないわ 愛しあえば 素直になる 愛しあう時 触れる手と手 愛しあいたい さらわれたい 愛しあうよ 喜び歌う窓辺 愛しあえば きれいになる 愛しあう時 みつめる目と目 愛しあいたい さわられたい 愛しあうよ この喜び 歌う窓辺愛しあうよ いぇーい 愛しあおう いぇーいYUKIYUKI・Mats Hedstrom・Jade EllYUKI・Mats Hedstrom・Jade Ell湯浅篤たべてみたい そう しあわせの実 寄り添う ビーチ ん~ ダーリン楽しい 不思議なパイ 永遠に染まるグレイ 抱きしめてハイ 呼ぶ マイ・サイン 愛しあえば 素直になる 愛しあう時 触れる手と手 愛しあいたい さらわれたい 愛しあうよ 喜び歌う窓辺 会えない日は 淋し気にブルー ひとりで踊るよ 月曜の日 君がいれば 汚されないよ 青いバタフライ 飛ぶのですか 愛しあえば きれいになる 愛しあう時 みつめる目と目 愛しあいたい さわられたい 愛しあうよ この喜び 歌う窓辺 うたうまどべ うたうまどべ すきと言えば すきだと笑う 零れ落ちる砂 波がさらう 明日の事 わからないけど 抱きしめて はなれないわ 愛しあえば 素直になる 愛しあう時 触れる手と手 愛しあいたい さらわれたい 愛しあうよ 喜び歌う窓辺 愛しあえば きれいになる 愛しあう時 みつめる目と目 愛しあいたい さわられたい 愛しあうよ この喜び 歌う窓辺愛しあうよ いぇーい 愛しあおう いぇーい
愛に生きてGOLD LYLIC拍手の音で泣いてる 独りぼっちで 屋根の上 昔を思い出して 幸せだって 言って欲しい  近い未来 哀しい事があなたをおそうとしても 私が愛してるから 美しい瞳で 見てほしい  土手まで続く夕焼け 広がる朱色に見ほれて ささくれた傷跡なめた ふせたまつ毛に きゅんと濡れる  探していた キズナが 嵐の中で 迷うとしても  ゆっくりと大事に育てましょう 脳みその中まで踊るほどに幸せなの そのしぐさのひとつひとつが私を とりかえて 新しく  近い未来 哀しい事があなたをおそうとしても 私が愛してるから 美しい瞳で見て欲しい あなたが そう 望むなら  ゆっくりと大事に歩きましょう 脳みその中まで踊るほどに幸せなの そのしぐさのひとつひとつが私を とりかえて 愛の火は 消えないわ 消えないわGOLD LYLICYUKIYUKIYUKIYUKI拍手の音で泣いてる 独りぼっちで 屋根の上 昔を思い出して 幸せだって 言って欲しい  近い未来 哀しい事があなたをおそうとしても 私が愛してるから 美しい瞳で 見てほしい  土手まで続く夕焼け 広がる朱色に見ほれて ささくれた傷跡なめた ふせたまつ毛に きゅんと濡れる  探していた キズナが 嵐の中で 迷うとしても  ゆっくりと大事に育てましょう 脳みその中まで踊るほどに幸せなの そのしぐさのひとつひとつが私を とりかえて 新しく  近い未来 哀しい事があなたをおそうとしても 私が愛してるから 美しい瞳で見て欲しい あなたが そう 望むなら  ゆっくりと大事に歩きましょう 脳みその中まで踊るほどに幸せなの そのしぐさのひとつひとつが私を とりかえて 愛の火は 消えないわ 消えないわ
I U Mee HimI, you, me, him, i never, go easily that way, that way, never mind close to me hear me breathe what ever you think is right, right oh yeah  count on me baby,  こっちへきてみて言葉じゃとても言い尽くせない気持ちが私を 壊していくのが手にとるように良く分かるの、わかるの、わかるの、 こわれて、いくのが、とても無理なの  I can't just tell, I never felt that, It's something like I did somethin crazy....crazy...crazy....YUKI日暮愛葉日暮愛葉日暮愛葉I, you, me, him, i never, go easily that way, that way, never mind close to me hear me breathe what ever you think is right, right oh yeah  count on me baby,  こっちへきてみて言葉じゃとても言い尽くせない気持ちが私を 壊していくのが手にとるように良く分かるの、わかるの、わかるの、 こわれて、いくのが、とても無理なの  I can't just tell, I never felt that, It's something like I did somethin crazy....crazy...crazy....
I love youI love you 魔法のような手で 見えない傷 治してくれた I love you 優しい声で 乾いた道 潤してくれた 好き勝手に遊び放題 半人前のくせして 知った風なすまし顔 転んでも 怪我しても 平気なふりをして歩いてく いつも救われる 君の力 巨大化した愛 分けてあげよう 散々な日も踊りだしたくなるよ きっと そう 頑張って笑わなくってもいいから そばにいれば この愛に触れれば 教えてくれた 君の全てを I love you 曖昧な記憶の狭間で 守り抜くと約束してくれた わたしの根 造りだすものは 誰でもない 誰のものでもない 胸の奥に沈み込んで 二度と取り出したくないことも いつかは 話せる日が来るかしら 分かったふりはしないから 時は今も 進んでいるから そう 泣きだして 前が見えないくらい 暗闇の中 探していたんだ 君のことを 差し出した手を 握りしめたら歌ってよ あの日見た夢を あの日の青空 あの日の夕日を 歌って 清らかなその額に 汗が滲んでる 拾った貝殻 耳に当ててみる 波が聞こえる 波が聞こえる もう一度だけ 君に会えるような気がした 巨大化した愛 分けてあげよう 散々な日も踊りだしたくなるよ きっと そう 頑張って笑わなくってもいいから そばにいれば この愛に触れれば 教えてくれた 君の全てを I love youYUKIYUKIYUKI・okaMusik玉井健二・百田留衣・YUKII love you 魔法のような手で 見えない傷 治してくれた I love you 優しい声で 乾いた道 潤してくれた 好き勝手に遊び放題 半人前のくせして 知った風なすまし顔 転んでも 怪我しても 平気なふりをして歩いてく いつも救われる 君の力 巨大化した愛 分けてあげよう 散々な日も踊りだしたくなるよ きっと そう 頑張って笑わなくってもいいから そばにいれば この愛に触れれば 教えてくれた 君の全てを I love you 曖昧な記憶の狭間で 守り抜くと約束してくれた わたしの根 造りだすものは 誰でもない 誰のものでもない 胸の奥に沈み込んで 二度と取り出したくないことも いつかは 話せる日が来るかしら 分かったふりはしないから 時は今も 進んでいるから そう 泣きだして 前が見えないくらい 暗闇の中 探していたんだ 君のことを 差し出した手を 握りしめたら歌ってよ あの日見た夢を あの日の青空 あの日の夕日を 歌って 清らかなその額に 汗が滲んでる 拾った貝殻 耳に当ててみる 波が聞こえる 波が聞こえる もう一度だけ 君に会えるような気がした 巨大化した愛 分けてあげよう 散々な日も踊りだしたくなるよ きっと そう 頑張って笑わなくってもいいから そばにいれば この愛に触れれば 教えてくれた 君の全てを I love you
あおぞらそれにしても この雨… いつまで 続くのかなあ 濡れた土 木は喜び そろそろ お陽様 欲しがる 雲の上 想像して 心にあおぞら 願えば 浮かぶよ そーらきっと 風の子が 暗い雨雲を すぐに吹き飛ばして くれるはず はず 開かないドア たたけば 必ず 誰か 答えてくれる こしゃくな手を 使わない メロディーは 懐かしく 胸に響くのよ レイニーディ 両手にあおぞら 集めて 放り投げた 街のあちこちに 降り落ちてくる その温もりに 身をうずめたい 愛の歌 私の未来 やさしくしたい 話をしようよ 笑いあおうよ この先は七色 遠くまで 伸びるよ 口笛を吹く でこぼこ道を びしょ濡れのまま まだ歩いている だから 心にあおぞら いつも想うなんて 難しいけれど 描いてる 想い続ける うまく出来なくても やり続けるの そーら風の子が 暗い雨雲を すぐに吹き飛ばしてくれるよ 飛ばしてくれるよ  心にあおぞら 心にあおぞら 心にあおぞらYUKIYUKI・Steve McNerney・Shelly PeikenYUKI・Steve McNerney・Shelly PeikenYUKIそれにしても この雨… いつまで 続くのかなあ 濡れた土 木は喜び そろそろ お陽様 欲しがる 雲の上 想像して 心にあおぞら 願えば 浮かぶよ そーらきっと 風の子が 暗い雨雲を すぐに吹き飛ばして くれるはず はず 開かないドア たたけば 必ず 誰か 答えてくれる こしゃくな手を 使わない メロディーは 懐かしく 胸に響くのよ レイニーディ 両手にあおぞら 集めて 放り投げた 街のあちこちに 降り落ちてくる その温もりに 身をうずめたい 愛の歌 私の未来 やさしくしたい 話をしようよ 笑いあおうよ この先は七色 遠くまで 伸びるよ 口笛を吹く でこぼこ道を びしょ濡れのまま まだ歩いている だから 心にあおぞら いつも想うなんて 難しいけれど 描いてる 想い続ける うまく出来なくても やり続けるの そーら風の子が 暗い雨雲を すぐに吹き飛ばしてくれるよ 飛ばしてくれるよ  心にあおぞら 心にあおぞら 心にあおぞら
胸の灯消えないで 夕焼けに赤く染まるビルの上で あなたの笑顔見るために ただ熱く燃えている 街に夜の帳が下りる頃 聴こえてくるメロディ 小さな子供みたいになれたならいいのに 心の中は誰にも言えない 哀しみ隠して笑う このままなんとか明日を夢見て 窓の外ばかり見ていた 空に 弓張 背比べ 靴飛ばしながらでたらめな口笛 蒼く若草揺れている まだ風は吹いている 興ざめした朝には 転んでも起き上がれそうなメモリー 自転車のカゴにいつも乗せてる 宝物 幸せだけのジョークを言って 腹を抱えて笑おう このままずっと続くような坂道を 雲を掴むまで飛べたなら 薄い花びら開いてく かけがえのない日に 踊るように咲いてる 踏み込むペダル 海風に 嗚呼 晒されて 嗚呼 赤く錆びている 流されてきた 飲み込んできた 呼んでいるのは誰だ 胸の灯消えないで 涙がこぼれそうで上を向いて歩いてる あなたはあなた そのままで誇らしく胸を張れ 胸の灯消えないで 夕焼けに赤く染まるビルの上で あなたの笑顔見るために まだ諦めない まだ恥をかいていたい ただ熱く燃えているYUKIYUKIYUKI奥野真哉胸の灯消えないで 夕焼けに赤く染まるビルの上で あなたの笑顔見るために ただ熱く燃えている 街に夜の帳が下りる頃 聴こえてくるメロディ 小さな子供みたいになれたならいいのに 心の中は誰にも言えない 哀しみ隠して笑う このままなんとか明日を夢見て 窓の外ばかり見ていた 空に 弓張 背比べ 靴飛ばしながらでたらめな口笛 蒼く若草揺れている まだ風は吹いている 興ざめした朝には 転んでも起き上がれそうなメモリー 自転車のカゴにいつも乗せてる 宝物 幸せだけのジョークを言って 腹を抱えて笑おう このままずっと続くような坂道を 雲を掴むまで飛べたなら 薄い花びら開いてく かけがえのない日に 踊るように咲いてる 踏み込むペダル 海風に 嗚呼 晒されて 嗚呼 赤く錆びている 流されてきた 飲み込んできた 呼んでいるのは誰だ 胸の灯消えないで 涙がこぼれそうで上を向いて歩いてる あなたはあなた そのままで誇らしく胸を張れ 胸の灯消えないで 夕焼けに赤く染まるビルの上で あなたの笑顔見るために まだ諦めない まだ恥をかいていたい ただ熱く燃えている
朝が来る私はこの広い世界を知らなすぎた 裸で夢に忍び込み 帽子一杯にきら星集めていた さあ!愛の才能気付けないまま穴ぐらへ逃げるのは罪よ! 美しい場所 塀の向こうを爪先立ちで見てる ざわめき ときめき 稲妻が胸を貫く 情熱 飛べ!バタフライ! 雨のスイングが聴こえる! 移る季節に追いつけないで まだ 誰も眠りの夜明け前 何か始まる予感がしてる I・M・A!!! 朝が来る ゆらり揺れてる朝焼け 巡り廻る 命の雫 あなたは強い眼差しで光る私を選ぶ 絡まるりぼん解くように まるで色のパレードみたい! 愚かな 卑しい 心を救い出してくれ 目隠し 外せネクタイ 両手を伸ばして ねえ 明日の雨を避けられないで まだ 誰も眠りの夜明け前 愛を憶えて歓びを知る I・M・A!!! 朝が来る 燃えて震える暁 弾む弾む 命のリズムYUKIYUKImugen玉井健二・百田留衣・YUKI私はこの広い世界を知らなすぎた 裸で夢に忍び込み 帽子一杯にきら星集めていた さあ!愛の才能気付けないまま穴ぐらへ逃げるのは罪よ! 美しい場所 塀の向こうを爪先立ちで見てる ざわめき ときめき 稲妻が胸を貫く 情熱 飛べ!バタフライ! 雨のスイングが聴こえる! 移る季節に追いつけないで まだ 誰も眠りの夜明け前 何か始まる予感がしてる I・M・A!!! 朝が来る ゆらり揺れてる朝焼け 巡り廻る 命の雫 あなたは強い眼差しで光る私を選ぶ 絡まるりぼん解くように まるで色のパレードみたい! 愚かな 卑しい 心を救い出してくれ 目隠し 外せネクタイ 両手を伸ばして ねえ 明日の雨を避けられないで まだ 誰も眠りの夜明け前 愛を憶えて歓びを知る I・M・A!!! 朝が来る 燃えて震える暁 弾む弾む 命のリズム
集まろう for tomorrow熱中症でグラウンドにダウン 週末のデートでは空回り かげろうは逃げるよ 追いかける私を笑って(Funny) そして明日の天気は 良くなると信じて眠る 懐中電灯売り切れ御免 自分の事だけで精一杯 テレビの見すぎで 資本主義の犬になった 君こそが 走ろう 朝日に向かい 外側から眺めよう(Sunny) そして明日の天気は 良くなると信じて早く寝よう 集まろう for tomorrow 話をして 目を見て笑おう 歩こう 混ざろう 手をつないだら帰ろう 場所なんてどこでもいいから 帰ろう 探そう 平常心を保てないなら 物事を現象としてとらえよう 楽しいから笑うのではなく 笑うから楽しくなる 走ろう 夕日に頬染め 犬にあいさつしよう(Hello) そして平気で毎日過ごせるように 身体を鍛えよう I don't know the tomorrow 蜃気楼揺れ 誘うよ 触ろう 感じよう 学ぼう 目に見えないものに祈ろう 忘れそうな 懐かしいあの歌を うたおう かげろうは逃げるよ 追いかける私を笑って(Funny) そして明日の天気は 良くなると信じて早く寝よう 集まろう for tomorrow 話をして 目を見て笑おう 歩こう 混ざろう 手をつないだら帰ろう 場所なんて どこでもいいから 帰ろう 探そう 集まろう for tomorrowYUKIYUKI小形誠玉井健二・百田留衣・YUKI熱中症でグラウンドにダウン 週末のデートでは空回り かげろうは逃げるよ 追いかける私を笑って(Funny) そして明日の天気は 良くなると信じて眠る 懐中電灯売り切れ御免 自分の事だけで精一杯 テレビの見すぎで 資本主義の犬になった 君こそが 走ろう 朝日に向かい 外側から眺めよう(Sunny) そして明日の天気は 良くなると信じて早く寝よう 集まろう for tomorrow 話をして 目を見て笑おう 歩こう 混ざろう 手をつないだら帰ろう 場所なんてどこでもいいから 帰ろう 探そう 平常心を保てないなら 物事を現象としてとらえよう 楽しいから笑うのではなく 笑うから楽しくなる 走ろう 夕日に頬染め 犬にあいさつしよう(Hello) そして平気で毎日過ごせるように 身体を鍛えよう I don't know the tomorrow 蜃気楼揺れ 誘うよ 触ろう 感じよう 学ぼう 目に見えないものに祈ろう 忘れそうな 懐かしいあの歌を うたおう かげろうは逃げるよ 追いかける私を笑って(Funny) そして明日の天気は 良くなると信じて早く寝よう 集まろう for tomorrow 話をして 目を見て笑おう 歩こう 混ざろう 手をつないだら帰ろう 場所なんて どこでもいいから 帰ろう 探そう 集まろう for tomorrow
ピアノは上手く弾けない ダンスは上手く踊れない 大袈裟な演技を続けるだけ リチャード・ヘル聴きながら歩いた 穴が空いている靴下 春・夏・秋・冬 一人だった さようならって言われたって さようならして少し経って 哀しみ隠して 恋焦がれて いらないって言われたって 帰る場所は無い まだ 笑われても 逃げたりしない 夢の中の君はいつでも可愛い 赤い手編みのマフラー首に巻いてさ 思い出は白い雪が覆い尽くした 初めてのライヴハウスは煙たかったんだ その後お酒を飲んで皆で笑った 春・夏・秋・冬 格好つけて 「見えない」って 見えるものを 「見えない」って 嘘をついて 丸いドーナツの穴に指を入れて 夢を見るって都合がいいね 私は幻なんかじゃない だから 抱きしめても 消えたりしない 消えたりしない そう 不覚だった さようならって言われたって さようならして少し経って 哀しみ隠して 恋焦がれて 叶わないのは夢じゃないって 誰かが歌う応援ソング ラジオから流れてるよ 流れてるよYUKIYUKI高木洋一郎玉井健二・百田留衣・YUKIピアノは上手く弾けない ダンスは上手く踊れない 大袈裟な演技を続けるだけ リチャード・ヘル聴きながら歩いた 穴が空いている靴下 春・夏・秋・冬 一人だった さようならって言われたって さようならして少し経って 哀しみ隠して 恋焦がれて いらないって言われたって 帰る場所は無い まだ 笑われても 逃げたりしない 夢の中の君はいつでも可愛い 赤い手編みのマフラー首に巻いてさ 思い出は白い雪が覆い尽くした 初めてのライヴハウスは煙たかったんだ その後お酒を飲んで皆で笑った 春・夏・秋・冬 格好つけて 「見えない」って 見えるものを 「見えない」って 嘘をついて 丸いドーナツの穴に指を入れて 夢を見るって都合がいいね 私は幻なんかじゃない だから 抱きしめても 消えたりしない 消えたりしない そう 不覚だった さようならって言われたって さようならして少し経って 哀しみ隠して 恋焦がれて 叶わないのは夢じゃないって 誰かが歌う応援ソング ラジオから流れてるよ 流れてるよ
あの娘になりたい恋愛の微熱で それは酷い風邪を引いた 真夜中のアニメ 彼の好きそうなエッチな女の子に な・り・た・い 恋の最中 以外は眼中 私から彼を強く誘おう あの娘のきれいな声を貰って 私の醜い心あげよう 人妻略奪白昼夢 爆弾爆発5秒前 天使が輪っかを外したよ 続きを見てみる? それはそれとして 短い妄想は終わり 現実の暗い部屋で エディット・ピアフの唄を聴いて も・え・た・の あの娘はA級 助けてレスキュー あと5kgせめて痩せよう 彼の嫌いな悪口ばっかり言って 本当の気持ちはどこへ隠そう? 咲いてたい 花のように 踊ってたい 星のように 土曜日になって電話のベル もう鳴らない 鳴らないNO.... 恋の迷宮 あの娘にサンキュー お山の大将は卒業しよう あの娘のきれいな心を貰って 本当の気持ちよ走れ 止まらないで 恋の最中 恋の最中YUKIYUKIHALIFANIE玉井健二・百田留衣・YUKI恋愛の微熱で それは酷い風邪を引いた 真夜中のアニメ 彼の好きそうなエッチな女の子に な・り・た・い 恋の最中 以外は眼中 私から彼を強く誘おう あの娘のきれいな声を貰って 私の醜い心あげよう 人妻略奪白昼夢 爆弾爆発5秒前 天使が輪っかを外したよ 続きを見てみる? それはそれとして 短い妄想は終わり 現実の暗い部屋で エディット・ピアフの唄を聴いて も・え・た・の あの娘はA級 助けてレスキュー あと5kgせめて痩せよう 彼の嫌いな悪口ばっかり言って 本当の気持ちはどこへ隠そう? 咲いてたい 花のように 踊ってたい 星のように 土曜日になって電話のベル もう鳴らない 鳴らないNO.... 恋の迷宮 あの娘にサンキュー お山の大将は卒業しよう あの娘のきれいな心を貰って 本当の気持ちよ走れ 止まらないで 恋の最中 恋の最中
暴れたがっているあがいてたら 振り出しに戻ってた 風の強い橋の上 ぼんやりしてたら転がった 名前なら とうに捨てたんだぜ うんざりだぜ 誰かのせいにしてさ 知らんぷり 只 一心不乱に 長い台詞を覚えた解答者 負けてたまるか 世界のその先が見てみたいんだ 始まる! バイナル廻り出せ 針を落として 何度でも 何度でも 飛び込め あたしは喋り出す 踊り出す ジーザス!! 生まれたての身体 最高値で 吹き荒れる風よりも 凪いだ海のように 暴れたがっている 暴れたがっている 暴れたがっている お手合わせお構いなしに 誰とでも踊れるかしら 抱き合わせ掌返し そこはひとつ堪忍 逃げてばかり 気のないふりで にやりと笑って モテないのはごめんだ 始まる! バイナル廻り出せ 針を落として 何度でも 何度でも 飛び込め あたしはひねり出す 讃えあう ジーザス!! 生まれたての身体 最高値で 怒りより つづれ織 あたしはここにいる 暴れたがっている 暴れたがっている 暴れたがっている 暴れたがっている あがいてたら 振り出しに戻ってたYUKIYUKI蔦谷好位置玉井健二・百田留衣・YUKIあがいてたら 振り出しに戻ってた 風の強い橋の上 ぼんやりしてたら転がった 名前なら とうに捨てたんだぜ うんざりだぜ 誰かのせいにしてさ 知らんぷり 只 一心不乱に 長い台詞を覚えた解答者 負けてたまるか 世界のその先が見てみたいんだ 始まる! バイナル廻り出せ 針を落として 何度でも 何度でも 飛び込め あたしは喋り出す 踊り出す ジーザス!! 生まれたての身体 最高値で 吹き荒れる風よりも 凪いだ海のように 暴れたがっている 暴れたがっている 暴れたがっている お手合わせお構いなしに 誰とでも踊れるかしら 抱き合わせ掌返し そこはひとつ堪忍 逃げてばかり 気のないふりで にやりと笑って モテないのはごめんだ 始まる! バイナル廻り出せ 針を落として 何度でも 何度でも 飛び込め あたしはひねり出す 讃えあう ジーザス!! 生まれたての身体 最高値で 怒りより つづれ織 あたしはここにいる 暴れたがっている 暴れたがっている 暴れたがっている 暴れたがっている あがいてたら 振り出しに戻ってた
ありがとう流れ星 通り過ぎた 願いはいつでも 同じ事ばかり 夢の足跡をたどり 残された日々と パレードは続く  海風星空朝露雪解夕暮花房夜明光 与えられたなら 受け取ろう 日々をありがとう  ひとりでも生きられると 本気で思ってた まだ子供だった 限りあるこの力を ムダにはできない パレードは 続く  まじめな話を 守るべき人と 心の扉を あけて話そう 小さな私は いなくなる 日々よありがとう  夏の太陽を なぐさめの雨を 時々はうそを 笑うあなたを 何より大切にしよう 今 海風星空朝露雪解夕暮花房夜明光  与えられたなら 受け取ろう 日々よ ありがとう ありがとうYUKIYUKIAndy Sturmer流れ星 通り過ぎた 願いはいつでも 同じ事ばかり 夢の足跡をたどり 残された日々と パレードは続く  海風星空朝露雪解夕暮花房夜明光 与えられたなら 受け取ろう 日々をありがとう  ひとりでも生きられると 本気で思ってた まだ子供だった 限りあるこの力を ムダにはできない パレードは 続く  まじめな話を 守るべき人と 心の扉を あけて話そう 小さな私は いなくなる 日々よありがとう  夏の太陽を なぐさめの雨を 時々はうそを 笑うあなたを 何より大切にしよう 今 海風星空朝露雪解夕暮花房夜明光  与えられたなら 受け取ろう 日々よ ありがとう ありがとう
yes遥かな闇から 光る石が落ちてくる 寝転んでたい 展望台 夜明けのダンス 誰もがyesと叫びたいわ 怖がっていたの 気付かないうちに諦めたり 泣いたりしたの 求めてばかり 遠く遠く 果てしない憧れの旅路へ 思い飛ぶ 私だけのオンリーワン 最後はあなたの隣 赤い夕焼け 左手に 美しい涙 右手に 歌う丘の上で 話して 私のために 初めて口づけした日 生きた証など要らない それぞれの物語 空しい 独りでは哀しい 青空が優しい 2人ならお見通し やっぱり でも嬉しい わくわくは楽しい 幸せは買えない もうすぐ朝が来る you & me 怖がらないで 今までのあなたの話した言葉 守りたいの 命の限り 自由の絵の具で描いた自由のフラッグを立てて 絶望をハサミで切り抜いて 迷子の魅力を知ったり ハチミツはいつでも甘い 竜巻に巻き込まれて 目が回るわ 待って 話して 私のために 初めて歩いたあの日 目の前のことが全て それぞれの物語 素晴らしい家族になりたいな そんな難しい顔も読み通り ねえ でも嬉しい さよならは寂しい お別れがきても きっとまた抱きあえる you & meYUKIYUKI伊藤寛之玉井健二・百田留衣・YUKI遥かな闇から 光る石が落ちてくる 寝転んでたい 展望台 夜明けのダンス 誰もがyesと叫びたいわ 怖がっていたの 気付かないうちに諦めたり 泣いたりしたの 求めてばかり 遠く遠く 果てしない憧れの旅路へ 思い飛ぶ 私だけのオンリーワン 最後はあなたの隣 赤い夕焼け 左手に 美しい涙 右手に 歌う丘の上で 話して 私のために 初めて口づけした日 生きた証など要らない それぞれの物語 空しい 独りでは哀しい 青空が優しい 2人ならお見通し やっぱり でも嬉しい わくわくは楽しい 幸せは買えない もうすぐ朝が来る you & me 怖がらないで 今までのあなたの話した言葉 守りたいの 命の限り 自由の絵の具で描いた自由のフラッグを立てて 絶望をハサミで切り抜いて 迷子の魅力を知ったり ハチミツはいつでも甘い 竜巻に巻き込まれて 目が回るわ 待って 話して 私のために 初めて歩いたあの日 目の前のことが全て それぞれの物語 素晴らしい家族になりたいな そんな難しい顔も読み通り ねえ でも嬉しい さよならは寂しい お別れがきても きっとまた抱きあえる you & me
It's like heavenIt's like heaven… お集まりのイカしたビーツ 温めるのよエンジン 燃えるソウルは飾りじゃないのよ その確かな声を私にも聞かせてよ It's like heaven 甘く囁きかける恋人がいなくても 風に晒され愛を見失う日も 涙はそう拭いて アクセルを噴かせばいい It's like heaven 子供みたいに 闇を照らせハイライト マニュアルでも オートマチックでも その時が今来たわ そうよベイベー 会いたい時 私を呼んで ドアはいつでも 君に開いているから 夢を見せて せめて今は スピードに身を委ねてる ボディーカラーはレインボウ あなたとならば怖くないのよ オーバーヒート 錆びたグリルでも ピカピカのマイ・ライフ イエイ ベイビー 右手を振ってスライド エンブレム光らせて 駆け抜けて疾走 うれしくって抱きあっちゃうようなアクシデント ただ待っているだけじゃダメよ 進んでいるから 夢を見せて せめて今は スピードに身を委ねては 光るのよハイウェイ あなたとならば怖くないから おいでよ 会いたい時 私を呼んで ドアはいつでも 君に開いているから 夢を見せて せめて今は スピードに身を委ねてる ボディーカラーはレインボウ あなたとならば うれしくって抱きあっちゃうようなアクシデント ただ待ってるだけじゃダメダメ 進んでいるから 夢を見せて せめて今は スピードに身を委ねては 光るのよハイウェイ あなたとならば怖くないから おいでよ 会いたい時 私を呼んでYUKIYUKIHALIFANIE玉井健二・百田留衣・YUKIIt's like heaven… お集まりのイカしたビーツ 温めるのよエンジン 燃えるソウルは飾りじゃないのよ その確かな声を私にも聞かせてよ It's like heaven 甘く囁きかける恋人がいなくても 風に晒され愛を見失う日も 涙はそう拭いて アクセルを噴かせばいい It's like heaven 子供みたいに 闇を照らせハイライト マニュアルでも オートマチックでも その時が今来たわ そうよベイベー 会いたい時 私を呼んで ドアはいつでも 君に開いているから 夢を見せて せめて今は スピードに身を委ねてる ボディーカラーはレインボウ あなたとならば怖くないのよ オーバーヒート 錆びたグリルでも ピカピカのマイ・ライフ イエイ ベイビー 右手を振ってスライド エンブレム光らせて 駆け抜けて疾走 うれしくって抱きあっちゃうようなアクシデント ただ待っているだけじゃダメよ 進んでいるから 夢を見せて せめて今は スピードに身を委ねては 光るのよハイウェイ あなたとならば怖くないから おいでよ 会いたい時 私を呼んで ドアはいつでも 君に開いているから 夢を見せて せめて今は スピードに身を委ねてる ボディーカラーはレインボウ あなたとならば うれしくって抱きあっちゃうようなアクシデント ただ待ってるだけじゃダメダメ 進んでいるから 夢を見せて せめて今は スピードに身を委ねては 光るのよハイウェイ あなたとならば怖くないから おいでよ 会いたい時 私を呼んで
Walking on the skylineよそ見をして 歩いてる スカイライン 瞼には はみだしそうな アイライン 磨きをかけた お尻は チェリーパイ 用意周到 憧れていた マ・マの 言うセリフ 「雨上がりの 妖精のように、 女の子は いつでも 踊れるの」って  空の色は 変わらずに 今日一日を 連れ去ってしまうわ 瞑想して 近い未来 信じるのは この手の輪 叶えるの 私の願い事 私の願い事  花の名前 ギリシャの神話 全ては ジェラシーで 生まれた 「人を羨む心なんて いらないわ」なんて キレイ事ばかり 言わないで みとめてみたいの 生まれて 死んでゆく 理由は 誰にでも 愛されて わかること  風の色は 変わらずに まだ私の傍で瞬くわ 永遠じゃない 星占い 与えるのは その手の輪 終わらない 私の願いは……!  ガラスのビート ストロベリーアイスクリーム 虹のスウェードに パノラマ船 小鳥のように 唱う 土曜日 リズムに乗って 私を さらってく 朝には 世界の愛の歌が 鳴り響くカラー  痛いのは 激しい エゴイズムのせいではないわ 妄想じゃない 青い未来 委ねるのよ 体ごと  空の色は 変わらずに 今日一日を 連れ去ってしまうわ 創造したい 近い未来 与えるのは その手の輪 受け取るのは その手の平 叶えるの 私の願い事 私の願い事 私のネガイゴト ワタシノネガイゴト うーいえーい んー 扉を 開けたら あたたかいスープのかおりが 私を包みますように……。YUKIYUKI・Jonas“Nordlead”Nordelius・Andreas Levander・Nikki AndersYUKI・Jonas“Nordlead”Nordelius・Andreas Levander・Nikki Anders湯浅篤よそ見をして 歩いてる スカイライン 瞼には はみだしそうな アイライン 磨きをかけた お尻は チェリーパイ 用意周到 憧れていた マ・マの 言うセリフ 「雨上がりの 妖精のように、 女の子は いつでも 踊れるの」って  空の色は 変わらずに 今日一日を 連れ去ってしまうわ 瞑想して 近い未来 信じるのは この手の輪 叶えるの 私の願い事 私の願い事  花の名前 ギリシャの神話 全ては ジェラシーで 生まれた 「人を羨む心なんて いらないわ」なんて キレイ事ばかり 言わないで みとめてみたいの 生まれて 死んでゆく 理由は 誰にでも 愛されて わかること  風の色は 変わらずに まだ私の傍で瞬くわ 永遠じゃない 星占い 与えるのは その手の輪 終わらない 私の願いは……!  ガラスのビート ストロベリーアイスクリーム 虹のスウェードに パノラマ船 小鳥のように 唱う 土曜日 リズムに乗って 私を さらってく 朝には 世界の愛の歌が 鳴り響くカラー  痛いのは 激しい エゴイズムのせいではないわ 妄想じゃない 青い未来 委ねるのよ 体ごと  空の色は 変わらずに 今日一日を 連れ去ってしまうわ 創造したい 近い未来 与えるのは その手の輪 受け取るのは その手の平 叶えるの 私の願い事 私の願い事 私のネガイゴト ワタシノネガイゴト うーいえーい んー 扉を 開けたら あたたかいスープのかおりが 私を包みますように……。
美しいわお疲れ様 私 今日も一日中 よくまあ働いたよね ありがとう 私の身体 いつも本当にどうもありがとう わかってる わかってるつもり 頑張りすぎて 大抵はいつも空回り だけど 世話を焼きたい人が沢山いすぎるんだ 好きな人が沢山いる 国境を越える車の中から見えた景色の中で いつもとは違う肌の色 言葉の人達が 一瞬の笑顔で仲良くなれる 幼い子どもの瞳に映る青空 笑うそばからうつる幸せ 穏やかな心を 優しい歌を 歌いながら 私は変わっていく うつしてくわ 変わっていくわ うつしてくわ 変わっていくわ 美しいわYUKIYUKIYUKIYUKIお疲れ様 私 今日も一日中 よくまあ働いたよね ありがとう 私の身体 いつも本当にどうもありがとう わかってる わかってるつもり 頑張りすぎて 大抵はいつも空回り だけど 世話を焼きたい人が沢山いすぎるんだ 好きな人が沢山いる 国境を越える車の中から見えた景色の中で いつもとは違う肌の色 言葉の人達が 一瞬の笑顔で仲良くなれる 幼い子どもの瞳に映る青空 笑うそばからうつる幸せ 穏やかな心を 優しい歌を 歌いながら 私は変わっていく うつしてくわ 変わっていくわ うつしてくわ 変わっていくわ 美しいわ
うれしくって抱きあうよPLATINA LYLIC風に膨らむシャツが 君の胸の形になるのさ 甘い匂いを撒き散らして 僕らはベッドに潜り込んだ たなびくサイレン 愛撫のリフレイン 茹だるようなビート 少し震えているのかい? 捧げたい僕を 君の広い宇宙に 在るだけの夜に 在るだけの花びら ハナ唄で閃いた! 希望の咲く丘目指せ シグナルは青になる うれしくって抱きあうよ うつむいたり叫んだり 忙しい僕らの宴 ありがとうに出逢う街 うれしくって抱きあうよ 巡り逢い 胸高鳴る 君の頬を濡らしてくよ 僕をあげよう 溢さないよう 火の無い場所 煙は立たず 欲しいものなら手に入れたんだ 僕と君を繋いだ ハレルヤ!! 乱れ髪 ほうき星 なんて卑猥なんだ君の唄 くろすぐり色の玉手箱を 身の程知らずの指で開ける いかれたモンスター 毛並みを整える 物心つくずっと前の子供みたいに 溢れていたいよ それを「愛」と呼ぶなら 僕だけのヒロイン 君だけのスーパースター 幸せを持ちあわせ 1人より2人なら レコードは廻りだす うれしくって抱きあうよ 雲の上で待ち合わせ 忙しい僕ら歌う 優しさに出逢う度 うれしくって抱きあうよ 動き出す2つの鼓動 辿り着く涙の岸辺 降り出した雨止まずに びしょ濡れならそのままもいいさ 欲しいものなどもはや無いんだ 僕と君はひとつさ ハレルヤ!! 在るだけの夜に 在るだけの花びら ハナ唄で閃いた! 希望の咲く丘目指せ シグナルは青になる うれしくって抱きあうよ うつむいたり叫んだり 忙しい僕らの宴 ありがとうに出逢う街 うれしくって抱きあうよ 巡り逢い 胸高鳴る 君の頬を濡らしてくよ 僕をあげよう 溢さないよう 火の無い場所 煙は立たず 欲しいものなら手に入れたんだ 僕と君を繋いだ ハレルヤ!!PLATINA LYLICYUKIYUKImugen玉井健二・百田留衣・YUKI風に膨らむシャツが 君の胸の形になるのさ 甘い匂いを撒き散らして 僕らはベッドに潜り込んだ たなびくサイレン 愛撫のリフレイン 茹だるようなビート 少し震えているのかい? 捧げたい僕を 君の広い宇宙に 在るだけの夜に 在るだけの花びら ハナ唄で閃いた! 希望の咲く丘目指せ シグナルは青になる うれしくって抱きあうよ うつむいたり叫んだり 忙しい僕らの宴 ありがとうに出逢う街 うれしくって抱きあうよ 巡り逢い 胸高鳴る 君の頬を濡らしてくよ 僕をあげよう 溢さないよう 火の無い場所 煙は立たず 欲しいものなら手に入れたんだ 僕と君を繋いだ ハレルヤ!! 乱れ髪 ほうき星 なんて卑猥なんだ君の唄 くろすぐり色の玉手箱を 身の程知らずの指で開ける いかれたモンスター 毛並みを整える 物心つくずっと前の子供みたいに 溢れていたいよ それを「愛」と呼ぶなら 僕だけのヒロイン 君だけのスーパースター 幸せを持ちあわせ 1人より2人なら レコードは廻りだす うれしくって抱きあうよ 雲の上で待ち合わせ 忙しい僕ら歌う 優しさに出逢う度 うれしくって抱きあうよ 動き出す2つの鼓動 辿り着く涙の岸辺 降り出した雨止まずに びしょ濡れならそのままもいいさ 欲しいものなどもはや無いんだ 僕と君はひとつさ ハレルヤ!! 在るだけの夜に 在るだけの花びら ハナ唄で閃いた! 希望の咲く丘目指せ シグナルは青になる うれしくって抱きあうよ うつむいたり叫んだり 忙しい僕らの宴 ありがとうに出逢う街 うれしくって抱きあうよ 巡り逢い 胸高鳴る 君の頬を濡らしてくよ 僕をあげよう 溢さないよう 火の無い場所 煙は立たず 欲しいものなら手に入れたんだ 僕と君を繋いだ ハレルヤ!!
AIR WAVE迷子のハートブレイカーでておいで 今宵もスウィングさせてあげよう 昔話に花が咲き 前に進めないあなたも 悲しい気分は吹きとばしたげる このひととき 忘れていいよ  私の声は風に乗り あなたの部屋に届くから 今日は泣いてる人達も 窓辺で 笑いあえるはずだから  見てごらん つないだ手と手は 誓うよ ハナレバナレにならぬように してごらん 誰にも できない遊びを あきらめるには まだ はやい  解ったふりをして 語られて 嵐にまきこまれ 流行病の畳の上で それでも やるしかない 今は… たぶん… きっと!!  「今でも、好きだよ」あなたの言葉が まだ この胸を しめつける してごらん 誰にも できない遊びを あきらめるのは まだ はやいYUKIYUKIAndy SturmerAndy Sturmer迷子のハートブレイカーでておいで 今宵もスウィングさせてあげよう 昔話に花が咲き 前に進めないあなたも 悲しい気分は吹きとばしたげる このひととき 忘れていいよ  私の声は風に乗り あなたの部屋に届くから 今日は泣いてる人達も 窓辺で 笑いあえるはずだから  見てごらん つないだ手と手は 誓うよ ハナレバナレにならぬように してごらん 誰にも できない遊びを あきらめるには まだ はやい  解ったふりをして 語られて 嵐にまきこまれ 流行病の畳の上で それでも やるしかない 今は… たぶん… きっと!!  「今でも、好きだよ」あなたの言葉が まだ この胸を しめつける してごらん 誰にも できない遊びを あきらめるのは まだ はやい
大人になってGOLD LYLIC15歳で全てわかったふりをしてさ くたびれたTシャツ一つでどこでも行けた 道草すれば銀杏の木が揺れた 茶色い野良猫は雨に打たれ 鳴いてたんだ なんで なんで 人は生まれ 愛を知っていく 悩める美しい若き日々よ 繋いで 伝えて 時代は流れ 変わり続ける 私はやっと今日を繋ぎ合わせる まつ毛の先にキラキラ縞模様 眼差しは遠くばかりを見ては羨む 黒髪 潮風に乗り 手を振れば 故郷は遠く しがらみに錆びて笑う なんで なんで 人は生まれ 愛に満ちて死ぬ 重ねる手と手は共に誓う 泣いて 笑って 時代は流れ 変わり続ける 私はやっと今日を歌い生きている 恋をしていたの 答えなんて自分にしかないよ ないよ 大人になって どこへ行くの? なんで なんで 人は生まれ 愛を知っていく 悩める美しい若き日々よ 繋いで 伝えて 時代は流れ 変わり続ける 私はやっと今日を繋ぎ合わせる なんで なんで 繋いで 伝えて 15歳で全てわかったふりをしてさGOLD LYLICYUKIYUKIYUKI15歳で全てわかったふりをしてさ くたびれたTシャツ一つでどこでも行けた 道草すれば銀杏の木が揺れた 茶色い野良猫は雨に打たれ 鳴いてたんだ なんで なんで 人は生まれ 愛を知っていく 悩める美しい若き日々よ 繋いで 伝えて 時代は流れ 変わり続ける 私はやっと今日を繋ぎ合わせる まつ毛の先にキラキラ縞模様 眼差しは遠くばかりを見ては羨む 黒髪 潮風に乗り 手を振れば 故郷は遠く しがらみに錆びて笑う なんで なんで 人は生まれ 愛に満ちて死ぬ 重ねる手と手は共に誓う 泣いて 笑って 時代は流れ 変わり続ける 私はやっと今日を歌い生きている 恋をしていたの 答えなんて自分にしかないよ ないよ 大人になって どこへ行くの? なんで なんで 人は生まれ 愛を知っていく 悩める美しい若き日々よ 繋いで 伝えて 時代は流れ 変わり続ける 私はやっと今日を繋ぎ合わせる なんで なんで 繋いで 伝えて 15歳で全てわかったふりをしてさ
同じ手足の踏み場もないフォトグラフの山 私の涙は渇く間もない 確かな理由を欲しがるほど遠回りしてしまう 時を止めてしまいたくなる さざ波に揺れ 星になって 光を見て 風に揺られ 赦されるような気がした 君の手 君を知って 夢を知って 愛を知って いつだって 触れられるような気がした 君の手 同じ手 変わらないものなど無いと聞くけれど 君と過ごした時間は永遠だ 日だまりの中 浮かぶこの場所 早くおいでよって聞こえてる 「早くおいでよ」と聞こえる さざ波に揺れ 星になって 光を見て 風に揺られ 赦されるような気がした 君の手 君を知って 夢を知って 愛を知って いつだって 触れられるような気がした 君の手 私に見せて 美しいその目を見せて 君の夢 私のかわいい さざ波に揺れ 星になって 光を見て 風に揺られ 赦されるような気がした 君の手 君を知って 夢を知って あたり前を あたり前に 教えてくれたのは 君の あたたかい君の あたたかい 君の手YUKIYUKITricia McTeague・Jez Ashurst石成正人・玉井健二・百田留衣・YUKI足の踏み場もないフォトグラフの山 私の涙は渇く間もない 確かな理由を欲しがるほど遠回りしてしまう 時を止めてしまいたくなる さざ波に揺れ 星になって 光を見て 風に揺られ 赦されるような気がした 君の手 君を知って 夢を知って 愛を知って いつだって 触れられるような気がした 君の手 同じ手 変わらないものなど無いと聞くけれど 君と過ごした時間は永遠だ 日だまりの中 浮かぶこの場所 早くおいでよって聞こえてる 「早くおいでよ」と聞こえる さざ波に揺れ 星になって 光を見て 風に揺られ 赦されるような気がした 君の手 君を知って 夢を知って 愛を知って いつだって 触れられるような気がした 君の手 私に見せて 美しいその目を見せて 君の夢 私のかわいい さざ波に揺れ 星になって 光を見て 風に揺られ 赦されるような気がした 君の手 君を知って 夢を知って あたり前を あたり前に 教えてくれたのは 君の あたたかい君の あたたかい 君の手
Oh! ベンガル・ガール鳴くより先 前進だ 野性味溢れるハンティング いつまで 飽きもせず 光ばかり追いかける 気品と情熱のプライド 争奪戦エブリデイ 誰にも 君を慰めることなどできやしない 繊細さが魅力的さ ひねもす タフネス 余力残さないんだろ? 失恋のリハビリも ベイビー グラデーションにして 俺が君だけの運命さ またたび ふたたび I'm on my way テリトリーを侵害させて 意外にナイーヴ 君のセンスで俺を呼んで2人毛繕い 屋根の上 愛しのベンガル・ガール  忍び足は 最先端 君の愛は 際限無い 四方・八方美人 俺の後ろの列 渋滞中 キャットウォークの陰で 人知れず泣いていた 七色のドレス 裾のパールもこぼれ落ちた 冒険なんて柄にもない 青春最高って 叫んでりゃいいんだろ? けれども違う 君だけは違う ベイビー 曖昧にできないんだ!! 君が俺だけの運命さ 汗かき べそかき I'm on my way リンガリンガリン響く 迷子の首輪のベル 太陽が世界を照らしても 君が泣くのなら Cloudy day ひたすらに願うのだ 人懐こくて 意地悪なのに 触れたいのに触れられない 君の心に 残したい 愛のアカシック まじめに言うからよく聞いて 今日はお願いだ 逃げないで 俺ら2人きりの 獣 違い無い 爪を研いだならここへ来て お喋り一先ず中断して まばたきで合図をして 俺が君だけの運命さ またたび ふたたび I'm on my way テリトリーを侵害させて 意外にナイーヴ 君のセンスで俺を呼んで2人毛繕い 屋根の上 愛しのベンガル・ガール Oh! ベンガル・ガールYUKIYUKI佐藤嘉風・斎藤渉佐藤嘉風・斎藤渉鳴くより先 前進だ 野性味溢れるハンティング いつまで 飽きもせず 光ばかり追いかける 気品と情熱のプライド 争奪戦エブリデイ 誰にも 君を慰めることなどできやしない 繊細さが魅力的さ ひねもす タフネス 余力残さないんだろ? 失恋のリハビリも ベイビー グラデーションにして 俺が君だけの運命さ またたび ふたたび I'm on my way テリトリーを侵害させて 意外にナイーヴ 君のセンスで俺を呼んで2人毛繕い 屋根の上 愛しのベンガル・ガール  忍び足は 最先端 君の愛は 際限無い 四方・八方美人 俺の後ろの列 渋滞中 キャットウォークの陰で 人知れず泣いていた 七色のドレス 裾のパールもこぼれ落ちた 冒険なんて柄にもない 青春最高って 叫んでりゃいいんだろ? けれども違う 君だけは違う ベイビー 曖昧にできないんだ!! 君が俺だけの運命さ 汗かき べそかき I'm on my way リンガリンガリン響く 迷子の首輪のベル 太陽が世界を照らしても 君が泣くのなら Cloudy day ひたすらに願うのだ 人懐こくて 意地悪なのに 触れたいのに触れられない 君の心に 残したい 愛のアカシック まじめに言うからよく聞いて 今日はお願いだ 逃げないで 俺ら2人きりの 獣 違い無い 爪を研いだならここへ来て お喋り一先ず中断して まばたきで合図をして 俺が君だけの運命さ またたび ふたたび I'm on my way テリトリーを侵害させて 意外にナイーヴ 君のセンスで俺を呼んで2人毛繕い 屋根の上 愛しのベンガル・ガール Oh! ベンガル・ガール
Count Backwardsone two three four one two three four one two three four one two  Crystal clear? make your day make my day. Come on over me 夢を見たい?ベイベ ママの胸で 世界が廻っても 目を閉じないで  Baby Baby Baby Baby Don't you know? I'm the one drive you krazy Don't you know? I'm the one drive you krazy krazy krazy krazy baby  Count 8. Count it backwards 泣いたっていいの あたしは逃げない ここにいる 消えない 夢も見ない でも 死なない Count 8 8.7.6.5.4.3.2.1.0 かなわぬ夢に 手をのばしたければ いいのよ いいのよ 飛び込んできてもYUKI日暮愛葉日暮愛葉日暮愛葉one two three four one two three four one two three four one two  Crystal clear? make your day make my day. Come on over me 夢を見たい?ベイベ ママの胸で 世界が廻っても 目を閉じないで  Baby Baby Baby Baby Don't you know? I'm the one drive you krazy Don't you know? I'm the one drive you krazy krazy krazy krazy baby  Count 8. Count it backwards 泣いたっていいの あたしは逃げない ここにいる 消えない 夢も見ない でも 死なない Count 8 8.7.6.5.4.3.2.1.0 かなわぬ夢に 手をのばしたければ いいのよ いいのよ 飛び込んできても
かたまりシャイな冗談で笑うわ 梔子の花が咲く頃に 目に見えない愛の灯りを辿って 誇らしげなサスペンダー スマートフォンはもうどこかへ失くした 丸腰で上等よ 踊り場に響く 青年の主張 ロバの皮に 身体隠していても 見つかってしまう 許されるのなら ここへ来て 温かい手と手 合わせてほしい 欲しいものなら すでにあなたの中 美しい光の中 双子が鳴らす 始まりの合図 ドラムロール 逃避行に酔う 帰らない恋人達 そこが奈落でも ご機嫌麗しゅう 退屈している暇なんて ないよ 未だ見えない明日を嘆いて 堕ちていきそうな手 救い上げたい 世界はまだ この期に及んで 私を困らせる あなたのことなら なんでもわかる くちづけなら いわずもがな かたまりのまま 生きられたら 私は私のままでいられる できるのなら 愛しい笑顔見せて 目覚めて 何度でも 許されるのなら ここへ来て 私と手と手を 合わせてほしい 欲しいものなら すでにあなたの中 美しい光の中 美しいあなたの中YUKIYUKI津野米咲津野米咲・YUKIシャイな冗談で笑うわ 梔子の花が咲く頃に 目に見えない愛の灯りを辿って 誇らしげなサスペンダー スマートフォンはもうどこかへ失くした 丸腰で上等よ 踊り場に響く 青年の主張 ロバの皮に 身体隠していても 見つかってしまう 許されるのなら ここへ来て 温かい手と手 合わせてほしい 欲しいものなら すでにあなたの中 美しい光の中 双子が鳴らす 始まりの合図 ドラムロール 逃避行に酔う 帰らない恋人達 そこが奈落でも ご機嫌麗しゅう 退屈している暇なんて ないよ 未だ見えない明日を嘆いて 堕ちていきそうな手 救い上げたい 世界はまだ この期に及んで 私を困らせる あなたのことなら なんでもわかる くちづけなら いわずもがな かたまりのまま 生きられたら 私は私のままでいられる できるのなら 愛しい笑顔見せて 目覚めて 何度でも 許されるのなら ここへ来て 私と手と手を 合わせてほしい 欲しいものなら すでにあなたの中 美しい光の中 美しいあなたの中
カ・リ・ス・マ in the dark思いきり泣いたりしたいなぁ 今なら素直に言えるかなぁ こんな暗闇で 小さい“助けて” 聴こえない 一番深いキスをして 二番目の私でもいいから 見せたいの だらしのない 口を開けてる 雪は降り続く 裸で 鍵を失くしてる コインランドリーは廻る 廻る 私の気も知らずに もう真新しい服はいらない カリスマはどこにも見当たらない ただ美しい月の下で 踊る 支払いは一度きり in the dark 世界は息をしているから サナギは蝶々になれるから 守れない約束を 皆知っている 詩人は墓の前で泣いた 透き通る身体をすり抜けて 恋人よ なぜ君は ここにいないの 海鳴りは響く 裸足で 母を背負いて 潮騒 街のどこか遠く あなたの声が聴こえた気がした もう真新しい靴はいらない 旅すらバックパックひとつでかまわない さあ 素晴らしい世界を見よう この目で 夢ならば覚めないで in the dark もう真新しい地図はいらない カリスマはどこにも見当たらない ただ美しい月の下で 踊る 夢ならば一度だけ in the dark さあ 素晴らしい世界を見よう さあ 美しい世界を見ようYUKIYUKI野間康介玉井健二・百田留衣・YUKI思いきり泣いたりしたいなぁ 今なら素直に言えるかなぁ こんな暗闇で 小さい“助けて” 聴こえない 一番深いキスをして 二番目の私でもいいから 見せたいの だらしのない 口を開けてる 雪は降り続く 裸で 鍵を失くしてる コインランドリーは廻る 廻る 私の気も知らずに もう真新しい服はいらない カリスマはどこにも見当たらない ただ美しい月の下で 踊る 支払いは一度きり in the dark 世界は息をしているから サナギは蝶々になれるから 守れない約束を 皆知っている 詩人は墓の前で泣いた 透き通る身体をすり抜けて 恋人よ なぜ君は ここにいないの 海鳴りは響く 裸足で 母を背負いて 潮騒 街のどこか遠く あなたの声が聴こえた気がした もう真新しい靴はいらない 旅すらバックパックひとつでかまわない さあ 素晴らしい世界を見よう この目で 夢ならば覚めないで in the dark もう真新しい地図はいらない カリスマはどこにも見当たらない ただ美しい月の下で 踊る 夢ならば一度だけ in the dark さあ 素晴らしい世界を見よう さあ 美しい世界を見よう
聞き間違いGOLD LYLIC今 何か言いかけたの? 風の音でよく聞こえないよ 隣 歩くだけなのに 見透かされているみたい 高くなる空 あの日の君の瞳 きらきらに輝いて まだ見ぬ世界に胸踊らせていた それは時に優しく 君はとても美しく 足を止めないで歩いていく 旅の途中 哀しみが頬を伝い 風向きが変わっていっても 君にしかない力を誇れますように 暗闇に追い越され その瞳が曇る日も 星へ続く梯子を登れますように あの時 聞き間違いでないのなら 風の中 「大丈夫」そう聞こえたよ でたらめな午前5時 折り鶴潰さないように そっと歩いた すれ違う人の傘 ぶつかる度に 跳ねる 大都会の魚 互い違いのボタンかけ間違えたまんまじゃあ おいしい夢だけ食べて生きられないよ それは時に厳しく 道を踏み外してしまう 愛を止めないで気付いてく 旅の途中 ふわふわの雲に乗り いたずらに穴を開けて とびきりの変顔を待受けにしよう 並んだ2つの影どこまでも伸びていくよ 頑張る理由 それなりに考えたけど 「素直で明るいだけで人には価値がある」と 誰でもいい もう少し早く教えてよ 歓びに頬を緩め 朝焼けに 足るを知る 私にしか歌えない歌があるんだ 暗闇に追い越され その瞳が曇る日も 星へ続く梯子を登れますように あの時 聞き間違いでないのなら 風の中 「大丈夫」 そう聞こえたよ あの時 聞き間違いでないのなら 風の中 「大丈夫」 そう聞こえたよGOLD LYLICYUKIYUKI中野領太玉井健二・百田留衣・YUKI今 何か言いかけたの? 風の音でよく聞こえないよ 隣 歩くだけなのに 見透かされているみたい 高くなる空 あの日の君の瞳 きらきらに輝いて まだ見ぬ世界に胸踊らせていた それは時に優しく 君はとても美しく 足を止めないで歩いていく 旅の途中 哀しみが頬を伝い 風向きが変わっていっても 君にしかない力を誇れますように 暗闇に追い越され その瞳が曇る日も 星へ続く梯子を登れますように あの時 聞き間違いでないのなら 風の中 「大丈夫」そう聞こえたよ でたらめな午前5時 折り鶴潰さないように そっと歩いた すれ違う人の傘 ぶつかる度に 跳ねる 大都会の魚 互い違いのボタンかけ間違えたまんまじゃあ おいしい夢だけ食べて生きられないよ それは時に厳しく 道を踏み外してしまう 愛を止めないで気付いてく 旅の途中 ふわふわの雲に乗り いたずらに穴を開けて とびきりの変顔を待受けにしよう 並んだ2つの影どこまでも伸びていくよ 頑張る理由 それなりに考えたけど 「素直で明るいだけで人には価値がある」と 誰でもいい もう少し早く教えてよ 歓びに頬を緩め 朝焼けに 足るを知る 私にしか歌えない歌があるんだ 暗闇に追い越され その瞳が曇る日も 星へ続く梯子を登れますように あの時 聞き間違いでないのなら 風の中 「大丈夫」 そう聞こえたよ あの時 聞き間違いでないのなら 風の中 「大丈夫」 そう聞こえたよ
汽車に乗って落馬した 砂漠の民は 働いた 働いた 故郷離れ 故郷離れ 思い出すのは 君のことさ 待ち合わせは 夕日が丘 アカシアの遠い木陰 君は 小さな白い花びらを 髪につけて 走り出した 僕らの汽車は 虹を見た 夜を見た 星を探して 星を探して うずくまるのは 君の胸さ 待ち合わせは 夕日が丘 アカシアの遠い木陰 君は 小さな白い花びらを 髪につけて もし あの日に 帰れるのならば おもいきり 抱きしめようか 夢の場所へ 揺られながら 汽車に乗って 幸せは ふたつの 飛行機雲 カナリアは 歌を 忘れた 君は 小さな紅い唇を 指で撫でて もし あの日に 帰れるのならば 手に手をとって 逃げようか 夢の場所は 夢のままに 汽車に乗ってYUKIYUKI大川カズト大川カズト・玉井健二・YUKI落馬した 砂漠の民は 働いた 働いた 故郷離れ 故郷離れ 思い出すのは 君のことさ 待ち合わせは 夕日が丘 アカシアの遠い木陰 君は 小さな白い花びらを 髪につけて 走り出した 僕らの汽車は 虹を見た 夜を見た 星を探して 星を探して うずくまるのは 君の胸さ 待ち合わせは 夕日が丘 アカシアの遠い木陰 君は 小さな白い花びらを 髪につけて もし あの日に 帰れるのならば おもいきり 抱きしめようか 夢の場所へ 揺られながら 汽車に乗って 幸せは ふたつの 飛行機雲 カナリアは 歌を 忘れた 君は 小さな紅い唇を 指で撫でて もし あの日に 帰れるのならば 手に手をとって 逃げようか 夢の場所は 夢のままに 汽車に乗って
キスをしようよGOLD LYLICそうよ 4月の夜 まだ開くはずのない花に日暮し あなたの右腕に 残したしるし ワン リトル キッス 失くしたものにだけ 愛しくなる わたしの悪い癖 起こりもしないこと 想像して 泣いてみたり リズムが壊れて へとへとになって途方に暮れた いつか世界が 終わるとしても キスをしようよ 揺れるような 夕焼けに染まる 赤い頬 今は大好きな時間 猛スピードで 優しさをつかって 浮かぶ 安らぎ 胸の膨らみ 秘密と裏腹 あふれてるのよ むかえる敵さえ トランクに詰めて乗り込む ハイウェイ まわるスカートの蝶々が あなたのもとへ飛ぶ 素敵でしょう? もうすぐ会えるね わたしだけの ソー スウィート ハート 楽しいことばかりじゃないはずなのに いつもあなたは笑っているわ キスをしようよ 触れるような 夕暮れを歩く 影法師 今は大好きな 自由のスピーカーで 愛をつかって 歌う始まり 探しものなんてない 本当の自分なんていらない 目をよくみて 足元をよくみて あなたにある 光はひとつだけ のぞみはひとつだけ ねぇ キスをしようよ 震えるような 夕闇に染まる 赤い頬 今は大好きなあなたと2人で キスをしようよ 揺れるような 夕暮れを歩く 影法師 今は大好きな時間 猛スピードで ねぇ キスをしようよ ねぇ キスをしようよ ねぇ キスをしようよGOLD LYLICYUKIYUKI・Zuriani・Ken IngwersenYUKI・Zuriani・Ken Ingwersen田中ユウスケそうよ 4月の夜 まだ開くはずのない花に日暮し あなたの右腕に 残したしるし ワン リトル キッス 失くしたものにだけ 愛しくなる わたしの悪い癖 起こりもしないこと 想像して 泣いてみたり リズムが壊れて へとへとになって途方に暮れた いつか世界が 終わるとしても キスをしようよ 揺れるような 夕焼けに染まる 赤い頬 今は大好きな時間 猛スピードで 優しさをつかって 浮かぶ 安らぎ 胸の膨らみ 秘密と裏腹 あふれてるのよ むかえる敵さえ トランクに詰めて乗り込む ハイウェイ まわるスカートの蝶々が あなたのもとへ飛ぶ 素敵でしょう? もうすぐ会えるね わたしだけの ソー スウィート ハート 楽しいことばかりじゃないはずなのに いつもあなたは笑っているわ キスをしようよ 触れるような 夕暮れを歩く 影法師 今は大好きな 自由のスピーカーで 愛をつかって 歌う始まり 探しものなんてない 本当の自分なんていらない 目をよくみて 足元をよくみて あなたにある 光はひとつだけ のぞみはひとつだけ ねぇ キスをしようよ 震えるような 夕闇に染まる 赤い頬 今は大好きなあなたと2人で キスをしようよ 揺れるような 夕暮れを歩く 影法師 今は大好きな時間 猛スピードで ねぇ キスをしようよ ねぇ キスをしようよ ねぇ キスをしようよ
君はスーパーラジカル君はスーパーラジカル 真の快楽者 ベイビー 心を捕まえよ 心に従えば 2人は素晴らしい 真の革命家 ベイビー 身体を支配する 愛を 上手く使い分けるの ベイビー ベイビー 胸の奥 それぞれのラヴソング 私たち いつも取り出せる それはあなたがくれた 幾つものキスから生まれた 笑ってよ もう少し 鏡の中 ほほ笑む 泣いてよ もっと 綺麗な 涙で 君はスーパーマジカル 魔法のような声で ベイビー 虹を捕まえよう 長い雨に唄えば 2人は狂おしい 手に手をとりあって ベイビー 力を分かちあうよ 愛を 上手く注ぎあえるの ベイビー ベイビー ダークサイドに立って いつまでも 青い鳥 捜しているのならば 答えはここにある 間違ってないって 自分に言い聞かせて 笑ってよ もう少し 瞳の奥 潜んでる 最後の空は 汚れていないわYUKIYUKIgive me wallets玉井健二・百田留衣・YUKI君はスーパーラジカル 真の快楽者 ベイビー 心を捕まえよ 心に従えば 2人は素晴らしい 真の革命家 ベイビー 身体を支配する 愛を 上手く使い分けるの ベイビー ベイビー 胸の奥 それぞれのラヴソング 私たち いつも取り出せる それはあなたがくれた 幾つものキスから生まれた 笑ってよ もう少し 鏡の中 ほほ笑む 泣いてよ もっと 綺麗な 涙で 君はスーパーマジカル 魔法のような声で ベイビー 虹を捕まえよう 長い雨に唄えば 2人は狂おしい 手に手をとりあって ベイビー 力を分かちあうよ 愛を 上手く注ぎあえるの ベイビー ベイビー ダークサイドに立って いつまでも 青い鳥 捜しているのならば 答えはここにある 間違ってないって 自分に言い聞かせて 笑ってよ もう少し 瞳の奥 潜んでる 最後の空は 汚れていないわ
君を束縛したいのですWhat's your lust? What you had 突然の嵐みたいに 私を困らせるのは誰? うなされるように 高熱を出しそうさ まだ よちよちのベイベーみたいな 小娘になす術もなく 視点は定まらず 予想以上の動揺 解っているはずなの 磁石があるんだ 引き寄せられてる 火傷してしまうんだ 火花散るような 熱いキッスをした 揺らいだ 揺らいだ ―脳内恋愛養生中― ―誰がそれを愛と言う?― 恋をした 期待しすぎた ―君を束縛したいのですー 8月の灼けつく太陽 君だけに見つめられたら最高 繋いだ小指に 伝われ願いよ まだまだ よちよちのベイベーみたいな 小娘になす術もなく 鼓動は覚めやらず 予想以上の動揺 探してた運命の パズルのピースは ピタリと合っちゃって 額に飾るんだ 機械がするような ぎこちないキッスをした 揺らいだ 揺らいだ ―脳内恋愛養生中― ―咎められない 暴走中!- 恋をした 期待しすぎた ―君を束縛したいのですー What's your lust? What you had 揺らいだ 揺らいだ ―脳内恋愛養生中― ―誰がそれを愛と言う?― 恋をした 私はギター ―君を束縛したいのですー カレーが好きな 彼が好きだ ―脳内恋愛養生中― ―掻き鳴らしてよ 妄想中!- 恋をした 夢を見た ―君を束縛したいのですー I wanna be your girl friend What's your lust? What you hadYUKIYUKIHALIFANIE玉井健二・百田留衣・YUKIWhat's your lust? What you had 突然の嵐みたいに 私を困らせるのは誰? うなされるように 高熱を出しそうさ まだ よちよちのベイベーみたいな 小娘になす術もなく 視点は定まらず 予想以上の動揺 解っているはずなの 磁石があるんだ 引き寄せられてる 火傷してしまうんだ 火花散るような 熱いキッスをした 揺らいだ 揺らいだ ―脳内恋愛養生中― ―誰がそれを愛と言う?― 恋をした 期待しすぎた ―君を束縛したいのですー 8月の灼けつく太陽 君だけに見つめられたら最高 繋いだ小指に 伝われ願いよ まだまだ よちよちのベイベーみたいな 小娘になす術もなく 鼓動は覚めやらず 予想以上の動揺 探してた運命の パズルのピースは ピタリと合っちゃって 額に飾るんだ 機械がするような ぎこちないキッスをした 揺らいだ 揺らいだ ―脳内恋愛養生中― ―咎められない 暴走中!- 恋をした 期待しすぎた ―君を束縛したいのですー What's your lust? What you had 揺らいだ 揺らいだ ―脳内恋愛養生中― ―誰がそれを愛と言う?― 恋をした 私はギター ―君を束縛したいのですー カレーが好きな 彼が好きだ ―脳内恋愛養生中― ―掻き鳴らしてよ 妄想中!- 恋をした 夢を見た ―君を束縛したいのですー I wanna be your girl friend What's your lust? What you had
曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 編曲者名 歌い出し
口笛このまま話を聞いてよ 口笛も凍えそうな夜 カーステレオからはリヴィエラ シートに深く沈み込んでた 窓の外には駐車場 すれすれのサイドミラーに映るのは 挫折も希望さえ 知らなかった自分 ああ あの日は もう帰らない 傘も差さずに歩く山手通り もしもあの時 上手く騙してくれたならば 未来 変わっていたと思うけど 映画のように 別れを告げられたなら 想い出 連れて逃げて 唇に空は流れる 熱き心に 時代よ踊らせて 懐かしい 真冬の空 探し物ならばここよ 口笛は始まりの意味を持つ マスカラ滲むほど 涙 絶え間なく流れる ああ ここから 遠く離れて 旅に出るのもいいのかもね 知れない もしもあなたに 強く抱きしめられたならば 未来 変わっていくと思うから 哀しい唄は聴こえない 小さな頃の想い出 連れて逃げて 最後に交わした言葉を 胸に刻んで走る 朝焼けに 眩しい都会の空 映画のように 別れを告げられたなら 想い出 連れて逃げて 唇に空は流れる 熱き心に 時代よ踊らせて 懐かしい 真冬の空 懐かしい 真冬の空YUKIYUKI南田健吾玉井健二・百田留衣・YUKIこのまま話を聞いてよ 口笛も凍えそうな夜 カーステレオからはリヴィエラ シートに深く沈み込んでた 窓の外には駐車場 すれすれのサイドミラーに映るのは 挫折も希望さえ 知らなかった自分 ああ あの日は もう帰らない 傘も差さずに歩く山手通り もしもあの時 上手く騙してくれたならば 未来 変わっていたと思うけど 映画のように 別れを告げられたなら 想い出 連れて逃げて 唇に空は流れる 熱き心に 時代よ踊らせて 懐かしい 真冬の空 探し物ならばここよ 口笛は始まりの意味を持つ マスカラ滲むほど 涙 絶え間なく流れる ああ ここから 遠く離れて 旅に出るのもいいのかもね 知れない もしもあなたに 強く抱きしめられたならば 未来 変わっていくと思うから 哀しい唄は聴こえない 小さな頃の想い出 連れて逃げて 最後に交わした言葉を 胸に刻んで走る 朝焼けに 眩しい都会の空 映画のように 別れを告げられたなら 想い出 連れて逃げて 唇に空は流れる 熱き心に 時代よ踊らせて 懐かしい 真冬の空 懐かしい 真冬の空
首輪ハーイ 日傘のママ ハーイ 車のパパ さなぎは ちょうちょに なる 見事な 日曜日だ くつしたの丈 さっきから 気にしてる あの娘 えさを 食べたら すぐに 連れて行って 走れるよ 僕が 浜辺を おもいきり ければ 君は笑っている それだけで 幸せだ 頭をなでて ほおずりを 2回して 白黒の世界で 白黒の世界で グッバーイ 日傘でママ グッバーイ 車でパパ 僕は 青い 芝生に 耳を うずめて あの娘の事を 想う 扉よ ひらけ 走れるよ 僕が 浜辺を おもいきり ければ 君は笑っていた それだけで 幸せだった ボ一ルを高く投げて 青空をあおいで 白黒の世界で 白黒の世界で さなぎは ちょうに なれず 君は ふるさとに 帰れず 僕は 首輪を 変えた 僕が 浜辺を おもいきり ければ 君は笑っている それだけで 幸せだ 頭をなでて ほおずりを 2回して 白黒の世界で 白黒の世界でYUKIYUKIKeito Blow玉井健二・湯浅篤ハーイ 日傘のママ ハーイ 車のパパ さなぎは ちょうちょに なる 見事な 日曜日だ くつしたの丈 さっきから 気にしてる あの娘 えさを 食べたら すぐに 連れて行って 走れるよ 僕が 浜辺を おもいきり ければ 君は笑っている それだけで 幸せだ 頭をなでて ほおずりを 2回して 白黒の世界で 白黒の世界で グッバーイ 日傘でママ グッバーイ 車でパパ 僕は 青い 芝生に 耳を うずめて あの娘の事を 想う 扉よ ひらけ 走れるよ 僕が 浜辺を おもいきり ければ 君は笑っていた それだけで 幸せだった ボ一ルを高く投げて 青空をあおいで 白黒の世界で 白黒の世界で さなぎは ちょうに なれず 君は ふるさとに 帰れず 僕は 首輪を 変えた 僕が 浜辺を おもいきり ければ 君は笑っている それだけで 幸せだ 頭をなでて ほおずりを 2回して 白黒の世界で 白黒の世界で
クライマー・クライマー道は険しい 重くなる足 いらないもの 捨てに行こう 昨日流した涙の理由や 言い訳やそんなモノ あてにならない 天気予報「晴れ のち 霧」 寒さをしのぐ テクニックを詰め込んでる 大きめのナップザック コンパスも地図も無しで 道に迷うオプティミスト 後悔の穴を掘り続ける夕方の5合目 手探りで歩いてく ススメ私の丈夫なトレッキングシューズ この Party からはぐれてもいい 目指す場所はサンライズの上 まだ頂上までは遠い 油断してたら目の前ホワイトアウト 滑り止めのアイゼン磨いて 乗ることならない Mountain Railway 子供の頃 熱を出して ママが切った 冷たい桃を 食べたくてさ わざと何度も 風邪を引き 困らせた 夜になって シュラフで眠る むきだしの顔 冷たくなる いつか出会う 見知らぬあなた 想い 想い 想う 冒険の裏と表 ビギナーズのラック エキスパートのミス 遭難して熊に出会い 友達になるのは ど・ち・ら? 手探りで歩いてく ススメ私の大事なトレッキングシューズ この Party からはぐれないように つなぐザイルは仲間の証 まだ頂上までは遠い あきらめたら目の前ホワイトアウト すれ違うアルピニストに Say hello 傷を癒して 渓谷の風 疲れたなら休めばいい 甘いおかしでも食べて また登ればいい 手探りで歩いてく ススメ私の丈夫なトレッキングシューズ このPartyからはぐれてもいい 目指す場所はサンライズの上 まだ頂上までは遠い ススメ私の丈夫なトレッキングシューズ 滑り止めのアイゼン磨いて 乗ることならない Mountain RailwayYUKIYUKI飛内将大玉井健二・百田留衣・YUKI道は険しい 重くなる足 いらないもの 捨てに行こう 昨日流した涙の理由や 言い訳やそんなモノ あてにならない 天気予報「晴れ のち 霧」 寒さをしのぐ テクニックを詰め込んでる 大きめのナップザック コンパスも地図も無しで 道に迷うオプティミスト 後悔の穴を掘り続ける夕方の5合目 手探りで歩いてく ススメ私の丈夫なトレッキングシューズ この Party からはぐれてもいい 目指す場所はサンライズの上 まだ頂上までは遠い 油断してたら目の前ホワイトアウト 滑り止めのアイゼン磨いて 乗ることならない Mountain Railway 子供の頃 熱を出して ママが切った 冷たい桃を 食べたくてさ わざと何度も 風邪を引き 困らせた 夜になって シュラフで眠る むきだしの顔 冷たくなる いつか出会う 見知らぬあなた 想い 想い 想う 冒険の裏と表 ビギナーズのラック エキスパートのミス 遭難して熊に出会い 友達になるのは ど・ち・ら? 手探りで歩いてく ススメ私の大事なトレッキングシューズ この Party からはぐれないように つなぐザイルは仲間の証 まだ頂上までは遠い あきらめたら目の前ホワイトアウト すれ違うアルピニストに Say hello 傷を癒して 渓谷の風 疲れたなら休めばいい 甘いおかしでも食べて また登ればいい 手探りで歩いてく ススメ私の丈夫なトレッキングシューズ このPartyからはぐれてもいい 目指す場所はサンライズの上 まだ頂上までは遠い ススメ私の丈夫なトレッキングシューズ 滑り止めのアイゼン磨いて 乗ることならない Mountain Railway
good girlHey girl, are you a good girl or bad? Ha… Ha… I am too much… ―良い子でいられない― 眉寄せ 眉間のしわ深くなる 口唇を噛むgood girl うな垂れ 下を向いて 冴えないの ステージの裏側 物分かり良くて 美しい景色だけをお望みならば 優秀なインフルエンサー紹介するよ 誰にでもナイスではいられないわ 良い子でいられない タフでなきゃモテない 猛獣使いなら お手合わせしよう 良い子でいられない マイソウル錆びない 誰にも私を傷つけられない ―良い子でいられない― ガラスの靴は脱いだ 散らばる役に立たないコルセット 愛する覚悟ならば変わらない お返しなんていらない 神様 少しだけクレイジーな私で いつも生きられるなら 泣いていた昨日を 荒れるデーゲームを 深呼吸 変化球 Yes, I do, do. ベイベー 良い子でいられない 君もそうなように スポットライトの下で 待ち合わせしよう 良い子でいられない good girl 黙らない 誰にも私を閉じ込められない Don't worry about me I need to kick off my shoes I feel good yeah  I feel good yeah Yes! I am 良い子でいられない 君もそうなように スポットライトの下で 待ち合わせしよう 良い子でいられない タフでなきゃモテない 猛獣使いなら お手合わせしよう 良い子でいられない マイソウル錆びない 誰にも私を傷つけられない 良い子でいられない 君もそうなように スポットライトの下で 待ち合わせしよう 良い子でいられない good girl 黙らない 誰にも私を閉じ込められない Hey girl, are you a good girl? I am tooooo much…YUKIYUKIClaire Rodrigues Lee・Kevin Charge今井了介・前田佑Hey girl, are you a good girl or bad? Ha… Ha… I am too much… ―良い子でいられない― 眉寄せ 眉間のしわ深くなる 口唇を噛むgood girl うな垂れ 下を向いて 冴えないの ステージの裏側 物分かり良くて 美しい景色だけをお望みならば 優秀なインフルエンサー紹介するよ 誰にでもナイスではいられないわ 良い子でいられない タフでなきゃモテない 猛獣使いなら お手合わせしよう 良い子でいられない マイソウル錆びない 誰にも私を傷つけられない ―良い子でいられない― ガラスの靴は脱いだ 散らばる役に立たないコルセット 愛する覚悟ならば変わらない お返しなんていらない 神様 少しだけクレイジーな私で いつも生きられるなら 泣いていた昨日を 荒れるデーゲームを 深呼吸 変化球 Yes, I do, do. ベイベー 良い子でいられない 君もそうなように スポットライトの下で 待ち合わせしよう 良い子でいられない good girl 黙らない 誰にも私を閉じ込められない Don't worry about me I need to kick off my shoes I feel good yeah  I feel good yeah Yes! I am 良い子でいられない 君もそうなように スポットライトの下で 待ち合わせしよう 良い子でいられない タフでなきゃモテない 猛獣使いなら お手合わせしよう 良い子でいられない マイソウル錆びない 誰にも私を傷つけられない 良い子でいられない 君もそうなように スポットライトの下で 待ち合わせしよう 良い子でいられない good girl 黙らない 誰にも私を閉じ込められない Hey girl, are you a good girl? I am tooooo much…
Good Timesああ 楽しい タバコをふかす前に キスをすると ああ おいしい…  ああ 空に手が届くまで そう 抱きしめてぇ  神様ぁ なんているわけないわ バカねぇー あー くだらない  ああ 目の中の星達よ ああ 涙を見せないで ああ ひざにおしあてた 体が暖かくなって なーってく なってく  ああ 楽しい タバコをふかす前に キスをすると ああ おいしい…  ああ 目の中の星達よ ああ 涙を見せないで ああ ひざにおしあてた 体が暖かくなって なーってく なってく  Won't you be my star? You're coming to my life so easily 身をまかせるってステキ a ha You can give up on your life But I won't, Don't you ever realise Tell me! Kickin' ass.baby! How valuable I am. Ah Ha Ha!  Yo!た・の・し・いーYUKI日暮愛葉日暮愛葉ああ 楽しい タバコをふかす前に キスをすると ああ おいしい…  ああ 空に手が届くまで そう 抱きしめてぇ  神様ぁ なんているわけないわ バカねぇー あー くだらない  ああ 目の中の星達よ ああ 涙を見せないで ああ ひざにおしあてた 体が暖かくなって なーってく なってく  ああ 楽しい タバコをふかす前に キスをすると ああ おいしい…  ああ 目の中の星達よ ああ 涙を見せないで ああ ひざにおしあてた 体が暖かくなって なーってく なってく  Won't you be my star? You're coming to my life so easily 身をまかせるってステキ a ha You can give up on your life But I won't, Don't you ever realise Tell me! Kickin' ass.baby! How valuable I am. Ah Ha Ha!  Yo!た・の・し・いー
恋人よ愛の指つまびくのは 優しい恋の唄 長くせまいトンネルをぬけて 届いたラヴレター 君は伸ばし始めた髪ひとつにしてさ 僕の気持ちさとすように 見ないふりしてくれた  泣かないで恋人よ 誰にも似ていない 向かい風に息もできずに たおれてしまっても 君だけが 僕のことを 知っている  毎日 がったんごっとん電車にゆられる帰り道 僕を上手くよろこばせるなら 君は世界一 いつのまに季節は過ぎて 景色も変わっていく 高い高いビルの上に立ち 大きく深呼吸  泣かないで恋人よ 未来はわからない いばらの道で血を流して 汚れてしまっても 君だけが 僕のことを 知っている  泣かないで恋人よ 誰にも似ていない 向かい風に息もできずに たおれてしまっても そばにいてくれる恋人よ 力をくれるよ 名前を呼びあうよ 触れた手が全てなんだ 君だけが 僕のことを 知っている  愛の指つまびくのは 優しい恋の唄YUKIYUKI松浦友也會田茂一・YUKI愛の指つまびくのは 優しい恋の唄 長くせまいトンネルをぬけて 届いたラヴレター 君は伸ばし始めた髪ひとつにしてさ 僕の気持ちさとすように 見ないふりしてくれた  泣かないで恋人よ 誰にも似ていない 向かい風に息もできずに たおれてしまっても 君だけが 僕のことを 知っている  毎日 がったんごっとん電車にゆられる帰り道 僕を上手くよろこばせるなら 君は世界一 いつのまに季節は過ぎて 景色も変わっていく 高い高いビルの上に立ち 大きく深呼吸  泣かないで恋人よ 未来はわからない いばらの道で血を流して 汚れてしまっても 君だけが 僕のことを 知っている  泣かないで恋人よ 誰にも似ていない 向かい風に息もできずに たおれてしまっても そばにいてくれる恋人よ 力をくれるよ 名前を呼びあうよ 触れた手が全てなんだ 君だけが 僕のことを 知っている  愛の指つまびくのは 優しい恋の唄
口実にして細目が好きだったけど 恋人がもういたよね 検索しても あなたの名前引っかからないの きっとあなたはマグロ漁船 なんとなく噂でそう聞いたよ 学校の帰り道 雪の降る競馬場 ピンクのコンバースお揃いで履いた 本当はダサいと思っていたけど ずっと言えなかった 貸した3万円返してほしかった そんなことを 口実にして 口実にして 口実にして もう一度 あなたに会いたい バスを待つ夢を見る あなたが乗ってやってくる 後ろの席に笑顔を探す いつでも いいところで目が覚めます ずっと言いたかった 私が夜も寝ないで編んだボロボロの青いマフラーして欲しかった そんなことを 口実にして 口実にして 口実にして もう一度 あなたに会いたい もう一度 あなたに会いたい もう一度 あなたに会いたいYUKIYUKI前野健太前野健太・YUKI細目が好きだったけど 恋人がもういたよね 検索しても あなたの名前引っかからないの きっとあなたはマグロ漁船 なんとなく噂でそう聞いたよ 学校の帰り道 雪の降る競馬場 ピンクのコンバースお揃いで履いた 本当はダサいと思っていたけど ずっと言えなかった 貸した3万円返してほしかった そんなことを 口実にして 口実にして 口実にして もう一度 あなたに会いたい バスを待つ夢を見る あなたが乗ってやってくる 後ろの席に笑顔を探す いつでも いいところで目が覚めます ずっと言いたかった 私が夜も寝ないで編んだボロボロの青いマフラーして欲しかった そんなことを 口実にして 口実にして 口実にして もう一度 あなたに会いたい もう一度 あなたに会いたい もう一度 あなたに会いたい
COSMIC BOXGOLD LYLIC月で生まれた人は 地球には戻れない 母の故郷の惑星に降る 雪に頬うずめるのは難しい 見た事の無い海に 憧れてため息 巨大なモニター 同じ顔した 青い魚達が跳ねる 遥か遠い昔から 意味のある偶然を伝えているんだ 体の中から 響くのは 懐かしい子守歌 公園の砂場から 大気圏突入用のロケットに乗って 誰かが残したシャベルを コックピットにして 還ろう 還ろう もしも恋に落ちたら 能力を失う 自制心 爆発してしまう ロボットみたいになれるなら あなたと話した全て 忘れないでいるのに……!! 曖昧な記憶 振られて地獄 心なら U・S・Bメモリー 横たわる天の川 本当は長い旅路を辿ってきたんだ 時計は逆戻り 隣の席のあの娘 ズル休み また明日も 逢えるのに どうして いつも さようならが きらいになるんだろう? 瞳に映るのは いつか見たはずの 燃える夕焼け 遥か遠い昔から 伝わる言葉も全部無意味だとしても 誰かが紡いだ 愛と未来の歌をうたおう 公園の砂場から 大気圏突入用のロケットに乗って 誰かが残したシャベルを コックピットにして還ろう 還ろう 還ろう 還ろうGOLD LYLICYUKIYUKImugen玉井健二・百田留衣・湯浅篤・YUKI月で生まれた人は 地球には戻れない 母の故郷の惑星に降る 雪に頬うずめるのは難しい 見た事の無い海に 憧れてため息 巨大なモニター 同じ顔した 青い魚達が跳ねる 遥か遠い昔から 意味のある偶然を伝えているんだ 体の中から 響くのは 懐かしい子守歌 公園の砂場から 大気圏突入用のロケットに乗って 誰かが残したシャベルを コックピットにして 還ろう 還ろう もしも恋に落ちたら 能力を失う 自制心 爆発してしまう ロボットみたいになれるなら あなたと話した全て 忘れないでいるのに……!! 曖昧な記憶 振られて地獄 心なら U・S・Bメモリー 横たわる天の川 本当は長い旅路を辿ってきたんだ 時計は逆戻り 隣の席のあの娘 ズル休み また明日も 逢えるのに どうして いつも さようならが きらいになるんだろう? 瞳に映るのは いつか見たはずの 燃える夕焼け 遥か遠い昔から 伝わる言葉も全部無意味だとしても 誰かが紡いだ 愛と未来の歌をうたおう 公園の砂場から 大気圏突入用のロケットに乗って 誰かが残したシャベルを コックピットにして還ろう 還ろう 還ろう 還ろう
コミュニケーション短い夢を見て 泣きながら起きる 人魚の恋のように 泡ならばいいのに 桜は散りゆく心 つなぎとめる友情 面倒な事ばかりから逃げるの? 教えてはくれないわ コミュニケーション  愛の温もり 誇らしく君の香り 逆立てた産毛をなでた 初めてを想い出した なぜか 愛しさ募り 奥深く触れられそうな 体ひとつひとつをつかうよ 君と泳ぐように  「明けない夜はないさ」みんな唱うけど 名も無い汗をかいて 流れるだけなのに 誰にもわかるわけないよ 心の中の中は だからこそまっすぐ伝えよう 今 まちがえてもいいのさ コミュニケーション  愛の温もり 誇らしく君の香り 塩辛い涙をなめた 最後を想い出した  なぜか 切なさ募り 奥深く知られるような 体ひとつひとつで覚えよう 君と踊るように  愛の温もり 誇らしく君の香り 逆立てた産毛をなでた 初めてを想い出した なぜか 愛しさ募り 奥深く触れられそうな 体ひとつひとつをつかうよ 君と泳ぐようにYUKIYUKIスネオヘアー短い夢を見て 泣きながら起きる 人魚の恋のように 泡ならばいいのに 桜は散りゆく心 つなぎとめる友情 面倒な事ばかりから逃げるの? 教えてはくれないわ コミュニケーション  愛の温もり 誇らしく君の香り 逆立てた産毛をなでた 初めてを想い出した なぜか 愛しさ募り 奥深く触れられそうな 体ひとつひとつをつかうよ 君と泳ぐように  「明けない夜はないさ」みんな唱うけど 名も無い汗をかいて 流れるだけなのに 誰にもわかるわけないよ 心の中の中は だからこそまっすぐ伝えよう 今 まちがえてもいいのさ コミュニケーション  愛の温もり 誇らしく君の香り 塩辛い涙をなめた 最後を想い出した  なぜか 切なさ募り 奥深く知られるような 体ひとつひとつで覚えよう 君と踊るように  愛の温もり 誇らしく君の香り 逆立てた産毛をなでた 初めてを想い出した なぜか 愛しさ募り 奥深く触れられそうな 体ひとつひとつをつかうよ 君と泳ぐように
こんにちはニューワールド視界狭い 歪んだ世界 予測不可能 オイルショック世代 向かって右側の青少年 絞ったレモンで前哨戦 試してみるって約束だべ? せば何でもできると思ってるっしょ? 改めまして 初めまして ハロー ニューワールド ナイス トュー ミー チュー あの日は春 まだ遠い寒い空 缶ビールひとつ持って さようなら 夜汽車は煙を吐き 背中を押してくれた 大きな声で歌う度 壁を蹴られたし 雪の降らないクリスマスにも 少しは慣れたし 故郷へ帰った友達は 「今が幸せだ」って 手紙をくれた 苦い恋をしたり 道標間違えたり 夜空に浮かぶ月を見た それは 長い長い 物語りの始まり 楽しむのは私次第 不器用な口笛が好きだった 何度でも遠回り 眠れない夜には長電話 わざと黙ってみたりもして 複雑な電車の乗り換えも すぐ覚えたし しつこい勧誘には 笑顔で上手く断れるし あの頃にはわからなかった あなたの優しさにも 気付いてしまった今 どこまでも終わらないような夢の中で うしろめたさばかりなの 何故? 思い出は雨音に紛れ 消えた これからは 私次第 進め 良い時も駄目な日も 些細な日も 窓から手を振るのは 誰? いつもよりも星の数が見えたのなら またきっと逢えるよって 笑った 笑ってた いつからか追い風 踊りながら行け 最短で ピリッと スパイスもっと効かせ 食べて I am“Y”and“U”and“K”and“I”YUKIYUKIyumeiroecho玉井健二・百田留衣・YUKI視界狭い 歪んだ世界 予測不可能 オイルショック世代 向かって右側の青少年 絞ったレモンで前哨戦 試してみるって約束だべ? せば何でもできると思ってるっしょ? 改めまして 初めまして ハロー ニューワールド ナイス トュー ミー チュー あの日は春 まだ遠い寒い空 缶ビールひとつ持って さようなら 夜汽車は煙を吐き 背中を押してくれた 大きな声で歌う度 壁を蹴られたし 雪の降らないクリスマスにも 少しは慣れたし 故郷へ帰った友達は 「今が幸せだ」って 手紙をくれた 苦い恋をしたり 道標間違えたり 夜空に浮かぶ月を見た それは 長い長い 物語りの始まり 楽しむのは私次第 不器用な口笛が好きだった 何度でも遠回り 眠れない夜には長電話 わざと黙ってみたりもして 複雑な電車の乗り換えも すぐ覚えたし しつこい勧誘には 笑顔で上手く断れるし あの頃にはわからなかった あなたの優しさにも 気付いてしまった今 どこまでも終わらないような夢の中で うしろめたさばかりなの 何故? 思い出は雨音に紛れ 消えた これからは 私次第 進め 良い時も駄目な日も 些細な日も 窓から手を振るのは 誰? いつもよりも星の数が見えたのなら またきっと逢えるよって 笑った 笑ってた いつからか追い風 踊りながら行け 最短で ピリッと スパイスもっと効かせ 食べて I am“Y”and“U”and“K”and“I”
ご・く・ら・く terminal健気に朝から咲いてるダリア タイニー・デスクは退屈だ エクササイズ欠かさず 止めないルーチン すぐ欲しがる “Like” is “いいね!” 割れ窓理論のご意見番 愛が救う 誰がために 鐘は鳴る terminal ウエルカム・トゥ・マイ・エリア 行きずりのダンスは 物好きなフリーク 袖振り合うも多生の縁 憧れのスターになりたい プリーズ どこからサビでも悪くはない 唇のウエーブは私のため 入れるのも出すのも自由自在 砥石研ぐから よく切れそう 侵入してよい あなただけ 立ち止まれば捕まるの バイキングタウン 詰め込むパッキング 豪華ねヘビー 貯めたマイル惜しみなく 飛ぶならファーストクラス ブーツ着脱手間取り ビリ ビ ザ ビー ビー ナイスバディチェックは最先端 愛が救う ベイビー アイラヴユ 愛が救う ベイビー アイラヴユ 愛が救う ベイビー ユーラヴミ? 行きずりのダンスは 物好きなフリーク 袖振り合うも多生の縁 憧れのスターになりたい プリーズ どこからサビでも悪くはない 唇のウエーブは私のため 入れるのも出すのも自由自在 砥石研ぐから よく切れそう どこから錆びても惜しくはない 沈むサンセット 愛のプレゼント 頭イタくなる前に出てエンドルフィン イカす帽子 飛ばせ胞子 ミノフスキー粒子やけにリアルだし まもなく当機はご・く・ら・く terminal すももが桃持ち希望を待ってる ハマってる キマってる 間もなく当機は terminal 行きずりのダンスは 物好きなフリーク 袖振り合うも多生の縁 憧れのスターになれそう チアーズ! どこからサビでも悪くはない 唇のウエーブは私のため 入れるのも出すのも自由自在 砥石研ぐから よく切れそう 侵入してよい あなただけ アディオス アディオス 侵入してよい あなただけ アディオス アディオス 侵入してよい あなただけYUKIYUKIAlly Ahern・Mark Raggio・Ryo ItoStevie Gordon・Mark Raggio健気に朝から咲いてるダリア タイニー・デスクは退屈だ エクササイズ欠かさず 止めないルーチン すぐ欲しがる “Like” is “いいね!” 割れ窓理論のご意見番 愛が救う 誰がために 鐘は鳴る terminal ウエルカム・トゥ・マイ・エリア 行きずりのダンスは 物好きなフリーク 袖振り合うも多生の縁 憧れのスターになりたい プリーズ どこからサビでも悪くはない 唇のウエーブは私のため 入れるのも出すのも自由自在 砥石研ぐから よく切れそう 侵入してよい あなただけ 立ち止まれば捕まるの バイキングタウン 詰め込むパッキング 豪華ねヘビー 貯めたマイル惜しみなく 飛ぶならファーストクラス ブーツ着脱手間取り ビリ ビ ザ ビー ビー ナイスバディチェックは最先端 愛が救う ベイビー アイラヴユ 愛が救う ベイビー アイラヴユ 愛が救う ベイビー ユーラヴミ? 行きずりのダンスは 物好きなフリーク 袖振り合うも多生の縁 憧れのスターになりたい プリーズ どこからサビでも悪くはない 唇のウエーブは私のため 入れるのも出すのも自由自在 砥石研ぐから よく切れそう どこから錆びても惜しくはない 沈むサンセット 愛のプレゼント 頭イタくなる前に出てエンドルフィン イカす帽子 飛ばせ胞子 ミノフスキー粒子やけにリアルだし まもなく当機はご・く・ら・く terminal すももが桃持ち希望を待ってる ハマってる キマってる 間もなく当機は terminal 行きずりのダンスは 物好きなフリーク 袖振り合うも多生の縁 憧れのスターになれそう チアーズ! どこからサビでも悪くはない 唇のウエーブは私のため 入れるのも出すのも自由自在 砥石研ぐから よく切れそう 侵入してよい あなただけ アディオス アディオス 侵入してよい あなただけ アディオス アディオス 侵入してよい あなただけ
サイダーオー!チェックのボタンダウン けだるい真昼の日射し受けたら この部屋の空気が少し動いた気がしたんだ 別に何も期待してるわけじゃないけど この胸に咲くよ ピンクのソーダ 愛のソーダ 愛のソーダ ブラック・めまい・飲み込まれそうな夜の憂鬱 未来・ミサイル・なぐりあう景色なんて いやだな 思い込みたいわ 見えないものも見えるんだって 痛いでしょう? 心と体はひとつだ! 愛のソーダ 愛のソーダ もっとぎゅっとすっと目を覚ましてよサイダー しゅわっときゅっと スカッと最後の海は凪いだ キラッとウィンクでもっと遠く飛ばしてよサイダー うるおせ オー!チェックのボタンダウン けだるい真昼の日射し受けたら この胸に咲くよ ピンクのソーダ 愛のソーダ 愛のソーダ わがままに 生きてていいわ 泡になって 溶けちゃう前に もっとぎゅっとすっと目を覚ましてよサイダー しゅわっときゅっと スカッと最後の海は凪いだ キラッとウィンクでもっと遠く飛ばしてよサイダー サイダー サイダー ギヴミー サムスィング ウェイティング フォー 覚ましてよ サイダー 覚ましてよ サイダーYUKIYUKI・KYUKI・K會田茂一オー!チェックのボタンダウン けだるい真昼の日射し受けたら この部屋の空気が少し動いた気がしたんだ 別に何も期待してるわけじゃないけど この胸に咲くよ ピンクのソーダ 愛のソーダ 愛のソーダ ブラック・めまい・飲み込まれそうな夜の憂鬱 未来・ミサイル・なぐりあう景色なんて いやだな 思い込みたいわ 見えないものも見えるんだって 痛いでしょう? 心と体はひとつだ! 愛のソーダ 愛のソーダ もっとぎゅっとすっと目を覚ましてよサイダー しゅわっときゅっと スカッと最後の海は凪いだ キラッとウィンクでもっと遠く飛ばしてよサイダー うるおせ オー!チェックのボタンダウン けだるい真昼の日射し受けたら この胸に咲くよ ピンクのソーダ 愛のソーダ 愛のソーダ わがままに 生きてていいわ 泡になって 溶けちゃう前に もっとぎゅっとすっと目を覚ましてよサイダー しゅわっときゅっと スカッと最後の海は凪いだ キラッとウィンクでもっと遠く飛ばしてよサイダー サイダー サイダー ギヴミー サムスィング ウェイティング フォー 覚ましてよ サイダー 覚ましてよ サイダー
坂道のメロディGOLD LYLICどうしよう あなたに出逢うまでの私 忘れちゃったわ 風は頬を撫でる ♪ララバイ オブ バードランド♪ 坂道蹴りながら 頼りない影は伸びる 終わらない夏休みみたいね プールに忍び込んでる気分 ねぇ 服のまま泳ごうよ 跳ねる!! 衝撃的誘惑スパイラル この胸を突き刺すビートはストレンジ (それはパッと燃えて消えてしまうの) 散々な日々も上等 ドレスアップ スウィングしてる ハイなスピード サラウンド (それは何ていうダンス? 止まらないの) 行かないで 耳に絡みついてもう離れないよ メロディは 恋みたいだ バイバイ 弱虫で人に嫌われるのを怖がってた あの日までの私 ♪いつか、王子様が♪ ハミングすれば聴こえてる 確かな胸の鼓動 暖かい手袋 お月様にかける バラの滴に白い雪 ねぇ 好きなものばかり持って 走れ!! 夜空のレーザービーム スターライト 髪飾り スワロフスキー It's show time (アドリヴがなくちゃ つまらないの) 官能的です 高速のスキル 思い通りドライヴしてるセクション フレーズ (それはあっという間 見失うの) 眩しくて前が見えないくらいに 輝いてる 覚めないで(Don't let me down) 夢みたいだ(Don't let me down) 衝撃的誘惑スパイラル この胸を突き刺すビートはストレンジ (それはパッと燃えて消えてしまうの) 即興するならいつでも再生 スウィングしてる ハイなスピード サラウンド (それは何ていうダンス? 踊りたいの) 行かないで 耳に絡みついてもう離れないよ このメロディは もう恋みたいだ ああGOLD LYLICYUKIYUKI菅野よう子菅野よう子どうしよう あなたに出逢うまでの私 忘れちゃったわ 風は頬を撫でる ♪ララバイ オブ バードランド♪ 坂道蹴りながら 頼りない影は伸びる 終わらない夏休みみたいね プールに忍び込んでる気分 ねぇ 服のまま泳ごうよ 跳ねる!! 衝撃的誘惑スパイラル この胸を突き刺すビートはストレンジ (それはパッと燃えて消えてしまうの) 散々な日々も上等 ドレスアップ スウィングしてる ハイなスピード サラウンド (それは何ていうダンス? 止まらないの) 行かないで 耳に絡みついてもう離れないよ メロディは 恋みたいだ バイバイ 弱虫で人に嫌われるのを怖がってた あの日までの私 ♪いつか、王子様が♪ ハミングすれば聴こえてる 確かな胸の鼓動 暖かい手袋 お月様にかける バラの滴に白い雪 ねぇ 好きなものばかり持って 走れ!! 夜空のレーザービーム スターライト 髪飾り スワロフスキー It's show time (アドリヴがなくちゃ つまらないの) 官能的です 高速のスキル 思い通りドライヴしてるセクション フレーズ (それはあっという間 見失うの) 眩しくて前が見えないくらいに 輝いてる 覚めないで(Don't let me down) 夢みたいだ(Don't let me down) 衝撃的誘惑スパイラル この胸を突き刺すビートはストレンジ (それはパッと燃えて消えてしまうの) 即興するならいつでも再生 スウィングしてる ハイなスピード サラウンド (それは何ていうダンス? 踊りたいの) 行かないで 耳に絡みついてもう離れないよ このメロディは もう恋みたいだ ああ
砂漠に咲いた花砂漠に咲いた花 ためらいを 潤すなら 流れに身を委ね 航海も悪くはない  さあ、でかけよう 右瞳の奥 未知なる空 広く 流るる まだ見ぬ君よ すべての日々に 愛されるように 私の中の小さな太陽 愛されるように 願ってるよ  哀しい出来事に なす術も ないまま泣き うれしい出来事に ほほえんで かみしめてく  さあ、でかけよう 右手のひら 幸せを恐れない 強く 失くした歌も 遠い想い出も 愛されるように 私の中の小さな太陽 許されるように 願ってるよ  まだ見ぬ君よ すべての日々に 愛されるように  私の中の小さな太陽 愛されるように 失くした歌も 遠い想い出も 愛されるように 願ってるよYUKIYUKI辻村文砂漠に咲いた花 ためらいを 潤すなら 流れに身を委ね 航海も悪くはない  さあ、でかけよう 右瞳の奥 未知なる空 広く 流るる まだ見ぬ君よ すべての日々に 愛されるように 私の中の小さな太陽 愛されるように 願ってるよ  哀しい出来事に なす術も ないまま泣き うれしい出来事に ほほえんで かみしめてく  さあ、でかけよう 右手のひら 幸せを恐れない 強く 失くした歌も 遠い想い出も 愛されるように 私の中の小さな太陽 許されるように 願ってるよ  まだ見ぬ君よ すべての日々に 愛されるように  私の中の小さな太陽 愛されるように 失くした歌も 遠い想い出も 愛されるように 願ってるよ
さようなら、おかえり今は昔 少年がいました ひねもす野原 駆け回って虫を採る 遊んだ帰り道は 宵待草の匂いがします 転んでもまた起き上がる 未熟なれど男です 薫るる風と逃げ水 短い髪を清らかに撫でる 追いかけたけれど 紅の夕日に消える また会えるかな さようなら、おかえり 時は流れ 少年は大人に成る 本当や嘘 優しさの意味を知る しわしわの掌を離れてひとり旅に出ます 自分で選ぶ分かれ道 見せておくれ心意気 夕立ち雲と約束 泣きたい時に交わす合言葉 思い出せなくて 潮騒の詩に尋ねる 小さな僕の姿は見えない かおるるかぜとにげみず みじかいかみをきよらかになでる おいかけたけれど くれないのゆうひにきえる またあえるかな さようなら、おかえりYUKIYUKImugen玉井健二・百田留衣・YUKI今は昔 少年がいました ひねもす野原 駆け回って虫を採る 遊んだ帰り道は 宵待草の匂いがします 転んでもまた起き上がる 未熟なれど男です 薫るる風と逃げ水 短い髪を清らかに撫でる 追いかけたけれど 紅の夕日に消える また会えるかな さようなら、おかえり 時は流れ 少年は大人に成る 本当や嘘 優しさの意味を知る しわしわの掌を離れてひとり旅に出ます 自分で選ぶ分かれ道 見せておくれ心意気 夕立ち雲と約束 泣きたい時に交わす合言葉 思い出せなくて 潮騒の詩に尋ねる 小さな僕の姿は見えない かおるるかぜとにげみず みじかいかみをきよらかになでる おいかけたけれど くれないのゆうひにきえる またあえるかな さようなら、おかえり
サヨナラダンスどしゃ降りの中 今も泣きそうだ 主役はいない 恋の歌 あの日はサンデー 噂のタトゥー 罠だってわかってても 止められなかったの  サヨナラダンス 踊るよ ひとりぼっちの仔犬も 見てるよ サヨナラダンス あなたを うまく忘れよう 期待したのは 私の方だ  夏の落雷 痛いくらい 2人焦がして 永遠のような キスしたのに 肩に漂う香り わずかな“ベビードール” うそつき! でもあなたの声、好きだったわ。  サヨナラダンス 踊るよ 地球もダンス 回るよ サヨナラダンス 踊るよ お別れよ グッバイ 忘れられたなら グットタイム サヨナラダンス 踊るよ ひとりぼっちの仔犬も 見てるよ サヨナラダンス あなたのためだけの私 サヨナラダンス 踊るよ ひとりでダンス 踊るよ サヨナラダンス 踊るよ 地球もダンス 回るよYUKIYUKICarole King會田茂一・YUKIどしゃ降りの中 今も泣きそうだ 主役はいない 恋の歌 あの日はサンデー 噂のタトゥー 罠だってわかってても 止められなかったの  サヨナラダンス 踊るよ ひとりぼっちの仔犬も 見てるよ サヨナラダンス あなたを うまく忘れよう 期待したのは 私の方だ  夏の落雷 痛いくらい 2人焦がして 永遠のような キスしたのに 肩に漂う香り わずかな“ベビードール” うそつき! でもあなたの声、好きだったわ。  サヨナラダンス 踊るよ 地球もダンス 回るよ サヨナラダンス 踊るよ お別れよ グッバイ 忘れられたなら グットタイム サヨナラダンス 踊るよ ひとりぼっちの仔犬も 見てるよ サヨナラダンス あなたのためだけの私 サヨナラダンス 踊るよ ひとりでダンス 踊るよ サヨナラダンス 踊るよ 地球もダンス 回るよ
さよならバイスタンダーGOLD LYLIC川沿いを走る電車の音 うつむいて咲く向日葵の色 夕焼けがしましまのボーダーになる 「ありがとう」って君が言うたんび 泣きそうな気持ちになるのはなんでだ 子供みたいにさ 涙なら冷蔵庫に置いてきたはずだ 勝ってうれしい はないちもんめ あの娘がほしい  さよならバイスタンダー 僕らは歩いて行く この道行きの最後が 天国か そこらじゃあないとしても ただの君と笑って立っていたいよ 誇らしさとか 願いとか 希望とか もっと ずっと 持ち合わせとくよ こわくて こわくて こわくて沈みそうでも あの娘に誓うよ  錆びついて壊れてるシェルター 何度でも隠れてみたけど 頭隠して尻隠さずってやつさ 当たり前は当たり前じゃない 才能は途中で生まれない 何故か最初から決まってる 額から汗が流れて目に沁みて痛い 負けてくやしい はないちもんめ あの娘じゃあわからん  さよならバイスタンダー 今まで歩いてきた つたない文字の無邪気な足取りが 間違いだらけだとしても 夜は明けた 大きな声で叫ぶよ 慎ましさとか 孤独とか 空しさを もっと知って愛されていくよ こわくて こわくて こわくて投げ出したくても 僕は 僕に誓うよ  さよならバイスタンダー 僕らは歩いて行く この道行きの最後が 天国か そこらじゃあないとしても ただの君と笑って立っていたいよ 誇らしさとか 願いとか 希望とか もっと ずっと 持ち合わせとくよ 守るよ 守るよ 僕の全てを捧げ 目の前の君に 誓うよGOLD LYLICYUKIYUKI飛内将大玉井健二・百田留衣・YUKI川沿いを走る電車の音 うつむいて咲く向日葵の色 夕焼けがしましまのボーダーになる 「ありがとう」って君が言うたんび 泣きそうな気持ちになるのはなんでだ 子供みたいにさ 涙なら冷蔵庫に置いてきたはずだ 勝ってうれしい はないちもんめ あの娘がほしい  さよならバイスタンダー 僕らは歩いて行く この道行きの最後が 天国か そこらじゃあないとしても ただの君と笑って立っていたいよ 誇らしさとか 願いとか 希望とか もっと ずっと 持ち合わせとくよ こわくて こわくて こわくて沈みそうでも あの娘に誓うよ  錆びついて壊れてるシェルター 何度でも隠れてみたけど 頭隠して尻隠さずってやつさ 当たり前は当たり前じゃない 才能は途中で生まれない 何故か最初から決まってる 額から汗が流れて目に沁みて痛い 負けてくやしい はないちもんめ あの娘じゃあわからん  さよならバイスタンダー 今まで歩いてきた つたない文字の無邪気な足取りが 間違いだらけだとしても 夜は明けた 大きな声で叫ぶよ 慎ましさとか 孤独とか 空しさを もっと知って愛されていくよ こわくて こわくて こわくて投げ出したくても 僕は 僕に誓うよ  さよならバイスタンダー 僕らは歩いて行く この道行きの最後が 天国か そこらじゃあないとしても ただの君と笑って立っていたいよ 誇らしさとか 願いとか 希望とか もっと ずっと 持ち合わせとくよ 守るよ 守るよ 僕の全てを捧げ 目の前の君に 誓うよ
Sunday Service朝靄走るキャンピングカー In the Highway 手を叩いては冒険だ High 5 なんだか眠くない お腹満たされて良くない? まだ6ペンスあるんだ My Wife 左の靴に Something 4 four 幸せになるなら派手にトライ 凝らせリトルアイ 廻るキャンドルライト 飛べフライヤー 遊べフィッシャーマンの古びたスウェーター 燃えろパッションブルー Be high on Everybody needs a Sunday sky 火は絶やさないキャンプファイヤー Fire 抱きよせてくれ強引に Going 脱いでも寒くない むしろ全然だるくない? マダガスカルの空にも Monsoon ひげのサンタクロースに Ho! Ho! マングローブの上から派手にダイヴ ジングルベル 内緒よバタフライ 唄うクワイヤー 栄光のプレッシャー 負けないでブラザー 吠えろイスタンブール Be high on Everybody needs a Sunday sky こぼれ落ちて 灰に埋もれても 口笛吹いて呼んでみてよ 楽園のチキンレース 気を付けてね 夜明けのディスコ 廻るキャンドルライト 飛べフライヤー 遊べフィッシャーマンの古びたスウェーター 燃えろパッションブルー Be high on Everybody needs a Sunday sky 言えなかった「さようなら」さえも 雨の滴で書いているよ 理由や責任を知らないふりをして 君に会いたいよ こぼれ落ちて 灰に埋もれても 口笛吹いて呼んでみてよ 楽園のチキンレース 気を付けてね 夜明けのディスコYUKIYUKI白根賢一白根賢一朝靄走るキャンピングカー In the Highway 手を叩いては冒険だ High 5 なんだか眠くない お腹満たされて良くない? まだ6ペンスあるんだ My Wife 左の靴に Something 4 four 幸せになるなら派手にトライ 凝らせリトルアイ 廻るキャンドルライト 飛べフライヤー 遊べフィッシャーマンの古びたスウェーター 燃えろパッションブルー Be high on Everybody needs a Sunday sky 火は絶やさないキャンプファイヤー Fire 抱きよせてくれ強引に Going 脱いでも寒くない むしろ全然だるくない? マダガスカルの空にも Monsoon ひげのサンタクロースに Ho! Ho! マングローブの上から派手にダイヴ ジングルベル 内緒よバタフライ 唄うクワイヤー 栄光のプレッシャー 負けないでブラザー 吠えろイスタンブール Be high on Everybody needs a Sunday sky こぼれ落ちて 灰に埋もれても 口笛吹いて呼んでみてよ 楽園のチキンレース 気を付けてね 夜明けのディスコ 廻るキャンドルライト 飛べフライヤー 遊べフィッシャーマンの古びたスウェーター 燃えろパッションブルー Be high on Everybody needs a Sunday sky 言えなかった「さようなら」さえも 雨の滴で書いているよ 理由や責任を知らないふりをして 君に会いたいよ こぼれ落ちて 灰に埋もれても 口笛吹いて呼んでみてよ 楽園のチキンレース 気を付けてね 夜明けのディスコ
Sunday Girl高い空 見上げてたら いつの間にか ほら こんな場所 ネオンサイン ひとっ飛び 気が付けば ボーダーライン 素顔でスマイル 追いつけないよ ウランバートルで 待ち合わせ Sunday Girl いつもごきげん (Sunday Girl Sunday Girl) Sunday Girl 今日はどこへでも Sunday Girl 飲茶 ひとり食べてたら いつの間にか ほら こんな場所 なぜ僕らは忘れてしまう お別れはいつも突然だと ああ 優しくしたいだけなのさ 青い海を飛び越えておいでよ Sunday Girl 僕のメロディ (Sunday Girl Sunday Girl) Sunday Girl ひねもす歩こう Sunday Girl Sunday Girl いつもごきげん (Sunday Girl Sunday Girl) Sunday Girl 今日はどこまでも (Sunday Girl Sunday Girl) Sunday Girl 僕のメロディ Sunday GirlYUKIYUKI細野晴臣細野晴臣高い空 見上げてたら いつの間にか ほら こんな場所 ネオンサイン ひとっ飛び 気が付けば ボーダーライン 素顔でスマイル 追いつけないよ ウランバートルで 待ち合わせ Sunday Girl いつもごきげん (Sunday Girl Sunday Girl) Sunday Girl 今日はどこへでも Sunday Girl 飲茶 ひとり食べてたら いつの間にか ほら こんな場所 なぜ僕らは忘れてしまう お別れはいつも突然だと ああ 優しくしたいだけなのさ 青い海を飛び越えておいでよ Sunday Girl 僕のメロディ (Sunday Girl Sunday Girl) Sunday Girl ひねもす歩こう Sunday Girl Sunday Girl いつもごきげん (Sunday Girl Sunday Girl) Sunday Girl 今日はどこまでも (Sunday Girl Sunday Girl) Sunday Girl 僕のメロディ Sunday Girl
しのびこみたいひとつめのパン屋さんを曲がる 勇気を出して終電 透明ね 抱いてよ未来 よこしまな態度を横目に 古びた革のスーツケース 賢明ね 言い訳もない 静寂に ワン・ツー・スリー・フォー・ファイブ 靴鳴らすビート ふわり浮かぶ夜空 答えは 曖昧 meets 後悔 チョークの粉 手についたまんまで しのびこみたい FLASH 飛んでる夢の間に間に 刺してよ 愛の棘 FLASH 胸が痛い ちくちく 優しくしなくちゃね オリジナルのEP持ってドアを叩くウィークエンド 幸いね 相当リラックス 内緒で交わす口づけの後ろめたさを知って もがいてる かわいい青二才 退屈よ ワン・ツー・スリー・フォー・ファイブ 指鳴らす ダンス上手く踊れないの ふたりなら低空飛行でフライ お昼休みが終わらないうちに しのびこみたい FRESH 赤い血 湯気の間に間に 騒ぐの 愛の棘 FRESH 慰めに侘び寂び 楽しめなくちゃね FLASH 飛んでる夢の間に間に 刺してよ 愛の棘 FLASH 胸が痛い ちくちく 優しくしなくちゃねYUKIYUKI西寺郷太西寺郷太・YUKIひとつめのパン屋さんを曲がる 勇気を出して終電 透明ね 抱いてよ未来 よこしまな態度を横目に 古びた革のスーツケース 賢明ね 言い訳もない 静寂に ワン・ツー・スリー・フォー・ファイブ 靴鳴らすビート ふわり浮かぶ夜空 答えは 曖昧 meets 後悔 チョークの粉 手についたまんまで しのびこみたい FLASH 飛んでる夢の間に間に 刺してよ 愛の棘 FLASH 胸が痛い ちくちく 優しくしなくちゃね オリジナルのEP持ってドアを叩くウィークエンド 幸いね 相当リラックス 内緒で交わす口づけの後ろめたさを知って もがいてる かわいい青二才 退屈よ ワン・ツー・スリー・フォー・ファイブ 指鳴らす ダンス上手く踊れないの ふたりなら低空飛行でフライ お昼休みが終わらないうちに しのびこみたい FRESH 赤い血 湯気の間に間に 騒ぐの 愛の棘 FRESH 慰めに侘び寂び 楽しめなくちゃね FLASH 飛んでる夢の間に間に 刺してよ 愛の棘 FLASH 胸が痛い ちくちく 優しくしなくちゃね
the end of shiteGOLD LYLICI'm here for, I'm here for for you baby I never counted it how many times We've been through all this shit around us  2人裸みたい そう 太陽の下で 思い切り 愛し合う Ah,ha,ha  Oh darlin' I remember, keep thinkin' bout me Forget it baby, if I see this world is really ending, I love you  ねえ見て もっと触れてみてよ 知ってる あたしの奥の方までずっと 好きにしていいの Ah,ha,haGOLD LYLICYUKI日暮愛葉日暮愛葉I'm here for, I'm here for for you baby I never counted it how many times We've been through all this shit around us  2人裸みたい そう 太陽の下で 思い切り 愛し合う Ah,ha,ha  Oh darlin' I remember, keep thinkin' bout me Forget it baby, if I see this world is really ending, I love you  ねえ見て もっと触れてみてよ 知ってる あたしの奥の方までずっと 好きにしていいの Ah,ha,ha
just life! all right!まず 私の隣で 君がお皿を洗う メレンゲは泡の白で 角を立てる 良い感じ イエーイ 甘い桃とリキュール トゥゲザ 美味しいチェリーも よそえば よく冷やして トライ 一緒だと 瞬きも 忘れるほどに 食べられるよ 一緒なら 失敗作だって まだ Eat again 愛してる オーライ 3度のごはんよりも 愛してる オーライ なんて言い過ぎだけど 自分より大切に想う 幸せをスープに煮込んだ 熱いよ あついよ 愛してる オーライ 愛してる オーライ さぁさぁさぁ 私の上を 黄金のバターが滑る 香しい フランベの炎 ハート燃やす 胸を焦がして ふたつの火交わる フォーエバ キッスの魔法にかかれば 抱き合って フライ 一緒だと パスタのアルデンテ 忘れるほどに 食べられるよ 一緒なら ソルト&ペッパーだけでも Eat again? just life! all right! ただの毎日だけど just life! all right! 明日がやってくる 奇跡 大好きと 時々 やきもちを お砂糖とリンゴで煮詰めた 熱いよ あまあいよ just life! all right! just life! all right? Baby corn and carrot tomato, onion, green beans and spinach cream cheese and LOVE 愛してる オーライ 3度のごはんよりも 愛してる オーライ なんて言い過ぎだけど 自分より大切に想う 幸せをスープに煮込んだ 熱いよ あっついよ 愛してる オーライ 愛してる オーライYUKIYUKI大川カズト大川カズト・玉井健二・YUKIまず 私の隣で 君がお皿を洗う メレンゲは泡の白で 角を立てる 良い感じ イエーイ 甘い桃とリキュール トゥゲザ 美味しいチェリーも よそえば よく冷やして トライ 一緒だと 瞬きも 忘れるほどに 食べられるよ 一緒なら 失敗作だって まだ Eat again 愛してる オーライ 3度のごはんよりも 愛してる オーライ なんて言い過ぎだけど 自分より大切に想う 幸せをスープに煮込んだ 熱いよ あついよ 愛してる オーライ 愛してる オーライ さぁさぁさぁ 私の上を 黄金のバターが滑る 香しい フランベの炎 ハート燃やす 胸を焦がして ふたつの火交わる フォーエバ キッスの魔法にかかれば 抱き合って フライ 一緒だと パスタのアルデンテ 忘れるほどに 食べられるよ 一緒なら ソルト&ペッパーだけでも Eat again? just life! all right! ただの毎日だけど just life! all right! 明日がやってくる 奇跡 大好きと 時々 やきもちを お砂糖とリンゴで煮詰めた 熱いよ あまあいよ just life! all right! just life! all right? Baby corn and carrot tomato, onion, green beans and spinach cream cheese and LOVE 愛してる オーライ 3度のごはんよりも 愛してる オーライ なんて言い過ぎだけど 自分より大切に想う 幸せをスープに煮込んだ 熱いよ あっついよ 愛してる オーライ 愛してる オーライ
17才雨上がりの線路の上は 失くした想い出へとつながってる ひらべったい毎日は続き生きる罪を重ねている 誰にも言えないわ… 泣かないでひたむきな17才の私よ 最後の望みをつなげるの  君は世界を見るんだ 今よりもっと遠く 追いかけて おそくはないわ 呼んだのは うそじゃないんだ 君に魔法をかけるんだ ダビデュビダデュビ・ダ そこには何が見えたんだ?  飛べるわ  大好きな夕焼けのオレンジ色が もう12年も変わらずきれいだったよ 振り返らず 前だけ向いて 歩いてゆく 君が見える 誰にも言わないわ… 恋人の痛みをさよならの理由を  秘密を抱えて でかけるの 君は世界を見るんだ 光もその影も 受けとめて かみしめていれば 君に魔法をかけるんだ ダビデュビダデュビ・ダ そこには愛が見えたんだ  飛べるわ  裸足のままの君を見つけた 大きな声で 泣き叫んでる 想像は夢を越えて 喜びに あふれだしてる 君の世界は広いんだ! 今よりもっと大きい! たくましく、ほこらしくいれば!! 君の世界を見るんだ 光も、その影も。 伝えていくLOVE  君は世界を見るんだ 今よりもっと遠く 追いかけて おそくはないわ 呼んだのは うそじゃないんだ 君に魔法をかけるんだ  ダビデュビ・ダデュビ・ダ そこには 愛が 見えたんだ! 飛べるわ 飛べるわ 飛べるわ でておいで。あたしを見て。YUKIYUKIYUKI雨上がりの線路の上は 失くした想い出へとつながってる ひらべったい毎日は続き生きる罪を重ねている 誰にも言えないわ… 泣かないでひたむきな17才の私よ 最後の望みをつなげるの  君は世界を見るんだ 今よりもっと遠く 追いかけて おそくはないわ 呼んだのは うそじゃないんだ 君に魔法をかけるんだ ダビデュビダデュビ・ダ そこには何が見えたんだ?  飛べるわ  大好きな夕焼けのオレンジ色が もう12年も変わらずきれいだったよ 振り返らず 前だけ向いて 歩いてゆく 君が見える 誰にも言わないわ… 恋人の痛みをさよならの理由を  秘密を抱えて でかけるの 君は世界を見るんだ 光もその影も 受けとめて かみしめていれば 君に魔法をかけるんだ ダビデュビダデュビ・ダ そこには愛が見えたんだ  飛べるわ  裸足のままの君を見つけた 大きな声で 泣き叫んでる 想像は夢を越えて 喜びに あふれだしてる 君の世界は広いんだ! 今よりもっと大きい! たくましく、ほこらしくいれば!! 君の世界を見るんだ 光も、その影も。 伝えていくLOVE  君は世界を見るんだ 今よりもっと遠く 追いかけて おそくはないわ 呼んだのは うそじゃないんだ 君に魔法をかけるんだ  ダビデュビ・ダデュビ・ダ そこには 愛が 見えたんだ! 飛べるわ 飛べるわ 飛べるわ でておいで。あたしを見て。
JOYPLATINA LYLICいつも口からでまかせばっかり喋ってる イエス、ノー どちらでもないこともあるでしょう いつだって世界はわたしを楽しくさせて いつか動かなくなる時まで遊んでね しゃくしゃく余裕で暮らしたい 約束だって守りたい 誰かを愛すことなんて 本当はとても簡単だ ずいぶん遠くまで流れ流れてせつないんです 大切な思い出さえ忘れていきそうです 確かな君に会いたい 百年先も傍にいたい どんなに離れ離れでも ふたりをつなぐ呪文は J・O・Y 樫の木が揺れる日は、すぐに思い出してね。私を。 いつも口からでまかせばっかり喋ってる 運命は必然じゃなく偶然で出来てる いつまでたってもわかんない 約束だって破りたい 誰かを愛すことなんて 時々とても困難だ 確かな君に会いたい 百年先も傍にいたい どんなに離れ離れでも ふたりをつなぐ呪文は J・O・Y 死ぬまでドキドキしたいわ 死ぬまでワクワクしたいわPLATINA LYLICYUKIYUKI・蔦谷好位置蔦谷好位置田中ユウスケ・湯浅篤いつも口からでまかせばっかり喋ってる イエス、ノー どちらでもないこともあるでしょう いつだって世界はわたしを楽しくさせて いつか動かなくなる時まで遊んでね しゃくしゃく余裕で暮らしたい 約束だって守りたい 誰かを愛すことなんて 本当はとても簡単だ ずいぶん遠くまで流れ流れてせつないんです 大切な思い出さえ忘れていきそうです 確かな君に会いたい 百年先も傍にいたい どんなに離れ離れでも ふたりをつなぐ呪文は J・O・Y 樫の木が揺れる日は、すぐに思い出してね。私を。 いつも口からでまかせばっかり喋ってる 運命は必然じゃなく偶然で出来てる いつまでたってもわかんない 約束だって破りたい 誰かを愛すことなんて 時々とても困難だ 確かな君に会いたい 百年先も傍にいたい どんなに離れ離れでも ふたりをつなぐ呪文は J・O・Y 死ぬまでドキドキしたいわ 死ぬまでワクワクしたいわ
Jodi WidemanHey Jodi 忘れはしないわ 真夜中 抜け出した日を Hey Jodi 思い出してる あの頃の 2人の夢を エニィタイム ダンス ベッドに横たわる君は ソー ビューティ 美しい笑顔 ノートに描き写したのに グッバイ バイバイ 夢の中で 手を繋いで シークレットなデート サラウンドにキス 踊れ 最大のダンスフロア レリゴー 踊れ こわいくらいに ハイなタイトスカートの中 シークレットなデート サラウンドにキス 踊れ 最大のダンスフロア レリゴー 踊れ こわいくらいに Don't get back Don't get back Don't get back Go Jodi 上手くやれてるの? 陽炎 小さく揺れる Go Jodi 指切りをしたあの頃に バイバイYUKIYUKI飛内将大玉井健二・百田留衣・YUKIHey Jodi 忘れはしないわ 真夜中 抜け出した日を Hey Jodi 思い出してる あの頃の 2人の夢を エニィタイム ダンス ベッドに横たわる君は ソー ビューティ 美しい笑顔 ノートに描き写したのに グッバイ バイバイ 夢の中で 手を繋いで シークレットなデート サラウンドにキス 踊れ 最大のダンスフロア レリゴー 踊れ こわいくらいに ハイなタイトスカートの中 シークレットなデート サラウンドにキス 踊れ 最大のダンスフロア レリゴー 踊れ こわいくらいに Don't get back Don't get back Don't get back Go Jodi 上手くやれてるの? 陽炎 小さく揺れる Go Jodi 指切りをしたあの頃に バイバイ
スウィートセブンティーン目の前 急ぐ あのバス 追って 風に膨らむ 白いシャツ 眩しくて あの娘は デリケイト 今夜 星が降りたら 秘密のアゲハを 見せてあげよう 隠れて 青い果実の匂い 澄まして 悪巧み 遊ぼうよ スウィート セブンティーン 訳も無く 笑う 季節に スウィート セブンティーン 訳も無く 溢れてくる 力  解けない 謎は そのまま 放っておけない 宇宙の骨まで 透けて 見える 上手くいかない恋ほどに 追いかけてしまうの さようなら スウィート セブンティーン 訳も無く 逸る気持ち スウィート セブンティーン 訳も無く 溢れてくる 涙 声は 千切れて 消えた 君とは もう 会えない わかってるよ 遊ぼうよ スウィート セブンティーン 訳も無く 笑う 季節に スウィート セブンティーン 分かれ道 迷う頃に アタシは 生まれる スウィート セブンティーン 訳も無く 逸る気持ち スウィート セブンティーン 訳も無く 溢れてくる 力YUKIYUKI・Jez Ashurt・Richie WermerlingYUKI・Jez Ashurt・Richie Wermerling湯浅篤目の前 急ぐ あのバス 追って 風に膨らむ 白いシャツ 眩しくて あの娘は デリケイト 今夜 星が降りたら 秘密のアゲハを 見せてあげよう 隠れて 青い果実の匂い 澄まして 悪巧み 遊ぼうよ スウィート セブンティーン 訳も無く 笑う 季節に スウィート セブンティーン 訳も無く 溢れてくる 力  解けない 謎は そのまま 放っておけない 宇宙の骨まで 透けて 見える 上手くいかない恋ほどに 追いかけてしまうの さようなら スウィート セブンティーン 訳も無く 逸る気持ち スウィート セブンティーン 訳も無く 溢れてくる 涙 声は 千切れて 消えた 君とは もう 会えない わかってるよ 遊ぼうよ スウィート セブンティーン 訳も無く 笑う 季節に スウィート セブンティーン 分かれ道 迷う頃に アタシは 生まれる スウィート セブンティーン 訳も無く 逸る気持ち スウィート セブンティーン 訳も無く 溢れてくる 力
好きってなんだろう…涙好きってなんだろう…涙 向こうみずなライオン ハンサムね 急いで毛繕いをして 「人生なんて、夢だと思え」 僕らは生きてる だから哀しいんだ  不幸中の幸い 経験値は上昇 苦い恋をして 「大事な事、そうはないのさ」 僕らは生きてる だから嬉しいんだ  派手な服で遊び 誰かと憂さ晴らしして 笑いたければ笑えばいい 行き先ならユートピア ユートピア  高なる胸の音 美味しい空気を食べて 空に手が届きそう 手が届きそう 嘘だ 橙色 選ぶのは 理屈じゃないわ 運命 触りたいのに理由はない 理由などないわ 抱いて  You drive me crazy 猛ダッシュ!! 猛ダッシュ!! Make some NOISE!!  不幸中の幸い 不幸中の幸い 不幸中の幸い 不幸中の幸い  好きってなんだろう…涙 好きってなんだろう…涙 好きってなんだろう?YUKIYUKIHALIFANIE玉井健二・百田留衣・YUKI好きってなんだろう…涙 向こうみずなライオン ハンサムね 急いで毛繕いをして 「人生なんて、夢だと思え」 僕らは生きてる だから哀しいんだ  不幸中の幸い 経験値は上昇 苦い恋をして 「大事な事、そうはないのさ」 僕らは生きてる だから嬉しいんだ  派手な服で遊び 誰かと憂さ晴らしして 笑いたければ笑えばいい 行き先ならユートピア ユートピア  高なる胸の音 美味しい空気を食べて 空に手が届きそう 手が届きそう 嘘だ 橙色 選ぶのは 理屈じゃないわ 運命 触りたいのに理由はない 理由などないわ 抱いて  You drive me crazy 猛ダッシュ!! 猛ダッシュ!! Make some NOISE!!  不幸中の幸い 不幸中の幸い 不幸中の幸い 不幸中の幸い  好きってなんだろう…涙 好きってなんだろう…涙 好きってなんだろう?
スタンドアップ!シスター始まるわシスター 声上げて パジャマのままで 祈りましょう 汚れないもの 失くさないよう 犯した罪を 許せますよう  急がないで 愛されることに  立ち上がれ レコードの溝から タフな世界で サバイブするの! 立ち上がれ 火をつけたげるから ふるわせるのは 心のヒダ  枕のフリル 海鳴りの夢 幼き日々は あのままで お金だけでは 満たされないわ やりたいことに さからえないわ  カミナップ スタンドアップ!シスター 世話焼きの優しきマザー カミナップ ゲットアップ シスター  立ち上がれ スカートのプリーツから ひらいた胸で さあ!ダイブするの! 立ち上がれ 火をつけたげるから 踊らせるのは 光る音だ  カミナップ スタンドアップ!シスター すぐにあきらめないわ カミナップ ゲットアップ シスター カミナップ スタンドアップ!シスター 世話焼きの優しきマザー カミナップ ゲットアップ シスター  立ち上がれ 私がついてるわ 笑えないのは 雨のせいじゃないわ 生き残れ 遊びを続けよう 美しいのは 流す涙  立ち上がれ レコードの溝から タフな世界で サバイブするの! 立ち上がれ 火をつけたげるから ふるわせるのは 心のヒダ  始まるわシスター 声上げて パジャマのままでYUKIYUKIナンバキイチロウPRISMIC YUKI BAND・YUKI始まるわシスター 声上げて パジャマのままで 祈りましょう 汚れないもの 失くさないよう 犯した罪を 許せますよう  急がないで 愛されることに  立ち上がれ レコードの溝から タフな世界で サバイブするの! 立ち上がれ 火をつけたげるから ふるわせるのは 心のヒダ  枕のフリル 海鳴りの夢 幼き日々は あのままで お金だけでは 満たされないわ やりたいことに さからえないわ  カミナップ スタンドアップ!シスター 世話焼きの優しきマザー カミナップ ゲットアップ シスター  立ち上がれ スカートのプリーツから ひらいた胸で さあ!ダイブするの! 立ち上がれ 火をつけたげるから 踊らせるのは 光る音だ  カミナップ スタンドアップ!シスター すぐにあきらめないわ カミナップ ゲットアップ シスター カミナップ スタンドアップ!シスター 世話焼きの優しきマザー カミナップ ゲットアップ シスター  立ち上がれ 私がついてるわ 笑えないのは 雨のせいじゃないわ 生き残れ 遊びを続けよう 美しいのは 流す涙  立ち上がれ レコードの溝から タフな世界で サバイブするの! 立ち上がれ 火をつけたげるから ふるわせるのは 心のヒダ  始まるわシスター 声上げて パジャマのままで
STARMANNGOLD LYLIC水しぶきが奏でるメロディ 真夜中の電話が歌いだす Ring Ring Ring 背中に這う影に恋をした 夜空を突き抜け 聴こえるその声は You! 切なくて でも懐かしい 憧れる 不思議な力 STARMANN 24/7 迷子のステップで踊ろう Stay by my side あなたの瞳には旅立ちの唄 STARMANN いつも いつでもそばで わたしもそばで 踊らせて 夕日を黒く塗り潰せば 絶え間なく溢れる涙 Cry Cry Cry 初めて見る海によく似た 夢よりも甘く ささやくその声は You! 眩しくて 手を振れば遠く 輝いて 瞬く星座 STARMANN 24/7 最後のステージは おめかしをして 歌いたい あなたのキスは一握の砂 STARMANN いつか 光を超えて わたしを空へ 連れ出して You! 愛しさに 波はくり返す 呼び覚ませ 不思議な力 STARMANN 24/7 迷子のステップで踊ろう Stay by my side あなたの瞳には旅立ちの唄 STARMANN 24/7 最後のステージは おめかしをして 歌いたい あなたのキスは一握の砂 STARMANN いつも いつでもそばで わたしもそばで 踊らせて 水しぶきが奏でるメロディ 真夜中の電話が歌いだす Ring Ring RingGOLD LYLICYUKIYUKI小形誠弦一徹・玉井健二・百田留衣・YUKI水しぶきが奏でるメロディ 真夜中の電話が歌いだす Ring Ring Ring 背中に這う影に恋をした 夜空を突き抜け 聴こえるその声は You! 切なくて でも懐かしい 憧れる 不思議な力 STARMANN 24/7 迷子のステップで踊ろう Stay by my side あなたの瞳には旅立ちの唄 STARMANN いつも いつでもそばで わたしもそばで 踊らせて 夕日を黒く塗り潰せば 絶え間なく溢れる涙 Cry Cry Cry 初めて見る海によく似た 夢よりも甘く ささやくその声は You! 眩しくて 手を振れば遠く 輝いて 瞬く星座 STARMANN 24/7 最後のステージは おめかしをして 歌いたい あなたのキスは一握の砂 STARMANN いつか 光を超えて わたしを空へ 連れ出して You! 愛しさに 波はくり返す 呼び覚ませ 不思議な力 STARMANN 24/7 迷子のステップで踊ろう Stay by my side あなたの瞳には旅立ちの唄 STARMANN 24/7 最後のステージは おめかしをして 歌いたい あなたのキスは一握の砂 STARMANN いつも いつでもそばで わたしもそばで 踊らせて 水しぶきが奏でるメロディ 真夜中の電話が歌いだす Ring Ring Ring
ストロベリー神様は教えてくれた 神様は此処にいてくれた させないわ 思い通りに つかれた胃を ねじ伏せるように あたしの実を食べ でたらめ踊って 何よりストロベリー  赤くなる 赤くなる わくわくする 恋より素敵ね 近くなる 近くなる あなたとの距離はなくなる 神様は教えてくれたんだ  まぶたには 虹のイヤリング 悪夢だわ もう 戻れないわ 裸足の乙女よ つられて笑うよ 誰よりストロベリー  若くなる 若くなる 探し物は意外に近くにある 見たくなる 見たくなる 明日吹く風はどこへ行くの  赤くなる 赤くなる わくわくする 恋より素敵ね 近くなる 近くなる あなたとの距離はなくなる 神様は 此処に いてくれたYUKIYUKI會田茂一神様は教えてくれた 神様は此処にいてくれた させないわ 思い通りに つかれた胃を ねじ伏せるように あたしの実を食べ でたらめ踊って 何よりストロベリー  赤くなる 赤くなる わくわくする 恋より素敵ね 近くなる 近くなる あなたとの距離はなくなる 神様は教えてくれたんだ  まぶたには 虹のイヤリング 悪夢だわ もう 戻れないわ 裸足の乙女よ つられて笑うよ 誰よりストロベリー  若くなる 若くなる 探し物は意外に近くにある 見たくなる 見たくなる 明日吹く風はどこへ行くの  赤くなる 赤くなる わくわくする 恋より素敵ね 近くなる 近くなる あなたとの距離はなくなる 神様は 此処に いてくれた
曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 編曲者名 歌い出し
スリーエンジェルス“天にまします我らがガッド 願わくば皆を…” 煩わしてる声帯炎 期待外れの大団円 話したい キスしたい ママは長電話で口内炎 日曜日には教会へ 赦されるならハッピーエンド でも 罪深い私は Judaにもなれない女子高生 “天にまします我らがガッド 願わくば皆を…救い給え”イエス… スリーエンジェルスが夢の国 連れ出して また歌い出した 腕を広げながら空へ ライク・ア・プレイヤー 祈りながら まだ祈りながら 笑っちゃうわ ストーリー ひとりも救えないの がっかりだわ スリーエンジェルス もう迎えに来てよ また歌い出して 青い空を見せて したい 起こしたい ワンダー ア・リトル・ワンダー 煩わしてる声帯炎 期待外れの大団円 期待はずれのハッピーエンド? イエス… スリーエンジェルスが夢の国 連れ出して また歌い出した 腕を広げながら空へ ライク・ア・プレイヤー 祈りながら まだ祈りながら 笑っちゃうわ ストーリー ひとりも救えないの がっかりだわ スリーエンジェルス もう迎えに来てよ また歌い出して 青い空を見せて したい 起こしたい ワンダー ア・リトル・ワンダーYUKIYUKIAgree2玉井健二・百田留衣・YUKI“天にまします我らがガッド 願わくば皆を…” 煩わしてる声帯炎 期待外れの大団円 話したい キスしたい ママは長電話で口内炎 日曜日には教会へ 赦されるならハッピーエンド でも 罪深い私は Judaにもなれない女子高生 “天にまします我らがガッド 願わくば皆を…救い給え”イエス… スリーエンジェルスが夢の国 連れ出して また歌い出した 腕を広げながら空へ ライク・ア・プレイヤー 祈りながら まだ祈りながら 笑っちゃうわ ストーリー ひとりも救えないの がっかりだわ スリーエンジェルス もう迎えに来てよ また歌い出して 青い空を見せて したい 起こしたい ワンダー ア・リトル・ワンダー 煩わしてる声帯炎 期待外れの大団円 期待はずれのハッピーエンド? イエス… スリーエンジェルスが夢の国 連れ出して また歌い出した 腕を広げながら空へ ライク・ア・プレイヤー 祈りながら まだ祈りながら 笑っちゃうわ ストーリー ひとりも救えないの がっかりだわ スリーエンジェルス もう迎えに来てよ また歌い出して 青い空を見せて したい 起こしたい ワンダー ア・リトル・ワンダー
世界はただ、輝いて自分にかけてしまった呪いから 光の河越えてくサマーツアー Hello!をさけび ひとつぶの惑星に乗って イエーイ 手ぶらのまま虹をわたり 急いで次の街まで旅立つポップスター サヨナラダンスを踊る 日々も意味も君も忘れて 花火のように 消えてしまうから 離ればなれさ 立ち上がれ!シスター 抱きしめたい このメロディを こんな気持ち うまく言えないよ バンドマン 歌ってよ 子供のように ランナウェイ ランナウェイ 飛べるんだ A seeds of JOY 長い夢 あの汽車に乗って ワンダーラインでランデヴー 逢えるんだ 大丈夫 上手くいくさ 夢を見るのは悪くないさ 大丈夫 上手くやるのさ ふくらましてよ イマジネーション そして うたうたいは荒野を進む 哀しい気分なんて ベイビー 吹き飛ばしてやるんだ ハロー&グッバイ バンドマン 歌ってよ 子供のように ランナウェイ ランナウェイ 動くんだ ハミングバード うれしくって抱きあうよ 世界はただ、輝いて 踊るんだYUKIYUKIHALIFANIE玉井健二・百田留衣・YUKI自分にかけてしまった呪いから 光の河越えてくサマーツアー Hello!をさけび ひとつぶの惑星に乗って イエーイ 手ぶらのまま虹をわたり 急いで次の街まで旅立つポップスター サヨナラダンスを踊る 日々も意味も君も忘れて 花火のように 消えてしまうから 離ればなれさ 立ち上がれ!シスター 抱きしめたい このメロディを こんな気持ち うまく言えないよ バンドマン 歌ってよ 子供のように ランナウェイ ランナウェイ 飛べるんだ A seeds of JOY 長い夢 あの汽車に乗って ワンダーラインでランデヴー 逢えるんだ 大丈夫 上手くいくさ 夢を見るのは悪くないさ 大丈夫 上手くやるのさ ふくらましてよ イマジネーション そして うたうたいは荒野を進む 哀しい気分なんて ベイビー 吹き飛ばしてやるんだ ハロー&グッバイ バンドマン 歌ってよ 子供のように ランナウェイ ランナウェイ 動くんだ ハミングバード うれしくって抱きあうよ 世界はただ、輝いて 踊るんだ
センチメンタルジャーニーGOLD LYLICおそれないで感じよう ムダなものは 捨ててゆこう 照れながら イエスタデイ 歌えば こぶしの花 言えなかった言葉を くり返しては 苦笑い 桃色のホホに 口唇 近づけてみてよ それは青い春  野生の鳥 乱れて飛び いつか また うちへ帰ろう 追い風に乗り 終わらぬ旅 線路の花 ゆれているよ 逆さまに愛してるって 言われたら涙がホロリでたよ  新しい私達は ふくらんだ胸の奥深く 上等のユーモアと 勇気を持ちあわせてる かくれないで ここへ来て 最後まで 見届けてみよう 夢を持っているだけで ごはんもおいしく食べられる そして大人になる  抱きあったり キスをしたり いつもと変わらない景色を 愛しく想おう せつない旅 雨にふられ 風に踊ろう さよならは言わないで いつかまたどこかで 逢えるかしら  それは青い春  野生の鳥 乱れて飛び いつか また うちへ帰ろう 追い風に乗り 終わらぬ旅 線路の花 ゆれているよ 南から風が吹いた すぐに行くわ 待っててね 抱きあったり キスをしたり いつもと変わらない景色を 愛しく想おう せつない旅 雨にふられ 風にゆれよう さよならは言わないで いつかまたどこかで 逢えるかしらGOLD LYLICYUKIYUKI松浦トモヤおそれないで感じよう ムダなものは 捨ててゆこう 照れながら イエスタデイ 歌えば こぶしの花 言えなかった言葉を くり返しては 苦笑い 桃色のホホに 口唇 近づけてみてよ それは青い春  野生の鳥 乱れて飛び いつか また うちへ帰ろう 追い風に乗り 終わらぬ旅 線路の花 ゆれているよ 逆さまに愛してるって 言われたら涙がホロリでたよ  新しい私達は ふくらんだ胸の奥深く 上等のユーモアと 勇気を持ちあわせてる かくれないで ここへ来て 最後まで 見届けてみよう 夢を持っているだけで ごはんもおいしく食べられる そして大人になる  抱きあったり キスをしたり いつもと変わらない景色を 愛しく想おう せつない旅 雨にふられ 風に踊ろう さよならは言わないで いつかまたどこかで 逢えるかしら  それは青い春  野生の鳥 乱れて飛び いつか また うちへ帰ろう 追い風に乗り 終わらぬ旅 線路の花 ゆれているよ 南から風が吹いた すぐに行くわ 待っててね 抱きあったり キスをしたり いつもと変わらない景色を 愛しく想おう せつない旅 雨にふられ 風にゆれよう さよならは言わないで いつかまたどこかで 逢えるかしら
相思相愛アイビートラッドなスタイルで どセクシーなゲーム ハッチバックはフルに乱用 派手にドライヴだ 最悪のセンス 離れ離れはナンセンス いつだってスカイダイヴしているようなハイになる 君を愛している 僕はいつも泣きそうだ 相思相愛の理想形を 戸棚の上 ドアの影 探して歩いた 相思相愛の理想形は えぐって暴いても 美しい詩だったよ そう思うだろう? 誰だってふがいない自分を知るのさ そのキスが教えてくれる 僕はいつも最強だ 相思相愛の理想形を 風に吹かれ 雨に濡れ 探して歩いた 相思相愛の理想形は 大地の上 しっかり根を張る 草や木のようだよ そう思うんだ 教科書の隅に踊る アナーキスティックフェイズな殴り書き 吠える もう楽になってもいいんだよ 君に逢えたから 君に愛されたから そう思うだろう? 相思相愛の理想形を 戸棚の上 ドアの影 探して歩いた 相思相愛の理想形は えぐって暴いても 美しい詩だったよ そう思うだろう? 君に逢えたから そう思うだろう?YUKIYUKIHALIFANIE玉井健二・百田留衣・YUKIアイビートラッドなスタイルで どセクシーなゲーム ハッチバックはフルに乱用 派手にドライヴだ 最悪のセンス 離れ離れはナンセンス いつだってスカイダイヴしているようなハイになる 君を愛している 僕はいつも泣きそうだ 相思相愛の理想形を 戸棚の上 ドアの影 探して歩いた 相思相愛の理想形は えぐって暴いても 美しい詩だったよ そう思うだろう? 誰だってふがいない自分を知るのさ そのキスが教えてくれる 僕はいつも最強だ 相思相愛の理想形を 風に吹かれ 雨に濡れ 探して歩いた 相思相愛の理想形は 大地の上 しっかり根を張る 草や木のようだよ そう思うんだ 教科書の隅に踊る アナーキスティックフェイズな殴り書き 吠える もう楽になってもいいんだよ 君に逢えたから 君に愛されたから そう思うだろう? 相思相愛の理想形を 戸棚の上 ドアの影 探して歩いた 相思相愛の理想形は えぐって暴いても 美しい詩だったよ そう思うだろう? 君に逢えたから そう思うだろう?
卒業制服の胸のボタンを 下級生たちにねだられ 頭かきながら逃げるのね ほんとは嬉しいくせして  人気ない午後の教室で 机にイニシャル彫るあなた やめて 想い出を刻むのは 心だけにしてとつぶやいた  離れても電話するよと 小指差し出して言うけど 守れそうにない約束は しない方がいい ごめんね  セーラーの薄いスカーフで 止まった時間を結びたい だけど東京で変ってく あなたの未来は縛れない  ああ 卒業式で泣かないと 冷たい人と言われそう でも もっと哀しい瞬間に 涙はとっておきたいの  席順が変わりあなたの 隣の娘にさえ妬いたわ いたずらに髪をひっぱられ 怒ってる裏で はしゃいだ  駅までの遠い道のりを はじめて黙って歩いたね 反対のホームに立つ二人 時の電車がいま引き裂いた  ああ 卒業しても友だちね それは嘘では無いけれど でも 過ぎる季節に流されて 逢えないことも知っている  ああ 卒業式で泣かないと 冷たい人と言われそう でも もっと哀しい瞬間に 涙はとっておきたいのYUKI松本隆筒美京平沖山優司制服の胸のボタンを 下級生たちにねだられ 頭かきながら逃げるのね ほんとは嬉しいくせして  人気ない午後の教室で 机にイニシャル彫るあなた やめて 想い出を刻むのは 心だけにしてとつぶやいた  離れても電話するよと 小指差し出して言うけど 守れそうにない約束は しない方がいい ごめんね  セーラーの薄いスカーフで 止まった時間を結びたい だけど東京で変ってく あなたの未来は縛れない  ああ 卒業式で泣かないと 冷たい人と言われそう でも もっと哀しい瞬間に 涙はとっておきたいの  席順が変わりあなたの 隣の娘にさえ妬いたわ いたずらに髪をひっぱられ 怒ってる裏で はしゃいだ  駅までの遠い道のりを はじめて黙って歩いたね 反対のホームに立つ二人 時の電車がいま引き裂いた  ああ 卒業しても友だちね それは嘘では無いけれど でも 過ぎる季節に流されて 逢えないことも知っている  ああ 卒業式で泣かないと 冷たい人と言われそう でも もっと哀しい瞬間に 涙はとっておきたいの
タイムカプセル暗がりで僕は育つ 朝が来れば 萎れてしまうから 急いで 小さなトランクの中に 早く 入れたいものを入れなくちゃ 未来は来ないよ アイ・ラブ・ユー 叫んだら 喉から手が出る アイ・ラブ・ユー 叫んだら 喉から手が出る アイ・ラブ・ユー 叫んだら 喉から手が出る All or Nothing アンモナイトは夢を見る 打ち上がるロケット 美しいハムときゅうりのサンドウィッチ マイナーな本棚の中で 恋に落ちた少年は 世界に色をつけたんだ アイ・ラブ・ユー 叫んでも 光に溶ける アイ・ラブ・ユー 叫んでも 光に溶ける 叫んでいる タイムカプセル 開ける時まで タイムカプセル 開ける時まで 君とは 友達になれる予感がする 朝だ!!! 大脱走 跨るバイクに マックィーン リトル・ナイト・メア 走り出せ 捕まる前に ゴー・ベイビー 鳴らして 身体はヴィンテージ コーラス 幾重にも アイ・ラブ・ユー 叫んだら 喉から手が出る アイ・ラブ・ユー 叫んだら 喉から手が出る アイ・ラブ・ユー 叫んでも 光に溶ける フリル 幾重にも フリル 幾重にも 幾重にもYUKIYUKIHALIFANIE名越由貴夫暗がりで僕は育つ 朝が来れば 萎れてしまうから 急いで 小さなトランクの中に 早く 入れたいものを入れなくちゃ 未来は来ないよ アイ・ラブ・ユー 叫んだら 喉から手が出る アイ・ラブ・ユー 叫んだら 喉から手が出る アイ・ラブ・ユー 叫んだら 喉から手が出る All or Nothing アンモナイトは夢を見る 打ち上がるロケット 美しいハムときゅうりのサンドウィッチ マイナーな本棚の中で 恋に落ちた少年は 世界に色をつけたんだ アイ・ラブ・ユー 叫んでも 光に溶ける アイ・ラブ・ユー 叫んでも 光に溶ける 叫んでいる タイムカプセル 開ける時まで タイムカプセル 開ける時まで 君とは 友達になれる予感がする 朝だ!!! 大脱走 跨るバイクに マックィーン リトル・ナイト・メア 走り出せ 捕まる前に ゴー・ベイビー 鳴らして 身体はヴィンテージ コーラス 幾重にも アイ・ラブ・ユー 叫んだら 喉から手が出る アイ・ラブ・ユー 叫んだら 喉から手が出る アイ・ラブ・ユー 叫んでも 光に溶ける フリル 幾重にも フリル 幾重にも 幾重にも
ただいま涙がこぼれてしまいそうだ 闇を照らす 訳知り顔 星明かり ただいま 峠の我が家 筆不精な僕を許しておくれ ありがとう うれしいわ 古いレコードと ビーズの首飾り 旅路の面影 今なら言えそうな気がした 甘く苦い ワインのような夜更けに 身体を確かめるのだ 僕の癖を真似て 笑わせておくれ さようなら 言わないで グレーのジャケットも ブーツも隠しちゃうよ ほら太陽が昇る頃 きれいに 爪を切る 時計をちらり見る 2人は きっと上手くいくよ さあ 大きく手を振ろう 涙がこぼれてしまわぬよう 遠い空の下で君のことばかり ただいま 峠の我が家 筆不精な僕を許しておくれYUKIYUKI堀込泰行沖山優司・YUKI涙がこぼれてしまいそうだ 闇を照らす 訳知り顔 星明かり ただいま 峠の我が家 筆不精な僕を許しておくれ ありがとう うれしいわ 古いレコードと ビーズの首飾り 旅路の面影 今なら言えそうな気がした 甘く苦い ワインのような夜更けに 身体を確かめるのだ 僕の癖を真似て 笑わせておくれ さようなら 言わないで グレーのジャケットも ブーツも隠しちゃうよ ほら太陽が昇る頃 きれいに 爪を切る 時計をちらり見る 2人は きっと上手くいくよ さあ 大きく手を振ろう 涙がこぼれてしまわぬよう 遠い空の下で君のことばかり ただいま 峠の我が家 筆不精な僕を許しておくれ
誰でもロンリー楽しそうに笑って 誰でもロンリー 恋焦がれ sorry 星を待ってる 待ってる 待ってる… あの娘にも この娘にも足りない 僕にも足りない 良妻賢母 ねずみ達が 夢 薄利多売 情けは要らない オーダーメイド 甘いリズムで 壊れかけのレディオ 誰も知らない夜明けを目指す ださいダンシングクイーン押しのけて 奈落から這い上がれ 誰かのアイドル フリースタイルはお手のもの 上手く淹れられないよ 濃いめのコーヒー 誰でもロンリー 恋焦がれ sorry 目指すよ オンリーワン 誰かのオンリー レシピはいたってシンプル なのに味わいは深くてワンダー どこかで聴いた声 多分 ごはんだよと私を呼ぶ母さん 甘いリズムで 壊れかけのレディオ 誰も知らない夜明けを目指す めまい大前提の Shall we dance? 奈落から這い上がれ あなたもアイドル チャンピオンベルト携えて 上手く巻けない訳は 涙の勝利 ダンシングクイーン押しのけて 奈落から這い上がれ 誰かのアイドル フリースタイルはお手のもの 上手く淹れられないよ 濃いめのコーヒー 誰でもロンリー 恋焦がれ sorry 目指すよ オンリーワン 誰かのオンリー ださいダンシングクイーン押しのけて 奈落から這い上がれ 誰かのアイドル フリースタイルはお手のもの 上手く淹れられないよ 濃いめのコーヒー 誰でもロンリー 恋焦がれ sorry 目指すよ オンリーワン 誰かのオンリー 誰かの オンリーワン 誰でもロンリー 目指すよ オンリーワンYUKIYUKIgive me wallets玉井健二・百田留衣・YUKI楽しそうに笑って 誰でもロンリー 恋焦がれ sorry 星を待ってる 待ってる 待ってる… あの娘にも この娘にも足りない 僕にも足りない 良妻賢母 ねずみ達が 夢 薄利多売 情けは要らない オーダーメイド 甘いリズムで 壊れかけのレディオ 誰も知らない夜明けを目指す ださいダンシングクイーン押しのけて 奈落から這い上がれ 誰かのアイドル フリースタイルはお手のもの 上手く淹れられないよ 濃いめのコーヒー 誰でもロンリー 恋焦がれ sorry 目指すよ オンリーワン 誰かのオンリー レシピはいたってシンプル なのに味わいは深くてワンダー どこかで聴いた声 多分 ごはんだよと私を呼ぶ母さん 甘いリズムで 壊れかけのレディオ 誰も知らない夜明けを目指す めまい大前提の Shall we dance? 奈落から這い上がれ あなたもアイドル チャンピオンベルト携えて 上手く巻けない訳は 涙の勝利 ダンシングクイーン押しのけて 奈落から這い上がれ 誰かのアイドル フリースタイルはお手のもの 上手く淹れられないよ 濃いめのコーヒー 誰でもロンリー 恋焦がれ sorry 目指すよ オンリーワン 誰かのオンリー ださいダンシングクイーン押しのけて 奈落から這い上がれ 誰かのアイドル フリースタイルはお手のもの 上手く淹れられないよ 濃いめのコーヒー 誰でもロンリー 恋焦がれ sorry 目指すよ オンリーワン 誰かのオンリー 誰かの オンリーワン 誰でもロンリー 目指すよ オンリーワン
ダーリン待ってダーリン待って さっきから1mmも動けないよ 怖くなっている ダーリン最低ね 期待している あたし いつまでも友達なんかじゃいられない 2人ぼっち いつも 思いがけないの 例えば あたしの掌を 小さなてんとう虫が歩いていって 赤と黒の斑点 乾いた土 恋しくっても 例えば あたしのみぞおちあたりに 大きな穴が空いてしまって 風がビュービュー吹き抜けて その先が ユートピアじゃなくても ダーリン そばで小さくなる息のひとつひとつを 拾い上げて温めて その綺麗なあなたの耳の形 ダーリン 何ひとつ覚えていたいよ 目を凝らしていよう 心を鏡みたいにしていよう さよならの代わりに 塗りつぶされたカレンダー 季節はまた変わるけれど 私の髪も伸びるけれど 右足よ 前に進め 左足よ 前に進め あなたの歌を数える あなたの歌を数える 1、2、3、4 ダーリン 待って さっきから1mmも動けない 怖くなっている ダーリン最低ね 期待しているの あたし いつまでも友達なんかじゃいられないよ 忘れられないよYUKIYUKIYUKI玉井健二・百田留衣・YUKIダーリン待って さっきから1mmも動けないよ 怖くなっている ダーリン最低ね 期待している あたし いつまでも友達なんかじゃいられない 2人ぼっち いつも 思いがけないの 例えば あたしの掌を 小さなてんとう虫が歩いていって 赤と黒の斑点 乾いた土 恋しくっても 例えば あたしのみぞおちあたりに 大きな穴が空いてしまって 風がビュービュー吹き抜けて その先が ユートピアじゃなくても ダーリン そばで小さくなる息のひとつひとつを 拾い上げて温めて その綺麗なあなたの耳の形 ダーリン 何ひとつ覚えていたいよ 目を凝らしていよう 心を鏡みたいにしていよう さよならの代わりに 塗りつぶされたカレンダー 季節はまた変わるけれど 私の髪も伸びるけれど 右足よ 前に進め 左足よ 前に進め あなたの歌を数える あなたの歌を数える 1、2、3、4 ダーリン 待って さっきから1mmも動けない 怖くなっている ダーリン最低ね 期待しているの あたし いつまでも友達なんかじゃいられないよ 忘れられないよ
チャイニーズガールわざわざ逢いに船に乗り あなたを夢見今日(トゥデイ) 片手で漕ぐオール重くなる あなたが居ないから重くなる 沈むわ チャイニーズガール 三つ編みで チャイニーズガール 旅に出る 何処まで行くのさ ああ!チャイニーズガール 白い肌 チャイニーズガール 接吻許しておくれよ 未だ見ぬ遠い国 未だ見ぬあなたを夢見て Chinese girl 船は行く 遺した母のはからいが 夜露に濡れていた 迷いは捨てたはずなのに 煙る霧に前が見えなくなる 揺れるわ チャイニーズガール 探して チャイニーズガール 汚れる 覚悟が要るのさ ああ!チャイニーズガール 瞳に チャイニーズガール 僕だけ映しておくれよ 帰らぬ約束 絹の白い枕を濡らして 夜は更けていく  濃霧瀰漫 不見前程 沒關係ロ馬 當然 我是堅強的女人 不達夢想彼岸 不會停止航行 直到 和他相逢  進むわ チャイニーズガール 三つ編みで チャイニーズガール 旅に出る 何処まで行くのさ ああ!チャイニーズガール 白い肌 チャイニーズガール 接吻許しておくれよ 未だ見ぬ遠い国 未だ見ぬあなたを夢見て Chinese girl 船は行く 帰らぬ約束 帰らぬ想い出集めて Chinese girl 船は行くYUKIYUKI小形誠玉井健二・百田留衣・YUKIわざわざ逢いに船に乗り あなたを夢見今日(トゥデイ) 片手で漕ぐオール重くなる あなたが居ないから重くなる 沈むわ チャイニーズガール 三つ編みで チャイニーズガール 旅に出る 何処まで行くのさ ああ!チャイニーズガール 白い肌 チャイニーズガール 接吻許しておくれよ 未だ見ぬ遠い国 未だ見ぬあなたを夢見て Chinese girl 船は行く 遺した母のはからいが 夜露に濡れていた 迷いは捨てたはずなのに 煙る霧に前が見えなくなる 揺れるわ チャイニーズガール 探して チャイニーズガール 汚れる 覚悟が要るのさ ああ!チャイニーズガール 瞳に チャイニーズガール 僕だけ映しておくれよ 帰らぬ約束 絹の白い枕を濡らして 夜は更けていく  濃霧瀰漫 不見前程 沒關係ロ馬 當然 我是堅強的女人 不達夢想彼岸 不會停止航行 直到 和他相逢  進むわ チャイニーズガール 三つ編みで チャイニーズガール 旅に出る 何処まで行くのさ ああ!チャイニーズガール 白い肌 チャイニーズガール 接吻許しておくれよ 未だ見ぬ遠い国 未だ見ぬあなたを夢見て Chinese girl 船は行く 帰らぬ約束 帰らぬ想い出集めて Chinese girl 船は行く
チャイムあなたの声が聞きたいの 心より身体で感じたいの どこにいても私達はひとつで ひとつだから哀しい時でも一緒なの そうね 出会い散々見逃して さよなら上手く出来なくて あの唄の続きは何だ? 藁にも縋る思い つないでる手でも 背中合わせしていても 「愛してる」って聞こえてる 私達 地獄耳 新しいあなたと分かち合いたいわ 裸のまんま聞かせてよ 胸のチャイム 鳴らせ モーニング 「失くすもの」なんか何にもなかったのに いつのまにか「守りたい」が増えていた あなたが不意に私の世界に現れて 嬉しくても涙が出ることを教えてくれた そうね? 若くもなく老いてもいない だけど ドキドキがうるさい 不可能の定義は何だ? ご褒美が欲しい 叶わない恋にも ささくれた指にも 「大丈夫」って聞こえてる 私達 地獄耳 騒がしいあなたと分かり合いたいの 振り返れば私の道がある 踊るように くたびれた白いシャツが 呑み込まれる ゴミだらけ 交差点 地面から高くジャンプをすれば こわくないよ 生まれたての風に乗れ つないでる手でも 背中合わせしていても 「愛してる」って聞こえてる 私達 地獄耳 新しいあなたと分かち合いたいわ 裸のまんま聞かせてよ 胸のチャイム 鳴らす モーニング グッ グッ グッドモーニングYUKIYUKIHALIFANIEあなたの声が聞きたいの 心より身体で感じたいの どこにいても私達はひとつで ひとつだから哀しい時でも一緒なの そうね 出会い散々見逃して さよなら上手く出来なくて あの唄の続きは何だ? 藁にも縋る思い つないでる手でも 背中合わせしていても 「愛してる」って聞こえてる 私達 地獄耳 新しいあなたと分かち合いたいわ 裸のまんま聞かせてよ 胸のチャイム 鳴らせ モーニング 「失くすもの」なんか何にもなかったのに いつのまにか「守りたい」が増えていた あなたが不意に私の世界に現れて 嬉しくても涙が出ることを教えてくれた そうね? 若くもなく老いてもいない だけど ドキドキがうるさい 不可能の定義は何だ? ご褒美が欲しい 叶わない恋にも ささくれた指にも 「大丈夫」って聞こえてる 私達 地獄耳 騒がしいあなたと分かり合いたいの 振り返れば私の道がある 踊るように くたびれた白いシャツが 呑み込まれる ゴミだらけ 交差点 地面から高くジャンプをすれば こわくないよ 生まれたての風に乗れ つないでる手でも 背中合わせしていても 「愛してる」って聞こえてる 私達 地獄耳 新しいあなたと分かち合いたいわ 裸のまんま聞かせてよ 胸のチャイム 鳴らす モーニング グッ グッ グッドモーニング
チューインガム泣かないでプレーリー ギンガムのスカーフが揺れてる 横顔はもう誰かのものなの? 嘘だろう? 利かないよブレーキ この恋の行方占う 神様も匙投げて歌うのは ハレルヤ! 五臓六腑に Rock に染み込む 見栄っ張りの雨 ねえ DJ あの娘に届けてこの想い リクエストは “I wanna be your boyfriend” 笑ってよプレーリー 新しいスケートボード見せてあげる 肩並べ チューインガム噛みたいな 噛みたいな 明日夢から覚めれば 君は腕の中 ストロベリーチップス そんでレモンソーダ そう味が無くなるまで ハイになるよりも ギリギリのチークを踊ろう 横顔はまだ誰かのものなの? 嘘だろう? そりゃないぜクレイジー! ギンガムのスカーフが飛んでく 仲直り チューインガム膨らんだ 膨らんだ 泣かないでプレーリー 利かないよブレーキ 笑ってよプレーリー 君の心の扉を ノック ノック ノック ノック ノック したいよ ノック ノック ノック ノック ノック したいよ ノック ノック ノック ノック したいよYUKIYUKIYUKI・沖山優司伊藤隆博・沖山優司・YUKI泣かないでプレーリー ギンガムのスカーフが揺れてる 横顔はもう誰かのものなの? 嘘だろう? 利かないよブレーキ この恋の行方占う 神様も匙投げて歌うのは ハレルヤ! 五臓六腑に Rock に染み込む 見栄っ張りの雨 ねえ DJ あの娘に届けてこの想い リクエストは “I wanna be your boyfriend” 笑ってよプレーリー 新しいスケートボード見せてあげる 肩並べ チューインガム噛みたいな 噛みたいな 明日夢から覚めれば 君は腕の中 ストロベリーチップス そんでレモンソーダ そう味が無くなるまで ハイになるよりも ギリギリのチークを踊ろう 横顔はまだ誰かのものなの? 嘘だろう? そりゃないぜクレイジー! ギンガムのスカーフが飛んでく 仲直り チューインガム膨らんだ 膨らんだ 泣かないでプレーリー 利かないよブレーキ 笑ってよプレーリー 君の心の扉を ノック ノック ノック ノック ノック したいよ ノック ノック ノック ノック ノック したいよ ノック ノック ノック ノック したいよ
ティンカーベル毎晩 長いパレードゆらして やってくる レモネイドが冷めて 灯りも 消える頃 キャンドル前並べて 浮かぶ あの笑顔 パーフェクトに ベイビーフェイス 赤いリップ はにかむ 様子は ファーストレイディ 声は甘くない ソプラノ ティンカーベル 手をとって 虹の向こうまで連れてって 黒い闇に つかまれる前に ティンカーベル 小さな夢 大人になれないまま ティンカーベル 傍にいる ディスティニー パパのガレージに 隠れて 話そう 週末の彼とデート 力を貸してね いつまでも変わらないことなんてないのに 彼女の長い髪は 永遠に輝く ネイビーブルー 瞳はアーモンド 私を見る ティンカーベル 追い越した 景色だけ 変わってゆく 広い海に 飲み込まれる様に ティンカーベル 言わないで 終わりはあるってことを ティンカーベル 踊っていたいのに ティンカーベル 楽しかった 思い出を なぐさめれば もう一度 会えるような 気がする こころに咲く 黄色い花 枯れてゴミに まみれていても 何度でも 水を そそいで ティンカーベル 手をとって 虹の向こうまで連れてって 黒い闇に つかまれる前に ティンカーベル 小さな夢 大人になれないまま ティンカーベル 傍にいる ディスティニーYUKIYUKI・Zuriani・Andy LutschounigYUKI・Zuriani・Andy Lutschounig湯浅篤毎晩 長いパレードゆらして やってくる レモネイドが冷めて 灯りも 消える頃 キャンドル前並べて 浮かぶ あの笑顔 パーフェクトに ベイビーフェイス 赤いリップ はにかむ 様子は ファーストレイディ 声は甘くない ソプラノ ティンカーベル 手をとって 虹の向こうまで連れてって 黒い闇に つかまれる前に ティンカーベル 小さな夢 大人になれないまま ティンカーベル 傍にいる ディスティニー パパのガレージに 隠れて 話そう 週末の彼とデート 力を貸してね いつまでも変わらないことなんてないのに 彼女の長い髪は 永遠に輝く ネイビーブルー 瞳はアーモンド 私を見る ティンカーベル 追い越した 景色だけ 変わってゆく 広い海に 飲み込まれる様に ティンカーベル 言わないで 終わりはあるってことを ティンカーベル 踊っていたいのに ティンカーベル 楽しかった 思い出を なぐさめれば もう一度 会えるような 気がする こころに咲く 黄色い花 枯れてゴミに まみれていても 何度でも 水を そそいで ティンカーベル 手をとって 虹の向こうまで連れてって 黒い闇に つかまれる前に ティンカーベル 小さな夢 大人になれないまま ティンカーベル 傍にいる ディスティニー
手紙 (デモ)久しぶり 元気かい? 手紙を書くよ こちらは相変わらずさ 忙しくしているよ 笑わないでくれ 時々 泣きたくなるんだ 小さな子どもの瞳に映る青空 乾いた大地を涙で潤せ 賑やかな雨の兆し 戸惑いも多分 正しい 友達ができたんだ 君によく似ている 還らない優しい人を 思い出に束ねたよ 誤解しないでくれ まだ悟りきってなどいないのさ ひそやかに試すような記憶の扉 頼りない心を 揺るぎない身体で確かめて 強く知っていく 今を踊り続けよう 限りある命に火を付けて燃やせ 苛立ちや ためらいさえ 美しく輝く 唱声は聴こえる 眩しさに 手を振るだろう? 泡のように消えてしまう夢の日々 夕暮れの街も あの娘の笑顔も 変わらないものなど無いと わかってはいる だけど… 見えない力で 抱きしめてくれた 教科書を枕にしてさ おどける君が見えるよ ありがとう さようなら また いつかYUKIYUKI蔦谷好位置久しぶり 元気かい? 手紙を書くよ こちらは相変わらずさ 忙しくしているよ 笑わないでくれ 時々 泣きたくなるんだ 小さな子どもの瞳に映る青空 乾いた大地を涙で潤せ 賑やかな雨の兆し 戸惑いも多分 正しい 友達ができたんだ 君によく似ている 還らない優しい人を 思い出に束ねたよ 誤解しないでくれ まだ悟りきってなどいないのさ ひそやかに試すような記憶の扉 頼りない心を 揺るぎない身体で確かめて 強く知っていく 今を踊り続けよう 限りある命に火を付けて燃やせ 苛立ちや ためらいさえ 美しく輝く 唱声は聴こえる 眩しさに 手を振るだろう? 泡のように消えてしまう夢の日々 夕暮れの街も あの娘の笑顔も 変わらないものなど無いと わかってはいる だけど… 見えない力で 抱きしめてくれた 教科書を枕にしてさ おどける君が見えるよ ありがとう さようなら また いつか
転校生になれたら1、2、3、4 転校生にもしなれたら 大概の事はどうだっていいわ 海王星が交差をすれば 教科書見せてもらうの 半分こ 生まれ変わりたいの 私 今まで遠ざけていたスカートも履くんだ 先生!当てないで 見透かされてしまう グラウンドは今日も 雨模様 あの子と相合傘 花模様 冥王星が 共鳴すれば 白いイヤーフォンを貸してもらうの 半分こ ドミノ倒し ドミノ倒し ドミノ倒し ドミノ 生まれ変わりたいわ 私 質問攻めの机でも嘘ばっかりつくんだ 先生!言わないで 色違いのジャージはためいて 体育倉庫の裏側 ランデヴー それ以上のお手付きはダメです 成層圏まで飛べたら 友達100人出来なくてもいいわ フォークダンスを踊りたい 手をつないで笑い転げたい あーあ 転校星にもしなれたら 大概の事はどうだっていいわ 太陽系外縁天体でも たまご焼き分けてもらうの 半分こ 1、2、3、4 階段登って 1、2、3、4 階段登って 1、2、3、4 階段登って 1、2、3、4 階段登ってYUKIYUKI川本真琴川本真琴・STUTS・YUKI1、2、3、4 転校生にもしなれたら 大概の事はどうだっていいわ 海王星が交差をすれば 教科書見せてもらうの 半分こ 生まれ変わりたいの 私 今まで遠ざけていたスカートも履くんだ 先生!当てないで 見透かされてしまう グラウンドは今日も 雨模様 あの子と相合傘 花模様 冥王星が 共鳴すれば 白いイヤーフォンを貸してもらうの 半分こ ドミノ倒し ドミノ倒し ドミノ倒し ドミノ 生まれ変わりたいわ 私 質問攻めの机でも嘘ばっかりつくんだ 先生!言わないで 色違いのジャージはためいて 体育倉庫の裏側 ランデヴー それ以上のお手付きはダメです 成層圏まで飛べたら 友達100人出来なくてもいいわ フォークダンスを踊りたい 手をつないで笑い転げたい あーあ 転校星にもしなれたら 大概の事はどうだっていいわ 太陽系外縁天体でも たまご焼き分けてもらうの 半分こ 1、2、3、4 階段登って 1、2、3、4 階段登って 1、2、3、4 階段登って 1、2、3、4 階段登って
Dear.ママはじまりは雨 アンブレラ 古いシネマ ミニスカート 憧れてまだ 15歳の夏 飛び出した 自転車 突然の嵐 許して 大好きなママ 誰も止められないの パパ I'm crazy monster 仲良くしてね アメリカのwanna マックにシェイク やめられない チョコレート ハンサムなジーンズ 押し込めば 目指せ ジュリー・アンドリュース 封切のラヴ・ストーリー マックイーンの大脱走劇 ポップコーンも弾ける 銀幕のスターライト 叶えば 夢は夢じゃないって ねえ そう言ってよママ 灰かぶりシンデレラ よくよく見れば 掘り出しものよ ダイヤモンド 恋に恋はするけれど 2次元の彼はファンタジー 明日 又 手紙をかくわ おやすみ Dear.ママ 生まれながらの おひとよし わがままな ルームメイト 巡る季節に 追いつけない くたびれた バレエシューズ 恋人達 寄り添い 街を飾る イルミネイション ショーウィンドウに映る 冴えない シングルガール 逆立ちすれば 閃くアイディア 教えてよママ ないものねだりすれば 失うのスピリット 黒くなってく ダイヤモンド 失くしものは 見つからないけど 探してるのシンパシー よろしければ 踊りませんか? 笑ってよ レディ 叶えば 夢は夢じゃないって ねえ そう言ってよママ 灰かぶりシンデレラ よくよく見れば 掘り出しものよ ダイヤモンド 希望が有りますようにと ママがつけてくれた名前 失くさないように 歌うわ ありがと Dear.ママ LaLaLaLaLaLaLa LaLaLaLa LaLaLaLaLaLaLaYUKIYUKI田中秀典玉井健二・百田留衣・YUKIはじまりは雨 アンブレラ 古いシネマ ミニスカート 憧れてまだ 15歳の夏 飛び出した 自転車 突然の嵐 許して 大好きなママ 誰も止められないの パパ I'm crazy monster 仲良くしてね アメリカのwanna マックにシェイク やめられない チョコレート ハンサムなジーンズ 押し込めば 目指せ ジュリー・アンドリュース 封切のラヴ・ストーリー マックイーンの大脱走劇 ポップコーンも弾ける 銀幕のスターライト 叶えば 夢は夢じゃないって ねえ そう言ってよママ 灰かぶりシンデレラ よくよく見れば 掘り出しものよ ダイヤモンド 恋に恋はするけれど 2次元の彼はファンタジー 明日 又 手紙をかくわ おやすみ Dear.ママ 生まれながらの おひとよし わがままな ルームメイト 巡る季節に 追いつけない くたびれた バレエシューズ 恋人達 寄り添い 街を飾る イルミネイション ショーウィンドウに映る 冴えない シングルガール 逆立ちすれば 閃くアイディア 教えてよママ ないものねだりすれば 失うのスピリット 黒くなってく ダイヤモンド 失くしものは 見つからないけど 探してるのシンパシー よろしければ 踊りませんか? 笑ってよ レディ 叶えば 夢は夢じゃないって ねえ そう言ってよママ 灰かぶりシンデレラ よくよく見れば 掘り出しものよ ダイヤモンド 希望が有りますようにと ママがつけてくれた名前 失くさないように 歌うわ ありがと Dear.ママ LaLaLaLaLaLaLa LaLaLaLa LaLaLaLaLaLaLa
24hoursでたらめのメロディ 紡ぐ私の身体 瞼のタンバリンで 合いの手を入れて 抜け殻を拾い集めて 新しい約束を交わそうよ 何度も お願い聞いてよ ねえ 流れ星 One day 世界が終わるまで 手を取って離さないで 遊んで 呆れるほどに抱きしめても まだ足りないよと 笑って ランドセルが雨宿り 橋の向こう側 千切れ雲たなびく これで最後のお願い 聞いてよ 戻らないフリスビー One day 世界が終わるとして 口づけしよう 忘れないよう 並んだ2つの影 たくましくって 少しうれしくって 笑った 話し足りないわ 24hours 笑った 抱きしめてよ 24hours 笑って Time is money 24hours 世界は もう戻れないの 24hours 素晴らしい 美しい 恐ろしい 新しい 鏡のよう わずかに咲いた わずかに咲いた希望を わずかに抱いた わずかに抱いた希望を わずかに咲いた わずかに咲いた希望を わずかに抱いた わずかに抱いた 遊んで 夢見て 眠って 踊って 歌うように 遊んで 夢見て 眠って 歌って 踊るように 話し足りないわ 24hours 抱きしめてよ 24hours It's lovely lovely lovely lovely 24hoursYUKIYUKICharaChara・皆川真人・YUKIでたらめのメロディ 紡ぐ私の身体 瞼のタンバリンで 合いの手を入れて 抜け殻を拾い集めて 新しい約束を交わそうよ 何度も お願い聞いてよ ねえ 流れ星 One day 世界が終わるまで 手を取って離さないで 遊んで 呆れるほどに抱きしめても まだ足りないよと 笑って ランドセルが雨宿り 橋の向こう側 千切れ雲たなびく これで最後のお願い 聞いてよ 戻らないフリスビー One day 世界が終わるとして 口づけしよう 忘れないよう 並んだ2つの影 たくましくって 少しうれしくって 笑った 話し足りないわ 24hours 笑った 抱きしめてよ 24hours 笑って Time is money 24hours 世界は もう戻れないの 24hours 素晴らしい 美しい 恐ろしい 新しい 鏡のよう わずかに咲いた わずかに咲いた希望を わずかに抱いた わずかに抱いた希望を わずかに咲いた わずかに咲いた希望を わずかに抱いた わずかに抱いた 遊んで 夢見て 眠って 踊って 歌うように 遊んで 夢見て 眠って 歌って 踊るように 話し足りないわ 24hours 抱きしめてよ 24hours It's lovely lovely lovely lovely 24hours
tonight雨は上がった 今夜は2人で出かけよう 誰も知らない 光も届かない場所へ ベイビー今夜は 2人で踊ろう 温もりは交わす言葉よりも確かな匂い 暗闇は孤独を奪い去るの 愛という名前は知ってる 絡まって 受け取って 私の掌から くしゃくしゃで まるまって 上手く言えたためしは無いけど 手の鳴る方へ 高まる方へ さあ 始めよう キスをしよう 心を込めて 昨日よりも上手く笑えるようになるよ 夜に浮かぶ tonight 暗闇が全てを隠してしまうの 本当のことなんて知らない 突き刺して 確かめて 私の胸の鼓動 欲張って 満たされて 綺麗なものだけじゃないけれど 夜が鳴いている 朝を待っている 窓辺の花 揺れてる 星の光 優しさを持って 哀しさを持って 生きる だから私は強いの 手の鳴る方へ 高まる方へ さあ 始めよう キスをしよう 心を込めて 昨日よりも上手く笑えるようになるよ 夜に浮かぶ tonight 浮かぶ tonight 雨は上がった 今夜は2人で出かけようYUKIYUKIAlbatoLuce玉井健二・百田留衣・YUKI雨は上がった 今夜は2人で出かけよう 誰も知らない 光も届かない場所へ ベイビー今夜は 2人で踊ろう 温もりは交わす言葉よりも確かな匂い 暗闇は孤独を奪い去るの 愛という名前は知ってる 絡まって 受け取って 私の掌から くしゃくしゃで まるまって 上手く言えたためしは無いけど 手の鳴る方へ 高まる方へ さあ 始めよう キスをしよう 心を込めて 昨日よりも上手く笑えるようになるよ 夜に浮かぶ tonight 暗闇が全てを隠してしまうの 本当のことなんて知らない 突き刺して 確かめて 私の胸の鼓動 欲張って 満たされて 綺麗なものだけじゃないけれど 夜が鳴いている 朝を待っている 窓辺の花 揺れてる 星の光 優しさを持って 哀しさを持って 生きる だから私は強いの 手の鳴る方へ 高まる方へ さあ 始めよう キスをしよう 心を込めて 昨日よりも上手く笑えるようになるよ 夜に浮かぶ tonight 浮かぶ tonight 雨は上がった 今夜は2人で出かけよう
となりのメトロ壮大な落書きをリュックに詰めて メトロに乗って センチメンタル手伝って ブルーに染まるあの空見れば 憧れはモダンなガール スカーフが揺れてた 話したい 今を生きる私の声 高く響け 揺れてる 何も知らなかったあの頃の私に 戻らないの 戻れないの 運命は動きだした 迎えに来てね メトロに乗って 現在地を見直して 覚悟を決めた 手と手が触れた 「はじめて」は 果てしない世界を抱きしめた 見つけたい 胸の高なる日を 飛び跳ねて 冗談で笑ってよ 進め 夢を乗せて 新しい景色を楽しめるかは 私次第なの 夕焼けがビルを赤く染めれば 街のどこかで 美味しい匂いがする 進め 君を乗せて 新しい時代を楽しむのは 君次第 何も知らなかったあの頃の私に 戻らないの 戻れないのYUKIYUKINOMSON玉井健二・百田留衣・YUKI壮大な落書きをリュックに詰めて メトロに乗って センチメンタル手伝って ブルーに染まるあの空見れば 憧れはモダンなガール スカーフが揺れてた 話したい 今を生きる私の声 高く響け 揺れてる 何も知らなかったあの頃の私に 戻らないの 戻れないの 運命は動きだした 迎えに来てね メトロに乗って 現在地を見直して 覚悟を決めた 手と手が触れた 「はじめて」は 果てしない世界を抱きしめた 見つけたい 胸の高なる日を 飛び跳ねて 冗談で笑ってよ 進め 夢を乗せて 新しい景色を楽しめるかは 私次第なの 夕焼けがビルを赤く染めれば 街のどこかで 美味しい匂いがする 進め 君を乗せて 新しい時代を楽しむのは 君次第 何も知らなかったあの頃の私に 戻らないの 戻れないの
トロイメライ私達は 独りぼっちを認めて 初めての恋をした 哀しい事 嬉しい事も全て その身を焦がした 道草して おかえりなさい 芍薬の花が咲いてるよ ささやくように 祈るように 今日をまた乗り越える 目が覚めて 朝の陽が その頬を 照らしますように 何度でも 笑うのよ 何度でも 許されていいから 頼りなくて おぼつかない足取りさえ 誰かが見ていてくれる こわいものは 何も無いと思っていた あなたに出逢うまでは 傷痕なら残るらしい 無邪気な私には戻れないの 想い出よりも近くに 私のそばに来て 雨上がり空の下 黄昏が 街の灯が 掌に 透けて泣きそうだ 恋をして 夢を見て 幸せに 暮らしますように 目が覚めて 朝の陽が その頬を 照らしますように 何度でも 笑うのよ 何度でも 許されていいから 雲の上で遊ぶ トロイメライ 星に手が届きそう 夢みたい 笑顔がよく似合う トロイメライ あなたを見つめてると 夢みたい 私達はYUKIYUKICHI-MEYCHI-MEY・YUKI私達は 独りぼっちを認めて 初めての恋をした 哀しい事 嬉しい事も全て その身を焦がした 道草して おかえりなさい 芍薬の花が咲いてるよ ささやくように 祈るように 今日をまた乗り越える 目が覚めて 朝の陽が その頬を 照らしますように 何度でも 笑うのよ 何度でも 許されていいから 頼りなくて おぼつかない足取りさえ 誰かが見ていてくれる こわいものは 何も無いと思っていた あなたに出逢うまでは 傷痕なら残るらしい 無邪気な私には戻れないの 想い出よりも近くに 私のそばに来て 雨上がり空の下 黄昏が 街の灯が 掌に 透けて泣きそうだ 恋をして 夢を見て 幸せに 暮らしますように 目が覚めて 朝の陽が その頬を 照らしますように 何度でも 笑うのよ 何度でも 許されていいから 雲の上で遊ぶ トロイメライ 星に手が届きそう 夢みたい 笑顔がよく似合う トロイメライ あなたを見つめてると 夢みたい 私達は
トワイライト羅針盤の上 薄眼を開け 踊るムスタング 星を跨いで 電車にとび乗れば 遠くなるサンセット パルス回線で届く アイラブユー 未来から落ちた ラブレター 南へ超特急で走れ そう 答えなら いつでも曖昧にしておこう 大きな空 飛ばしておくれ 静かな瞬間 そっと 頬笑みあう 見逃さない 君のスタートライン 確かな純情 それも悪くはない つまらないなら 跳び出せばいい 黄昏めいて泣いてた君 見逃さない 忘れない 今は 哀しい歌は報われないから 歌う 薄明かりのトワイライト 踊るのならトワイライト ミントソーダ色したロ・リータ フルスロットルで誘惑して 芝生に寝ころがった思い出はもう プライスレス 有言実行のタンバリン 鳴らせ 遠く地平線の果てまで カセットテープ伸びるまで 走れ そう 答えなら いつでも 手紙 FROM ME 読み終えたなら すぐに燃やしておくれ わずかな灯 そっと 日々を照らす 見逃さない 僕のスタートライン 変わらずそばでまたたく 勇気のしるし つまづいたなら 抱きしめていい 黄昏めいて泣いてた君 見逃さない 忘れない 今は 哀しい歌は報われないから 歌う 薄明かりのトワイライト 君だけに歌いたいYUKIYUKIJess & Kenji(give me wallets)玉井健二・百田留衣・YUKI羅針盤の上 薄眼を開け 踊るムスタング 星を跨いで 電車にとび乗れば 遠くなるサンセット パルス回線で届く アイラブユー 未来から落ちた ラブレター 南へ超特急で走れ そう 答えなら いつでも曖昧にしておこう 大きな空 飛ばしておくれ 静かな瞬間 そっと 頬笑みあう 見逃さない 君のスタートライン 確かな純情 それも悪くはない つまらないなら 跳び出せばいい 黄昏めいて泣いてた君 見逃さない 忘れない 今は 哀しい歌は報われないから 歌う 薄明かりのトワイライト 踊るのならトワイライト ミントソーダ色したロ・リータ フルスロットルで誘惑して 芝生に寝ころがった思い出はもう プライスレス 有言実行のタンバリン 鳴らせ 遠く地平線の果てまで カセットテープ伸びるまで 走れ そう 答えなら いつでも 手紙 FROM ME 読み終えたなら すぐに燃やしておくれ わずかな灯 そっと 日々を照らす 見逃さない 僕のスタートライン 変わらずそばでまたたく 勇気のしるし つまづいたなら 抱きしめていい 黄昏めいて泣いてた君 見逃さない 忘れない 今は 哀しい歌は報われないから 歌う 薄明かりのトワイライト 君だけに歌いたい
ドラマチックGOLD LYLIC失くした約束は星に 思い出はとけない 四つ葉のクローバー 探しながら君の顔 ちらり盗み見ては目をそらす あれからどれくらい 夜を越えたの? 苦手な処から逃げてるの? 服を着替えて窓の外を見てみよう 深呼吸して見える景色は違うはずだわ こわれた大切なものと いつか又あえる日がくるかしら 残した傷跡が消えない それぞれの場所まで もう行かなくっちゃ ポプラ並木 出せないままのラヴレター 何度も手を振り返した別れ際 幼い頃 思い描いてた全ては かなえられたかのように見えたのに 優しい雨は降る 私達の上に すれちがう人の数だけ ドラマチックになるの 失くした約束は星に 思い出はとけないでそばにある 今 心は清く光る 涙で見えなくなる ささやかな流れ星をひとつぶ 手の平にあげるから こわれた大切なものと いつか又あえる日がくるかしら 残したくちづけは消えない それぞれの場所まで もう行かなくっちゃGOLD LYLICYUKIYUKI蔦谷好位置蔦谷好位置失くした約束は星に 思い出はとけない 四つ葉のクローバー 探しながら君の顔 ちらり盗み見ては目をそらす あれからどれくらい 夜を越えたの? 苦手な処から逃げてるの? 服を着替えて窓の外を見てみよう 深呼吸して見える景色は違うはずだわ こわれた大切なものと いつか又あえる日がくるかしら 残した傷跡が消えない それぞれの場所まで もう行かなくっちゃ ポプラ並木 出せないままのラヴレター 何度も手を振り返した別れ際 幼い頃 思い描いてた全ては かなえられたかのように見えたのに 優しい雨は降る 私達の上に すれちがう人の数だけ ドラマチックになるの 失くした約束は星に 思い出はとけないでそばにある 今 心は清く光る 涙で見えなくなる ささやかな流れ星をひとつぶ 手の平にあげるから こわれた大切なものと いつか又あえる日がくるかしら 残したくちづけは消えない それぞれの場所まで もう行かなくっちゃ
鳴いてる怪獣GOLD LYLIC無いものねだりウィークエンド 放り投げてるジェリービーンズ いい加減どうかしている ありあまるロックンロール いつまでも動かないまま 情けないや 「早くBLOW UPしなくちゃ」 シェイクしてよベイビー グル―ヴを磨かなくちゃ 君は素晴らしい どんなにブルーでも波に乗って 風も光も味方にして 永遠みたいな朝に歌いたいだけ 今日も新しい 七転八倒も承知の上 あの娘は今も夜空の上 一番星も捕まえるくらい 飛んでる最中 書きかけのラヴレター 溶けかけてるアイスクリーム もしあの時…なんて 期待外れアルペジオ いつだって惹かれあうんだ 孤独な僕ら 「ヒントをもらわなくちゃ」 ウェイヴしてよベイビー 4カウント待てないや 危なっかしい どんなにブルーでも波に乗って 風も光も味方にして 見知らぬ街で迷子になりたいだけ おびただしい 千辛万苦も承知の上 憧れのあの娘は雲の上 愛されたいよと大きな声で 泣いてる怪獣 生まれては消えてく 音の波 この惑星の下で 身体を委ねて捧げたいんだ 全て 後悔は無し 七転八倒も承知の上 あの娘は今も夜空の上 一番星も捕まえるくらい 飛んでる最中 飛んでる最中 鳴いてる怪獣GOLD LYLICYUKIYUKI網本ナオノブ玉井健二・百田留衣・YUKI無いものねだりウィークエンド 放り投げてるジェリービーンズ いい加減どうかしている ありあまるロックンロール いつまでも動かないまま 情けないや 「早くBLOW UPしなくちゃ」 シェイクしてよベイビー グル―ヴを磨かなくちゃ 君は素晴らしい どんなにブルーでも波に乗って 風も光も味方にして 永遠みたいな朝に歌いたいだけ 今日も新しい 七転八倒も承知の上 あの娘は今も夜空の上 一番星も捕まえるくらい 飛んでる最中 書きかけのラヴレター 溶けかけてるアイスクリーム もしあの時…なんて 期待外れアルペジオ いつだって惹かれあうんだ 孤独な僕ら 「ヒントをもらわなくちゃ」 ウェイヴしてよベイビー 4カウント待てないや 危なっかしい どんなにブルーでも波に乗って 風も光も味方にして 見知らぬ街で迷子になりたいだけ おびただしい 千辛万苦も承知の上 憧れのあの娘は雲の上 愛されたいよと大きな声で 泣いてる怪獣 生まれては消えてく 音の波 この惑星の下で 身体を委ねて捧げたいんだ 全て 後悔は無し 七転八倒も承知の上 あの娘は今も夜空の上 一番星も捕まえるくらい 飛んでる最中 飛んでる最中 鳴いてる怪獣
Night & Dayもっと教えて 知りたいわ 夢の扉が開く音 ぼーっとしてると盗まれちゃうわ 眼差しや濡れた唇も 光るサンシャイン隠れだした ジキルとハイドよ 狼が knock! knock! ドアーは開けちゃダメよ ベイベー そう いつだって甘い言葉 信じちゃっては痛い目に遭うって分かってはいるけど お願い その道を空けて 時間が無いわ フル装備でエンジン全開 Night & Day 間違いだって知って その度 絆創膏貼って 食い縛る足は浮腫んでまだ痛い お願い その肩を貸して 時間が無いわ ペディキュアも速攻乾燥で Night & Day 思いやりを知って 足りない場所補って 青い空を 私はもっと知っていくの 強い瞳に憧れた 誰かと比べては羨んだ そんな風じゃ報われないわ 拍手して! 聴かせてよギター フラットシューズで走り出した 誰ももう止められないの 狼は泣く泣く諦めた花飾り そういつだって幼い頃と変わらない 夢見がち 笑われるって分かってはいるけど お願い その道を空けて 時間が無いわ フル装備でエンジン全開 Night & Day 間違いだって知って その度 絆創膏貼って 食い縛る足は浮腫んでまだまだ痛い お願い その肩を貸して 時間が無いわ ペディキュアも速攻乾燥で Night & Day 思いやりを知って 足りない場所補って 青い空を 私はもっと知っていくの 覚めない夢から這い出せ 時間が無いわ 神様も どうぞ今日は探さないで 長い髪を切って 思い出を差し出して 眩しすぎる道しるべ辿って行くのYUKIYUKI横山裕章玉井健二・百田留衣・YUKIもっと教えて 知りたいわ 夢の扉が開く音 ぼーっとしてると盗まれちゃうわ 眼差しや濡れた唇も 光るサンシャイン隠れだした ジキルとハイドよ 狼が knock! knock! ドアーは開けちゃダメよ ベイベー そう いつだって甘い言葉 信じちゃっては痛い目に遭うって分かってはいるけど お願い その道を空けて 時間が無いわ フル装備でエンジン全開 Night & Day 間違いだって知って その度 絆創膏貼って 食い縛る足は浮腫んでまだ痛い お願い その肩を貸して 時間が無いわ ペディキュアも速攻乾燥で Night & Day 思いやりを知って 足りない場所補って 青い空を 私はもっと知っていくの 強い瞳に憧れた 誰かと比べては羨んだ そんな風じゃ報われないわ 拍手して! 聴かせてよギター フラットシューズで走り出した 誰ももう止められないの 狼は泣く泣く諦めた花飾り そういつだって幼い頃と変わらない 夢見がち 笑われるって分かってはいるけど お願い その道を空けて 時間が無いわ フル装備でエンジン全開 Night & Day 間違いだって知って その度 絆創膏貼って 食い縛る足は浮腫んでまだまだ痛い お願い その肩を貸して 時間が無いわ ペディキュアも速攻乾燥で Night & Day 思いやりを知って 足りない場所補って 青い空を 私はもっと知っていくの 覚めない夢から這い出せ 時間が無いわ 神様も どうぞ今日は探さないで 長い髪を切って 思い出を差し出して 眩しすぎる道しるべ辿って行くの
泣かない女はいないそれが善いとか悪いとかではなくて 自分の意見をちゃんと持って言うだけ 「それもアリだね」「分かるよ」って言ってもらえるだけで 心が随分と楽チンになるのさ 自分の普通は普通ではない 隠しきれない それが個性だ 泣いたり怒ったり忙しい毎日を 優しく楽しく過ごしたいから ねえダーリン マイスウィートダーリン 何気ない日に “泣かない女はいない”を聴いて たまには踊ろうよ 富を築いたあの偉い人達も 時間の流れだけには抗えない 日向でいつも寝ているあの猫みたいに なれたならいいのにニャア だけど猫には猫なりの心配事があるのだろう 自分の感情も疑わしい 曖昧でいいじゃないか それが人間の運命なら 比べたり誤魔化したり 雑で柔な心を 認めて 許して 繰り返して 愛して 気付かせて さりげない風に 瞬く夜空の下 寄りそって 小さく揺れようよ 揺れようよ 決まり事もろくに守れないこの私が 死ぬまでそばにいる約束をしてしまった 泣いたり怒ったり忙しい毎日です 優しく楽しく過ごしたいから ねえダーリン マイスウィートダーリン 何気ない日に “泣かない女はいない”を聴いて たまには踊ろうよ 踊ろうよ ねえYUKIYUKIKOMODA林正樹それが善いとか悪いとかではなくて 自分の意見をちゃんと持って言うだけ 「それもアリだね」「分かるよ」って言ってもらえるだけで 心が随分と楽チンになるのさ 自分の普通は普通ではない 隠しきれない それが個性だ 泣いたり怒ったり忙しい毎日を 優しく楽しく過ごしたいから ねえダーリン マイスウィートダーリン 何気ない日に “泣かない女はいない”を聴いて たまには踊ろうよ 富を築いたあの偉い人達も 時間の流れだけには抗えない 日向でいつも寝ているあの猫みたいに なれたならいいのにニャア だけど猫には猫なりの心配事があるのだろう 自分の感情も疑わしい 曖昧でいいじゃないか それが人間の運命なら 比べたり誤魔化したり 雑で柔な心を 認めて 許して 繰り返して 愛して 気付かせて さりげない風に 瞬く夜空の下 寄りそって 小さく揺れようよ 揺れようよ 決まり事もろくに守れないこの私が 死ぬまでそばにいる約束をしてしまった 泣いたり怒ったり忙しい毎日です 優しく楽しく過ごしたいから ねえダーリン マイスウィートダーリン 何気ない日に “泣かない女はいない”を聴いて たまには踊ろうよ 踊ろうよ ねえ
長い夢PLATINA LYLICベル鳴らしては 叫んで逃げた 強者の群れは 恐れをなしてた 蟻の行列を 潰し歩いた 鍵はいつでも すぐに失くした 淋しがりやは 誰だ? 手を叩いては 喜んでた 私達の間には 壁はもう 無いのよ バイバイ長い夢 そこへ行くにはどうすればいいの? 迷子になるよ 道案内してね バイバイ長い夢 いつか完璧な環になるように 次の手を教えていて ド・レ・ミの森から 走る少女 ファ・ミ・ソ・ラの下で キッスをした チク・タク・ワニに追われて 目覚める 旅人は さじを投げつける 淋しがりやは 何処だ? 胸で 暖めてあげようか ドレスコードは いらない ようこそ! 踊ろう バイバイ暗い雨 夢で逢えたなら何を話そう 隠れ家へ連れて行こうかな バイバイ暗い雨 夢で逢えたなら何を話そう 気が付けば 棘だらけだ 痛いよ クネクネの道を行け!! とびうおの群れを飛び越えてすすめ!!!! バイバイ長い夢 そこへ行くにはどうすればいいの? 迷子になるよ 道案内してね バイバイ暗い雨 夢で逢えたなら何を話そう 気が付けば 棘だらけだ あーあ バイバイ長い夢 そこへ行くにはどうすればいいの? 迷子になるよ 道案内してね バイバイ長い夢 いつか完璧な環になるように 次の手を教えていて 教えてPLATINA LYLICYUKIYUKI蔦谷好位置蔦谷好位置ベル鳴らしては 叫んで逃げた 強者の群れは 恐れをなしてた 蟻の行列を 潰し歩いた 鍵はいつでも すぐに失くした 淋しがりやは 誰だ? 手を叩いては 喜んでた 私達の間には 壁はもう 無いのよ バイバイ長い夢 そこへ行くにはどうすればいいの? 迷子になるよ 道案内してね バイバイ長い夢 いつか完璧な環になるように 次の手を教えていて ド・レ・ミの森から 走る少女 ファ・ミ・ソ・ラの下で キッスをした チク・タク・ワニに追われて 目覚める 旅人は さじを投げつける 淋しがりやは 何処だ? 胸で 暖めてあげようか ドレスコードは いらない ようこそ! 踊ろう バイバイ暗い雨 夢で逢えたなら何を話そう 隠れ家へ連れて行こうかな バイバイ暗い雨 夢で逢えたなら何を話そう 気が付けば 棘だらけだ 痛いよ クネクネの道を行け!! とびうおの群れを飛び越えてすすめ!!!! バイバイ長い夢 そこへ行くにはどうすればいいの? 迷子になるよ 道案内してね バイバイ暗い雨 夢で逢えたなら何を話そう 気が付けば 棘だらけだ あーあ バイバイ長い夢 そこへ行くにはどうすればいいの? 迷子になるよ 道案内してね バイバイ長い夢 いつか完璧な環になるように 次の手を教えていて 教えて
泣きそうだ声にだすたんび 手をのばした はみだす はみだす はみだしそうだ! 手探りで ずっと平行線 ゴールはまだ見えないわ ガッと胸つかむような天使のスマイル 羽根むしって 逃げていった 痛くないよ  愛情 幸せの形なんて人それぞれ 変わってゆくもの 紫陽花のブルー 生きる私のルール 雨は休まず ふり続く  泣きそうだ 気が付けば こんなに 遠くまで歩いてた よりそった 2つの影は 伸びるよ 永遠のような 誓い 子供達は跳ねる 三日月 ブランコの上  声にだすたんび 手をのばした  hurry up! hurry up! hurry up! ベイブ! 触りたい 満たしたい 与えたい 欲望は! わかりたい 深めたい 信じたいだけなのに おかしな夢 おかしな夢  抱きしめる度に せつなくなるのはなぜなんだろう? 気が付けばこんなに あなたを好きになった 泣きそうだ 2つの影は 伸びるよ 永遠のような 誓い 子供達は跳ねる 汗まみれ 瞳の中YUKIYUKIYUKI声にだすたんび 手をのばした はみだす はみだす はみだしそうだ! 手探りで ずっと平行線 ゴールはまだ見えないわ ガッと胸つかむような天使のスマイル 羽根むしって 逃げていった 痛くないよ  愛情 幸せの形なんて人それぞれ 変わってゆくもの 紫陽花のブルー 生きる私のルール 雨は休まず ふり続く  泣きそうだ 気が付けば こんなに 遠くまで歩いてた よりそった 2つの影は 伸びるよ 永遠のような 誓い 子供達は跳ねる 三日月 ブランコの上  声にだすたんび 手をのばした  hurry up! hurry up! hurry up! ベイブ! 触りたい 満たしたい 与えたい 欲望は! わかりたい 深めたい 信じたいだけなのに おかしな夢 おかしな夢  抱きしめる度に せつなくなるのはなぜなんだろう? 気が付けばこんなに あなたを好きになった 泣きそうだ 2つの影は 伸びるよ 永遠のような 誓い 子供達は跳ねる 汗まみれ 瞳の中
夏のヒーロー最後の花火 揺れて落ちた 夕暮れ 帰り道 涙さっきから こらえてる 小さく 肩寄せ 歩いてる なぐさめてくれた 最後まで わかるはずもないくせに でも 優しさを 忘れずに 生きていこうね と 夏は終わり 君のにおい ソーダ水の泡に 溶けた また来年 きっと逢えるように 日に焼けた わたしだけの 夏のヒーロー 風が運んだ君の手紙 何度も読み返す 震えてる文字の 向こうから 想いは強く伝わるから 確かめていたい 何度でも 引き返す事は 出来ないけど 大切に 毎日を 生きていけるから 浮浪雲に 君の祈り 蝉時雨の 声に 消えた 泥だらけで 手も 繋げずにいた いつも 強がりばかりの 夏のヒーロー 夏は終わり 君のにおい ソーダ水の泡に 溶けた また来年 きっと逢えるように 日に焼けた わたしだけの 夏のヒーローYUKIYUKIHARCO玉井健二・湯浅篤・YUKI最後の花火 揺れて落ちた 夕暮れ 帰り道 涙さっきから こらえてる 小さく 肩寄せ 歩いてる なぐさめてくれた 最後まで わかるはずもないくせに でも 優しさを 忘れずに 生きていこうね と 夏は終わり 君のにおい ソーダ水の泡に 溶けた また来年 きっと逢えるように 日に焼けた わたしだけの 夏のヒーロー 風が運んだ君の手紙 何度も読み返す 震えてる文字の 向こうから 想いは強く伝わるから 確かめていたい 何度でも 引き返す事は 出来ないけど 大切に 毎日を 生きていけるから 浮浪雲に 君の祈り 蝉時雨の 声に 消えた 泥だらけで 手も 繋げずにいた いつも 強がりばかりの 夏のヒーロー 夏は終わり 君のにおい ソーダ水の泡に 溶けた また来年 きっと逢えるように 日に焼けた わたしだけの 夏のヒーロー
波乗り500マイル (feat.KAKATO)波乗りばかりの彼は いつも愛想ふりまいて NO,NO,NO,NO 可愛いお尻に踊る 火を付けて逃げろ うん 逃げろ! もう恋なんてしない 痛い想いはしたくないわ あなたから もう500マイル 気持ちは遠い 遠い  なにこれ マジいい波 だね グラサン突き抜ける陽射し 眩しい景色 俺達ノリノリ 大好き波乗り 踊りだすテンション 吸い込まれそう ミステリアスビキニのマーメイド 色とりどり目移りバニラチョコレイト ひとつに決めらんねー ランナウェイ 焼けたビーチ 熟れたピーチ 今すぐ飛び込みたいオアシス 蜃気楼 シンクロナイズドパドリング 段取りシカトし犬かき 気持ち止まらない てかまとまらない 知らない事は全て知ってみたい 海の家から聞こえる B.G.M 急かしてる “アイ・ラヴ・ユー”  アイ・ラヴ・ユーよりも早く 唇は奪われた NO,NO,NO,NO! 左手にキラリ光る指輪 波にサウスポーで投げろ 投げろ! もう恋なんてしない 痛い想いはしたくないわ あなたから もう500マイル 気持ちは遠い 遠い  いつの間にもうこんな時間 長い影を見る波打ち際 少し騒がしい 暗くなる前に そしらぬ顔でみんな帰り道 ちょっと待ってー やっぱギザギザハート キザキザしちゃって間違ったワード それとアクション いつも楽勝 そんな風に思ってたんだけど  もう恋なんてしない 痛い想いはしたくないわ あなたから もう500マイル 気持ちは遠い 遠いよYUKIYUKI・環ROY・鎮座DOPENESS大川一人・Fumie波乗りばかりの彼は いつも愛想ふりまいて NO,NO,NO,NO 可愛いお尻に踊る 火を付けて逃げろ うん 逃げろ! もう恋なんてしない 痛い想いはしたくないわ あなたから もう500マイル 気持ちは遠い 遠い  なにこれ マジいい波 だね グラサン突き抜ける陽射し 眩しい景色 俺達ノリノリ 大好き波乗り 踊りだすテンション 吸い込まれそう ミステリアスビキニのマーメイド 色とりどり目移りバニラチョコレイト ひとつに決めらんねー ランナウェイ 焼けたビーチ 熟れたピーチ 今すぐ飛び込みたいオアシス 蜃気楼 シンクロナイズドパドリング 段取りシカトし犬かき 気持ち止まらない てかまとまらない 知らない事は全て知ってみたい 海の家から聞こえる B.G.M 急かしてる “アイ・ラヴ・ユー”  アイ・ラヴ・ユーよりも早く 唇は奪われた NO,NO,NO,NO! 左手にキラリ光る指輪 波にサウスポーで投げろ 投げろ! もう恋なんてしない 痛い想いはしたくないわ あなたから もう500マイル 気持ちは遠い 遠い  いつの間にもうこんな時間 長い影を見る波打ち際 少し騒がしい 暗くなる前に そしらぬ顔でみんな帰り道 ちょっと待ってー やっぱギザギザハート キザキザしちゃって間違ったワード それとアクション いつも楽勝 そんな風に思ってたんだけど  もう恋なんてしない 痛い想いはしたくないわ あなたから もう500マイル 気持ちは遠い 遠いよ
名も無い小さい花捨てられてた小さなピアノ スーツ姿の男の人が弾いていた あれは何て曲だろう 雨に濡れた仔犬の匂いと 抱きあって愛しあうときの君のメロディが とてもよく似ていること 教えてあげたいな 初めてを沢山しよう ドラが鳴ってるよ かっこ悪い仕草も見てみたいから 僕のために咲いて 名も無い小さい花 後ろを振り返りしながら 訳の分からない影に怯えて眠る日を 図書館に返しに行こう 北国訛りの 美しい黒髪の少女の瞳に映る 海原を泳いだなら いつか辿り着くだろう 世界の その先へ 抱きしめて 追い越して行こう みんな待ってるよ カーテンコールは派手にやらかしたいから カギ編みのセーターじゃあ 重くて踊れないよ 鼻先をかすめていこう 風が鳴いてるよ どんな顔をして誘ってくれるの 今夜は 僕のために笑って 名も無い小さい花YUKIYUKIKOMODA玉井健二・百田留衣・YUKI捨てられてた小さなピアノ スーツ姿の男の人が弾いていた あれは何て曲だろう 雨に濡れた仔犬の匂いと 抱きあって愛しあうときの君のメロディが とてもよく似ていること 教えてあげたいな 初めてを沢山しよう ドラが鳴ってるよ かっこ悪い仕草も見てみたいから 僕のために咲いて 名も無い小さい花 後ろを振り返りしながら 訳の分からない影に怯えて眠る日を 図書館に返しに行こう 北国訛りの 美しい黒髪の少女の瞳に映る 海原を泳いだなら いつか辿り着くだろう 世界の その先へ 抱きしめて 追い越して行こう みんな待ってるよ カーテンコールは派手にやらかしたいから カギ編みのセーターじゃあ 重くて踊れないよ 鼻先をかすめていこう 風が鳴いてるよ どんな顔をして誘ってくれるの 今夜は 僕のために笑って 名も無い小さい花
曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 編曲者名 歌い出し
鳴り響く限り夜は月明かりを持って 揺れる朝焼けを頬張って 踊りたい 息をするのも忘れるくらい フライ 深い森に ダンスフロア 靴音は雄弁に お喋りして 手招きする 会いたいよ 心が急かすんだ もう シナリオ通りではいられない 無限大よ 心 大きく広げて 放り込むの 歓び 全て 笑いながら 命が 鳴り響く限り 胸の高鳴りを ワン・モア・タイム 荒れる海原に飛び乗って 遊びたい 訳もわからず どうしようもないくらい 夢中になる ひたむきに 汗は流れる 思い出より 輝いてる 会いたいよ 世界は変わるんだ もう独りよがりではいられない ねえ 教えて 触れ合う身体 熱い理由を 誰にも言えない秘密を 強い風 流される雲の 隙間に 青い空 憧れるだけでは 追いかけられないの 夢のその続きを 曖昧な世界を変えるんだ もう あなたから視線離せない 先回りして おまじないみたいに祈る はしゃいでいて イノセンス 会いたいよ 心が急かすんだ もう シナリオ通りではいられない 無限大よ 心 大きく広げて 放り込むの 歓び 全て 何かが起きる 予感が 鳴り響く限り 笑いながら 命が 鳴り響く限りYUKIYUKI小形誠前田佑夜は月明かりを持って 揺れる朝焼けを頬張って 踊りたい 息をするのも忘れるくらい フライ 深い森に ダンスフロア 靴音は雄弁に お喋りして 手招きする 会いたいよ 心が急かすんだ もう シナリオ通りではいられない 無限大よ 心 大きく広げて 放り込むの 歓び 全て 笑いながら 命が 鳴り響く限り 胸の高鳴りを ワン・モア・タイム 荒れる海原に飛び乗って 遊びたい 訳もわからず どうしようもないくらい 夢中になる ひたむきに 汗は流れる 思い出より 輝いてる 会いたいよ 世界は変わるんだ もう独りよがりではいられない ねえ 教えて 触れ合う身体 熱い理由を 誰にも言えない秘密を 強い風 流される雲の 隙間に 青い空 憧れるだけでは 追いかけられないの 夢のその続きを 曖昧な世界を変えるんだ もう あなたから視線離せない 先回りして おまじないみたいに祈る はしゃいでいて イノセンス 会いたいよ 心が急かすんだ もう シナリオ通りではいられない 無限大よ 心 大きく広げて 放り込むの 歓び 全て 何かが起きる 予感が 鳴り響く限り 笑いながら 命が 鳴り響く限り
NEW ! ! !ハッピーバースデー ハッピーバースデー 投げ出した 諦めて 何度も出口無し 何故だ 場合によっては 都合良く現れて タイムマシーン サンキュー アルバイト仲間が言うわ 「自分さえ良けりゃ順調じゃん」 言うねー それぞれのターン 主役の時代 彼・彼女は もう待てない 私はここで 虹の麓 渡りたくて 足が震えてる ああ! おデコ丸出しで 急なスコール 猛ダッシュ 泣いてる暇はない お NEW!!!な私 ハッピーバースデー いつだって尖って 大人にはなれない エクスプレス 速くて 追いつけない どこまでも One step and two steps Hey DJ! 止めないで 身を乗り出して 向こう岸が見えたら お祝いよセレブレイト お熱だね ニューフェイス 毎週末ごとの軌道修正 修正 喉元すぎ熱さ忘れ 雨 晴れたら忘れる傘 私は未だ 虹の麓 渡るのなら 踊る方が速い ああ! おデコ丸出しで スタートライン 突っ立って 泣いてる暇はない 余裕なふりしてる フライデー フレンチフライ ほうばって 手ぐすね引いたなら エクスプレス 速くて追いつけない どこまでも One step and two steps hey DJ! 止めないで 笑顔取り出して ダンスしましょ 乗ってって 涙を拭いて It's 静かな Dawn It's 静かな Dawn 見つからない Drawing, My Soul お NEW!!!な私 ハッピーバースデー ベースライン乗っ取って 心も抱いて 古風な振り付けもらって フィジカル相まって 素直になれたなら エクスプレス 速くて 追いつけない どこまでも One step and two steps hey DJ! 止めないで 身を乗り出して 向こう岸が見えたら お祝いのセレブレイト ああ! おデコ丸出しで 急なスコール 猛ダッシュ 泣いてる暇はない お NEW!!!な私 ハッピーバースデー いつだって尖って 大人にはならない エクスプレス 定刻です 追いつくぞ どこまでも One step and two steps hey DJ! 止まらない 笑顔取り出して ダンスしましょ 乗ってって 涙を拭いてYUKIYUKIClaire Rodrigues Lee・Kevin Charge今井了介・U-Key zoneハッピーバースデー ハッピーバースデー 投げ出した 諦めて 何度も出口無し 何故だ 場合によっては 都合良く現れて タイムマシーン サンキュー アルバイト仲間が言うわ 「自分さえ良けりゃ順調じゃん」 言うねー それぞれのターン 主役の時代 彼・彼女は もう待てない 私はここで 虹の麓 渡りたくて 足が震えてる ああ! おデコ丸出しで 急なスコール 猛ダッシュ 泣いてる暇はない お NEW!!!な私 ハッピーバースデー いつだって尖って 大人にはなれない エクスプレス 速くて 追いつけない どこまでも One step and two steps Hey DJ! 止めないで 身を乗り出して 向こう岸が見えたら お祝いよセレブレイト お熱だね ニューフェイス 毎週末ごとの軌道修正 修正 喉元すぎ熱さ忘れ 雨 晴れたら忘れる傘 私は未だ 虹の麓 渡るのなら 踊る方が速い ああ! おデコ丸出しで スタートライン 突っ立って 泣いてる暇はない 余裕なふりしてる フライデー フレンチフライ ほうばって 手ぐすね引いたなら エクスプレス 速くて追いつけない どこまでも One step and two steps hey DJ! 止めないで 笑顔取り出して ダンスしましょ 乗ってって 涙を拭いて It's 静かな Dawn It's 静かな Dawn 見つからない Drawing, My Soul お NEW!!!な私 ハッピーバースデー ベースライン乗っ取って 心も抱いて 古風な振り付けもらって フィジカル相まって 素直になれたなら エクスプレス 速くて 追いつけない どこまでも One step and two steps hey DJ! 止めないで 身を乗り出して 向こう岸が見えたら お祝いのセレブレイト ああ! おデコ丸出しで 急なスコール 猛ダッシュ 泣いてる暇はない お NEW!!!な私 ハッピーバースデー いつだって尖って 大人にはならない エクスプレス 定刻です 追いつくぞ どこまでも One step and two steps hey DJ! 止まらない 笑顔取り出して ダンスしましょ 乗ってって 涙を拭いて
眠り姫逢いたいな私のベイベー 夢見るような 暗い海辺 真っ赤な手 真っ赤な手 真っ赤な手のひらで 探してよ 私の闇を 振り払うその手は ここには もう いない 生きている誇りもなく 誰かが言う 「ただのわがままの果て」 解らないよう 目を、目を、目を、覚まさないのよ 覚ませないのよ  逢いたいな私のベイベー 夢見るような唄の調べ 真っ赤なドア 真っ赤なドア 真っ赤なドア 誰? たたいてる たたいてる?  I don't wanna fall asleep I've been waiting for you to come I remember how it was when I was awake The dog took me home Somebody was knockin' the door I can't remember when we talked  私の髪を なでる愛しい手は ここにはもう いない いないよ 残されて腐ってゆく 私は言う 「終わらない愛なんて」 解らないよう 目を、目を、目を、覚ましたいのに 覚ましたいのに 緑の中へ 逃がしてあげるよ 私のベイベー 真っ赤な手 真っ赤な手 真っ赤な手のママ 抱いてよ。YUKIYUKIYUKI日暮愛葉・YUKI逢いたいな私のベイベー 夢見るような 暗い海辺 真っ赤な手 真っ赤な手 真っ赤な手のひらで 探してよ 私の闇を 振り払うその手は ここには もう いない 生きている誇りもなく 誰かが言う 「ただのわがままの果て」 解らないよう 目を、目を、目を、覚まさないのよ 覚ませないのよ  逢いたいな私のベイベー 夢見るような唄の調べ 真っ赤なドア 真っ赤なドア 真っ赤なドア 誰? たたいてる たたいてる?  I don't wanna fall asleep I've been waiting for you to come I remember how it was when I was awake The dog took me home Somebody was knockin' the door I can't remember when we talked  私の髪を なでる愛しい手は ここにはもう いない いないよ 残されて腐ってゆく 私は言う 「終わらない愛なんて」 解らないよう 目を、目を、目を、覚ましたいのに 覚ましたいのに 緑の中へ 逃がしてあげるよ 私のベイベー 真っ赤な手 真っ赤な手 真っ赤な手のママ 抱いてよ。
呪いこののろいから とかれる日はくるの? あの魔法は もう とけてしまった?  あたしについた汚点をみつめた それはとてもきれいな赤で 拍手の海におぼれた涙を 君が黙ってすくい上げてくれた くれたんだ  笑顔をならべて 見ない振りをして 頑張ってきたんだ  こののろいから とかれる日はくるの? あの魔法は もう とけてしまった。  ジグザグの道は キラキラして まぶしくって 目を あけられないほど  愛しいこののろいから とかれる日はくるの? あの魔法は もう とけてしまったの? もう とけて とけて とけて しまった  さめないで 夢 ならば さめないで 夢 ならば さめないで  もう うたえないわYUKIYUKIYUKI會田茂一・YUKIこののろいから とかれる日はくるの? あの魔法は もう とけてしまった?  あたしについた汚点をみつめた それはとてもきれいな赤で 拍手の海におぼれた涙を 君が黙ってすくい上げてくれた くれたんだ  笑顔をならべて 見ない振りをして 頑張ってきたんだ  こののろいから とかれる日はくるの? あの魔法は もう とけてしまった。  ジグザグの道は キラキラして まぶしくって 目を あけられないほど  愛しいこののろいから とかれる日はくるの? あの魔法は もう とけてしまったの? もう とけて とけて とけて しまった  さめないで 夢 ならば さめないで 夢 ならば さめないで  もう うたえないわ
裸の太陽ネイキッド・サン 向かいたかった 二人の行き先は ネイキッド・サン 逃したりした 不埒な生き様 砂の上 くずれかかって もつれている 恋をしていた いつだって 恐いふりをして あきらめた 悪戯にして せつなくなる どこに行くの? 二人の夏を ブローチにして 胸に光って 眺めているよ 赤い水平線 走る私の影絵 裸の太陽 ビルの屋上の風 乗っかる おそろいのステップで 追いかけて 裸足でつかまえて 最後に 笑えなくって ごめんね 涙目で ありがとう 君の顔 焼き付けた 焼きつけた バタフライして 波が踊る 風が騒ぐ 失くした言葉 探そうとして あたふたして 君のとなり 赤い流線型 走るふたつの影絵 裸の太陽 Naked Sun Naked Sun Naked Sun Naked Sun Naked Sun Naked Sun! 悪戯にして せつなくなる どこに行くの? 二人の夏を ブローチにして 胸に光って 眺めているよ 赤い水平線 走る私の影絵 裸の太陽 ララララララ ララララララ 二人の夏をブローチにして 胸に光っている ネイキッド・サン ネイキッド・サン ネイキッド・サン ネイキッド・サンYUKIYUKI平野航TAKIBIE・YUKIネイキッド・サン 向かいたかった 二人の行き先は ネイキッド・サン 逃したりした 不埒な生き様 砂の上 くずれかかって もつれている 恋をしていた いつだって 恐いふりをして あきらめた 悪戯にして せつなくなる どこに行くの? 二人の夏を ブローチにして 胸に光って 眺めているよ 赤い水平線 走る私の影絵 裸の太陽 ビルの屋上の風 乗っかる おそろいのステップで 追いかけて 裸足でつかまえて 最後に 笑えなくって ごめんね 涙目で ありがとう 君の顔 焼き付けた 焼きつけた バタフライして 波が踊る 風が騒ぐ 失くした言葉 探そうとして あたふたして 君のとなり 赤い流線型 走るふたつの影絵 裸の太陽 Naked Sun Naked Sun Naked Sun Naked Sun Naked Sun Naked Sun! 悪戯にして せつなくなる どこに行くの? 二人の夏を ブローチにして 胸に光って 眺めているよ 赤い水平線 走る私の影絵 裸の太陽 ララララララ ララララララ 二人の夏をブローチにして 胸に光っている ネイキッド・サン ネイキッド・サン ネイキッド・サン ネイキッド・サン
はみだせ ラインダンスからはみだせ ラインダンスから はみだせ ラインダンスから 一番星が消えそうさ 私の胸は はち切れそうだ… 太陽 どこまでも伸びる影を作る 月曜日 私が新しくなれたらいいのに まじで 大好きだったのに なんで あきらめた? 夢の話を 笑って 話したりして 生きてたい 眠れない夜は グッバイ 眠れない夜は グッバイ 疲れは知らない 泥だらけ遊ぶ 全てオーライ イエス! ビー・マイ・セルフ はみだせ ラインダンスから はみだせ ラインダンスから つま先破れて 転んで泣いても やめられない オールナイト 前を向いて歩いても きょろきょろ よそ見してばかりね 私が私であるため 何が必要? まじで 大好きだったこと なんで 忘れてっちゃうの? あなたのかわいいえくぼは 覚えていたい はみだせ ラインダンスから はみだせ ラインダンスから つま先破れて 転んで滑って泣いても やめられない オールナイト はみだせ ラインダンスから はみだせ ラインダンスから はみだせ ラインダンスから はみだせ ラインダンスからYUKIYUKIHALIFANIE玉井健二・百田留衣・YUKIはみだせ ラインダンスから はみだせ ラインダンスから 一番星が消えそうさ 私の胸は はち切れそうだ… 太陽 どこまでも伸びる影を作る 月曜日 私が新しくなれたらいいのに まじで 大好きだったのに なんで あきらめた? 夢の話を 笑って 話したりして 生きてたい 眠れない夜は グッバイ 眠れない夜は グッバイ 疲れは知らない 泥だらけ遊ぶ 全てオーライ イエス! ビー・マイ・セルフ はみだせ ラインダンスから はみだせ ラインダンスから つま先破れて 転んで泣いても やめられない オールナイト 前を向いて歩いても きょろきょろ よそ見してばかりね 私が私であるため 何が必要? まじで 大好きだったこと なんで 忘れてっちゃうの? あなたのかわいいえくぼは 覚えていたい はみだせ ラインダンスから はみだせ ラインダンスから つま先破れて 転んで滑って泣いても やめられない オールナイト はみだせ ラインダンスから はみだせ ラインダンスから はみだせ ラインダンスから はみだせ ラインダンスから
ハミングバードGOLD LYLIC曖昧で それでいて 表情に無理は無くて 「気にしないで」って言えないで 2人。途方に暮れた 「愛情で?友情で?」 13回目のファイナルアンサー just like π 割り切れないわ 飛行機雲見えた時に ハミングバード フライアウェイ さすらうよ フェイドアウェイ All the way I think of you そのための Song of you  せいいっぱいの恋愛で、神経質でスリープレスナイト 楽しんだぶん ヘビーウェイト ああ 泣きたくなるんだ Search light on me, you are my sun. 私だけを照らす太陽 かんちがいでいい 思いたいよう やさしく 抱いていてよう  時に ハミングバード フライアウェイ カミングアウト Say Hello! All the way I think of you そのための Song of you いつまで… さえずるのよ?…いつまで?  白いキャンバスに描く空 深いスカイブルー越えたら 広がる 無限のジオラマ 夢でもう一度 逢えるなら ライラライ このメロディーを贈るよ ヘブンリー ゆら ゆら 漂う風になる ゆら ゆら ゆら  いつまで…?  白いキャンバスに描く空 深いスカイブルー越えたら 広がる 無限のジオラマ 夢でもう一度 逢えるなら このメロディーを贈るよ ヘブンリー ゆら ゆら 漂う風になる ゆら ゆら ゆら ふら ふら 重なる影になる ふら ふら ふら  曖昧で それでいて 表情に無理は無くて 「気にしないで」って言えないで 2人。途方に暮れた それぞれの道歩き 赤い目こすりながら 月明かりに照らされた2人 同じ 夢を見た。GOLD LYLICYUKIYUKI・CaravanCaravan會田茂一曖昧で それでいて 表情に無理は無くて 「気にしないで」って言えないで 2人。途方に暮れた 「愛情で?友情で?」 13回目のファイナルアンサー just like π 割り切れないわ 飛行機雲見えた時に ハミングバード フライアウェイ さすらうよ フェイドアウェイ All the way I think of you そのための Song of you  せいいっぱいの恋愛で、神経質でスリープレスナイト 楽しんだぶん ヘビーウェイト ああ 泣きたくなるんだ Search light on me, you are my sun. 私だけを照らす太陽 かんちがいでいい 思いたいよう やさしく 抱いていてよう  時に ハミングバード フライアウェイ カミングアウト Say Hello! All the way I think of you そのための Song of you いつまで… さえずるのよ?…いつまで?  白いキャンバスに描く空 深いスカイブルー越えたら 広がる 無限のジオラマ 夢でもう一度 逢えるなら ライラライ このメロディーを贈るよ ヘブンリー ゆら ゆら 漂う風になる ゆら ゆら ゆら  いつまで…?  白いキャンバスに描く空 深いスカイブルー越えたら 広がる 無限のジオラマ 夢でもう一度 逢えるなら このメロディーを贈るよ ヘブンリー ゆら ゆら 漂う風になる ゆら ゆら ゆら ふら ふら 重なる影になる ふら ふら ふら  曖昧で それでいて 表情に無理は無くて 「気にしないで」って言えないで 2人。途方に暮れた それぞれの道歩き 赤い目こすりながら 月明かりに照らされた2人 同じ 夢を見た。
はらはらとああ 胸には潮騒のざわめき達 声は深い森を突き抜ける 光は道無き道を照らす まったく不器用で 上手くならない靴紐の結び目にする 願い事 -消えないで 笑い声- 陽が沈んでしまうよ 海原に 待ち望んだ今を生きているかい? 無口な空に問いかけた わけはないさ 案ずるな 友よ 軽々と重い荷物持ちながら 覚めない夢を ゆらゆらと ああ ぴったり寄り添ってたなびく雲 今じゃあ もう謝ることも 喧嘩さえできないよ できないね じゃあ 未来を託された私達の宝物 目に見えない物すべて 繋がる無限の環 君は誰の物でもいられない さらば今日よ 鳥達の子守歌 聴こえてくるから 肩を抱いて 眼差しは恥じらいと共に かけがえのない日々を重ねては 走る 鳴り止まぬ身体 それぞれの場所で胸張り 咲き誇れ 歌いながら さあ 望んだ今を生きてみよう 手を伸ばしてみて 確かめた わけはないさ はみだす勇気を 教えてくれた君を 覚めない夢を 代わりのいない君を 想うから 枯れない涙 はらはらとYUKIYUKILASTorderLASTorderああ 胸には潮騒のざわめき達 声は深い森を突き抜ける 光は道無き道を照らす まったく不器用で 上手くならない靴紐の結び目にする 願い事 -消えないで 笑い声- 陽が沈んでしまうよ 海原に 待ち望んだ今を生きているかい? 無口な空に問いかけた わけはないさ 案ずるな 友よ 軽々と重い荷物持ちながら 覚めない夢を ゆらゆらと ああ ぴったり寄り添ってたなびく雲 今じゃあ もう謝ることも 喧嘩さえできないよ できないね じゃあ 未来を託された私達の宝物 目に見えない物すべて 繋がる無限の環 君は誰の物でもいられない さらば今日よ 鳥達の子守歌 聴こえてくるから 肩を抱いて 眼差しは恥じらいと共に かけがえのない日々を重ねては 走る 鳴り止まぬ身体 それぞれの場所で胸張り 咲き誇れ 歌いながら さあ 望んだ今を生きてみよう 手を伸ばしてみて 確かめた わけはないさ はみだす勇気を 教えてくれた君を 覚めない夢を 代わりのいない君を 想うから 枯れない涙 はらはらと
Hello !さかなつり ゆめのあと Hello Hello ありがとう さようなら Hello Hello おんなのこ おとこのこ Hello Hello あたりまえ つみかさねて くらしてる 世界中をひとっとび くじらの背のむこうに アイディアを売る キャンディマン まだ わらってる Oh! everyday & everywhere Hello! なつかしい こえがする Hello Hello あいたいな あえるかな Hello Hello くだらない じょうだんで わらいあおう だきしめて あたためて わかちあおう 世界中でただひとり 君は誰にも似ていない 大きく見せなくてもいいんだ ありのままでいいさ Oh! everyday & everywhere Hello! 夢は砂漠のバラ オーダーメイドよ 赤いドレス 王子様なら知ってるの ヘビと知恵くらべしているから 世界中をひとまわり つないだ手はつづくよ 大きな声でわらうよ 愛であふれてる Oh! everyday & everywhere Hello! 君の名は HelloYUKIYUKIHALIFANIE玉井健二・百田留衣・YUKIさかなつり ゆめのあと Hello Hello ありがとう さようなら Hello Hello おんなのこ おとこのこ Hello Hello あたりまえ つみかさねて くらしてる 世界中をひとっとび くじらの背のむこうに アイディアを売る キャンディマン まだ わらってる Oh! everyday & everywhere Hello! なつかしい こえがする Hello Hello あいたいな あえるかな Hello Hello くだらない じょうだんで わらいあおう だきしめて あたためて わかちあおう 世界中でただひとり 君は誰にも似ていない 大きく見せなくてもいいんだ ありのままでいいさ Oh! everyday & everywhere Hello! 夢は砂漠のバラ オーダーメイドよ 赤いドレス 王子様なら知ってるの ヘビと知恵くらべしているから 世界中をひとまわり つないだ手はつづくよ 大きな声でわらうよ 愛であふれてる Oh! everyday & everywhere Hello! 君の名は Hello
ハローグッバイGOLD LYLIC夕方 金星の色 スタンバってどっちを選んでみよう 出逢いなんてわくわくもの 期待ばっか先走り空回り見えないわ 転がり続けて傷だらけの素足は しあわせなのかしら 私が見てきたすべてのこと むだじゃないよって君に言ってほしい 人は誰かとかかわるハローグッバイ ちから漲るよわなわなと 巡り逢うよベイビイ 短い夏が終われば秋が来て寒い冬がくるように 私はどんどん変わってくはにかんだり 舌をだしてみたりさびないわ 目の前の大きな岩壊すセンスは磨かれてるのかしら あなたがくれたすてきなこと 胸にしまってる光と影 いつかは誰かと言うセイ・ハローグッバイ みのらなくても大切なこと 地球は回る私を乗せて 転がり続けた石ころはあなたを必要としているわ 心に唄う“一本道”をゆらりゆらりと歩いていこう さようなら明日また会えるよう指切りをして! 私が見てきたすべてのこと むだじゃないよと君が言ってほしい 人は誰かとかかわるハローグッバイ ちから漲るよわなわなと 巡り逢うよベイビイGOLD LYLICYUKIYUKI・蔦谷好位置蔦谷好位置湯浅篤夕方 金星の色 スタンバってどっちを選んでみよう 出逢いなんてわくわくもの 期待ばっか先走り空回り見えないわ 転がり続けて傷だらけの素足は しあわせなのかしら 私が見てきたすべてのこと むだじゃないよって君に言ってほしい 人は誰かとかかわるハローグッバイ ちから漲るよわなわなと 巡り逢うよベイビイ 短い夏が終われば秋が来て寒い冬がくるように 私はどんどん変わってくはにかんだり 舌をだしてみたりさびないわ 目の前の大きな岩壊すセンスは磨かれてるのかしら あなたがくれたすてきなこと 胸にしまってる光と影 いつかは誰かと言うセイ・ハローグッバイ みのらなくても大切なこと 地球は回る私を乗せて 転がり続けた石ころはあなたを必要としているわ 心に唄う“一本道”をゆらりゆらりと歩いていこう さようなら明日また会えるよう指切りをして! 私が見てきたすべてのこと むだじゃないよと君が言ってほしい 人は誰かとかかわるハローグッバイ ちから漲るよわなわなと 巡り逢うよベイビイ
ハンサムなピルエット言わないで たら・れば 素材出せば 可能性 拡がるから 欲張りも 過ぎれば わかるだろ 道草もけっこう ただじゃあ 起きない アティテュード 守られるだけなら ノーサンキュー 頭の中じゃ 足りないよ 動け うらはらに 身体は アン・オー 言うな しのごの アン・クロワ 置いていかない アサンブレ 連れていこうか 奪いたいんだろう? 舞い上がれ 高く高く 光る夜空の 星より高く その態度次第 吸い込まれそう ブラックホールでも すでに ウェルカム 這い上がれ 僕は 悪魔でも 天使でも かまわないんだ 嘘つきで 上等さ 回れ ハンサムなピルエット 8月の気怠さ 落ちこぼれさ ぶれ過ぎのポジション つま先なら 修羅場 白い風車 走る ドン・キホーテ 夢案内して キューピッド 迷い込むのなら ラヴ・コメディ 見えないはずが 見えだした マイムさながらに 身体は アン・ドゥオール 言葉じゃなくて アン・ファス 真正面から アン・レール 薄いパイほど 美しいんだろう? 舞い上がれ 赤く赤く 昇る月夜の 花火よ 赤く 弾ける 過剰な その演技 キャラクテール やわらかいムーブメント 這い上がれ 僕は 砂の城を 壊して また創るんだ 自作自演 自撮りで 笑う モノクロのポラロイド 不確かな線 描き出して 不真面目な 僕を取り出して 跳べるならば 赦される よそ見をせず 僕だけ見て 舞い上がれ 高く高く 光る夜空の 星より高く その態度次第 吸い込まれそう ブラックホールでも すでに ウェルカム 這い上がれ 僕は 悪魔でも 天使でも かまわないんだ はみ出してしまいそうさ 回れ ハンサムなピルエットYUKIYUKI柴田尚久保田真悟・D&H言わないで たら・れば 素材出せば 可能性 拡がるから 欲張りも 過ぎれば わかるだろ 道草もけっこう ただじゃあ 起きない アティテュード 守られるだけなら ノーサンキュー 頭の中じゃ 足りないよ 動け うらはらに 身体は アン・オー 言うな しのごの アン・クロワ 置いていかない アサンブレ 連れていこうか 奪いたいんだろう? 舞い上がれ 高く高く 光る夜空の 星より高く その態度次第 吸い込まれそう ブラックホールでも すでに ウェルカム 這い上がれ 僕は 悪魔でも 天使でも かまわないんだ 嘘つきで 上等さ 回れ ハンサムなピルエット 8月の気怠さ 落ちこぼれさ ぶれ過ぎのポジション つま先なら 修羅場 白い風車 走る ドン・キホーテ 夢案内して キューピッド 迷い込むのなら ラヴ・コメディ 見えないはずが 見えだした マイムさながらに 身体は アン・ドゥオール 言葉じゃなくて アン・ファス 真正面から アン・レール 薄いパイほど 美しいんだろう? 舞い上がれ 赤く赤く 昇る月夜の 花火よ 赤く 弾ける 過剰な その演技 キャラクテール やわらかいムーブメント 這い上がれ 僕は 砂の城を 壊して また創るんだ 自作自演 自撮りで 笑う モノクロのポラロイド 不確かな線 描き出して 不真面目な 僕を取り出して 跳べるならば 赦される よそ見をせず 僕だけ見て 舞い上がれ 高く高く 光る夜空の 星より高く その態度次第 吸い込まれそう ブラックホールでも すでに ウェルカム 這い上がれ 僕は 悪魔でも 天使でも かまわないんだ はみ出してしまいそうさ 回れ ハンサムなピルエット
バスガールバックオーライ 恋に破れても くじけないわ 私 バスガール ストップ ドライバー 顔色も良いみたい マイクよこせ 白い手袋 制服の胸がなんだか苦しいの 言わせないでよ 合いの手を入れて楽しく歌えば 急にカーブをしたり 誘導します 窓際がお好きなら 安全保障します ユー! どうします? 一目惚れも大歓迎 無神経なお客にからかわれても シートベルト着用 笑って 大切なのは細やかな気遣い 伊達じゃないわ 私 バスガール 腫れた瞼に言い訳しない マイクバトル 受けて立ちます 網棚の上の涙こぼれそう 言わせないでよ 休憩時間 昼食を分けあえば 芽生えていく友情 想定内も外も対応してます トラブル回避します ETCでハモられても大歓迎 リピートのお客におもてなしの技 さりげない声掛け 忘れずに 左手に見えますのは 恋人を待つあの娘です 右手に見えますのは あなたの新しい物語 愛のフラッグ どうぞ見失わずに 高く揚げてます 最終地点前は お名残り惜しい 恋にも似た感情 誘導します 記念のお写真なら あの滝をバックに 思い出のお手伝い 喜んでいたします 笑って はい チーズYUKIYUKI伊藤立玉井健二・百田留衣・YUKIバックオーライ 恋に破れても くじけないわ 私 バスガール ストップ ドライバー 顔色も良いみたい マイクよこせ 白い手袋 制服の胸がなんだか苦しいの 言わせないでよ 合いの手を入れて楽しく歌えば 急にカーブをしたり 誘導します 窓際がお好きなら 安全保障します ユー! どうします? 一目惚れも大歓迎 無神経なお客にからかわれても シートベルト着用 笑って 大切なのは細やかな気遣い 伊達じゃないわ 私 バスガール 腫れた瞼に言い訳しない マイクバトル 受けて立ちます 網棚の上の涙こぼれそう 言わせないでよ 休憩時間 昼食を分けあえば 芽生えていく友情 想定内も外も対応してます トラブル回避します ETCでハモられても大歓迎 リピートのお客におもてなしの技 さりげない声掛け 忘れずに 左手に見えますのは 恋人を待つあの娘です 右手に見えますのは あなたの新しい物語 愛のフラッグ どうぞ見失わずに 高く揚げてます 最終地点前は お名残り惜しい 恋にも似た感情 誘導します 記念のお写真なら あの滝をバックに 思い出のお手伝い 喜んでいたします 笑って はい チーズ
バースディ蓮の美 薊の霊 眠たい目こすって 枕の上 “もーう いいかーい” “まぁーだだよ” 後ろ振り向けば ネムの木のバースディ 8月のバースディ  廻るのは生命の環 乱れるように重なる縁 “でも楽しい” “魔法を喰らう” 何時とて言いましょう 月星のバースディ 真夜中のバースディ  君は菫 君は菫 叫ぶのは誰 ネムの木のバースディ 8月のバースディ 月星のバースディ 真夜中のバースディYUKIYUKI・KT TunstallYUKI・KT Tunstall玉井健二・湯浅篤・YUKI蓮の美 薊の霊 眠たい目こすって 枕の上 “もーう いいかーい” “まぁーだだよ” 後ろ振り向けば ネムの木のバースディ 8月のバースディ  廻るのは生命の環 乱れるように重なる縁 “でも楽しい” “魔法を喰らう” 何時とて言いましょう 月星のバースディ 真夜中のバースディ  君は菫 君は菫 叫ぶのは誰 ネムの木のバースディ 8月のバースディ 月星のバースディ 真夜中のバースディ
パレードが続くならパ・レード パ・レード パ・レード パ・レード 私が見ている 素晴らしい世界 あなたに見せたい 見えないものも 見る自由 優しい人達の 頼もしい笑顔 思考は生き物 それは 運命になるから マスタード色 ジャケットの 破れたポケット 入りきらずに こぼれた あなたのメッセージ 掌に もう一度 指で書いて 飲み込む 大丈夫さ 大丈夫さ ここから 何処へ行こうとも 抱きしめていたいの 盛大なパーティは オールナイトロング 夢みたいだ 約束をして 指切り 正解も 明暗も 善悪も 割り切れないわ まだ 終わらないで メロディ 愛しい思い出を 繋ぎ合わせたい あなたにあげたい 少しの補正 それも自由 嬉しい出来事に 笑い合いたいわ 分かち合いたいな 人生は 有限だから まっさらな 行列に 紛れた キャンドル 燃え尽きるまで やめない 命のパレード 闇雲に 手探り のらりくらり ネバーエンド 大丈夫さ 大丈夫さ 歩こう 雨に打たれても 大きな声上げて 大胆な網タイツ 投げキスで 踊るダンサー 羨望の はにかむ ギャラリー 「永遠はない」なんて 哀しい嘘 言わないで ほら また ないものねだり あなたは 風に乗って 私を 迎えに来て その気になれば きっと 飛べるわ 飛べるわ 壮大な冗談で 笑って 歌うみたいに まだ 終わらないで メロディ 消えないでフェアリー ススメ ワタシノパレード ヒキコモゴモ アルガ ススメ ワタシノパレード 後悔も 経験も 想像じゃ 計り知れないわ あふれる 涙が 頼り 今日も 沢山 良い事が あなたに 有りますように 聞こえる 誰かの祈り あなたの 寄り道に 私を 巻き込んで 楽しい 悩み事 増えるわ 増えるわ 盛大なパーティは オールナイトロング 夢みたいな 約束をして 指切り 消えないフェアリーYUKIYUKI南田健吾(agehasprings Party)南田健吾パ・レード パ・レード パ・レード パ・レード 私が見ている 素晴らしい世界 あなたに見せたい 見えないものも 見る自由 優しい人達の 頼もしい笑顔 思考は生き物 それは 運命になるから マスタード色 ジャケットの 破れたポケット 入りきらずに こぼれた あなたのメッセージ 掌に もう一度 指で書いて 飲み込む 大丈夫さ 大丈夫さ ここから 何処へ行こうとも 抱きしめていたいの 盛大なパーティは オールナイトロング 夢みたいだ 約束をして 指切り 正解も 明暗も 善悪も 割り切れないわ まだ 終わらないで メロディ 愛しい思い出を 繋ぎ合わせたい あなたにあげたい 少しの補正 それも自由 嬉しい出来事に 笑い合いたいわ 分かち合いたいな 人生は 有限だから まっさらな 行列に 紛れた キャンドル 燃え尽きるまで やめない 命のパレード 闇雲に 手探り のらりくらり ネバーエンド 大丈夫さ 大丈夫さ 歩こう 雨に打たれても 大きな声上げて 大胆な網タイツ 投げキスで 踊るダンサー 羨望の はにかむ ギャラリー 「永遠はない」なんて 哀しい嘘 言わないで ほら また ないものねだり あなたは 風に乗って 私を 迎えに来て その気になれば きっと 飛べるわ 飛べるわ 壮大な冗談で 笑って 歌うみたいに まだ 終わらないで メロディ 消えないでフェアリー ススメ ワタシノパレード ヒキコモゴモ アルガ ススメ ワタシノパレード 後悔も 経験も 想像じゃ 計り知れないわ あふれる 涙が 頼り 今日も 沢山 良い事が あなたに 有りますように 聞こえる 誰かの祈り あなたの 寄り道に 私を 巻き込んで 楽しい 悩み事 増えるわ 増えるわ 盛大なパーティは オールナイトロング 夢みたいな 約束をして 指切り 消えないフェアリー
ひみつGOLD LYLIC火傷したいわ 赤い糸 手繰り寄せて 辿り着いた指先が君じゃなかったとしても 喉が乾くのなら口づけで潤せばいいわ 紡いだ身体は揺れている ひみつの始まり ああ 産毛まで見える横顔が綺麗だね 「三日月…夜空が笑っているみたいに見えるよ」っていう話 わかってくれて ありがとう 2人を写す記念写真は残らなくってもいい 今の君が好い 雲は流れて 形を変えては消えてく 始めから意味なんて何も無かったみたいに ねえ!このままどこかへ2人で消えてしまおうよ 誰も2人を知らない遠くまで ひみつの長い旅 ああ 結びあった小指の約束が哀しくなるわ 瞬き…夜空を映す滴 ひと粒 落ちては降り続いてる 銀色に光る 涙も震えて滲む星になって 2人を照らしてしまう 2人を見ている もう 隠せないわ ああ 私にだけ見せてくれる横顔を知ってしまったの 「三日月…離れていても繋ぐ夜空 隣にいるみたいだね」と 笑ってくれて ありがとう 2人を写す記念写真は残らなくってもいい 今の君が好い 残らなくってもいい 今の君が好いGOLD LYLICYUKIYUKI大川カズト浦清英・玉井健二・百田留衣・YUKI火傷したいわ 赤い糸 手繰り寄せて 辿り着いた指先が君じゃなかったとしても 喉が乾くのなら口づけで潤せばいいわ 紡いだ身体は揺れている ひみつの始まり ああ 産毛まで見える横顔が綺麗だね 「三日月…夜空が笑っているみたいに見えるよ」っていう話 わかってくれて ありがとう 2人を写す記念写真は残らなくってもいい 今の君が好い 雲は流れて 形を変えては消えてく 始めから意味なんて何も無かったみたいに ねえ!このままどこかへ2人で消えてしまおうよ 誰も2人を知らない遠くまで ひみつの長い旅 ああ 結びあった小指の約束が哀しくなるわ 瞬き…夜空を映す滴 ひと粒 落ちては降り続いてる 銀色に光る 涙も震えて滲む星になって 2人を照らしてしまう 2人を見ている もう 隠せないわ ああ 私にだけ見せてくれる横顔を知ってしまったの 「三日月…離れていても繋ぐ夜空 隣にいるみたいだね」と 笑ってくれて ありがとう 2人を写す記念写真は残らなくってもいい 今の君が好い 残らなくってもいい 今の君が好い
秘密の花園月灯り青い岬に ママの眼をぬすんで来たわ 真夜中に呼び出すなんて あなたってどういうつもり  真面目にキスしていいの なんて ムードを知らない人 Ah…あせるわ  Moonlight magic 私のことを 口説きたいなら 三日月の夜 Hold me tight 入り江の奥は 誰も誰も知らない秘密の花園  ルックスは割といいから もてるのも仕方ないけど 他の娘に気を許したら 思いきりつねってあげる  小舟のロープ ほどいて二人 流れる星を見上げ Ah…さすらう  Moon light magic 魔法のような 揺れる瞳で しっと見つめて Hold me tight 海に咲く百合 白く白く輝く 秘密の花園  Moonlight magic 私のことを 口説きたいなら 三日月の夜 Hold me tight 入り江の奥は 誰も誰も知らない秘密の花園YUKI松本隆呉田軽穂高木正勝月灯り青い岬に ママの眼をぬすんで来たわ 真夜中に呼び出すなんて あなたってどういうつもり  真面目にキスしていいの なんて ムードを知らない人 Ah…あせるわ  Moonlight magic 私のことを 口説きたいなら 三日月の夜 Hold me tight 入り江の奥は 誰も誰も知らない秘密の花園  ルックスは割といいから もてるのも仕方ないけど 他の娘に気を許したら 思いきりつねってあげる  小舟のロープ ほどいて二人 流れる星を見上げ Ah…さすらう  Moon light magic 魔法のような 揺れる瞳で しっと見つめて Hold me tight 海に咲く百合 白く白く輝く 秘密の花園  Moonlight magic 私のことを 口説きたいなら 三日月の夜 Hold me tight 入り江の奥は 誰も誰も知らない秘密の花園
百日紅歩き出す足が 長くなる影が 慎ましやかでいたいと願う道 多分悪気はない 多少の性質の悪い 天才だと褒めはやす 大人達 出来る事をやるだけさ 冒険なんてしなくてもいい 気持ちの良い事をただやるだけさ 逢いたい人と逢いたい時に 嗚呼、好い 流れる血が 私を女だと知らせる ただ愛しい声を聞けば 落雷に打たれたようだよ ベイビー 身の程を知れと唱う百日紅 やましさと裏腹に流す涙 膨らんで 雲の上 膨らんで 膨らんで 100バーツをポケットに突っ込んで 埃まみれで汗ばむ体 今夜もし夢で逢えたら 口では言えない遊びをしよう 嗚呼、好い 流れる血が 私を女だと知らせる ただ楽しい欠伸をして 幸せだけを伝染させる 歩き出す足が 長くなる影が 慎ましやかでいたいと願う道 身の程を知れと唱う百日紅 やましさと裏腹に流す涙YUKIYUKI尾崎世界観沖山優司・YUKI歩き出す足が 長くなる影が 慎ましやかでいたいと願う道 多分悪気はない 多少の性質の悪い 天才だと褒めはやす 大人達 出来る事をやるだけさ 冒険なんてしなくてもいい 気持ちの良い事をただやるだけさ 逢いたい人と逢いたい時に 嗚呼、好い 流れる血が 私を女だと知らせる ただ愛しい声を聞けば 落雷に打たれたようだよ ベイビー 身の程を知れと唱う百日紅 やましさと裏腹に流す涙 膨らんで 雲の上 膨らんで 膨らんで 100バーツをポケットに突っ込んで 埃まみれで汗ばむ体 今夜もし夢で逢えたら 口では言えない遊びをしよう 嗚呼、好い 流れる血が 私を女だと知らせる ただ楽しい欠伸をして 幸せだけを伝染させる 歩き出す足が 長くなる影が 慎ましやかでいたいと願う道 身の程を知れと唱う百日紅 やましさと裏腹に流す涙
漂流教室告別式では泣かなかったんだ 外に出たらもう雨はあがってたんだ あいつは虹の始まりと終わりをきっと一人で探しにいったのさ  二ヶ月後の夜 夢をみた 空いちめんトビウオが飛んでいた あいつは笑ってギターを弾いて 君と僕は手を叩いたりして歌ったのさ  このまま僕等は大人になれないまま しがみついて 忘れないんだ 君の涙をいつか笑顔に変えてくれ 光る星に約束してくれ はやく はやく こっちにおいでよ 君と僕は一生の友達なのさ  校舎の窓からUFOを見た リレーのバトンを落としても走った あの娘の横顔を何度も何度も授業中ぬすんでみたかった  あの夕焼けが沈むまえに自転車で競争さ この坂道を登りきれなかったら百円な 今まで出会えた全ての人々に もう一度いつか会えたらどんなに素敵なことだろう  このまま僕等は大人になれないまま しがみついて忘れないんだ 君の涙をいつか笑顔に変えてくれ 光る星に約束してくれ はやく はやく こっちにおいでよ 君と僕は一生の友達なのさ  はやく はやく こっちにおいでよ 君と僕は一生の友達なのさYUKI峯田和伸峯田和伸玉井健二・百田留衣・YUKI告別式では泣かなかったんだ 外に出たらもう雨はあがってたんだ あいつは虹の始まりと終わりをきっと一人で探しにいったのさ  二ヶ月後の夜 夢をみた 空いちめんトビウオが飛んでいた あいつは笑ってギターを弾いて 君と僕は手を叩いたりして歌ったのさ  このまま僕等は大人になれないまま しがみついて 忘れないんだ 君の涙をいつか笑顔に変えてくれ 光る星に約束してくれ はやく はやく こっちにおいでよ 君と僕は一生の友達なのさ  校舎の窓からUFOを見た リレーのバトンを落としても走った あの娘の横顔を何度も何度も授業中ぬすんでみたかった  あの夕焼けが沈むまえに自転車で競争さ この坂道を登りきれなかったら百円な 今まで出会えた全ての人々に もう一度いつか会えたらどんなに素敵なことだろう  このまま僕等は大人になれないまま しがみついて忘れないんだ 君の涙をいつか笑顔に変えてくれ 光る星に約束してくれ はやく はやく こっちにおいでよ 君と僕は一生の友達なのさ  はやく はやく こっちにおいでよ 君と僕は一生の友達なのさ
ビスケットPLATINA LYLICいつだって 逢いたくて 涙の海でおぼれた 抜けだして 逢いに来て 月を味方につけて 強がって 絡まって 困らせてる ごめんね 目の前で 勇気出して あなたの額に触れた ゆらゆらと影を わざと踏んで歩いた 坂道を 身体よりもっと 近づいてよ ポケットに忍ばせた 甘いビスケット あなたに半分だけあげるよ 始めたばかりの つらいダイエット ううん その他うやむやのせいにして 私があなたを好きな理由 100個ぐらい 正座して ちゃんと言えるから ぶかぶかで青い 背の高い あなたのセーターを掴んだ 想いは強い! 鼓動よ届け!! ありふれた毎日を あなたが束ねてくれた 取り出したメモリーは いつでも鮮やかな色 ほどいてる髪を そっと結ってくれる 大きな手で リボンごと ぎゅうーっと 抱きしめてよ ポケットに忍ばせた 甘いビスケット あなたと半分ずつ 食べよう 新しい日を 暗い夜を ううん ありとあらゆる 想像のすべてを ねえ このままずっと一緒に いられるといいなあ 2人手を繋ぎ 歩いていけたら 交わした約束 危うくて 未来は誰も解らないなら 火照った指で 探りあてて 体に印を 刻もうよ 私があなたを好きな理由 100個以上 正座して もっと言えるから 初めてみたいに 背の高い あなたの右腕を掴んだ 想いは強い! 鼓動よ続け!!PLATINA LYLICYUKIYUKI蔦谷好位置いつだって 逢いたくて 涙の海でおぼれた 抜けだして 逢いに来て 月を味方につけて 強がって 絡まって 困らせてる ごめんね 目の前で 勇気出して あなたの額に触れた ゆらゆらと影を わざと踏んで歩いた 坂道を 身体よりもっと 近づいてよ ポケットに忍ばせた 甘いビスケット あなたに半分だけあげるよ 始めたばかりの つらいダイエット ううん その他うやむやのせいにして 私があなたを好きな理由 100個ぐらい 正座して ちゃんと言えるから ぶかぶかで青い 背の高い あなたのセーターを掴んだ 想いは強い! 鼓動よ届け!! ありふれた毎日を あなたが束ねてくれた 取り出したメモリーは いつでも鮮やかな色 ほどいてる髪を そっと結ってくれる 大きな手で リボンごと ぎゅうーっと 抱きしめてよ ポケットに忍ばせた 甘いビスケット あなたと半分ずつ 食べよう 新しい日を 暗い夜を ううん ありとあらゆる 想像のすべてを ねえ このままずっと一緒に いられるといいなあ 2人手を繋ぎ 歩いていけたら 交わした約束 危うくて 未来は誰も解らないなら 火照った指で 探りあてて 体に印を 刻もうよ 私があなたを好きな理由 100個以上 正座して もっと言えるから 初めてみたいに 背の高い あなたの右腕を掴んだ 想いは強い! 鼓動よ続け!!
ビュービューそれでもまだ、愛が足りないって言うの? 開いた心で、祈るわ 届いて 未来は、私達で守るべきものよ!  泣いていたいよ。笑っていたいよ。感じていたいよ。 どれくらいしても 人は、繰り返し争うわ……。 未来は?  物語は、カミナリまで。窓をたたく、遠くなって、 サイレンが 追い越した…  それでもまだ愛が足りないって言うの? 開いた心で祈る… 祈るわ…。  泣いていたいよ。笑っていたいよ。 もしも世界が終わるとしても、 愛してる人よ。この胸に誓うよ。 忘れはしないと、あなたに誓うよ。 誓うよ。誓うよ。  全て知ってたいわ 全て知ってたいわ 全て知ってたいわYUKIYUKIYUKI湯浅篤・YUKIそれでもまだ、愛が足りないって言うの? 開いた心で、祈るわ 届いて 未来は、私達で守るべきものよ!  泣いていたいよ。笑っていたいよ。感じていたいよ。 どれくらいしても 人は、繰り返し争うわ……。 未来は?  物語は、カミナリまで。窓をたたく、遠くなって、 サイレンが 追い越した…  それでもまだ愛が足りないって言うの? 開いた心で祈る… 祈るわ…。  泣いていたいよ。笑っていたいよ。 もしも世界が終わるとしても、 愛してる人よ。この胸に誓うよ。 忘れはしないと、あなたに誓うよ。 誓うよ。誓うよ。  全て知ってたいわ 全て知ってたいわ 全て知ってたいわ
ファンキー・フルーツベイビ ベイビ ラブ・ミー ベイビ ベイビ ベイビ キス・ミー ベイビ ベイビ ベイビ ウォンチュー ベイビ ベイビ ベイビ アイ ワナ ビ ウィズ ユ ベイビ  どこにいるの? 手掛かり残したまんま 離ればなれの ララバイ あたしのU・F・Oで 2人抱きあって 豪々(ごうごう) 火星の裏まで 暴走中毒ドライブ  残された 星のペンダント ロマンチックで うっとり 女の子は 弱いものなのねぇ  誇りを持ったびしょぬれのハート レイニーブルー 女神が言うほど 恋はうまくいかないの  残された 星のペンダント プラスチックで がっかり? でも本当は そんなのどうでもいいわ  ピンクのブラウスには スウィートバイヴスと ファンキーフルーツ あいつのためなら がんばっちゃう!! LOVE  ベイビ ベイビ ラブ・ミー ベイビ ベイビ ベイビ キス・ミー ベイビ ベイビ ベイビ ウォンチュー ベイビ ベイビ ベイビ アイ ワナ ビ ウィズ ユ ベイビ  ブーツのスタッズには パティスミスとスージーズ あいつのためなら どこへでも! MOVE  ベイビ ベイビ ラブ・ミー ベイビ ベイビ ベイビ キス・ミー ベイビ ベイビ ベイビ ウォンチュー ベイビ ベイビ ベイビ アイ ワナ ビ ウィズ ユ ベイビYUKIYUKIナンバキイチロウベイビ ベイビ ラブ・ミー ベイビ ベイビ ベイビ キス・ミー ベイビ ベイビ ベイビ ウォンチュー ベイビ ベイビ ベイビ アイ ワナ ビ ウィズ ユ ベイビ  どこにいるの? 手掛かり残したまんま 離ればなれの ララバイ あたしのU・F・Oで 2人抱きあって 豪々(ごうごう) 火星の裏まで 暴走中毒ドライブ  残された 星のペンダント ロマンチックで うっとり 女の子は 弱いものなのねぇ  誇りを持ったびしょぬれのハート レイニーブルー 女神が言うほど 恋はうまくいかないの  残された 星のペンダント プラスチックで がっかり? でも本当は そんなのどうでもいいわ  ピンクのブラウスには スウィートバイヴスと ファンキーフルーツ あいつのためなら がんばっちゃう!! LOVE  ベイビ ベイビ ラブ・ミー ベイビ ベイビ ベイビ キス・ミー ベイビ ベイビ ベイビ ウォンチュー ベイビ ベイビ ベイビ アイ ワナ ビ ウィズ ユ ベイビ  ブーツのスタッズには パティスミスとスージーズ あいつのためなら どこへでも! MOVE  ベイビ ベイビ ラブ・ミー ベイビ ベイビ ベイビ キス・ミー ベイビ ベイビ ベイビ ウォンチュー ベイビ ベイビ ベイビ アイ ワナ ビ ウィズ ユ ベイビ
風来坊暗い夜空を突き抜け 風来坊 早生まれさ 干支は戊子 長男坊 深い悟りは七日で開いた 楽になるよ 俺は誰でもないのだ そこから全ては始まる 泣いてるのは何故だ 北には枕 顔は西 風は吹いた 百戦錬磨の強者 義経 弁慶 敵わない 探さないで 聞かせてやる 勧進帳 電光石火で飛び散る 人工衛星も抜かす あばらの骨折れるまで 風に吹かれてる スライ・ストーンの声 優しく響いて 遊び疲れた俺を癒す 菠薐草 辛い道ならこりごり もういいや 見逃すなよ 根無し草の寝物語 ここから全ては始まる 抱いてるのは君だ あの娘も好い お前も好い 雨上がりも好い ピクニックして大往生 優雅な雰囲気狙い目 五月雨なら 乱れても許してね 空前絶後の花火が 夜空を巻き込み恋する 歪ませるんだ 砂嵐巻き起こす歌 -青天井の風来坊- 百戦錬磨の強者 義経 弁慶 敵わない 探さないで 今はまだ旅してる 電光石火で飛び散る 人工衛星も抜かす あばらの骨折れるまで 風に吹かれてる 宝の山 持て余す 風に吹かれてる いる あばらの骨折れるまで 風に吹かれてる 風来坊 風来坊YUKIYUKI津野米咲トオミヨウ・YUKI暗い夜空を突き抜け 風来坊 早生まれさ 干支は戊子 長男坊 深い悟りは七日で開いた 楽になるよ 俺は誰でもないのだ そこから全ては始まる 泣いてるのは何故だ 北には枕 顔は西 風は吹いた 百戦錬磨の強者 義経 弁慶 敵わない 探さないで 聞かせてやる 勧進帳 電光石火で飛び散る 人工衛星も抜かす あばらの骨折れるまで 風に吹かれてる スライ・ストーンの声 優しく響いて 遊び疲れた俺を癒す 菠薐草 辛い道ならこりごり もういいや 見逃すなよ 根無し草の寝物語 ここから全ては始まる 抱いてるのは君だ あの娘も好い お前も好い 雨上がりも好い ピクニックして大往生 優雅な雰囲気狙い目 五月雨なら 乱れても許してね 空前絶後の花火が 夜空を巻き込み恋する 歪ませるんだ 砂嵐巻き起こす歌 -青天井の風来坊- 百戦錬磨の強者 義経 弁慶 敵わない 探さないで 今はまだ旅してる 電光石火で飛び散る 人工衛星も抜かす あばらの骨折れるまで 風に吹かれてる 宝の山 持て余す 風に吹かれてる いる あばらの骨折れるまで 風に吹かれてる 風来坊 風来坊
ふがいないやGOLD LYLIC私が生まれた朝の街 雪の中に埋もれた それはそれは小さい手で 青空をあおいだ さながら 昔からよく知る となりの あの娘のように 片方の耳たぶで聴く 卒業のカノン 1人でも 大丈夫よって めくれてる 私のストーリー 誰かのせいにしたいよ つらいなあ。いや。嫌。 右利きの おりこうさんには 雨上がりを あげよう 手作りの フォーチュンクッキー 食べながら でかけよう 哀しくって 泣いてばっかりいたら 芽が溶けて無くなった 秋になり また 冬になり ひとつ年をとった 遠くまで 逃げているつもりでも 終わらない 君のストーリー にやにや 笑っている ふがいないや。いや。 すがりながら 追いかけてみても あしげにされても 空いた穴を 埋めよう ちがいないや。いや。 かさねあう もたれあう すててしまうんだ もうすぐ 消えてしまう 愛しい人も 優しい日々よ もうすぐ 私が生まれた朝の街 雪の中に埋もれた それはそれは小さい手で 青空をあおいだ 遠くまで 逃げているつもりでも 終わらない 君のストーリー にやにや 笑っている ふがいないや。いや。 すがりながら 追いかけてみても あしげにされても 空いた穴を ふさごう ちがいないや。いや。 ふがいないや。いや。 つらいなあ。嫌。嫌。GOLD LYLICYUKIYUKI蔦谷好位置玉井健二・Band ASTRO・湯浅篤・YUKI私が生まれた朝の街 雪の中に埋もれた それはそれは小さい手で 青空をあおいだ さながら 昔からよく知る となりの あの娘のように 片方の耳たぶで聴く 卒業のカノン 1人でも 大丈夫よって めくれてる 私のストーリー 誰かのせいにしたいよ つらいなあ。いや。嫌。 右利きの おりこうさんには 雨上がりを あげよう 手作りの フォーチュンクッキー 食べながら でかけよう 哀しくって 泣いてばっかりいたら 芽が溶けて無くなった 秋になり また 冬になり ひとつ年をとった 遠くまで 逃げているつもりでも 終わらない 君のストーリー にやにや 笑っている ふがいないや。いや。 すがりながら 追いかけてみても あしげにされても 空いた穴を 埋めよう ちがいないや。いや。 かさねあう もたれあう すててしまうんだ もうすぐ 消えてしまう 愛しい人も 優しい日々よ もうすぐ 私が生まれた朝の街 雪の中に埋もれた それはそれは小さい手で 青空をあおいだ 遠くまで 逃げているつもりでも 終わらない 君のストーリー にやにや 笑っている ふがいないや。いや。 すがりながら 追いかけてみても あしげにされても 空いた穴を ふさごう ちがいないや。いや。 ふがいないや。いや。 つらいなあ。嫌。嫌。
2人だけの世界 ― You & I ―髪型変えたね 似合ってる すごく 気付かないふり わざとしていただけなんだよ 友&愛が 閉店するってさ デートの場所が またひとつ無くなっちゃうよね CDまだ借りたまんまだよ「流れ星」 あの曲とても大好きだった 明るいのに なんだか泣きそうになるの 改札 素早く通り抜けろ 2人のルールで また ふざけてるんだろう? 雨でまつ毛が濡れてる 失くしたもの ここじゃないどこかで見つかるから 2人だけの世界 誰にも触らせない その瞳に映ってた私は 私も知らない あなただけが知ってくれている それは必然で 何もこわくはない 改札 素早く通り抜けろ 2人のルールで また ふざけてるんでしょう? 夜がはにかんで揺れてる 失くしたもの見つからなくても かまやしないの 2人だけの世界 誰にも触らせないYUKIYUKI大西省吾髪型変えたね 似合ってる すごく 気付かないふり わざとしていただけなんだよ 友&愛が 閉店するってさ デートの場所が またひとつ無くなっちゃうよね CDまだ借りたまんまだよ「流れ星」 あの曲とても大好きだった 明るいのに なんだか泣きそうになるの 改札 素早く通り抜けろ 2人のルールで また ふざけてるんだろう? 雨でまつ毛が濡れてる 失くしたもの ここじゃないどこかで見つかるから 2人だけの世界 誰にも触らせない その瞳に映ってた私は 私も知らない あなただけが知ってくれている それは必然で 何もこわくはない 改札 素早く通り抜けろ 2人のルールで また ふざけてるんでしょう? 夜がはにかんで揺れてる 失くしたもの見つからなくても かまやしないの 2人だけの世界 誰にも触らせない
2人のストーリーGOLD LYLIC待ち合わせはローソンで おにぎりを2つ買って家 繋いだ指を ワンス・モア・タイム 行き止まりで口づけしたんだ 君の機嫌は天気雨 どしゃ降りなら中央線で 胸元に落ちた花びら 季節はもう2回目の春だった 手作りの祭壇に 花を飾りましょう ディング・ドング 電車は走る 雲の影を見た 君を想い 幸せを願い 暮れゆく黄昏の中にいた 生きてる それだけが 代わりのいないストーリー いつまでも君の横顔を見てた 角の犬に吠えられて 銭湯の湯は熱すぎて家 浮気をしては仲直り そしてそれは酷い間違いだった 暮らし始めたら 何かが変わるような気がした 君の古着のスカートをたくし上げたら 愛を じれったいような愛を 渡しあった夜は薔薇色 物語りは続く 2人の思い通り 最後のページ 開かれないストーリー ただ君を想い 幸せを願い 暮れゆく黄昏の中にいた 生きてる それだけが 代わりのいないストーリー いつまでも君の横顔を見ていたGOLD LYLICYUKIYUKI飛内将大玉井健二・百田留衣・YUKI待ち合わせはローソンで おにぎりを2つ買って家 繋いだ指を ワンス・モア・タイム 行き止まりで口づけしたんだ 君の機嫌は天気雨 どしゃ降りなら中央線で 胸元に落ちた花びら 季節はもう2回目の春だった 手作りの祭壇に 花を飾りましょう ディング・ドング 電車は走る 雲の影を見た 君を想い 幸せを願い 暮れゆく黄昏の中にいた 生きてる それだけが 代わりのいないストーリー いつまでも君の横顔を見てた 角の犬に吠えられて 銭湯の湯は熱すぎて家 浮気をしては仲直り そしてそれは酷い間違いだった 暮らし始めたら 何かが変わるような気がした 君の古着のスカートをたくし上げたら 愛を じれったいような愛を 渡しあった夜は薔薇色 物語りは続く 2人の思い通り 最後のページ 開かれないストーリー ただ君を想い 幸せを願い 暮れゆく黄昏の中にいた 生きてる それだけが 代わりのいないストーリー いつまでも君の横顔を見ていた
flyもう逢えないはずの人の 口笛が聴こえる Rain 朝が来るのを待って もう行かなくちゃ Radioは歌ってる Love song 夢みたいだ 勇気を出して取り出した Pain いつも抱いてたいの 物語りの窓を開けて 夜空の向こう連れて行って 瞳に映るわ 碧い炎 泣いてたあの子はもういない 世界中の窓を叩いて 赤い屋根より高く飛んで 瞳に映るわ 青い衝動 泣いてた私はもういないYUKIYUKI大川一人玉井健二・百田留衣・YUKIもう逢えないはずの人の 口笛が聴こえる Rain 朝が来るのを待って もう行かなくちゃ Radioは歌ってる Love song 夢みたいだ 勇気を出して取り出した Pain いつも抱いてたいの 物語りの窓を開けて 夜空の向こう連れて行って 瞳に映るわ 碧い炎 泣いてたあの子はもういない 世界中の窓を叩いて 赤い屋根より高く飛んで 瞳に映るわ 青い衝動 泣いてた私はもういない
fly (ver. dope out)もう逢えないはずの人の 口笛が聴こえる Rain 朝が来るのを待って もう行かなくちゃ Radioは歌ってる Love song 夢みたいだ 勇気を出して取り出した Pain いつも抱いてたいの 物語りの窓を開けて 夜空の向こう連れて行って 瞳に映るわ 碧い炎 泣いてたあの子はもういない 話しかけるような風 追いかけたの My friend まだ冷たい手を ほっぺにつけてよ Sunday Radioは歌ってる Love Song 夢みたいだ どうしていつでも笑ってくれたのだろう こんな僕のために さようなら 涙を拭いて 手紙の束は捨てて行って 瞳に映るわ 甘い表情 耳に残るあなたの声 物語りの窓を開けて 夜空の向こう連れて行って 瞳に映るわ 青い衝動 泣いてたあの子はもういない 世界中の窓を叩いて 赤い屋根より高く飛んで 瞳に映るわ 青い衝動 泣いてた私はもういないYUKIYUKI大川一人もう逢えないはずの人の 口笛が聴こえる Rain 朝が来るのを待って もう行かなくちゃ Radioは歌ってる Love song 夢みたいだ 勇気を出して取り出した Pain いつも抱いてたいの 物語りの窓を開けて 夜空の向こう連れて行って 瞳に映るわ 碧い炎 泣いてたあの子はもういない 話しかけるような風 追いかけたの My friend まだ冷たい手を ほっぺにつけてよ Sunday Radioは歌ってる Love Song 夢みたいだ どうしていつでも笑ってくれたのだろう こんな僕のために さようなら 涙を拭いて 手紙の束は捨てて行って 瞳に映るわ 甘い表情 耳に残るあなたの声 物語りの窓を開けて 夜空の向こう連れて行って 瞳に映るわ 青い衝動 泣いてたあの子はもういない 世界中の窓を叩いて 赤い屋根より高く飛んで 瞳に映るわ 青い衝動 泣いてた私はもういない
フラッグを立てろ夕焼け雲が耳打ちした 「次は君の番だよ」って 暇潰しのゲームに飽きたから どうせスケープゴートなんだろ 僕は僕の世界の王様だ 水の上も走れるんだ 床に落ちた卵も逆再生 宇宙飛行士にだってなれんだ 空から降りてきたビーズを 拾い集めてたら いつか 辿り着くだろう 独りきりの 自由のフラッグを立てるんだ 穴だらけのジーンズを穿いて すきま風に涙堪えて ひとつ ふたつ 大きく息を吐いて 立ち上がるんだボクサー 起死回生のチャンスは一度 絵に描いたドアーを叩いて 色は匂へど 散りゆく花を咲かせるのは自分さ ゆっくりとスカートの砂をはらい つま先に預けた未来は 跡形もなく消えてしまいそうよ 貼り直した絆創膏 私の中の小さな女の子 オフビートで髪を結わえて 上手く踊れたのなら通りゃんせ 歩道橋の上から見下ろした 破れたなら縫い直して 熱々アイロンをかけて 誇らしげでしょう? 旗めいて! いつだって上手く生きられないわ 泥だらけのシューズを履いて 絡まったリボン指で解いて ひとつ ふたつ ため息さえ抱いて ステップ踏み鳴らすのダンサー 知りたいの 知らない世界を 陽の当たるフロアを探して あさきゆめみし 夢から目覚めて 戦うのは自分よ 追い風に乗って 確かめてたいの 朝を何度も繰り返しながら 手を伸ばしてる さしあたりこの行く末は どうやら喜劇になりそうだ おどけたふりしてたら いつのまにか笑いながら泣いてた 知りたいの 知らない世界を 陽の当たるフロアを探して あさきゆめみし 夢から目覚めて 踊るのなら自由に 穴だらけのジーンズを穿いて すきま風に涙堪えて ひとつ ふたつ 大きく息を吐いて 立ち上がるんだボクサー 起死回生のチャンス何度でも 絵に描いたドアーを叩いて 色は匂へど 散りゆく花を咲かせるのは自分さ 咲かせるのは自由さ 戦うのは自分よ 穴だらけのジーンズを穿いて すきま風に涙堪えてYUKIYUKI釣俊輔玉井健二・百田留衣・YUKI夕焼け雲が耳打ちした 「次は君の番だよ」って 暇潰しのゲームに飽きたから どうせスケープゴートなんだろ 僕は僕の世界の王様だ 水の上も走れるんだ 床に落ちた卵も逆再生 宇宙飛行士にだってなれんだ 空から降りてきたビーズを 拾い集めてたら いつか 辿り着くだろう 独りきりの 自由のフラッグを立てるんだ 穴だらけのジーンズを穿いて すきま風に涙堪えて ひとつ ふたつ 大きく息を吐いて 立ち上がるんだボクサー 起死回生のチャンスは一度 絵に描いたドアーを叩いて 色は匂へど 散りゆく花を咲かせるのは自分さ ゆっくりとスカートの砂をはらい つま先に預けた未来は 跡形もなく消えてしまいそうよ 貼り直した絆創膏 私の中の小さな女の子 オフビートで髪を結わえて 上手く踊れたのなら通りゃんせ 歩道橋の上から見下ろした 破れたなら縫い直して 熱々アイロンをかけて 誇らしげでしょう? 旗めいて! いつだって上手く生きられないわ 泥だらけのシューズを履いて 絡まったリボン指で解いて ひとつ ふたつ ため息さえ抱いて ステップ踏み鳴らすのダンサー 知りたいの 知らない世界を 陽の当たるフロアを探して あさきゆめみし 夢から目覚めて 戦うのは自分よ 追い風に乗って 確かめてたいの 朝を何度も繰り返しながら 手を伸ばしてる さしあたりこの行く末は どうやら喜劇になりそうだ おどけたふりしてたら いつのまにか笑いながら泣いてた 知りたいの 知らない世界を 陽の当たるフロアを探して あさきゆめみし 夢から目覚めて 踊るのなら自由に 穴だらけのジーンズを穿いて すきま風に涙堪えて ひとつ ふたつ 大きく息を吐いて 立ち上がるんだボクサー 起死回生のチャンス何度でも 絵に描いたドアーを叩いて 色は匂へど 散りゆく花を咲かせるのは自分さ 咲かせるのは自由さ 戦うのは自分よ 穴だらけのジーンズを穿いて すきま風に涙堪えて
ふるえて眠れふるえて眠れ  その手にもつもの 半分にしてあげよう 頭の中をきれいにしてあげよう 3番目でもいいのよ こわがらなくていいのよ 世界中の人があなたをにくんでも 亡くした人を想い 泣く夜も いつもそばにいるから 体ごと伝えてよ  変えられない 誰似でも あたしはうすっぺらで 本物にはなれない 変えられない 誰にも 答えておくれ  哀しくないよ 愛しているから もうどうでもいいことにつかれたなら よりそってもいいのよ 1日もちこたえよう  変えられない 誰似でも あたしはうすっぺらで 本物にはなれない 変えられない 誰にも 答えておくれ  夕焼け色した そのほほにふれていたなら 歌声は胸に響くから こわがらなくていいのよ 体ごと伝えてよ  ふるえて眠れYUKIYUKIYUKI亀田誠治ふるえて眠れ  その手にもつもの 半分にしてあげよう 頭の中をきれいにしてあげよう 3番目でもいいのよ こわがらなくていいのよ 世界中の人があなたをにくんでも 亡くした人を想い 泣く夜も いつもそばにいるから 体ごと伝えてよ  変えられない 誰似でも あたしはうすっぺらで 本物にはなれない 変えられない 誰にも 答えておくれ  哀しくないよ 愛しているから もうどうでもいいことにつかれたなら よりそってもいいのよ 1日もちこたえよう  変えられない 誰似でも あたしはうすっぺらで 本物にはなれない 変えられない 誰にも 答えておくれ  夕焼け色した そのほほにふれていたなら 歌声は胸に響くから こわがらなくていいのよ 体ごと伝えてよ  ふるえて眠れ
ブレーキはノー雨は 未だ止まないから焦る 急ぐ京都までの 高速道路 走り出せ 紅いスポーツカー 気を付けろ スリップしている 追い越されても 飛ばせ ハイヒールで乗り込め 「サービスエリアにて 鰻に遭遇」 トュナイトトュナイトトュナイト 寝なくても 好き それぞれの思惑 途中で裁断 揺らいで 泣いて泣いて 嫌われても 好き 東海道中膝栗毛 ブレーキはノー ダミーのカー 錆びないぞ エンジン 移動中逃げる トュナイトトュナイトトュナイト 寝なくても 好き 好き それぞれの思惑 途中で裁断 揺らいで 泣いて 泣いて 嫌われても 好き 東海道中膝栗毛YUKIYUKI・Steve McNerneyYUKI・Steve McNerney湯浅篤雨は 未だ止まないから焦る 急ぐ京都までの 高速道路 走り出せ 紅いスポーツカー 気を付けろ スリップしている 追い越されても 飛ばせ ハイヒールで乗り込め 「サービスエリアにて 鰻に遭遇」 トュナイトトュナイトトュナイト 寝なくても 好き それぞれの思惑 途中で裁断 揺らいで 泣いて泣いて 嫌われても 好き 東海道中膝栗毛 ブレーキはノー ダミーのカー 錆びないぞ エンジン 移動中逃げる トュナイトトュナイトトュナイト 寝なくても 好き 好き それぞれの思惑 途中で裁断 揺らいで 泣いて 泣いて 嫌われても 好き 東海道中膝栗毛
曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 編曲者名 歌い出し
プリズムGOLD LYLIC涙の河を 泳ぎきって 旅は終わりを告げ 光の音に 導かれて 此処まで来たけど  ひらいた手のひら あなたのかわりに 哀しみを抱いて 見果てぬ空の上  あなたは今も しかめ面で 幸せでしょうか 愛してくれる 優しい人 みつかるといいね  花咲く丘まで 口笛吹いてこう いじわるな人が とやかく言うけれど 私は、どこかで まちがえたかしら? 今はわからない 答えは 空の上  三日月が ゆらりついてくるよ 私を見透かして 見たことのない場所へと まだ 歩いていけると 思ったんだ  私はこのまま 信じてゆけるわ 愛の強さゆえ 優しき獣ゆえ 花咲く丘まで 口笛吹いてこう 喜びを抱いて 見果てぬ空の上  咲くのは 光の輪 高鳴るは、胸の鼓動GOLD LYLICYUKIYUKIAndy SturmerAndy Sturmer・ジョン・フィールズ涙の河を 泳ぎきって 旅は終わりを告げ 光の音に 導かれて 此処まで来たけど  ひらいた手のひら あなたのかわりに 哀しみを抱いて 見果てぬ空の上  あなたは今も しかめ面で 幸せでしょうか 愛してくれる 優しい人 みつかるといいね  花咲く丘まで 口笛吹いてこう いじわるな人が とやかく言うけれど 私は、どこかで まちがえたかしら? 今はわからない 答えは 空の上  三日月が ゆらりついてくるよ 私を見透かして 見たことのない場所へと まだ 歩いていけると 思ったんだ  私はこのまま 信じてゆけるわ 愛の強さゆえ 優しき獣ゆえ 花咲く丘まで 口笛吹いてこう 喜びを抱いて 見果てぬ空の上  咲くのは 光の輪 高鳴るは、胸の鼓動
プレイボール大好きなうた 恋のうた 明るい未来は そう 私にも約束されたはずなのに プリーズ! オーマイガッド! 青空 待ち合わせのベンチ グッドモーニング マイ・スニーカー 靴ひも千切れ まさかの急展開よ 電話のベルが鳴り響く 受話器の向こうから聴こえる 彼女の笑い声 あなたの低い声 ストレートに投げられた球 打ち返せず立ち尽くしていた 私の目から ベンチのサインは 敬遠だ まだ諦めないの 確かめたい 彼のワイルドピッチだって 許したい プレイボール!! どうやら役者は 勢ぞろいしたみたいだ 前向きな女神 嵐のマウンド 迎えるは最大のピンチ 振り切るなら 望みは サ・ヨ・ナ・ラ くせのある歩き方も 変な笑い声も 好きだった 千切れ雲 夕焼け空に赤く 走り出す ゲームはまだ 終われない 起死回生のチャンス スライディングはセーフ ごまかしてきた私の心は フライ 舞い上がれ 実に爽快だ 物語はツーアウト 期待のルーキー 彼のチェンジアップだって 逃さないで ボールは高く 空に 吸い込まれていった ストレートに投げられた球 打ち返せず立ち尽くしていた 私の目から ベンチのサイン 涙で見えない まだ諦めないの 確かめたい 彼のワイルドピッチだって 許したい プレイボール!! どうやら主役は 私じゃないみたいだ もう諦めたい でも期待したい 彼の心変わりまで待っていたい プレイボール!! どうやら またも三振したみたいだYUKIYUKI田中秀典玉井健二・百田留衣・YUKI大好きなうた 恋のうた 明るい未来は そう 私にも約束されたはずなのに プリーズ! オーマイガッド! 青空 待ち合わせのベンチ グッドモーニング マイ・スニーカー 靴ひも千切れ まさかの急展開よ 電話のベルが鳴り響く 受話器の向こうから聴こえる 彼女の笑い声 あなたの低い声 ストレートに投げられた球 打ち返せず立ち尽くしていた 私の目から ベンチのサインは 敬遠だ まだ諦めないの 確かめたい 彼のワイルドピッチだって 許したい プレイボール!! どうやら役者は 勢ぞろいしたみたいだ 前向きな女神 嵐のマウンド 迎えるは最大のピンチ 振り切るなら 望みは サ・ヨ・ナ・ラ くせのある歩き方も 変な笑い声も 好きだった 千切れ雲 夕焼け空に赤く 走り出す ゲームはまだ 終われない 起死回生のチャンス スライディングはセーフ ごまかしてきた私の心は フライ 舞い上がれ 実に爽快だ 物語はツーアウト 期待のルーキー 彼のチェンジアップだって 逃さないで ボールは高く 空に 吸い込まれていった ストレートに投げられた球 打ち返せず立ち尽くしていた 私の目から ベンチのサイン 涙で見えない まだ諦めないの 確かめたい 彼のワイルドピッチだって 許したい プレイボール!! どうやら主役は 私じゃないみたいだ もう諦めたい でも期待したい 彼の心変わりまで待っていたい プレイボール!! どうやら またも三振したみたいだ
プレゼント何かが弾け 誰かが見棄てても 守られるべき 魂は在るべき 一昨日の夜 道で泣いている人を見た 私と同じ お揃いをあげるよ Yes, I think I'm OK. I walk around knocking on doors. If you ask me what I'm doing? I'll just answer, this is not business. Oh! Anyway. 今が最高な素晴らしいプレゼント ライフ・イズ・ライク・クルージング!! 満たされた 満たされた あなたがいるから私がいるんだ 毎日続く 同じ繰り返しにも 誰かの為に ジョークを考える ステージを前にして あなたにもできるよって 歌うようなイメージ 夢みていたんだ こんな素敵な日 待ち焦がれていた 救われた 救われた あなたがいたから私がいるんだ 悩める青い果実よ その実を実らせるよ ドライブ・ミー・クレイジー!! 夢見ていたんだ こんな素敵な日 待ち焦がれていた 救われた 救われた 砂漠に咲く花 幻じゃないから 今が最高な素晴らしいプレゼント ライフ・イズ・ライク・クルージング!! 満たされた 満たされた あなたがいるから私はいるんだ 何かが弾け 誰かが見棄てても 私と同じ お揃いをあげるよ そう 私は大丈夫だって思っている ドアを何度も叩いて歩いている でももしあなたがそれはなぜと尋ねるなら これはビジネスじゃないわって言うわ まあ どちらにしてもYUKIYUKIHALIFANIE玉井健二・百田留衣・YUKI何かが弾け 誰かが見棄てても 守られるべき 魂は在るべき 一昨日の夜 道で泣いている人を見た 私と同じ お揃いをあげるよ Yes, I think I'm OK. I walk around knocking on doors. If you ask me what I'm doing? I'll just answer, this is not business. Oh! Anyway. 今が最高な素晴らしいプレゼント ライフ・イズ・ライク・クルージング!! 満たされた 満たされた あなたがいるから私がいるんだ 毎日続く 同じ繰り返しにも 誰かの為に ジョークを考える ステージを前にして あなたにもできるよって 歌うようなイメージ 夢みていたんだ こんな素敵な日 待ち焦がれていた 救われた 救われた あなたがいたから私がいるんだ 悩める青い果実よ その実を実らせるよ ドライブ・ミー・クレイジー!! 夢見ていたんだ こんな素敵な日 待ち焦がれていた 救われた 救われた 砂漠に咲く花 幻じゃないから 今が最高な素晴らしいプレゼント ライフ・イズ・ライク・クルージング!! 満たされた 満たされた あなたがいるから私はいるんだ 何かが弾け 誰かが見棄てても 私と同じ お揃いをあげるよ そう 私は大丈夫だって思っている ドアを何度も叩いて歩いている でももしあなたがそれはなぜと尋ねるなら これはビジネスじゃないわって言うわ まあ どちらにしても
ヘイ!ユー!1・2・3・4・5・6・7・8・9・10 雨色のタクシー 歩くカゲボウシ 焦らせるの 探してるの 見せかけのバゲージ 走り込みダッシュ 理由等無いわ セイ・イエ オウ・イエ  ヘイ!ユー! 急ぐ 恋のサーチライト 照らして獲物の居場所 オウ・ノウ 彼を おとせるまで クローズ・マイ・アイズ 数える10カウント 1・2・3・4・5・6・7・8・9・10 誰でも平気 頑なな寝息 膝を立てて 焦らさないで セイ・イエ オウ・イエーイ ヘイ!ユー! 急ぐ 恋のサーチライト 照らして獲物の居場所 オウ・ノウ 彼を おとせるなら クローズ・マイ・アイズ のぼせるkiss you ヘイ!ユー! いつも 恋はサテライト 遠くで 綺羅里と瞬く 愛の行方 見届けるまで クローズ・ユア・アイズ 数えろ!10カウント 1・2・3・4・5・6・7・8・9・10 move left,and move right,move your hips でしょ?わかったかな? get up↑and get down↓move your body, and keepi'n spinning all around. move left,and move right,move your hips えっと もう わかったかな? get up↑and get down↓move your body, and keepi'n spinning all around. that's light? that's light. セイ・イエ オウ イエ ヘイ!ユー! 急ぐ 恋のサーチライト 照らして獲物の居場所 オウ・ノウ 彼を おとせるなら クローズ・マイ・アイズ のぼせてキル・ユウ ヘイ!ユー! いつも 恋はサテライト 遠くで 綺羅里と瞬く 愛の行方 見届けるまで クローズ・ユア・アイズ 数えろ!10カウント 数える10カウント クローズ・ユア・アイズ 数えるkiss you 1・2・3・4・5・6・7・8・9・10 チュッYUKIYUKI・Andreas Levander・Per EklundYUKI・Andreas Levander・Per EklundYUKI1・2・3・4・5・6・7・8・9・10 雨色のタクシー 歩くカゲボウシ 焦らせるの 探してるの 見せかけのバゲージ 走り込みダッシュ 理由等無いわ セイ・イエ オウ・イエ  ヘイ!ユー! 急ぐ 恋のサーチライト 照らして獲物の居場所 オウ・ノウ 彼を おとせるまで クローズ・マイ・アイズ 数える10カウント 1・2・3・4・5・6・7・8・9・10 誰でも平気 頑なな寝息 膝を立てて 焦らさないで セイ・イエ オウ・イエーイ ヘイ!ユー! 急ぐ 恋のサーチライト 照らして獲物の居場所 オウ・ノウ 彼を おとせるなら クローズ・マイ・アイズ のぼせるkiss you ヘイ!ユー! いつも 恋はサテライト 遠くで 綺羅里と瞬く 愛の行方 見届けるまで クローズ・ユア・アイズ 数えろ!10カウント 1・2・3・4・5・6・7・8・9・10 move left,and move right,move your hips でしょ?わかったかな? get up↑and get down↓move your body, and keepi'n spinning all around. move left,and move right,move your hips えっと もう わかったかな? get up↑and get down↓move your body, and keepi'n spinning all around. that's light? that's light. セイ・イエ オウ イエ ヘイ!ユー! 急ぐ 恋のサーチライト 照らして獲物の居場所 オウ・ノウ 彼を おとせるなら クローズ・マイ・アイズ のぼせてキル・ユウ ヘイ!ユー! いつも 恋はサテライト 遠くで 綺羅里と瞬く 愛の行方 見届けるまで クローズ・ユア・アイズ 数えろ!10カウント 数える10カウント クローズ・ユア・アイズ 数えるkiss you 1・2・3・4・5・6・7・8・9・10 チュッ
Baby, it's you君のスマイル 境界線は無いっす 逃すまいっと 未開の地に 指先で鳴らすスタインウェイ 風に乗った旋律 千切れてしまわぬように 一層 流れて 約束なんて待ってない 運命線なんて描き足して ミステイク承知の助 猫じゃらし Baby, it's you! 愛が咲くのは 君の笑顔 出発地点にして 答えなどないの 広がれ 大地に 本当さ Baby, it's true 今日の月が綺麗なのは そう 君が笑っているからさ 急なトラブル 代替案は無いっす ピンチです 予想もしないフレーズ弾いてよ スティーヴィー・レイ・ヴォーン 皿に載った御馳走が 冷めてしまわぬうちに どうぞ 美味しく召し上がれ Oh 学歴なんて持ってない 修正ペン出して書き直した 153cmのリアルファンタジー Baby, it's me! 愛が泣くなら 君の笑顔 満天にして 世界をつくろう 輪になれ 大地に 本当さ Baby, it's true 私らしくいられるのは そう 君があるがままだからさ 誰かが漕いだブランコ 揺れている ああ 今なら間に合う 引き返すのも妙案 哀しみに深く取り憑かれ こじ開けた箱の中 残されたのは 希望だけ Baby, it's you! 愛が咲くのは やわらかい みぞおちあたり 目線は 遠くへ 力はいらない 本当さ Baby, it's true 今日も月が綺麗なのは そう 君が泣き笑いするからさ Baby, it's you! 愛が咲くのは 君の笑顔 出発地点にして 答えなどないの 広がれ 大地に 本当さ Baby, it's true 今日も月が綺麗なのは そう 君が笑っているからさYUKIYUKIT-SK・Andrew Choi・Tesung Kim今井了介・久保田真悟君のスマイル 境界線は無いっす 逃すまいっと 未開の地に 指先で鳴らすスタインウェイ 風に乗った旋律 千切れてしまわぬように 一層 流れて 約束なんて待ってない 運命線なんて描き足して ミステイク承知の助 猫じゃらし Baby, it's you! 愛が咲くのは 君の笑顔 出発地点にして 答えなどないの 広がれ 大地に 本当さ Baby, it's true 今日の月が綺麗なのは そう 君が笑っているからさ 急なトラブル 代替案は無いっす ピンチです 予想もしないフレーズ弾いてよ スティーヴィー・レイ・ヴォーン 皿に載った御馳走が 冷めてしまわぬうちに どうぞ 美味しく召し上がれ Oh 学歴なんて持ってない 修正ペン出して書き直した 153cmのリアルファンタジー Baby, it's me! 愛が泣くなら 君の笑顔 満天にして 世界をつくろう 輪になれ 大地に 本当さ Baby, it's true 私らしくいられるのは そう 君があるがままだからさ 誰かが漕いだブランコ 揺れている ああ 今なら間に合う 引き返すのも妙案 哀しみに深く取り憑かれ こじ開けた箱の中 残されたのは 希望だけ Baby, it's you! 愛が咲くのは やわらかい みぞおちあたり 目線は 遠くへ 力はいらない 本当さ Baby, it's true 今日も月が綺麗なのは そう 君が泣き笑いするからさ Baby, it's you! 愛が咲くのは 君の笑顔 出発地点にして 答えなどないの 広がれ 大地に 本当さ Baby, it's true 今日も月が綺麗なのは そう 君が笑っているからさ
ベイビーベイビー賽は投げられた ひとりには戻れない 動き出した船は 水しぶきあげてく 高く花火が上がれば あなたの顔を染めて 目を離す暇が無いわ 空は色を変えてく ベイビーベイビー もう一度笑って 目に映った全ての哀しみも 消えてくわ ベイビーベイビー あなたがいれば この世界も捨てたものじゃない たんぽぽ 草笛 終わらない宿題 泳ぎ出す鯛焼き 突然の夕立ち まだ伸びてく背丈が あなたの肩を越えて 遠くまで飛ばすサンダル 明日もまた会えるね レイニーレイニー 長い通り雨 切なさを知るほどに 運命の人に出会う メイビー平気 この熱帯夜 走り出して 微熱な身体 快速バスの一番後ろに座ろうよ 迷子の私を 新しい名前でつかまえて ベイビーベイビー 何度でも笑って 仕出かした恥ずかしい想い出も 輝くよ ベイビーベイビー あなたがいれば この世界も捨てたものじゃない この私も捨てたものじゃないYUKIYUKI伊藤立U-Key zone賽は投げられた ひとりには戻れない 動き出した船は 水しぶきあげてく 高く花火が上がれば あなたの顔を染めて 目を離す暇が無いわ 空は色を変えてく ベイビーベイビー もう一度笑って 目に映った全ての哀しみも 消えてくわ ベイビーベイビー あなたがいれば この世界も捨てたものじゃない たんぽぽ 草笛 終わらない宿題 泳ぎ出す鯛焼き 突然の夕立ち まだ伸びてく背丈が あなたの肩を越えて 遠くまで飛ばすサンダル 明日もまた会えるね レイニーレイニー 長い通り雨 切なさを知るほどに 運命の人に出会う メイビー平気 この熱帯夜 走り出して 微熱な身体 快速バスの一番後ろに座ろうよ 迷子の私を 新しい名前でつかまえて ベイビーベイビー 何度でも笑って 仕出かした恥ずかしい想い出も 輝くよ ベイビーベイビー あなたがいれば この世界も捨てたものじゃない この私も捨てたものじゃない
bedシーツの中で 時をとめながら 絡まって足が 冷たい足が あたる  言葉だけじゃだめ でも 体だけでもだめ 絡みついた腕が 冷たい指が あたる  あかりはつけないで でも少しだけ見せて oh baby, come over me...  シーツの中で 時をとめて 絡まった足が 冷たい足が あたるYUKI日暮愛葉日暮愛葉日暮愛葉シーツの中で 時をとめながら 絡まって足が 冷たい足が あたる  言葉だけじゃだめ でも 体だけでもだめ 絡みついた腕が 冷たい指が あたる  あかりはつけないで でも少しだけ見せて oh baby, come over me...  シーツの中で 時をとめて 絡まった足が 冷たい足が あたる
星屑サンセットGOLD LYLICため息をついて スカートをなおす 勝利の女神は 遠いゴールで 笑っていた 風を追い越して 裸足で つまづいて 私はいつだって とれかけの ウェービーヘアーだ だ だ だ はーあ… 眩しい目をした あの子は太陽 汗かきべそかき 頬を染めるよ 横たわった身体をそっと 優しく撫でている 君になれたら たったひとつの光 願い込めて 君の声 届けて 星屑サンセット 明日は 赤い花を 見せてあげる 君の声 届けて 星屑サンセット道で ああ 愛 最愛の出会いと 別れの間に間に 思い出はいつも 涙で見えない 家路につく 私達は恐くならないように ダンスを踊る 咲いたばかりの花火 きらきらして 陽に焼けて 痛いよ 星屑サンセット 泣きだしそうな 笑顔を 忘れないよ 夕焼けに 流れ星 いつまでも 消えないで たったひとつの光 願い込めて 君の声 届けて 星屑サンセット 明日は 赤い花を 見せてあげる 君の声 届けて 星屑サンセット道で 咲いたばかりの花火 きらきらして 陽に焼けて 痛いよ 星屑サンセット 泣きだしそうな 笑顔を 忘れないよ 夕焼けに 流れ星 いつまでも 消えないで ああ 愛 あい 愛 あい だ だ だ だ だ だ だ だ だ だ だ だ だ だ だ だ だ だ だ だ だ だ だ だGOLD LYLICYUKIYUKImugen玉井健二・mugen・湯浅篤・YUKIため息をついて スカートをなおす 勝利の女神は 遠いゴールで 笑っていた 風を追い越して 裸足で つまづいて 私はいつだって とれかけの ウェービーヘアーだ だ だ だ はーあ… 眩しい目をした あの子は太陽 汗かきべそかき 頬を染めるよ 横たわった身体をそっと 優しく撫でている 君になれたら たったひとつの光 願い込めて 君の声 届けて 星屑サンセット 明日は 赤い花を 見せてあげる 君の声 届けて 星屑サンセット道で ああ 愛 最愛の出会いと 別れの間に間に 思い出はいつも 涙で見えない 家路につく 私達は恐くならないように ダンスを踊る 咲いたばかりの花火 きらきらして 陽に焼けて 痛いよ 星屑サンセット 泣きだしそうな 笑顔を 忘れないよ 夕焼けに 流れ星 いつまでも 消えないで たったひとつの光 願い込めて 君の声 届けて 星屑サンセット 明日は 赤い花を 見せてあげる 君の声 届けて 星屑サンセット道で 咲いたばかりの花火 きらきらして 陽に焼けて 痛いよ 星屑サンセット 泣きだしそうな 笑顔を 忘れないよ 夕焼けに 流れ星 いつまでも 消えないで ああ 愛 あい 愛 あい だ だ だ だ だ だ だ だ だ だ だ だ だ だ だ だ だ だ だ だ だ だ だ だ
Home Sweet HomeGOLD LYLIC歩きつかれて ふりだす雨 つかみそこねた うさぎを追って あなたの目は 透きとおる 暗い 海の底で 息をしている水 わたしを呼んで 呼んで ここにいるよ どこへ行けば 行けば 満たされるの?  家へ帰ろう 明日になれば 大丈夫って笑っているかな 名前を呼んで 呼んで 抱きしめるよ 思い出して 目を閉じて 幼い頃  足りないところを あなたが うめてくれた 哀しい気持ちだってさ すぐ忘れられたから こわくないよ  うそをついて 後悔して わたしは いつか 大人になった 恥をかいて 汗をかいて それでも踊り続ける 理由 魂 焦がして 焦がして 叫んでるよ 開いていけば いけば 救われるの  家へ帰ろう 白いうさぎ 月の裏で逢いましょう 帰ろう 明日になれば はだしで 笑っているから わたしを呼んで 呼んで 抱きしめるよ 思い出して 目を閉じて 幼い頃  歩きつかれて ふりだす雨 つかみそこねた うさぎを追って あなたの目は 透きとおる 暗い 海の底で 息をしている水 名前を呼んで 呼んで ここにいるよ 心に言えば 言えば 満たされるのGOLD LYLICYUKIYUKI田中ユウスケ田中ユウスケ歩きつかれて ふりだす雨 つかみそこねた うさぎを追って あなたの目は 透きとおる 暗い 海の底で 息をしている水 わたしを呼んで 呼んで ここにいるよ どこへ行けば 行けば 満たされるの?  家へ帰ろう 明日になれば 大丈夫って笑っているかな 名前を呼んで 呼んで 抱きしめるよ 思い出して 目を閉じて 幼い頃  足りないところを あなたが うめてくれた 哀しい気持ちだってさ すぐ忘れられたから こわくないよ  うそをついて 後悔して わたしは いつか 大人になった 恥をかいて 汗をかいて それでも踊り続ける 理由 魂 焦がして 焦がして 叫んでるよ 開いていけば いけば 救われるの  家へ帰ろう 白いうさぎ 月の裏で逢いましょう 帰ろう 明日になれば はだしで 笑っているから わたしを呼んで 呼んで 抱きしめるよ 思い出して 目を閉じて 幼い頃  歩きつかれて ふりだす雨 つかみそこねた うさぎを追って あなたの目は 透きとおる 暗い 海の底で 息をしている水 名前を呼んで 呼んで ここにいるよ 心に言えば 言えば 満たされるの
僕のモンスター嬉し涙を手に取って ペンダントにしてくれた さようなら…また逢えるね 僕らきっと 無敵だね 君はいつもひとりだった 僕を必要としてくれた 暗い体育倉庫で ひざをつけて 近づいた 悪い夢から 今 覚めた 後悔はしないのだ ああ!! 口から飛び出した 憧れも 諦めも まとめて連れて行くから もつれた足 転びそうでも ささやかに 朝は来る 忘れるとこだった 君に出逢うまでの僕は 哀しい予感 膨らんでも その度 しっぽで潰してく 君の代わりは いないのさ 澄ました顔で遊んでよ 僕のモンスター 裸足のモンスター 悔し涙が絡まった 重い足かせになった 覚悟決めて行けよ 僕はきっと若すぎる 夜の九段下で 今すぐ 大袈裟が丁度良い ああ!! 近くて遠い空 黄昏を 追い風を 自由自在にするから 差し出した手を拒まれても 鋭い爪 傷つかない 君が好きなんだ 冬の稲妻に似ている なりたい自分になれないから いつだって雨に打たれてんだ 誰も分かりはしないのさ 真夜中に哀しい 僕はモンスター いびつな姿はオリジナル ハッタリもご愛嬌 ああ!! つぎはぎの身体に 新しい 懐かしい 未来を教えてくれ もつれた足 転びそうでも ささやかに 朝は来る 忘れるとこだった 君に出逢うまでの僕は 友達って どっかが似ているんだね 口から飛び出してくれよ 君の代わりは いないのさ あの日のように遊んでよ 僕のモンスター 裸足のモンスター 僕はモンスター 裸足のモンスター 僕はモンスター 裸足のモンスター 僕はモンスター 僕はモンスターYUKIYUKI長沼良玉井健二・百田留衣・YUKI嬉し涙を手に取って ペンダントにしてくれた さようなら…また逢えるね 僕らきっと 無敵だね 君はいつもひとりだった 僕を必要としてくれた 暗い体育倉庫で ひざをつけて 近づいた 悪い夢から 今 覚めた 後悔はしないのだ ああ!! 口から飛び出した 憧れも 諦めも まとめて連れて行くから もつれた足 転びそうでも ささやかに 朝は来る 忘れるとこだった 君に出逢うまでの僕は 哀しい予感 膨らんでも その度 しっぽで潰してく 君の代わりは いないのさ 澄ました顔で遊んでよ 僕のモンスター 裸足のモンスター 悔し涙が絡まった 重い足かせになった 覚悟決めて行けよ 僕はきっと若すぎる 夜の九段下で 今すぐ 大袈裟が丁度良い ああ!! 近くて遠い空 黄昏を 追い風を 自由自在にするから 差し出した手を拒まれても 鋭い爪 傷つかない 君が好きなんだ 冬の稲妻に似ている なりたい自分になれないから いつだって雨に打たれてんだ 誰も分かりはしないのさ 真夜中に哀しい 僕はモンスター いびつな姿はオリジナル ハッタリもご愛嬌 ああ!! つぎはぎの身体に 新しい 懐かしい 未来を教えてくれ もつれた足 転びそうでも ささやかに 朝は来る 忘れるとこだった 君に出逢うまでの僕は 友達って どっかが似ているんだね 口から飛び出してくれよ 君の代わりは いないのさ あの日のように遊んでよ 僕のモンスター 裸足のモンスター 僕はモンスター 裸足のモンスター 僕はモンスター 裸足のモンスター 僕はモンスター 僕はモンスター
ポストに声を投げ入れてGOLD LYLICまじめな顔して笑わせてよ いつでもそう 君が教えてくれたんだ しかめっつら けんかしても仲直り 風に吹かれて歩く 夕焼け 遊歩道 足跡のうしろを着いていけば 君の哀しみに辿り着いた 空を見上げた ちぎれ雲がひとつ 君んちのポストに投げ入れた そうやって僕らは声を届けよう ラ・ラ・ラ まぶたに書いた宛先 希望のような歌を 花のような願いを 涙で濡れてる さようならを 君は荒野を駆け巡る風 ラ・ラ・ラ 旅人の髪を撫でて 世界中のドアを叩いておどけては まじめな顔して ひらり 笑わせてくれよ 君の手紙 お守りのように 離れた今も 時々読み返してみる 夏、秋、冬、春になっても僕らは あの坂道の途中で 並んで歩いている 跳ね石遊び 遠くまで飛んだ 水面にピカピカ 太陽の子供たち 夜空見上げた 流れ星がひとつ いつか出会う 君へのお土産に 冒険は君とはじめてを つなぐ ラ・ラ・ラ むすんで ひらく 掌 未来は眩しくて 上手く描けないけど 消しゴムで消して 何度でも 僕は僕を 君のいる世界を ラ・ラ・ラ 大切にしていたいから 分け合うんだ 好きな場所 好きな人や物 書き出した便箋の文字 踊ってるみたい 勇敢な君が 今日を笑って生きてる それだけで僕は嬉しくなる ありがとう 七色の虹をりぼんに結んで 君んちのポストに投げ入れた そうやって僕らは声を届けよう ラ・ラ・ラ まぶたに書いた宛先 希望のような歌を 花のような願いを 涙で濡れてる さようならを 君は荒野を駆け巡る風 ラ・ラ・ラ 旅人の髪を撫でて 世界中のドアを叩いておどけてる まじめな顔して また ひらり 笑わせてくれよ 笑わせてくれよGOLD LYLICYUKIYUKI横山裕章玉井健二・百田留衣・YUKIまじめな顔して笑わせてよ いつでもそう 君が教えてくれたんだ しかめっつら けんかしても仲直り 風に吹かれて歩く 夕焼け 遊歩道 足跡のうしろを着いていけば 君の哀しみに辿り着いた 空を見上げた ちぎれ雲がひとつ 君んちのポストに投げ入れた そうやって僕らは声を届けよう ラ・ラ・ラ まぶたに書いた宛先 希望のような歌を 花のような願いを 涙で濡れてる さようならを 君は荒野を駆け巡る風 ラ・ラ・ラ 旅人の髪を撫でて 世界中のドアを叩いておどけては まじめな顔して ひらり 笑わせてくれよ 君の手紙 お守りのように 離れた今も 時々読み返してみる 夏、秋、冬、春になっても僕らは あの坂道の途中で 並んで歩いている 跳ね石遊び 遠くまで飛んだ 水面にピカピカ 太陽の子供たち 夜空見上げた 流れ星がひとつ いつか出会う 君へのお土産に 冒険は君とはじめてを つなぐ ラ・ラ・ラ むすんで ひらく 掌 未来は眩しくて 上手く描けないけど 消しゴムで消して 何度でも 僕は僕を 君のいる世界を ラ・ラ・ラ 大切にしていたいから 分け合うんだ 好きな場所 好きな人や物 書き出した便箋の文字 踊ってるみたい 勇敢な君が 今日を笑って生きてる それだけで僕は嬉しくなる ありがとう 七色の虹をりぼんに結んで 君んちのポストに投げ入れた そうやって僕らは声を届けよう ラ・ラ・ラ まぶたに書いた宛先 希望のような歌を 花のような願いを 涙で濡れてる さようならを 君は荒野を駆け巡る風 ラ・ラ・ラ 旅人の髪を撫でて 世界中のドアを叩いておどけてる まじめな顔して また ひらり 笑わせてくれよ 笑わせてくれよ
ポートレイト夕辺 スカート置いてきた 終電逃して 芸術的に正面から 8×10 話す速さを変えてみたら こんな切ない あなたの影を残すなんて 三角関係 写す カメラ 轍を超え出す 長い陽差し 「よく見てね 私… 新しい顔をしてる… 奪うなら急いで」 次に進めなくても 次に 次に 自然に あの陽が沈んでも 光は捕まる 自在に 想い研ぎ澄ませ 鋭く 眼差しよ 熱く萌えて 高円寺の先輩から連絡途絶えて 借りたばかりで読んでいないの“What's Michael?” ぶかぶかのシャツ 煙草の匂い 古いスニーカー 部屋の隅で踊るユニコーン 三角関係 写す カメラ 眉間のシワ 深く刻む ライン 「よく見てね 私… 新しい服を着てる… 奪うなら急いで」 上手く進めなくても ふいに ふいに はにかんで見せて あの陽が沈んでも 光は捕まる 自在に 想い研ぎ澄ませ 鋭い 眼差しよ 熱く萌えてYUKIYUKI大川一人・Fumie玉井健二・百田留衣・YUKI夕辺 スカート置いてきた 終電逃して 芸術的に正面から 8×10 話す速さを変えてみたら こんな切ない あなたの影を残すなんて 三角関係 写す カメラ 轍を超え出す 長い陽差し 「よく見てね 私… 新しい顔をしてる… 奪うなら急いで」 次に進めなくても 次に 次に 自然に あの陽が沈んでも 光は捕まる 自在に 想い研ぎ澄ませ 鋭く 眼差しよ 熱く萌えて 高円寺の先輩から連絡途絶えて 借りたばかりで読んでいないの“What's Michael?” ぶかぶかのシャツ 煙草の匂い 古いスニーカー 部屋の隅で踊るユニコーン 三角関係 写す カメラ 眉間のシワ 深く刻む ライン 「よく見てね 私… 新しい服を着てる… 奪うなら急いで」 上手く進めなくても ふいに ふいに はにかんで見せて あの陽が沈んでも 光は捕まる 自在に 想い研ぎ澄ませ 鋭い 眼差しよ 熱く萌えて
舞い上がれヒップ ヒップ ヒップ ヒップ ヒップ フーレイ! ヒップ ヒップ ヒップ フーレイ! オーイェー サンキュウ!新しいドアをノックする私の夢 ハロウ!円を描くスムーズ儚く強い私のグルーヴ そうやめないでかまわないわ カモン!離陸する空に舞い上がれ! まだリタイアなんてしないでしょうに 遠くなる街に高く手を振れ ミニチュアの雲掴め 悠に漂う冷たい海を泳いでく 愛を手に入れた女はとても勇敢なものよ そうためらう暇はないわ カモン!離陸する空に舞い上がれ! まだリタイアなんてしないでしょうに 一層うるわしく赤く咲き誇れ ミニチュアのレインボウ眺め トゥー ヤング トゥー ヒット ザ クラブス ディス イズ ジャスト アズ グッド ア ソング スィット ダウン アンド ボブ ユア ヘッド オー ゲット アップ アンド ダンス ア ステップ ターン イット アップ! ラウダー ラウダー センド ザ ビーツ! ハーダー ハーダー キープ ザ ビーツ! アンド ジャンプ アップ! キープ イット ゴーイング ドント ストップ! そうやめないでかまわないわ 始まりはそう、いつも強い向かい風でも最後まで見たいんでしょ? 行くあてもなく進めロック乙女恥じらいとウインク携えて カモン! ヒット ザ フロア レット イット フロウ イッツ パーティー タイム スロー ユア ハンズ アップ アンド レット アウト ア スクリーム! ウィル ティーチ ユー ハウ トゥ プレイ イン ア ウェイ ウィル リディ ファイン ザ ミーニング オブ “トゥー ハブ サム ファン”  カモン!離陸する空に舞い上がれ! まだリタイアなんてしないでしょうに 一層うるわしく赤く咲き誇れ ミニチュアのレインボウ眺め ヒップ ヒップ ヒップ ヒップ ヒップ フーレイ! ヒップ ヒップ ヒップ フーレイ! ヒップ ヒップ ヒップ ヒップ ヒップ フーレイ! カモン!離陸する空に舞い上がれ! まだリタイアなんてしないでしょうに 遠くなる街に高く手を振れ ミニチュアの雲掴めYUKIYUKI・Zuriani・Joachim“Jock-E”BjorklundYUKI・Zuriani・Joachim“Jock-E”Bjorklund田中ユウスケヒップ ヒップ ヒップ ヒップ ヒップ フーレイ! ヒップ ヒップ ヒップ フーレイ! オーイェー サンキュウ!新しいドアをノックする私の夢 ハロウ!円を描くスムーズ儚く強い私のグルーヴ そうやめないでかまわないわ カモン!離陸する空に舞い上がれ! まだリタイアなんてしないでしょうに 遠くなる街に高く手を振れ ミニチュアの雲掴め 悠に漂う冷たい海を泳いでく 愛を手に入れた女はとても勇敢なものよ そうためらう暇はないわ カモン!離陸する空に舞い上がれ! まだリタイアなんてしないでしょうに 一層うるわしく赤く咲き誇れ ミニチュアのレインボウ眺め トゥー ヤング トゥー ヒット ザ クラブス ディス イズ ジャスト アズ グッド ア ソング スィット ダウン アンド ボブ ユア ヘッド オー ゲット アップ アンド ダンス ア ステップ ターン イット アップ! ラウダー ラウダー センド ザ ビーツ! ハーダー ハーダー キープ ザ ビーツ! アンド ジャンプ アップ! キープ イット ゴーイング ドント ストップ! そうやめないでかまわないわ 始まりはそう、いつも強い向かい風でも最後まで見たいんでしょ? 行くあてもなく進めロック乙女恥じらいとウインク携えて カモン! ヒット ザ フロア レット イット フロウ イッツ パーティー タイム スロー ユア ハンズ アップ アンド レット アウト ア スクリーム! ウィル ティーチ ユー ハウ トゥ プレイ イン ア ウェイ ウィル リディ ファイン ザ ミーニング オブ “トゥー ハブ サム ファン”  カモン!離陸する空に舞い上がれ! まだリタイアなんてしないでしょうに 一層うるわしく赤く咲き誇れ ミニチュアのレインボウ眺め ヒップ ヒップ ヒップ ヒップ ヒップ フーレイ! ヒップ ヒップ ヒップ フーレイ! ヒップ ヒップ ヒップ ヒップ ヒップ フーレイ! カモン!離陸する空に舞い上がれ! まだリタイアなんてしないでしょうに 遠くなる街に高く手を振れ ミニチュアの雲掴め
MY HANDHAND MY HAND ひとりぼっちね なんで泣いてんだ 人は勝手ね 強くて優しい 人のふりしていた 深く触りたいんだ 重ねていて 神の御胸に 誓い合いたいの お願いよ 花火消えないで 吹き荒れる風を受け止めて 止め処ない私の左手は 悲しみの果ても蹴散らして HAND MY HAND 陽に透かして 塞いで 見ていたいんだ 血を流してる にぎって ひらいて むすびあいたいな 実らない恋を追いかけて 恥じらいよ 躊躇いのままに 情けない私の右手は 罪深い夜に濡れている 神の御胸に 誓って抱いた その手を 離さないでいて お願いよ 花火消えないで 吹き荒れる風を受け止めて 汚れなき私の両手は 君を抱きしめる為にある 実らない恋を追いかけて 恥じらいよ 躊躇いのままに 情けない私の両手は 罪深い夜に濡れている お願いよ 花火消えないで 吹き荒れる風を受け止めて 汚れない私の両手は 君を抱きしめる為にあるYUKIYUKIYUKIHAND MY HAND ひとりぼっちね なんで泣いてんだ 人は勝手ね 強くて優しい 人のふりしていた 深く触りたいんだ 重ねていて 神の御胸に 誓い合いたいの お願いよ 花火消えないで 吹き荒れる風を受け止めて 止め処ない私の左手は 悲しみの果ても蹴散らして HAND MY HAND 陽に透かして 塞いで 見ていたいんだ 血を流してる にぎって ひらいて むすびあいたいな 実らない恋を追いかけて 恥じらいよ 躊躇いのままに 情けない私の右手は 罪深い夜に濡れている 神の御胸に 誓って抱いた その手を 離さないでいて お願いよ 花火消えないで 吹き荒れる風を受け止めて 汚れなき私の両手は 君を抱きしめる為にある 実らない恋を追いかけて 恥じらいよ 躊躇いのままに 情けない私の両手は 罪深い夜に濡れている お願いよ 花火消えないで 吹き荒れる風を受け止めて 汚れない私の両手は 君を抱きしめる為にある
My VisionWe'll need glasses Watch out! Check the nail Life in Progress My eyes Vision is twenty-twenty Keep on reading 大好きでやめられない 朝のコーヒーに読書 めくられるページの匂いごと 光が照らす かげりのない 文字の羅列 夢見がち クレイジー作家の願いを読む 月曜日はいつも通り 少し憂鬱になるけれど 楽しみにしている マンガの続きがある Web magazine いうやつ 画面からのブルーライト 眩しさに眉しかめ 目が痛い ああ できるのなら 裸の瞳で 小さな 文字を読ませて ああ できるのなら 裸の瞳で 君を見ていたい 拡大をして よく見えるから 紙にも つい ピンチアウト  ドラッグストアのサプリメント ボトルの成分が読めない スポーツジム ボディシャンプーで 髪を洗うことがあるかい? 大切なものなら 少ししかないんだ 君の微笑みならば よく見える ああ 戦わずに 抗いもせずに 世界を 面白がるよ ああ 忘れないよ 今まで見てきた 愛しさをすべて 幻のような人生ならば 霞んでも ぼやけてもいい We'll need glasses Watch out! Check the nail Life in Progress My eyes Vision is twenty-twenty Keep on reading ああ できるのなら 裸の瞳で 小さな 文字を読ませて ああ できるのなら 裸の瞳で 君を見ていたい 拡大をして よく見えるから 紙にも つい ピンチアウトYUKIYUKI村上遼名越由貴夫We'll need glasses Watch out! Check the nail Life in Progress My eyes Vision is twenty-twenty Keep on reading 大好きでやめられない 朝のコーヒーに読書 めくられるページの匂いごと 光が照らす かげりのない 文字の羅列 夢見がち クレイジー作家の願いを読む 月曜日はいつも通り 少し憂鬱になるけれど 楽しみにしている マンガの続きがある Web magazine いうやつ 画面からのブルーライト 眩しさに眉しかめ 目が痛い ああ できるのなら 裸の瞳で 小さな 文字を読ませて ああ できるのなら 裸の瞳で 君を見ていたい 拡大をして よく見えるから 紙にも つい ピンチアウト  ドラッグストアのサプリメント ボトルの成分が読めない スポーツジム ボディシャンプーで 髪を洗うことがあるかい? 大切なものなら 少ししかないんだ 君の微笑みならば よく見える ああ 戦わずに 抗いもせずに 世界を 面白がるよ ああ 忘れないよ 今まで見てきた 愛しさをすべて 幻のような人生ならば 霞んでも ぼやけてもいい We'll need glasses Watch out! Check the nail Life in Progress My eyes Vision is twenty-twenty Keep on reading ああ できるのなら 裸の瞳で 小さな 文字を読ませて ああ できるのなら 裸の瞳で 君を見ていたい 拡大をして よく見えるから 紙にも つい ピンチアウト
マイ・プライヴェート・アイダホアイダホへ向かうぞ アイダホは遠いぞ マップクエスト片手に オレゴン州から走るぞ I - 84 まだ沈まないで サマーサンセット カヤック 汗ダクで 丘の上 ヘイ! ヘイ! ヘイ! ダウンタウンで Tea Time コーダレーンに着いたら キャンディショップへ Go Book people にて 彼に絵ハガキ お気に入りのはウォルマート まだ沈まないで サマーサンセット バックパックは空っぽ 丘の上 ノー! ノー! ノー! ダウンタウンへ マウンテンバイクに飛び乗って ヘルズゲイトステイトパークへ ボイジー ポカテロ アイダホフォールズ ポテトも忘れずに アイダホへ向かうぞ アイダホは遠いぞ マップクエスト片手に オレゴン州から走るぞ I - 84 フィッシング ラフティング 乗馬に スキーに ゴルフ 君が一緒なら もっと最高のアイダホ どこにいたっていつだってさ 想うのは君のこと どこにいたっていつだって そう 帰るのは君の胸 ジャックに会うならついて来な 乗り込めグレイハウンドバス モスコー ルーイストン コールドウェル 笑顔も忘れずに マウンテンバイクに飛び乗って ヘルズゲイトステイトパークへ ボイジー ポカテロ アイダホフォールズ ポテトも忘れずにYUKIYUKI刃流玉井健二・百田留衣・YUKIアイダホへ向かうぞ アイダホは遠いぞ マップクエスト片手に オレゴン州から走るぞ I - 84 まだ沈まないで サマーサンセット カヤック 汗ダクで 丘の上 ヘイ! ヘイ! ヘイ! ダウンタウンで Tea Time コーダレーンに着いたら キャンディショップへ Go Book people にて 彼に絵ハガキ お気に入りのはウォルマート まだ沈まないで サマーサンセット バックパックは空っぽ 丘の上 ノー! ノー! ノー! ダウンタウンへ マウンテンバイクに飛び乗って ヘルズゲイトステイトパークへ ボイジー ポカテロ アイダホフォールズ ポテトも忘れずに アイダホへ向かうぞ アイダホは遠いぞ マップクエスト片手に オレゴン州から走るぞ I - 84 フィッシング ラフティング 乗馬に スキーに ゴルフ 君が一緒なら もっと最高のアイダホ どこにいたっていつだってさ 想うのは君のこと どこにいたっていつだって そう 帰るのは君の胸 ジャックに会うならついて来な 乗り込めグレイハウンドバス モスコー ルーイストン コールドウェル 笑顔も忘れずに マウンテンバイクに飛び乗って ヘルズゲイトステイトパークへ ボイジー ポカテロ アイダホフォールズ ポテトも忘れずに
My lovely ghostギリギリの瀬戸際 ピカピカのシティポップ リヴァーブ付きの 夢見る Ghost in my bedroom 物憂げな蠍座 粘る往生際 ノスタルジック 今宵は Dancing with my ghost 晴れた朝の始まりは 瞑想 ソウルもファンクも ドリーミーに連弾 あなたは永遠の女の子でいい テディベアと暮らす ファビュラス! 有能な 吹き溜りメンタル ロックもヒップホップも セクシャリティも 全方位 あなたは永遠の男の子でいい 離ればなれの ヴィオレッタ 皆 ロンリー ロンリー ロンリー ロンリー Boys & Girls 涙隠して笑う ゲットダウン 飛べない空に誘う トラベリン 切ない願いを込めて 歌う サヴァイヴァー 弾けて 泡の中溶けた 窓を開けてよ 今すぐ Don't be afraid 慣れない部屋の片隅に あなたを想うもうひとつの影 見えた 冴えない夢の中 ひとり 今宵お化けと踊る Dancing with my ghost in bedroom 冷めたブラックコーヒー おかわりを飲んで ソックス もう片方 見つからない なんで? 釜戸の火は絶やさぬように よく見張る 夜は注意深く 役にも立たないよ ビリビリのカーテン こうもりに見つからないよう 常に光るセンサー 私は忘れて あなたを忘れて 置いてけぼり 車 レッカー 皆 ロンリー ロンリー ロンリー ロンリー Boys & Girls 持て余しては笑う ゲットダウン 重たい頭を垂れる ひまわり 読めない動向 探りすぎ 火傷した まだまだ先は長いから 髪を整え 髭を剃る I wanna get high Have a nice day ささやかな日々よ 解けない謎に 季節外れのサイダー 恋のメロディを振り絞る 今宵お化けと踊る Dancing with my ghost in bedroom ギリギリの瀬戸際 ピカピカのシティポップ リヴァーブ付きの夢見る Ghost in my bedroom 物憂げな蠍座 粘る往生際 ノスタルジック 今宵は Dancing with my ghost まだ瞑想だ 解けない 魔法使いもブレイキン もう Heart break しょげないで このバディ包んでよブランケット 光るナイトライト スケスケよナイトウェア ブルーミン ブルーミン ブルーミン ブルーミン ノー! ヘッドフォン 手を繋いで眠るまで Sleep tight my lovely ghost 飛べない空に誘う トラベリン 切ない願いを込めて 歌う サヴァイヴァー 弾けて 泡の中溶けた 窓を開けてよ 今すぐ Don't be afraid 慣れない部屋の片隅に あなたを想うもうひとつの影 見えた 冴えない夢の中 ひとり 今宵お化けと踊る Dancing with my ghost in bedroom ギリギリの瀬戸際 ピカピカのシティポップ リヴァーブ付きの夢見る Ghost in my bedroom 物憂げな蠍座YUKIYUKI小木岳司・米澤森人・KISIMEN前田佑ギリギリの瀬戸際 ピカピカのシティポップ リヴァーブ付きの 夢見る Ghost in my bedroom 物憂げな蠍座 粘る往生際 ノスタルジック 今宵は Dancing with my ghost 晴れた朝の始まりは 瞑想 ソウルもファンクも ドリーミーに連弾 あなたは永遠の女の子でいい テディベアと暮らす ファビュラス! 有能な 吹き溜りメンタル ロックもヒップホップも セクシャリティも 全方位 あなたは永遠の男の子でいい 離ればなれの ヴィオレッタ 皆 ロンリー ロンリー ロンリー ロンリー Boys & Girls 涙隠して笑う ゲットダウン 飛べない空に誘う トラベリン 切ない願いを込めて 歌う サヴァイヴァー 弾けて 泡の中溶けた 窓を開けてよ 今すぐ Don't be afraid 慣れない部屋の片隅に あなたを想うもうひとつの影 見えた 冴えない夢の中 ひとり 今宵お化けと踊る Dancing with my ghost in bedroom 冷めたブラックコーヒー おかわりを飲んで ソックス もう片方 見つからない なんで? 釜戸の火は絶やさぬように よく見張る 夜は注意深く 役にも立たないよ ビリビリのカーテン こうもりに見つからないよう 常に光るセンサー 私は忘れて あなたを忘れて 置いてけぼり 車 レッカー 皆 ロンリー ロンリー ロンリー ロンリー Boys & Girls 持て余しては笑う ゲットダウン 重たい頭を垂れる ひまわり 読めない動向 探りすぎ 火傷した まだまだ先は長いから 髪を整え 髭を剃る I wanna get high Have a nice day ささやかな日々よ 解けない謎に 季節外れのサイダー 恋のメロディを振り絞る 今宵お化けと踊る Dancing with my ghost in bedroom ギリギリの瀬戸際 ピカピカのシティポップ リヴァーブ付きの夢見る Ghost in my bedroom 物憂げな蠍座 粘る往生際 ノスタルジック 今宵は Dancing with my ghost まだ瞑想だ 解けない 魔法使いもブレイキン もう Heart break しょげないで このバディ包んでよブランケット 光るナイトライト スケスケよナイトウェア ブルーミン ブルーミン ブルーミン ブルーミン ノー! ヘッドフォン 手を繋いで眠るまで Sleep tight my lovely ghost 飛べない空に誘う トラベリン 切ない願いを込めて 歌う サヴァイヴァー 弾けて 泡の中溶けた 窓を開けてよ 今すぐ Don't be afraid 慣れない部屋の片隅に あなたを想うもうひとつの影 見えた 冴えない夢の中 ひとり 今宵お化けと踊る Dancing with my ghost in bedroom ギリギリの瀬戸際 ピカピカのシティポップ リヴァーブ付きの夢見る Ghost in my bedroom 物憂げな蠍座
魔法はまだごめんも言わずに 脇目も振らずに あの娘は走る 紙吹雪乱れて飛ぶ 白いラベル剥いだ VHS再生不可能で 湿った親指で スワイプするの 窓に映る雪は贈り物 ヘッドフォンから漏れる音 私達は 四角い箱の中で 鼻寄せ合い 踊ってる 勇気を出して 誘ってみる 覚えたてのやり方で 歌うのよ 囁いて わざとでも 太ももに 触りたかったの 高鳴り続く 意味もわからず 獣は吠える 肉を持て余して かわされる 絶体絶命だ 大人になるなんて 魔法はまだ 解けないの 長い接吻の狭間 初めて吸う煙草の味 手探りで見つけて 柔らかいところへ 壁に書いた文字は クリムトの世界 消えないで あの娘の涙は菫色 嘘を吐かれる度に 哀しみで透けてしまう 誰でもいいわけじゃあない 目印を付ける よそ見をしないで 私だけ見て 夜汽車は走る 紙吹雪降る真ん中で お洒落した髪が ほつれてきてしまう 魔法は 魔法は 魔法は ごめんも言わずに 脇目も振らずに あの娘は走る 紙吹雪乱れて飛ぶ 白いラベル剥いだ VHS再生不可能ね 魔法よ 魔法よ 魔法よ 魔法よ まだ解けないで 魔法よ まだ解けないで まだ解けないで 真夜中のコンビニ 吹っ飛ばすくらいのハーモニー 飛ばしてよバイク便 塾はサボって行こう湯の川神社 真夜中のコンビニ 吹っ飛ばすくらいのハーモニー 飛ばしてよバイク便 塾はサボって行こう湯の川神社 真夜中のコンビニ 吸い寄せられて Place to be これくらいの箱に おにぎりを ちょいと詰めて 真夜中のコンビニ 吸い寄せられて Place to be これくらいの箱に おにぎりを ちょいと詰めて いえーいYUKIYUKI吉澤嘉代子沖山優司・YUKIごめんも言わずに 脇目も振らずに あの娘は走る 紙吹雪乱れて飛ぶ 白いラベル剥いだ VHS再生不可能で 湿った親指で スワイプするの 窓に映る雪は贈り物 ヘッドフォンから漏れる音 私達は 四角い箱の中で 鼻寄せ合い 踊ってる 勇気を出して 誘ってみる 覚えたてのやり方で 歌うのよ 囁いて わざとでも 太ももに 触りたかったの 高鳴り続く 意味もわからず 獣は吠える 肉を持て余して かわされる 絶体絶命だ 大人になるなんて 魔法はまだ 解けないの 長い接吻の狭間 初めて吸う煙草の味 手探りで見つけて 柔らかいところへ 壁に書いた文字は クリムトの世界 消えないで あの娘の涙は菫色 嘘を吐かれる度に 哀しみで透けてしまう 誰でもいいわけじゃあない 目印を付ける よそ見をしないで 私だけ見て 夜汽車は走る 紙吹雪降る真ん中で お洒落した髪が ほつれてきてしまう 魔法は 魔法は 魔法は ごめんも言わずに 脇目も振らずに あの娘は走る 紙吹雪乱れて飛ぶ 白いラベル剥いだ VHS再生不可能ね 魔法よ 魔法よ 魔法よ 魔法よ まだ解けないで 魔法よ まだ解けないで まだ解けないで 真夜中のコンビニ 吹っ飛ばすくらいのハーモニー 飛ばしてよバイク便 塾はサボって行こう湯の川神社 真夜中のコンビニ 吹っ飛ばすくらいのハーモニー 飛ばしてよバイク便 塾はサボって行こう湯の川神社 真夜中のコンビニ 吸い寄せられて Place to be これくらいの箱に おにぎりを ちょいと詰めて 真夜中のコンビニ 吸い寄せられて Place to be これくらいの箱に おにぎりを ちょいと詰めて いえーい
真夜中の恋人アイ・ニード・ユー… 真夜中に緊急事態 汗が流れる 額 どうするかは私次第 レスキュー隊出動! キッチンまでほふく前進 敵は昨日の巻き鮨 目線はリビングの時計 絶対絶命 タイム! 言えない 好きなんて 誘惑する包装紙 優しいふりしないで 振り解く 負けを認めない 戸惑ってる 右手にキスをして 言えないのよ セイ・グッバイ 食べられない 食べられない 食べられない 特にミッドナイトYUKIYUKI南田健吾玉井健二・百田留衣・YUKIアイ・ニード・ユー… 真夜中に緊急事態 汗が流れる 額 どうするかは私次第 レスキュー隊出動! キッチンまでほふく前進 敵は昨日の巻き鮨 目線はリビングの時計 絶対絶命 タイム! 言えない 好きなんて 誘惑する包装紙 優しいふりしないで 振り解く 負けを認めない 戸惑ってる 右手にキスをして 言えないのよ セイ・グッバイ 食べられない 食べられない 食べられない 特にミッドナイト
三日月はみだすんだ ライオン級で 裏側 怒りは何ひとつ 産まない はきだすんだ かわいい君のため 涙は流すだけ 流してよ  「欠けたら 足りない!」 「だらしない顔しないで」  三日月は見た 大地を見てた 君が好きだよ 三日月は見た ひたむきに見た 君はステキだよ  始まるは 最上級の 空から 他には何ひとつ 望まない 光は暗闇に咲く野バラ 体は動くだけ 動かしてよ  「欠けたら 会いたい!」 「スルドイ 顔しないで」  三日月は見た はじらいを見た あなたが好きよ 三日月は見た たくらみを見た 泣いてばかりだ 三日月は見た 大地を見てた 君はステキだよYUKIYUKI會田茂一會田茂一はみだすんだ ライオン級で 裏側 怒りは何ひとつ 産まない はきだすんだ かわいい君のため 涙は流すだけ 流してよ  「欠けたら 足りない!」 「だらしない顔しないで」  三日月は見た 大地を見てた 君が好きだよ 三日月は見た ひたむきに見た 君はステキだよ  始まるは 最上級の 空から 他には何ひとつ 望まない 光は暗闇に咲く野バラ 体は動くだけ 動かしてよ  「欠けたら 会いたい!」 「スルドイ 顔しないで」  三日月は見た はじらいを見た あなたが好きよ 三日月は見た たくらみを見た 泣いてばかりだ 三日月は見た 大地を見てた 君はステキだよ
ミス・イエスタデイひなげしの花が咲いた 蔦の絡まる道は続いてく 恥ずかしくて両手かざす 西の空は顔色を変える 思い出は引っ掻き傷に かさぶたに変わって側に転がる ミス・イエスタデイ 生き様を魅せる 不器用でも優しい君は素敵だ 「いつまでも遊んで居られると良いな」 君の口癖を真似してみる 永遠の日よ 明星の 薄桃色の手帳に書いた住所はまだ消してないよ 懐かしくて胸をよぎる 乾いた声で名前呼んでみる 地下鉄の改札口に 君によく似ている背中見つけた ミス・イエスタデイ 失くした昨日を ごみ箱の中から探すよ 転んで起き上がれずに 笑った ほどけてた靴紐は ちぎれた 見えなくなっても 手を振って! いくつも恋を結んではすぐに手放した 慰めを欲しがった幼さと 未来を引き換えに 何が待っているの? ミス・イエスタデイ 同じ空の下 イエスの花束掲げて歌うよ 君がいたから上手く泣けたんだ 風の道行きは緑萌える 青春の日よ 純情のYUKIYUKINanami玉井健二・橋本竜樹・YUKIひなげしの花が咲いた 蔦の絡まる道は続いてく 恥ずかしくて両手かざす 西の空は顔色を変える 思い出は引っ掻き傷に かさぶたに変わって側に転がる ミス・イエスタデイ 生き様を魅せる 不器用でも優しい君は素敵だ 「いつまでも遊んで居られると良いな」 君の口癖を真似してみる 永遠の日よ 明星の 薄桃色の手帳に書いた住所はまだ消してないよ 懐かしくて胸をよぎる 乾いた声で名前呼んでみる 地下鉄の改札口に 君によく似ている背中見つけた ミス・イエスタデイ 失くした昨日を ごみ箱の中から探すよ 転んで起き上がれずに 笑った ほどけてた靴紐は ちぎれた 見えなくなっても 手を振って! いくつも恋を結んではすぐに手放した 慰めを欲しがった幼さと 未来を引き換えに 何が待っているの? ミス・イエスタデイ 同じ空の下 イエスの花束掲げて歌うよ 君がいたから上手く泣けたんだ 風の道行きは緑萌える 青春の日よ 純情の
無敵余り物は左側へ よけられてグラウンドの隅へ 花壇の柵に腰をかけて ヒーローを待ってる 口唇噛んでんのに ミサイル飛んでんのに まだ呑気に恋をしたい 大怪盗現れた まばたきしてる間に らりるれろれつ回らない 思考力限界だ 皆勤賞もらえなくて構わない 初めての朝帰りです 眩しい朝陽見てたら なぜか泣けてきたの おはようママ 今までいつもありがとう おはようパパ 今までごめんね I don't mind 夏の終わり 私 嬉し 無敵なのだ 恋は夕暮れを 甘いお菓子に変える 感情線 手の平で 長く長く伸びてるから どんな困難なんだって 乗り越えられるから 私は 私を救うイケてるヒーローを ずっとずっと待ってるのに 余り物は左側へ よけられてグラウンドの隅へ 思い出せない子守唄が 自転車に乗ってる 塗りつぶせダイアリー 祝福されますように 祈った 赤い土の上 覚めない夢見てるみたい 老舗の喫茶店 大逆転狙います 煙草が目に沁みた 残念賞ばかりだった私にも 初めてのご褒美だったの まだ見えない明日にも 期待したいくらいなの さよならママ 今までいつもありがとう さよならパパ 怒らないでいて I don't mind ひとり遊び 私 楽し 無敵なのだ 毎日が 生まれて死んでいくみたいに むこう見ず 最上階 眺めてる 高く高く伸びてく空 どんな困難なんだって 乗り越えられるから 私は 私を救う幻のヒーローを ずっとずっと待ってる ダーリンYUKIYUKI三橋隆幸玉井健二・百田留衣・YUKI余り物は左側へ よけられてグラウンドの隅へ 花壇の柵に腰をかけて ヒーローを待ってる 口唇噛んでんのに ミサイル飛んでんのに まだ呑気に恋をしたい 大怪盗現れた まばたきしてる間に らりるれろれつ回らない 思考力限界だ 皆勤賞もらえなくて構わない 初めての朝帰りです 眩しい朝陽見てたら なぜか泣けてきたの おはようママ 今までいつもありがとう おはようパパ 今までごめんね I don't mind 夏の終わり 私 嬉し 無敵なのだ 恋は夕暮れを 甘いお菓子に変える 感情線 手の平で 長く長く伸びてるから どんな困難なんだって 乗り越えられるから 私は 私を救うイケてるヒーローを ずっとずっと待ってるのに 余り物は左側へ よけられてグラウンドの隅へ 思い出せない子守唄が 自転車に乗ってる 塗りつぶせダイアリー 祝福されますように 祈った 赤い土の上 覚めない夢見てるみたい 老舗の喫茶店 大逆転狙います 煙草が目に沁みた 残念賞ばかりだった私にも 初めてのご褒美だったの まだ見えない明日にも 期待したいくらいなの さよならママ 今までいつもありがとう さよならパパ 怒らないでいて I don't mind ひとり遊び 私 楽し 無敵なのだ 毎日が 生まれて死んでいくみたいに むこう見ず 最上階 眺めてる 高く高く伸びてく空 どんな困難なんだって 乗り越えられるから 私は 私を救う幻のヒーローを ずっとずっと待ってる ダーリン
眼鏡を外してまだ愛の意味は知らないわ まだ長い髪は誰のものでもないわ 手痛い思いをしなければ 言い訳もできない 名前を呼びたい 遭難した小さな古舟が流れる 明日はいらない罪人が乗る 今度はいつ、どこで逢えるの? どれくらい? 次、どれくらい? 涙で膝までびしょ濡れになってしまうわ 眼鏡を外して接吻をしたい 橋の上 高架線の下で 額の汗も愛しい 私の男 裸に身につけNO.5 夜中のレインボー 砂嵐のせいよ 痛い 指をかじって 私の男 まだ愛の意味は知らないわ まだ長い髪は誰のものでもないわ 遭難した小さな古舟が流れる 明日はいらない罪人が乗る 今度はいつ、どこで逢えるの? どれくらい? 次、どれくらい? 涙で育って大きくなってしまうわ あくびをするほど接吻をしたい 冷蔵庫の奥 喉を冷やして 暗い時も麗しい 私の男 素直に聴けないNO.9 才能開花に内助の功 蒔いた種は枯れない 眩暈がしそう In the sound in the sound in the sounds like any fear I'm going up and you always stop in my head End my feel Is it sun? Always shine? All we need 眩暈がしそう 眼鏡を外して接吻をしたい 橋の上で 高架線の下で 額の汗も愛しい かわいい男 裸に身につけNO.5 夜中のレインボー 砂嵐のせいよ 痛い 指をかじって 私の男YUKIYUKIsavainu玉井健二・百田留衣・YUKIまだ愛の意味は知らないわ まだ長い髪は誰のものでもないわ 手痛い思いをしなければ 言い訳もできない 名前を呼びたい 遭難した小さな古舟が流れる 明日はいらない罪人が乗る 今度はいつ、どこで逢えるの? どれくらい? 次、どれくらい? 涙で膝までびしょ濡れになってしまうわ 眼鏡を外して接吻をしたい 橋の上 高架線の下で 額の汗も愛しい 私の男 裸に身につけNO.5 夜中のレインボー 砂嵐のせいよ 痛い 指をかじって 私の男 まだ愛の意味は知らないわ まだ長い髪は誰のものでもないわ 遭難した小さな古舟が流れる 明日はいらない罪人が乗る 今度はいつ、どこで逢えるの? どれくらい? 次、どれくらい? 涙で育って大きくなってしまうわ あくびをするほど接吻をしたい 冷蔵庫の奥 喉を冷やして 暗い時も麗しい 私の男 素直に聴けないNO.9 才能開花に内助の功 蒔いた種は枯れない 眩暈がしそう In the sound in the sound in the sounds like any fear I'm going up and you always stop in my head End my feel Is it sun? Always shine? All we need 眩暈がしそう 眼鏡を外して接吻をしたい 橋の上で 高架線の下で 額の汗も愛しい かわいい男 裸に身につけNO.5 夜中のレインボー 砂嵐のせいよ 痛い 指をかじって 私の男
メッセージ真夜中 君の名前を呼んでブルー 枕元には絹の靴下 ママには内緒で書いた手紙 明日の朝には消えているはずさ いつまでも夢見てばっかいられないよ それでも心のどっか期待している夜の贈り物 雪の降らないクリスマス 灯りを消して ささやかな胸のキャンドルそっと灯して 楽しい想い出とスロウに揺れるダンス 甘く苦いチョコレイト頬ばりながら 心が遠く淋しい夜は 子供に戻る 怯えて吠える 防波堤に腰かけ笑うんだよ 海の匂いに錆びた自転車押しながら 今年ももうすぐ終わりだって街の鐘が告げた 聖なる夜は君に逢いに行こう ring a ring a bell ひとりじゃないクリスマス 大きな声で 君がくれたメッセージ歌いながら 嬉しい出来事ばかりそっと取り出して 優しく触れるだけのくちづけをして 膨らむ景色は雪のように溶けた 夜空を埋め尽くせ! キャンドルライト! スターライト! 雪の降らないクリスマス 灯りを消して ささやかな胸のキャンドルそっと灯して 楽しい想い出とスロウに揺れるダンス 甘く苦いチョコレイト頬ばりながら ひとりじゃないクリスマス 大きな声で 君がくれたメッセージ歌いながら 嬉しい出来事ばかりそっと取り出して 優しく触れるだけのくちづけはもうメッセージ 君がくれたメッセージ歌いながらYUKIYUKI蔦谷好位置TAKIBIE・百田留衣・YUKI真夜中 君の名前を呼んでブルー 枕元には絹の靴下 ママには内緒で書いた手紙 明日の朝には消えているはずさ いつまでも夢見てばっかいられないよ それでも心のどっか期待している夜の贈り物 雪の降らないクリスマス 灯りを消して ささやかな胸のキャンドルそっと灯して 楽しい想い出とスロウに揺れるダンス 甘く苦いチョコレイト頬ばりながら 心が遠く淋しい夜は 子供に戻る 怯えて吠える 防波堤に腰かけ笑うんだよ 海の匂いに錆びた自転車押しながら 今年ももうすぐ終わりだって街の鐘が告げた 聖なる夜は君に逢いに行こう ring a ring a bell ひとりじゃないクリスマス 大きな声で 君がくれたメッセージ歌いながら 嬉しい出来事ばかりそっと取り出して 優しく触れるだけのくちづけをして 膨らむ景色は雪のように溶けた 夜空を埋め尽くせ! キャンドルライト! スターライト! 雪の降らないクリスマス 灯りを消して ささやかな胸のキャンドルそっと灯して 楽しい想い出とスロウに揺れるダンス 甘く苦いチョコレイト頬ばりながら ひとりじゃないクリスマス 大きな声で 君がくれたメッセージ歌いながら 嬉しい出来事ばかりそっと取り出して 優しく触れるだけのくちづけはもうメッセージ 君がくれたメッセージ歌いながら
メランコリニスタPLATINA LYLICメランコリニスタ 静かなハイで 眠れない よろしく フランチェックベニスタ フライパンの上で眠らない 君のくちづけ 決して 忘れない 僕の書く 下手な詩は たぶん世界を 救えない 浮気をしました 魔法の 音に乗せて 輪になって ラーイドオーン! コーラス渋いビートきざむ さあ 逆さになって 裸足になって めそめそしてる君に歌う 今 転がるように 夢中になって シスタエンドブラザ さあ ここへ集まれ 退屈けとばせ ベースのリズムに あわせ オンエンドオーン ループオンタイム 君には愛を そう 小さく 誓うよ メランコリニスタ まぶたの裏にやるせない さみだれ フランチェックベニスタ 最後の笑顔 にくめない 食事は 済ました 光の音に溶けて つつまれて ライドオーン! 悩殺気分スピードあげる まだ心のどっか 期待してるよ さめざめしてる君に歌う 今 重なるように その気になって シスタエンドブラザ さあ ここへ集まれ 退屈けとばせ ベースのライン ダ・ダ・ダ オンエンドオーン ループオンタイム 君には愛を そう 大きく 誓うよ! ローリン! コーラス渋いビートきざむ さあ 逆さになって 裸足になって めそめそしてる君に歌う 今 転がるように 夢中になって シスタエンドブラザ さあ ここへ集まれ 退屈けとばせ ベースのリズムに あわせ オンエンドオーン キックエンドスネア 君には愛を そう 小さく 誓うよPLATINA LYLICYUKIYUKI蔦谷好位置メランコリニスタ 静かなハイで 眠れない よろしく フランチェックベニスタ フライパンの上で眠らない 君のくちづけ 決して 忘れない 僕の書く 下手な詩は たぶん世界を 救えない 浮気をしました 魔法の 音に乗せて 輪になって ラーイドオーン! コーラス渋いビートきざむ さあ 逆さになって 裸足になって めそめそしてる君に歌う 今 転がるように 夢中になって シスタエンドブラザ さあ ここへ集まれ 退屈けとばせ ベースのリズムに あわせ オンエンドオーン ループオンタイム 君には愛を そう 小さく 誓うよ メランコリニスタ まぶたの裏にやるせない さみだれ フランチェックベニスタ 最後の笑顔 にくめない 食事は 済ました 光の音に溶けて つつまれて ライドオーン! 悩殺気分スピードあげる まだ心のどっか 期待してるよ さめざめしてる君に歌う 今 重なるように その気になって シスタエンドブラザ さあ ここへ集まれ 退屈けとばせ ベースのライン ダ・ダ・ダ オンエンドオーン ループオンタイム 君には愛を そう 大きく 誓うよ! ローリン! コーラス渋いビートきざむ さあ 逆さになって 裸足になって めそめそしてる君に歌う 今 転がるように 夢中になって シスタエンドブラザ さあ ここへ集まれ 退屈けとばせ ベースのリズムに あわせ オンエンドオーン キックエンドスネア 君には愛を そう 小さく 誓うよ
やたらとシンクロニシティ私の得意技なら 貴方を助けてあげられる 最低限のマナーで 自己満足で 軽率でも 他愛ない無駄話から分析 レントゲンにかける やたらとシンクロニシティ 冷静ではいられない 酸いも甘いも承知の上で 生まれながらのそれなり 時にメランコリー おあいこ様だわ 黙らないハートの奥 身体の叫び か細い声は S・O・Sだった 目には見えない手を 差し伸べるの 誰もが 言いたい事 言えたらいい 真夜中 響くサイレンに怯えて 眠れない夜にお別れしたいの 願わくば ひざ枕 そんな由無し事に 東奔西走しくじったり あの娘 お手並み拝見 我が物顔でしてやったり 柄にも無く 時々 涙がポツリ落ちてったり 助けて 星屑のシティ 平成ではいられない 恋も時代も見据えて 私達まだこれから 電話でもメールでもなくって ただ逢いたい 泣いても 妬いても 散々でも 揚げ足取りは 想定外だった 神様も匙投げ 焦らせるの 誰もが 猫の手も借りたいくらい 忙しなく歩く 月曜の朝も 五月雨を避けて 上手くやりたいの 見逃すな タイミング 頑張れそうな気がした 貴方が笑うのなら おせっかいも先回り やけにドラマチック おあいこ様でしょう 愛したいハートの奥 身体の叫び か細い声は S・O・Sだった 目には見えない手を 差し伸べるの 誰もが 言いたい事 言えたらいい 真夜中 響くサイレンに怯えて 眠れない夜にお別れしたいの 願わくば ひざ枕 願わくば ひざ枕YUKIYUKI小形誠沖山優司・YUKI私の得意技なら 貴方を助けてあげられる 最低限のマナーで 自己満足で 軽率でも 他愛ない無駄話から分析 レントゲンにかける やたらとシンクロニシティ 冷静ではいられない 酸いも甘いも承知の上で 生まれながらのそれなり 時にメランコリー おあいこ様だわ 黙らないハートの奥 身体の叫び か細い声は S・O・Sだった 目には見えない手を 差し伸べるの 誰もが 言いたい事 言えたらいい 真夜中 響くサイレンに怯えて 眠れない夜にお別れしたいの 願わくば ひざ枕 そんな由無し事に 東奔西走しくじったり あの娘 お手並み拝見 我が物顔でしてやったり 柄にも無く 時々 涙がポツリ落ちてったり 助けて 星屑のシティ 平成ではいられない 恋も時代も見据えて 私達まだこれから 電話でもメールでもなくって ただ逢いたい 泣いても 妬いても 散々でも 揚げ足取りは 想定外だった 神様も匙投げ 焦らせるの 誰もが 猫の手も借りたいくらい 忙しなく歩く 月曜の朝も 五月雨を避けて 上手くやりたいの 見逃すな タイミング 頑張れそうな気がした 貴方が笑うのなら おせっかいも先回り やけにドラマチック おあいこ様でしょう 愛したいハートの奥 身体の叫び か細い声は S・O・Sだった 目には見えない手を 差し伸べるの 誰もが 言いたい事 言えたらいい 真夜中 響くサイレンに怯えて 眠れない夜にお別れしたいの 願わくば ひざ枕 願わくば ひざ枕
勇敢なヴァニラアイスクリーム最終電車に揺られて ミッドナイト 今日はおしまい だんだん離れてく 気持ち解るから 私からサヨウナラ そういえば今日 19歳のバースデー あまりパッとしなかったな ハイティーンズ コース通りいけば きっと人生は安泰 それよりもっと ゴージャスな 当たりを出したい 勇敢なヴァニラアイスクリーム すぐ溶けそうで そう甘くないわ 遊歩道 駆け出す キック・イット 朝日にベイベー こけてもベイベー 勇敢なヴァニラアイスクリーム お好みのフレーバー リッチなデコレーション ハンドメイドこだわるエッセンス 駆け引きなしで 召しませベイベー 感動しちゃう 映画みたいなハッピーエンド 憧れたマイ・マインド 光熱費の請求書 握りしめてライド・オン 自分なりのレッスン そういえば今日 通勤中のバスで 昔好きだった人を 見かけたわ 恋の魔法は とっくに消えていたけど 胸がちょっと ぎゅっと 痛い理由を教えて 勇敢なヴァニラアイスクリーム 頭冷やして カロリー気にして 胸の鼓動 果てしない ビート・イット 今だよベイベー 迷わずベイベー 働く車 ラウンド エンド ラウンド エンド ラウンド 終わらない無限のビート トゥナイト なびかせるマイ・ハンズ 勇敢なヴァニラアイスクリーム すぐ溶けそうで そう甘くないわ 遊歩道 駆け出す キック・イット 朝日にベイベー こけてもベイベー 勇敢なヴァニラアイスクリーム お好みのフレーバー リッチなデコレーション ハンドメイドこだわるエッセンス 駆け引きなしで 召しませベイベー Thinking about you baby Singing loud babyYUKIYUKIHALIFANIE玉井健二・百田留衣・YUKI最終電車に揺られて ミッドナイト 今日はおしまい だんだん離れてく 気持ち解るから 私からサヨウナラ そういえば今日 19歳のバースデー あまりパッとしなかったな ハイティーンズ コース通りいけば きっと人生は安泰 それよりもっと ゴージャスな 当たりを出したい 勇敢なヴァニラアイスクリーム すぐ溶けそうで そう甘くないわ 遊歩道 駆け出す キック・イット 朝日にベイベー こけてもベイベー 勇敢なヴァニラアイスクリーム お好みのフレーバー リッチなデコレーション ハンドメイドこだわるエッセンス 駆け引きなしで 召しませベイベー 感動しちゃう 映画みたいなハッピーエンド 憧れたマイ・マインド 光熱費の請求書 握りしめてライド・オン 自分なりのレッスン そういえば今日 通勤中のバスで 昔好きだった人を 見かけたわ 恋の魔法は とっくに消えていたけど 胸がちょっと ぎゅっと 痛い理由を教えて 勇敢なヴァニラアイスクリーム 頭冷やして カロリー気にして 胸の鼓動 果てしない ビート・イット 今だよベイベー 迷わずベイベー 働く車 ラウンド エンド ラウンド エンド ラウンド 終わらない無限のビート トゥナイト なびかせるマイ・ハンズ 勇敢なヴァニラアイスクリーム すぐ溶けそうで そう甘くないわ 遊歩道 駆け出す キック・イット 朝日にベイベー こけてもベイベー 勇敢なヴァニラアイスクリーム お好みのフレーバー リッチなデコレーション ハンドメイドこだわるエッセンス 駆け引きなしで 召しませベイベー Thinking about you baby Singing loud baby
誘惑してくれ泣き出しそうな空 右も左も判らずに孤独持て余す 黄昏のバガボンド 最上のスマイルでサバイヴしていくぞ そうだヤングボーイ 碧い想い乗せ 「想像していたより風は速く、勇敢な気持ちが全てなんだ」と 黒い瞳の奥に燻っている炎 探り出して 火を注いでは駆け出す 誘惑してくれ どんな色にでもなろう 素晴らしきこの世界 誘惑してくれ もっと確かめたいんだ ひらいた両手じゃ足りないから 手を繋ごう はみだすさようなら いつも初めてみたいに感じているよ 長いハミングは響く 方位磁石は無い ふらふらしながら選ぼう 泣くなヤングボーイ やっと気付いた 僕らは走る 追いつきたくて途方に暮れる 落書きのように 二度と消えぬように 向かいあって少しずつ描き出す 誘惑してくれ もっと殴られたいんだ 美しきこの世界 誘惑してくれ 空っぽのポケットで 唯一握りしめる宝物は ひとつだけ 低い空を燕が舞う 痛いのは止まらぬ胸騒ぎ 桃源郷の流れ星 終わらない歌 聴こえる 聴こえる 誘惑してくれ どんな色にでもなろう 素晴らしきこの世界 誘惑してくれ もっと確かめたいんだ どこか疑わしいけど ひらいた両手じゃ足りないから 手を繋ごう 手を繋ごうYUKIYUKI野間康介玉井健二・百田留衣・YUKI泣き出しそうな空 右も左も判らずに孤独持て余す 黄昏のバガボンド 最上のスマイルでサバイヴしていくぞ そうだヤングボーイ 碧い想い乗せ 「想像していたより風は速く、勇敢な気持ちが全てなんだ」と 黒い瞳の奥に燻っている炎 探り出して 火を注いでは駆け出す 誘惑してくれ どんな色にでもなろう 素晴らしきこの世界 誘惑してくれ もっと確かめたいんだ ひらいた両手じゃ足りないから 手を繋ごう はみだすさようなら いつも初めてみたいに感じているよ 長いハミングは響く 方位磁石は無い ふらふらしながら選ぼう 泣くなヤングボーイ やっと気付いた 僕らは走る 追いつきたくて途方に暮れる 落書きのように 二度と消えぬように 向かいあって少しずつ描き出す 誘惑してくれ もっと殴られたいんだ 美しきこの世界 誘惑してくれ 空っぽのポケットで 唯一握りしめる宝物は ひとつだけ 低い空を燕が舞う 痛いのは止まらぬ胸騒ぎ 桃源郷の流れ星 終わらない歌 聴こえる 聴こえる 誘惑してくれ どんな色にでもなろう 素晴らしきこの世界 誘惑してくれ もっと確かめたいんだ どこか疑わしいけど ひらいた両手じゃ足りないから 手を繋ごう 手を繋ごう
雪が消してく長い旅の途中でふと閃いたのは名案 幸いだ 夜更けに 遊び疲れて埃まみれの私の身の上 あの空が知ってる 2コ上だって忘れてタメ口使って 歩道橋 夢の中で夢を見ていた あの向こうへ 向こうへ まだ何者にでもなれると思っていた 足跡はひとつ残らず 雪が消してく あの向こうへ 向こうへ 上手くできない逆上がりの続きを まだもがいてる 雪が消してく 堅く閉じた瞳の奥 浮かんでるのは君だ 会いたいな 愛を両手に抱えきれなくて いつも分けてくれたんだ 到底敵わないや 人の目ばっか気にして 間違いばっか指摘して 夢の中で夢を見ていた あの向こうへ 向こうへ 愛しい時は永遠だと思っていた 泣き顔はひとつ残らず 雪が消してく あの向こうへ 向こうへ 物語の行き先さえ知らずに まだ歌ってる 愛の 愛の いつでもそばに 愛の 愛の いつでもそばに 舞い上がれよ 白い雪 舞い上がれよ 楽しそうに あの向こうへ 向こうへ まだ何者にでもなれると思っていた 足跡はひとつ残らず 雪が消してく あの向こうへ 向こうへ 上手くできない逆上がりの続きを まだもがいてる 雪が消してく まだもがいてる 雪が消してくYUKIYUKIHenrik Nordenback・Christian Fast・Didrik Thott・Agnes ShinHenrik Nordenback長い旅の途中でふと閃いたのは名案 幸いだ 夜更けに 遊び疲れて埃まみれの私の身の上 あの空が知ってる 2コ上だって忘れてタメ口使って 歩道橋 夢の中で夢を見ていた あの向こうへ 向こうへ まだ何者にでもなれると思っていた 足跡はひとつ残らず 雪が消してく あの向こうへ 向こうへ 上手くできない逆上がりの続きを まだもがいてる 雪が消してく 堅く閉じた瞳の奥 浮かんでるのは君だ 会いたいな 愛を両手に抱えきれなくて いつも分けてくれたんだ 到底敵わないや 人の目ばっか気にして 間違いばっか指摘して 夢の中で夢を見ていた あの向こうへ 向こうへ 愛しい時は永遠だと思っていた 泣き顔はひとつ残らず 雪が消してく あの向こうへ 向こうへ 物語の行き先さえ知らずに まだ歌ってる 愛の 愛の いつでもそばに 愛の 愛の いつでもそばに 舞い上がれよ 白い雪 舞い上がれよ 楽しそうに あの向こうへ 向こうへ まだ何者にでもなれると思っていた 足跡はひとつ残らず 雪が消してく あの向こうへ 向こうへ 上手くできない逆上がりの続きを まだもがいてる 雪が消してく まだもがいてる 雪が消してく
ユメミテイタイ泣かないで またひとりよがり 恋に破れたとか 魔法が溶けたとか まだラッキーよ 私がいるでしょ ごまかすの やめようよ  星空 スキップして帰ろう 2人は友達よ フレンズ 丁度良いくらい ほどほどの距離を 保っていられるね  言わないで神様 まだ遊ばせてて 夢 ユメミテイタイ 指の先まで ひっそりと内緒話 夢 ユメミテイタイ ユメミテイタイ  承知の上 騙されてあげる 何年越しの 付き合いだと言うの うそをつく時の まばたきのくせで わかるわ 笑って 許すから  飲もう 飲もう 言わずに飲もう 優雅に泣いて 笑えば 飲もう 飲もう 懲りずに飲もう 優雅に泣いて 笑えば  うん 変わらないで このまま まだ遊ばせてて 夢 ユメミテイタイ 役に立たない 地図は破り捨て 夢 ユメミテイタイ 優雅に泣いて 言わないで神様 まだ遊ばせてて 夢 ユメミテイタイ 優雅に泣いて 指の先まで ひっそりと内緒話 ユメ ユメミテイタイ ユメミテイタイ ユメミテイタイ ユメミテイタイ ユメミテイタイYUKIYUKI・KT Tunstall・Edwin MakromallisYUKI・KT Tunstall・Edwin MakromallisYUKI泣かないで またひとりよがり 恋に破れたとか 魔法が溶けたとか まだラッキーよ 私がいるでしょ ごまかすの やめようよ  星空 スキップして帰ろう 2人は友達よ フレンズ 丁度良いくらい ほどほどの距離を 保っていられるね  言わないで神様 まだ遊ばせてて 夢 ユメミテイタイ 指の先まで ひっそりと内緒話 夢 ユメミテイタイ ユメミテイタイ  承知の上 騙されてあげる 何年越しの 付き合いだと言うの うそをつく時の まばたきのくせで わかるわ 笑って 許すから  飲もう 飲もう 言わずに飲もう 優雅に泣いて 笑えば 飲もう 飲もう 懲りずに飲もう 優雅に泣いて 笑えば  うん 変わらないで このまま まだ遊ばせてて 夢 ユメミテイタイ 役に立たない 地図は破り捨て 夢 ユメミテイタイ 優雅に泣いて 言わないで神様 まだ遊ばせてて 夢 ユメミテイタイ 優雅に泣いて 指の先まで ひっそりと内緒話 ユメ ユメミテイタイ ユメミテイタイ ユメミテイタイ ユメミテイタイ ユメミテイタイ
揺れるスカートそうやって皆して不平不満ばっかり言って つぶやいてりゃいいじゃない 私には関係ない 朝日に目覚め 夜になれば寝る 夢も見ない 線路に咲く小さな花 遠くで猫を撫でている女 名前など付いていない 私もそうかもしれない 吹きさらしのミュージック かきわりワンダーランド 本当のところ踊れるんでしょ シナリオ以外に 身体で伝えなきゃ 「誰か」じゃなくって「君」が消えてしまう前に 今すぐ やけっぱちで踏ん張る足に 優しい春の甘い風が 吹いてくれたら ハロー, マイ・フレンド 裸みたいな笑顔を見せておくれよ 揺れるスカート いつもより暗い東京の夜空はきれい 鼻歌をひとつ、ふたつ、歌えば温かい 不安は不安を呼び 愛は愛を呼ぶ 味方探す 子供が描く絵を眺めている 赤も青もはみ出している 名前など付いていない あなたもそうかもしれない 吹きさらしのミュージック かきわりワンダーランド 手を合わせて踊れるんでしょ? Don't be shy 身体で伝えなきゃ 「誰か」じゃなくて「君」が消えてしまう前に 今すぐ やせっぽちで濡れた瞳に 幾千の悲しい雨が 降らないように ハロー, マイ・フレンド 新しい朝にひらりと笑っておくれよ 揺れるスカート 揺れるスカート 揺れるスカートYUKIYUKI飛内将大玉井健二・百田留衣・YUKIそうやって皆して不平不満ばっかり言って つぶやいてりゃいいじゃない 私には関係ない 朝日に目覚め 夜になれば寝る 夢も見ない 線路に咲く小さな花 遠くで猫を撫でている女 名前など付いていない 私もそうかもしれない 吹きさらしのミュージック かきわりワンダーランド 本当のところ踊れるんでしょ シナリオ以外に 身体で伝えなきゃ 「誰か」じゃなくって「君」が消えてしまう前に 今すぐ やけっぱちで踏ん張る足に 優しい春の甘い風が 吹いてくれたら ハロー, マイ・フレンド 裸みたいな笑顔を見せておくれよ 揺れるスカート いつもより暗い東京の夜空はきれい 鼻歌をひとつ、ふたつ、歌えば温かい 不安は不安を呼び 愛は愛を呼ぶ 味方探す 子供が描く絵を眺めている 赤も青もはみ出している 名前など付いていない あなたもそうかもしれない 吹きさらしのミュージック かきわりワンダーランド 手を合わせて踊れるんでしょ? Don't be shy 身体で伝えなきゃ 「誰か」じゃなくて「君」が消えてしまう前に 今すぐ やせっぽちで濡れた瞳に 幾千の悲しい雨が 降らないように ハロー, マイ・フレンド 新しい朝にひらりと笑っておくれよ 揺れるスカート 揺れるスカート 揺れるスカート
You can stay right here朝陽が昇ったら 新しい日が 私をまた奮い立たす くしゃみひとつして 出掛けましょう 出逢った時から あなたとは同じ匂い 取り繕うことのできないほどに 疲れているのなら なおさら  You can stay right here ここにいてもいいよと言ってくれた 眩しい光に触れた 言葉だけじゃ伝わらない 愛という形のない ひとつだけ 持っていてほしい  次の一手 好きと言って お豆は 強火 揺すって 煎って 分けあって 抱きあって お鍋から 全部 持ってって いえーい 悩んで てやんでい 生きているって 確かめたいから 裸足でいたいわ  未完成な身体中に流れるメロディ いつの間にか 凛々しいあなたの思惑通り 誰も彼も私も 何もかわらない I know you 代わりのいない ひとりだけ  You can stay right here ここにいてもいいよと言ってくれた 眩しい光に触れた 言葉だけじゃ伝わらない 愛という形のない ひとつだけ 持っていてほしい  朝陽が昇ったら 新しい日が 私をまた奮い立たすYUKIYUKIAlbatoLuce玉井健二・百田留衣・YUKI朝陽が昇ったら 新しい日が 私をまた奮い立たす くしゃみひとつして 出掛けましょう 出逢った時から あなたとは同じ匂い 取り繕うことのできないほどに 疲れているのなら なおさら  You can stay right here ここにいてもいいよと言ってくれた 眩しい光に触れた 言葉だけじゃ伝わらない 愛という形のない ひとつだけ 持っていてほしい  次の一手 好きと言って お豆は 強火 揺すって 煎って 分けあって 抱きあって お鍋から 全部 持ってって いえーい 悩んで てやんでい 生きているって 確かめたいから 裸足でいたいわ  未完成な身体中に流れるメロディ いつの間にか 凛々しいあなたの思惑通り 誰も彼も私も 何もかわらない I know you 代わりのいない ひとりだけ  You can stay right here ここにいてもいいよと言ってくれた 眩しい光に触れた 言葉だけじゃ伝わらない 愛という形のない ひとつだけ 持っていてほしい  朝陽が昇ったら 新しい日が 私をまた奮い立たす
You've got a friend夢の中 しましまの チェシャ猫は こう言うの 「イイ娘にしてなくちゃ、サンタクロースは来ないよ」 ねぇ でも この先が見たい 開いていく ドアーを 私の後に続く 道に 花が咲くあいだは… 静かな呼吸 夕焼け続く 空に オレンジのフレーバー 君の家へ 飛んで行け 台風の目みたい! 今日は 素顔のままで 笑っていられるからだ もしも 力尽きて うなだれるなら 大きく叫ぶから ベイベー!ベイベー! 体に巻きつく 重いものを 捨てていく 明日からは もっと 自分に優しくなれる おーいえーい 小さな祈り つぶさに続く 始まりの歌 うたえば 君の家に届けるわ 台風の目みたい! 今日は 素顔のままで 笑っていられるからだ もしも 荒れる波に 飲まれそうなら マーメイドのように歌う 岩の上 ベイベー!ベイベー! 叱られた夜は 必ず来た場所 まだここにいる 私を見てよ 月と君のとなり 静かな呼吸 夕焼け続く 空に オレンジのフレーバー 君の家へ飛んで行け 最終の 電車に乗って 揺られながら 両手に 汗がにじんでいる 「大丈夫だよ」と言って 少しくらいは 廻り道をして帰ろうよ 台風の目みたい! 今日は素顔のままで 笑っていられるからだ… もしも力尽きて うなだれるなら 大きく叫ぶから ベイベー!ベイベー! You've got a friend You've got a friend You've got a friend You've got a friendYUKIYUKIスキマスイッチ玉井健二・湯浅篤・YUKI夢の中 しましまの チェシャ猫は こう言うの 「イイ娘にしてなくちゃ、サンタクロースは来ないよ」 ねぇ でも この先が見たい 開いていく ドアーを 私の後に続く 道に 花が咲くあいだは… 静かな呼吸 夕焼け続く 空に オレンジのフレーバー 君の家へ 飛んで行け 台風の目みたい! 今日は 素顔のままで 笑っていられるからだ もしも 力尽きて うなだれるなら 大きく叫ぶから ベイベー!ベイベー! 体に巻きつく 重いものを 捨てていく 明日からは もっと 自分に優しくなれる おーいえーい 小さな祈り つぶさに続く 始まりの歌 うたえば 君の家に届けるわ 台風の目みたい! 今日は 素顔のままで 笑っていられるからだ もしも 荒れる波に 飲まれそうなら マーメイドのように歌う 岩の上 ベイベー!ベイベー! 叱られた夜は 必ず来た場所 まだここにいる 私を見てよ 月と君のとなり 静かな呼吸 夕焼け続く 空に オレンジのフレーバー 君の家へ飛んで行け 最終の 電車に乗って 揺られながら 両手に 汗がにじんでいる 「大丈夫だよ」と言って 少しくらいは 廻り道をして帰ろうよ 台風の目みたい! 今日は素顔のままで 笑っていられるからだ… もしも力尽きて うなだれるなら 大きく叫ぶから ベイベー!ベイベー! You've got a friend You've got a friend You've got a friend You've got a friend
夜が来る雲の上で遊ぶ仔熊にも キャラメルのような夜 遊びに来るよ 星はキラキラ落ちる君の上にも 夜は夢を連れて 世界は美しい花になる 目を閉じて おやすみ ね。 夢まで手を繋ごう けんかした友達も 明日は 2人で 笑うよ 風の呼吸は天使のお守り 雨はミルクのように屋根を包み込むよ 月がユラユラ揺れる 波の上にも 「こわくはないよ」と 暗闇は優しい歌になる 目を閉じて おやすみ ね。 楽しい旅に出よう ありふれた 「あいしてる」 明日も遊ぼう 笑うよYUKIYUKI大川カズト玉井健二・百田留衣・YUKI雲の上で遊ぶ仔熊にも キャラメルのような夜 遊びに来るよ 星はキラキラ落ちる君の上にも 夜は夢を連れて 世界は美しい花になる 目を閉じて おやすみ ね。 夢まで手を繋ごう けんかした友達も 明日は 2人で 笑うよ 風の呼吸は天使のお守り 雨はミルクのように屋根を包み込むよ 月がユラユラ揺れる 波の上にも 「こわくはないよ」と 暗闇は優しい歌になる 目を閉じて おやすみ ね。 楽しい旅に出よう ありふれた 「あいしてる」 明日も遊ぼう 笑うよ
歓びの種PLATINA LYLIC逆さまに見てた 冷たい空 泣いて赤くなる 街を 見下ろした 風に流されて 体ゆだね 笑いとばす 意外にタフ 旅は続くんだ 青い首飾りを ほら あげるよ 毒入りのりんごを 食べてしまえば ステージの上から 落ちちゃうわ 結びなおしてね 見逃してしまう 歓びの種を 暖かい大地で 育てましょう 流されてしまう 力尽きてしまう 大きな何かに 動かされている 憧れの夢を 魔法の歌を 私は いつでも 観ていられるから あの人を誘って どこへ行こう 未来を射す 明日へ渡す 手紙をかくよ 間違いだらけと 判っていても 2人は進んでいく つまりそれは 恐れずに 幸せになる 切符を 手にしている 陽だまりのにおい 雨上がりの空 与えられたのなら 受けとめよう しかられてみよう 愛されてみよう 心の底から 信じてみよう 少し照れて 笑う君が 見えるよ 陽は昇り 沈む 燃えて 茜色 命の音色に 耳を澄まして 実らせてみよう この歓びの種を 愛という 水を 注ぎましょう 陽だまりのにおい 雨上がりの空 与えられたのなら 受けとめよう 見逃してしまう 歓びの種を 暖かい大地で 育てましょうPLATINA LYLICYUKIYUKI蔦谷好位置島田昌典逆さまに見てた 冷たい空 泣いて赤くなる 街を 見下ろした 風に流されて 体ゆだね 笑いとばす 意外にタフ 旅は続くんだ 青い首飾りを ほら あげるよ 毒入りのりんごを 食べてしまえば ステージの上から 落ちちゃうわ 結びなおしてね 見逃してしまう 歓びの種を 暖かい大地で 育てましょう 流されてしまう 力尽きてしまう 大きな何かに 動かされている 憧れの夢を 魔法の歌を 私は いつでも 観ていられるから あの人を誘って どこへ行こう 未来を射す 明日へ渡す 手紙をかくよ 間違いだらけと 判っていても 2人は進んでいく つまりそれは 恐れずに 幸せになる 切符を 手にしている 陽だまりのにおい 雨上がりの空 与えられたのなら 受けとめよう しかられてみよう 愛されてみよう 心の底から 信じてみよう 少し照れて 笑う君が 見えるよ 陽は昇り 沈む 燃えて 茜色 命の音色に 耳を澄まして 実らせてみよう この歓びの種を 愛という 水を 注ぎましょう 陽だまりのにおい 雨上がりの空 与えられたのなら 受けとめよう 見逃してしまう 歓びの種を 暖かい大地で 育てましょう
ラスボスふいに課せられたマップクエスト あの娘 現れたラスボス 不死身の美女 名はまだ知らない まじチーター ラグいの 役得 ステイタス モブには到底使えない裏技 返り討ち前提でピヨる 彼のステージに上がり込んできた くるくるまつ毛が腕を掴んで離さない 愛想の無いふりをして 魔法円を描いて惑わせる 瞬きひとつでフリーズしちゃうわ 自爆するの何度でも 武勇伝になるまで 攻略本はどこにも売ってない 無いよ 膝に乗せられたラップトップ あの娘 特別なシャツで 同じ匂いさせたまま焦らす エレベーター 彼のうなじに食い込んだ八重歯 わなわな震える身体バグって止まらない As time goes by 奪われた しゃらくさい恋のデータ 想い出の鎌倉デートをトレースしないで リセットしたいよ何度でも 腱鞘炎になるまで 攻略本は無くってももう逃げない 逃げないよ くらくらと ゆらゆらと めまい くまつくる 真夜中に跪き 目の前立ちはだかる ラ・ス・ボ・ス! 愛想の無いふりをして 魔法円を描いて惑わせる 瞬きひとつでフリーズしちゃうわ リセットしたいよ何度でも 腱鞘炎になるまで 攻略本はどこにも売ってない 無いよYUKIYUKI永野雄一郎永野雄一郎ふいに課せられたマップクエスト あの娘 現れたラスボス 不死身の美女 名はまだ知らない まじチーター ラグいの 役得 ステイタス モブには到底使えない裏技 返り討ち前提でピヨる 彼のステージに上がり込んできた くるくるまつ毛が腕を掴んで離さない 愛想の無いふりをして 魔法円を描いて惑わせる 瞬きひとつでフリーズしちゃうわ 自爆するの何度でも 武勇伝になるまで 攻略本はどこにも売ってない 無いよ 膝に乗せられたラップトップ あの娘 特別なシャツで 同じ匂いさせたまま焦らす エレベーター 彼のうなじに食い込んだ八重歯 わなわな震える身体バグって止まらない As time goes by 奪われた しゃらくさい恋のデータ 想い出の鎌倉デートをトレースしないで リセットしたいよ何度でも 腱鞘炎になるまで 攻略本は無くってももう逃げない 逃げないよ くらくらと ゆらゆらと めまい くまつくる 真夜中に跪き 目の前立ちはだかる ラ・ス・ボ・ス! 愛想の無いふりをして 魔法円を描いて惑わせる 瞬きひとつでフリーズしちゃうわ リセットしたいよ何度でも 腱鞘炎になるまで 攻略本はどこにも売ってない 無いよ
ランデヴーPLATINA LYLIC泣き虫のジュリエット 小さな胸を焦がした 隠れた 夜の星座も 彼女を止められない 燃えて散らばる 狂おしいその手 解けない もどかしい…… 弱虫ロミオよ! さらってくれるの? 例え暗い星の見えない夜でも その名前呼ぶから 目には見えない不思議なサイン 綱渡りのランデヴー 歓びも哀しみも 人の行く道 寄り添っているから 笑わせたいな 特別なキスの魔法で 君を守ろう 始まりは突然で 2人に過去等ない 厳しい現実の風 彼には受けとれない 遠く離れた いとおしい胸を合わせたい はずかしい…… 傷を舐め合うよ キラッと光るの? 千切れるくらい高く飛べば 逢えるような気がしてた 僕の合図 怖がらないで 言えるのさ 指切りして ランデヴー 気紛れな過ち 恋の駆け引き 知りすぎていくから 咲いてみたいな 花のような君の魔法で揺られてる マイ・ウェイ 例え暗い星の見えない夜でも その名前呼ぶから 目には見えない不思議なサイン 瞼に銀のタトゥー 千切れるくらい高く飛べば 逢えるような気がしてた 僕の合図 怖がらないで 言えるのさ 綱渡りの ランデヴー 歓びも哀しみも 人の行く道 寄り添っているから 笑わせたいな 特別な愛の魔法で 君を守ろうPLATINA LYLICYUKIYUKI・mugenmugen玉井健二・百田留衣・YUKI泣き虫のジュリエット 小さな胸を焦がした 隠れた 夜の星座も 彼女を止められない 燃えて散らばる 狂おしいその手 解けない もどかしい…… 弱虫ロミオよ! さらってくれるの? 例え暗い星の見えない夜でも その名前呼ぶから 目には見えない不思議なサイン 綱渡りのランデヴー 歓びも哀しみも 人の行く道 寄り添っているから 笑わせたいな 特別なキスの魔法で 君を守ろう 始まりは突然で 2人に過去等ない 厳しい現実の風 彼には受けとれない 遠く離れた いとおしい胸を合わせたい はずかしい…… 傷を舐め合うよ キラッと光るの? 千切れるくらい高く飛べば 逢えるような気がしてた 僕の合図 怖がらないで 言えるのさ 指切りして ランデヴー 気紛れな過ち 恋の駆け引き 知りすぎていくから 咲いてみたいな 花のような君の魔法で揺られてる マイ・ウェイ 例え暗い星の見えない夜でも その名前呼ぶから 目には見えない不思議なサイン 瞼に銀のタトゥー 千切れるくらい高く飛べば 逢えるような気がしてた 僕の合図 怖がらないで 言えるのさ 綱渡りの ランデヴー 歓びも哀しみも 人の行く道 寄り添っているから 笑わせたいな 特別な愛の魔法で 君を守ろう
Rainbow st.手ぶらのまま 裸足でいよう ビートはそのまま さざ波のよう 赤道の上 踊る太陽 ステップかるく あの虹を越えよう  寝そべってる 目の前の日々 虹の向こうにいる 愛してる君 手ぶらのまま 裸足で そう ステップかるーく あの虹を越えよう  You,You have to walk your way to get your love Yeah Don't you know your way? Searching for love.  まじめに見て わたしの夢よ 夕方頃まで 消えないうちに 走れ七色 柔らかい願い 雨上がりなら 迷わないわ  Let's talk about poetical feeling/1,2,3/it's serious timing/ DON and YUKI's gonna tell you/LOVE must be raw and fancy/ from the heart is what's from in me-Here!!/ you must believe your angel/baby, do it well/ here we go.here we go, here we go now!!/  You, You have to walk your way to get your love Yeah Don't you know your way? Searching for love.  Let's talk about poetical feeling/ i'm Y.U.K.I./give you something good one,two/ all i wanna say is/LOVE must be free and fancy  You,You have to walk your way to get your love Yeah Don't you know your way? Searching for love.YUKIYUKI・DONYUKI・DONDON・YUKI手ぶらのまま 裸足でいよう ビートはそのまま さざ波のよう 赤道の上 踊る太陽 ステップかるく あの虹を越えよう  寝そべってる 目の前の日々 虹の向こうにいる 愛してる君 手ぶらのまま 裸足で そう ステップかるーく あの虹を越えよう  You,You have to walk your way to get your love Yeah Don't you know your way? Searching for love.  まじめに見て わたしの夢よ 夕方頃まで 消えないうちに 走れ七色 柔らかい願い 雨上がりなら 迷わないわ  Let's talk about poetical feeling/1,2,3/it's serious timing/ DON and YUKI's gonna tell you/LOVE must be raw and fancy/ from the heart is what's from in me-Here!!/ you must believe your angel/baby, do it well/ here we go.here we go, here we go now!!/  You, You have to walk your way to get your love Yeah Don't you know your way? Searching for love.  Let's talk about poetical feeling/ i'm Y.U.K.I./give you something good one,two/ all i wanna say is/LOVE must be free and fancy  You,You have to walk your way to get your love Yeah Don't you know your way? Searching for love.
レディ・エレクトリック稲妻みたいに ビリビリさせる奴さ 灯りを消したなら始めよう ゲーム あの娘なら今日も 風の街をひとり 光るのさ 右腕に刻むエンジェル ひらけドアーの合図で 痺れるくらいの口づけをして 罠に堕ちてみたい エレクトリック レディ ラヴ 君は最高 幾つも恋をして美しく輝く レディ 痺れる レディ 違う世界を教えてよ エレクトリック レディ ラヴ 君はサイキック 暗闇を照らして その先をゆけよ 放電してよ レディ お別れはいつも 抱きしめあう僕ら 閉じた瞼 火花散る 綺麗なんだ ディストーションかけて 独り占めしたいな 君のこと 時間をかけて したい エレクトリック レディ ラヴ 君はファイヤー メモリ合わせて アナログにチューニング レディ 痺れる レディ 夜空の星より瞬く エレクトリック レディ ラヴ 君のパワー 期待しすぎて動けないのなら 充電させて レディ 空を飛ぶ車が 浮かんでる チューブの中 100万馬力の歌 誰もが忘れても 僕らに遺された 遺伝子の力はまだ 愛という名の下にある 体温を感じているよ 機械じゃない君がいる 泣いたり笑ったりしたら 誰もがそれぞれの うちへ還るの エレクトリック レディ ラヴ 君は最高 幾つも恋を知って美しく輝く レディ 痺れる レディ 違う世界を教えてよ エレクトリック レディ ラヴ 君はサイキック 暗闇を照らして もっと先をゆけよ 放電してよ レディ 放電してよ レディ 放電してよ レディ 放電してよ レディYUKIYUKIKOHJIRO玉井健二・百田留衣・YUKI稲妻みたいに ビリビリさせる奴さ 灯りを消したなら始めよう ゲーム あの娘なら今日も 風の街をひとり 光るのさ 右腕に刻むエンジェル ひらけドアーの合図で 痺れるくらいの口づけをして 罠に堕ちてみたい エレクトリック レディ ラヴ 君は最高 幾つも恋をして美しく輝く レディ 痺れる レディ 違う世界を教えてよ エレクトリック レディ ラヴ 君はサイキック 暗闇を照らして その先をゆけよ 放電してよ レディ お別れはいつも 抱きしめあう僕ら 閉じた瞼 火花散る 綺麗なんだ ディストーションかけて 独り占めしたいな 君のこと 時間をかけて したい エレクトリック レディ ラヴ 君はファイヤー メモリ合わせて アナログにチューニング レディ 痺れる レディ 夜空の星より瞬く エレクトリック レディ ラヴ 君のパワー 期待しすぎて動けないのなら 充電させて レディ 空を飛ぶ車が 浮かんでる チューブの中 100万馬力の歌 誰もが忘れても 僕らに遺された 遺伝子の力はまだ 愛という名の下にある 体温を感じているよ 機械じゃない君がいる 泣いたり笑ったりしたら 誰もがそれぞれの うちへ還るの エレクトリック レディ ラヴ 君は最高 幾つも恋を知って美しく輝く レディ 痺れる レディ 違う世界を教えてよ エレクトリック レディ ラヴ 君はサイキック 暗闇を照らして もっと先をゆけよ 放電してよ レディ 放電してよ レディ 放電してよ レディ 放電してよ レディ
恋愛模様「あの道行くのは2丁目の櫻子じゃあないか? もしかして隣町の三男坊と逢い引きしてはるの?」  まだ上げ初めし前髪初々しくて 下ろしたて藍染めの友禅の柄は恋愛模様 華やぐ六条三哲通り過ぎトドメを刺すのさ 小走りにステップ ステップ ステップ 水溜りを避けながら 弾む恋の旋律(メロディ) もう迷わないわ 小股の切れ上がった好い女に投げ接吻(キッス)をしてしまう 貴方も嫌いじゃないわ 私の運命の男 耳打ちしたのは糾(ただす)の森 御手洗(みたらし)の調べ 色男 風上にも置けぬ輩よ 堪忍してや 葭屋(よしや) 猪黒(いのくろ) 大宮(おおみや)へ 車屋走らせ その気になるのさ 誘われてスウィング スウィング スウィング 色違いの傘広げて 弾む雨の狂詩曲(ラプソディ) イカレているわ 鳴かぬなら鳴かせてみよう強情なほととぎす もう いけずな貴方を嫌いになれないわ だって私の運命の男 好き好き貴方のうなじの香水(パフューム)はスメルズ・グッド 桃色お尻に2人で落書き 模様(パターン)は百通り 小走りにステップ ステップ ステップ 水溜りを避けながら 弾む恋の旋律(メロディ) もう迷わないわ 貴方は運命の男 私の運命の男 だって私の運命の 私の運命の男YUKIYUKI古川貴浩安部潤・玉井健二・YUKI「あの道行くのは2丁目の櫻子じゃあないか? もしかして隣町の三男坊と逢い引きしてはるの?」  まだ上げ初めし前髪初々しくて 下ろしたて藍染めの友禅の柄は恋愛模様 華やぐ六条三哲通り過ぎトドメを刺すのさ 小走りにステップ ステップ ステップ 水溜りを避けながら 弾む恋の旋律(メロディ) もう迷わないわ 小股の切れ上がった好い女に投げ接吻(キッス)をしてしまう 貴方も嫌いじゃないわ 私の運命の男 耳打ちしたのは糾(ただす)の森 御手洗(みたらし)の調べ 色男 風上にも置けぬ輩よ 堪忍してや 葭屋(よしや) 猪黒(いのくろ) 大宮(おおみや)へ 車屋走らせ その気になるのさ 誘われてスウィング スウィング スウィング 色違いの傘広げて 弾む雨の狂詩曲(ラプソディ) イカレているわ 鳴かぬなら鳴かせてみよう強情なほととぎす もう いけずな貴方を嫌いになれないわ だって私の運命の男 好き好き貴方のうなじの香水(パフューム)はスメルズ・グッド 桃色お尻に2人で落書き 模様(パターン)は百通り 小走りにステップ ステップ ステップ 水溜りを避けながら 弾む恋の旋律(メロディ) もう迷わないわ 貴方は運命の男 私の運命の男 だって私の運命の 私の運命の男
66db雨は昨日から 降り続けて 今日はどんよりと 暗い空 タクシーに乗って 街へでよう タクシーに乗って 街へでよう 犬が服を着て 歩いてる 駅前の虹と 車の音 手に手をとってる老夫婦 ふうふ。 好きだって 言ったのに 君は会えない  あの太陽の上へ 雨の上へ 花火の色をとらえれば とらえれば……。 静かな時間へ 包まれるように 助けてちょうだい ちょうだい ――雨の上へ――  愛しい愛を知らぬ 女の声 仲間探して 遠吠えしてる もう鳴かないで。 抱いてあげよう 好きだって言ったのに ねえ 聞こえない  あの太陽の上へ 雨の上へ 花火の色をとらえれば とらえて!! とらえれば……。 小さな叫びも 聞きとれるように 助けてちょうだい せめてひととき 私に ちょうだい ちょうだい ――雨の上へ――  Everybody loves so silence Everybody loves so silence Everybody loves so silence Everybody loves so silence Everybody loves so silence Everybody loves so silence  シ――。シ――。シ――。YUKIYUKIYUKI湯浅篤・YUKI雨は昨日から 降り続けて 今日はどんよりと 暗い空 タクシーに乗って 街へでよう タクシーに乗って 街へでよう 犬が服を着て 歩いてる 駅前の虹と 車の音 手に手をとってる老夫婦 ふうふ。 好きだって 言ったのに 君は会えない  あの太陽の上へ 雨の上へ 花火の色をとらえれば とらえれば……。 静かな時間へ 包まれるように 助けてちょうだい ちょうだい ――雨の上へ――  愛しい愛を知らぬ 女の声 仲間探して 遠吠えしてる もう鳴かないで。 抱いてあげよう 好きだって言ったのに ねえ 聞こえない  あの太陽の上へ 雨の上へ 花火の色をとらえれば とらえて!! とらえれば……。 小さな叫びも 聞きとれるように 助けてちょうだい せめてひととき 私に ちょうだい ちょうだい ――雨の上へ――  Everybody loves so silence Everybody loves so silence Everybody loves so silence Everybody loves so silence Everybody loves so silence Everybody loves so silence  シ――。シ――。シ――。
ロックンロールスター追いかけた 三つ編みの Teenage girl 午後の授業はさぼって ギターにしびれてた  それはまだ 遠い夏 バラ色の迷宮に迷う頃 彼の電話も ママのイナズマも 知らない 音にまみれて 眠る  ロックンロールスター 夢見てた 本気で世界を 変えようとしてた  青いラメの メーキャップ ばかでかい ツアートラック 夢を手に入れて 彼を手放した  一日中 働いても まだ 擦り切れない指先は 終わらない歌うたい さて 今夜も無礼講 騒ぐ  ロックンロールスター We are together 涙隠すよう 闇に紛れよう ロックンロールスター 夢見せた 騙されていよう 花になろう  ロックンロールスター We are together ロックンロールスター We are together ロックンロールスター 夢見てた 本気で世界を 変えようとしてたYUKIYUKI太田朝子追いかけた 三つ編みの Teenage girl 午後の授業はさぼって ギターにしびれてた  それはまだ 遠い夏 バラ色の迷宮に迷う頃 彼の電話も ママのイナズマも 知らない 音にまみれて 眠る  ロックンロールスター 夢見てた 本気で世界を 変えようとしてた  青いラメの メーキャップ ばかでかい ツアートラック 夢を手に入れて 彼を手放した  一日中 働いても まだ 擦り切れない指先は 終わらない歌うたい さて 今夜も無礼講 騒ぐ  ロックンロールスター We are together 涙隠すよう 闇に紛れよう ロックンロールスター 夢見せた 騙されていよう 花になろう  ロックンロールスター We are together ロックンロールスター We are together ロックンロールスター 夢見てた 本気で世界を 変えようとしてた
Wild Ladies「廻れ!右!」は嫌よ ちゃんと通わせて ハート 長い手足をばたつかせて もてあましてるの 押しの強い王子様 待っているくせに 毎週末には“クラヴ・マガ”を心得ていたりする Wild Ladies!上手く乗りこなしてね テディボーイ 一切合切の悪い噂はスルーして お手柔らかに調教してよ 汚れた毛並も上等でしょ? 派手なメイクもあなた無しじゃ空しくなるわ 友達ならいろいろいるけど ふりまわすだけ ごめんなさい 突然の雨降りに 心は Rainy Blue あなたからのつまらない冗談 本当はうれしくなれるのよ Wild Ladies!生まれたての肌ちらつかせて 最旬最速で街中をまきこめば He said,「しかめっ面も似合っているけど マイ・ガール! 君の笑顔は世界にひとつだ」 Wild Ladies!誰か私をみつけて Voice like a Bell Wild Ladies!この広い宇宙にひとりぼっちよ She hides in the shell Wild Ladies!今すぐ本当は抱きしめられたい Voice like a Bell きっともっとずっとずっともっときっとずっともっと きゅんってなるのに Wild Ladies!上手く乗りこなしてね テディボーイ 一切合切の悪い噂はスルーして お手やわらかに調教してよ 汚れた毛並も悪くないでしょ?YUKIYUKI飛内将大玉井健二・百田留衣・YUKI「廻れ!右!」は嫌よ ちゃんと通わせて ハート 長い手足をばたつかせて もてあましてるの 押しの強い王子様 待っているくせに 毎週末には“クラヴ・マガ”を心得ていたりする Wild Ladies!上手く乗りこなしてね テディボーイ 一切合切の悪い噂はスルーして お手柔らかに調教してよ 汚れた毛並も上等でしょ? 派手なメイクもあなた無しじゃ空しくなるわ 友達ならいろいろいるけど ふりまわすだけ ごめんなさい 突然の雨降りに 心は Rainy Blue あなたからのつまらない冗談 本当はうれしくなれるのよ Wild Ladies!生まれたての肌ちらつかせて 最旬最速で街中をまきこめば He said,「しかめっ面も似合っているけど マイ・ガール! 君の笑顔は世界にひとつだ」 Wild Ladies!誰か私をみつけて Voice like a Bell Wild Ladies!この広い宇宙にひとりぼっちよ She hides in the shell Wild Ladies!今すぐ本当は抱きしめられたい Voice like a Bell きっともっとずっとずっともっときっとずっともっと きゅんってなるのに Wild Ladies!上手く乗りこなしてね テディボーイ 一切合切の悪い噂はスルーして お手やわらかに調教してよ 汚れた毛並も悪くないでしょ?
惑星に乗れ屋上に 持ちだした望遠鏡 触れた手は 冷たいね 温めよう 北へと 向けたレンズで 新しい生命が はじけるのを見よう  ああ、2人で見上げたお月様 うさぎは 跳ねなかった いつの日か、2つの目で 青い地球を見よう 猿のように ひとつぶの惑星に乗れ!  冬の夜を照らすように 除夜の鐘 来年も、その次も、いじめてね。 間違いや 後悔はすぐ 恥ずかしい想い出になる もっと、そばに おいでよ  あなたへと 続く天の川を 消えないうちに 渡ろう 土星の輪 触るぐらい 浮かんだ2人 猿のように ひとつぶの惑星に乗れ!  ああ、2人で見上げたお月様 うさぎは 跳ねなかった いつの日か、2つの目で 青い地球を見よう お願いよ 死ぬ前に ただ一度  あなたへと 続く天の川を 消えないうちに 渡ろう 土星の輪 触るぐらい 浮かんだ2人 猿のように ひとつぶの惑星に 乗れ!乗れ! 乗れ!乗れ! 乗れ!乗れ!YUKIYUKI太田朝子ミト屋上に 持ちだした望遠鏡 触れた手は 冷たいね 温めよう 北へと 向けたレンズで 新しい生命が はじけるのを見よう  ああ、2人で見上げたお月様 うさぎは 跳ねなかった いつの日か、2つの目で 青い地球を見よう 猿のように ひとつぶの惑星に乗れ!  冬の夜を照らすように 除夜の鐘 来年も、その次も、いじめてね。 間違いや 後悔はすぐ 恥ずかしい想い出になる もっと、そばに おいでよ  あなたへと 続く天の川を 消えないうちに 渡ろう 土星の輪 触るぐらい 浮かんだ2人 猿のように ひとつぶの惑星に乗れ!  ああ、2人で見上げたお月様 うさぎは 跳ねなかった いつの日か、2つの目で 青い地球を見よう お願いよ 死ぬ前に ただ一度  あなたへと 続く天の川を 消えないうちに 渡ろう 土星の輪 触るぐらい 浮かんだ2人 猿のように ひとつぶの惑星に 乗れ!乗れ! 乗れ!乗れ! 乗れ!乗れ!
WAGON泣けない午後に目覚めて ため息と空気を吸いこんで 吐き出せば空高く飛んで くもり空を雨に変えた 思えばいつでもそうだった 想い出はやけに華やいだ 悪戯にもてあました季節は昔話にもならないが 夏の太陽 真にうけて はしゃぐ気もしないし 恵みの雨に打たれよう それもいいな 君のワゴンで 眠らせてくれないか 窓の流れる景色 眺めながら 昼下がりには雨上がり 暗がりを抜け出し光浴び 抱えたギターのケースの中で 新しい春が育つように 思えばいつでもそうだった 光は闇でこそ輝いた リズム刻むこの手に絡む カラフルな歌は満開だ 夏の太陽照りつけて 涙も乾いた もう一度風に吹かれよう それもいいな 君のワゴンで 連れ出してくれないか 今も夢の続きを想いながら  くちびるにはメロディ 走れ雲のように 走れ!雲のように!  それぞれのスピードで どこまでも行こうよ 追いかけるのもバカらしい そんなもんだ 君のワゴンで 眠らせてくれないか 今も流れる景色 眺めながら 泣けない午後に目覚めて ため息と空気を吸いこんで 吐き出せば空高く飛んで くもり空を雨に変えやがったYUKIYUKI・CaravanCaravan會田茂一泣けない午後に目覚めて ため息と空気を吸いこんで 吐き出せば空高く飛んで くもり空を雨に変えた 思えばいつでもそうだった 想い出はやけに華やいだ 悪戯にもてあました季節は昔話にもならないが 夏の太陽 真にうけて はしゃぐ気もしないし 恵みの雨に打たれよう それもいいな 君のワゴンで 眠らせてくれないか 窓の流れる景色 眺めながら 昼下がりには雨上がり 暗がりを抜け出し光浴び 抱えたギターのケースの中で 新しい春が育つように 思えばいつでもそうだった 光は闇でこそ輝いた リズム刻むこの手に絡む カラフルな歌は満開だ 夏の太陽照りつけて 涙も乾いた もう一度風に吹かれよう それもいいな 君のワゴンで 連れ出してくれないか 今も夢の続きを想いながら  くちびるにはメロディ 走れ雲のように 走れ!雲のように!  それぞれのスピードで どこまでも行こうよ 追いかけるのもバカらしい そんなもんだ 君のワゴンで 眠らせてくれないか 今も流れる景色 眺めながら 泣けない午後に目覚めて ため息と空気を吸いこんで 吐き出せば空高く飛んで くもり空を雨に変えやがった
忘れる唄上の戸棚からミルク取り出して テレビに火をつけて 思い出した 生クリームに 指つっこんでたら アイデアディスポーザーにおちてった。 イエーイ  待ち合わせをして デートにおくれない タイミング悪く新聞の集金 いやーん あの公園はもう どでかいマンション キスしたベンチはもう無かった。 イエーイ  Where are you going? And don't forget me.  上の戸棚からミルク取り出して テレビに火をつけて 思い出した 生クリームに 指つっこんだら アイデアごと流れてったんだ イエーイ  本当のことを言って うそでもいいから言って  昨日の夜 まるで夏模様 叱られた子供の様子よ ただただなんだか 止まらない涙 両手でおさえては つかれない 左へ右へ 西へ東へ 靴はすり減って 頭もたれて ただただ闇を抜ける イメージは続く あたしの頭は 使い捨てだ  Where are you going? And don't forget me.  本当のことを 知りたい うそでもいいから 知りた―――――い!  だんだん 虹を忘れて だんだん 日々を忘れて だんだん 意味を忘れて だんだん 君を忘れて  西へ東へ 左へ右へ 長いカメラで 道は水平 帰れないよ もう 届かない 連絡網 西へ東へ 靴はすり減って  忘れない 忘れないよ 忘れてく 忘れてくよ ゆるしてね 身勝手ね しずかな瞳で 過ぎさってゆく 季節だけ 色とりどり 瞬くのYUKIYUKIYUKIYUKI・Russell Simins上の戸棚からミルク取り出して テレビに火をつけて 思い出した 生クリームに 指つっこんでたら アイデアディスポーザーにおちてった。 イエーイ  待ち合わせをして デートにおくれない タイミング悪く新聞の集金 いやーん あの公園はもう どでかいマンション キスしたベンチはもう無かった。 イエーイ  Where are you going? And don't forget me.  上の戸棚からミルク取り出して テレビに火をつけて 思い出した 生クリームに 指つっこんだら アイデアごと流れてったんだ イエーイ  本当のことを言って うそでもいいから言って  昨日の夜 まるで夏模様 叱られた子供の様子よ ただただなんだか 止まらない涙 両手でおさえては つかれない 左へ右へ 西へ東へ 靴はすり減って 頭もたれて ただただ闇を抜ける イメージは続く あたしの頭は 使い捨てだ  Where are you going? And don't forget me.  本当のことを 知りたい うそでもいいから 知りた―――――い!  だんだん 虹を忘れて だんだん 日々を忘れて だんだん 意味を忘れて だんだん 君を忘れて  西へ東へ 左へ右へ 長いカメラで 道は水平 帰れないよ もう 届かない 連絡網 西へ東へ 靴はすり減って  忘れない 忘れないよ 忘れてく 忘れてくよ ゆるしてね 身勝手ね しずかな瞳で 過ぎさってゆく 季節だけ 色とりどり 瞬くの
わたしの願い事GOLD LYLICさんざん雨に打たれても 強くなりたいわ だいたいいつも決まって びしょ濡れのままだけど だんだんわたしは眠くなって 空を飛んでる 夢の中 毎回変な怪獣に追われても 上手く逃げられない そう お似合いよ 地図を片手に右往左往して 誠実な果物だけじゃあ 大人になれないの? I wish ここに集まって歌う小鳥より 自由に飛びまわれ I wish 海原滑るあの魚のように 大きく踊る 鏡の中で笑いころげる あの日のわたしが見える 花のように咲き 花のように待つ それが願いです ワタシノ ネガイハ 正直者はバカをみない 騙すのなら騙されていたい 損得勘定もけっこうだけど 義理と人情を捨てられない そう いつだって そばにいるだけで安らげるような しわだらけの笑顔で笑うような 大人になりたいわ I wish 流れる時代に押し潰されない 自由を履き違えず I wish たてがみ揺れるあの獣のように 大地に伏せる 鏡の中で涙を流す あの日のわたしが見える 波のように立ち 波のように消える それが願いです I wish 夕闇深く 高く月は昇り 光は道になる I wish わたしは祈る 忘れてしまわぬように しるしを刻む さしだす愛を教えてくれた あなたを抱きしめていたい 風のように柔く 風のように去る それが願いです ワタシノ ネガイ ワタシノ ネガイハGOLD LYLICYUKIYUKIAgree2玉井健二・百田留衣・YUKIさんざん雨に打たれても 強くなりたいわ だいたいいつも決まって びしょ濡れのままだけど だんだんわたしは眠くなって 空を飛んでる 夢の中 毎回変な怪獣に追われても 上手く逃げられない そう お似合いよ 地図を片手に右往左往して 誠実な果物だけじゃあ 大人になれないの? I wish ここに集まって歌う小鳥より 自由に飛びまわれ I wish 海原滑るあの魚のように 大きく踊る 鏡の中で笑いころげる あの日のわたしが見える 花のように咲き 花のように待つ それが願いです ワタシノ ネガイハ 正直者はバカをみない 騙すのなら騙されていたい 損得勘定もけっこうだけど 義理と人情を捨てられない そう いつだって そばにいるだけで安らげるような しわだらけの笑顔で笑うような 大人になりたいわ I wish 流れる時代に押し潰されない 自由を履き違えず I wish たてがみ揺れるあの獣のように 大地に伏せる 鏡の中で涙を流す あの日のわたしが見える 波のように立ち 波のように消える それが願いです I wish 夕闇深く 高く月は昇り 光は道になる I wish わたしは祈る 忘れてしまわぬように しるしを刻む さしだす愛を教えてくれた あなたを抱きしめていたい 風のように柔く 風のように去る それが願いです ワタシノ ネガイ ワタシノ ネガイハ
私は誰だ私がこわいもの この胸の火が消えること いつでも探してる サムシング ニュー 似合わなくなってきた 服はあなたにあげるよ 霜柱踏みながら 踊ろう 私はあまりいい人間じゃない だから地獄に堕ちるかもしれない 時間がない 「生きてたい」より「生きたい」 新しい何かが 新しくなくなる 欲しいのは物じゃない ときめいていたい 遊びの天才 セイ イエー 歌いながら 絶望 隣り合わせだ 呼ばれてもないのに ヒーローぶって 精一杯 私は誰だ 私がこわいもの 愛する人失うこと 世界が逆立ちしても 戻らない 私は案外いい人間だから もしや天国に行くかもしれない 自信はない 誰かが呼んでる 泣いていても何も変わらないって言うなら 頬伝う温かいこいつは何だ 教えてくれ やるせない朝にも ダルセーニョして戻ってしまった ふざけて転がれ 誰のことも救えない 私は誰だ 木の葉が舞い落ちるのを見た あの娘が描いた絵なら 落ちなかったのに 夕立ち まばたき 夢じゃない 新しい何かが 新しくなくなる 欲しいのは物じゃない たくらんでいたい 千客万来 寝癖つけたまんまで 塀の上を走ってこう 哀しみに抗え 楽しむだけで精一杯だ 泣いていても何も変わらないって言うけど 頬伝う温かいこいつは何だ 教えてくれ 最低な君といても 最高だと笑ってたい 閃き 瞬け 何者でもないストレンジャー 私は誰だ 私は誰だ 誰だYUKIYUKIHALIFANIE玉井健二・百田留衣・YUKI私がこわいもの この胸の火が消えること いつでも探してる サムシング ニュー 似合わなくなってきた 服はあなたにあげるよ 霜柱踏みながら 踊ろう 私はあまりいい人間じゃない だから地獄に堕ちるかもしれない 時間がない 「生きてたい」より「生きたい」 新しい何かが 新しくなくなる 欲しいのは物じゃない ときめいていたい 遊びの天才 セイ イエー 歌いながら 絶望 隣り合わせだ 呼ばれてもないのに ヒーローぶって 精一杯 私は誰だ 私がこわいもの 愛する人失うこと 世界が逆立ちしても 戻らない 私は案外いい人間だから もしや天国に行くかもしれない 自信はない 誰かが呼んでる 泣いていても何も変わらないって言うなら 頬伝う温かいこいつは何だ 教えてくれ やるせない朝にも ダルセーニョして戻ってしまった ふざけて転がれ 誰のことも救えない 私は誰だ 木の葉が舞い落ちるのを見た あの娘が描いた絵なら 落ちなかったのに 夕立ち まばたき 夢じゃない 新しい何かが 新しくなくなる 欲しいのは物じゃない たくらんでいたい 千客万来 寝癖つけたまんまで 塀の上を走ってこう 哀しみに抗え 楽しむだけで精一杯だ 泣いていても何も変わらないって言うけど 頬伝う温かいこいつは何だ 教えてくれ 最低な君といても 最高だと笑ってたい 閃き 瞬け 何者でもないストレンジャー 私は誰だ 私は誰だ 誰だ
笑いとばせサイドミラーを覗けば 出会い頭アクシデント 銀杏の木も揺れてる 黄色いアーチをくぐれば絵画庭園 今さらどうかと思うが 根っからの乱視です 光と影のプリズム 裸眼で反射をしてひるがえす綺麗 洗いたてのシャツを汚しちまえ! 点と線をつなぐ 時のイリュージョン 飛び越え 季節は巡り巡る 笑いとばせ 自分の影を どこまでも後ろついてきてはニヤリと背を押す 交差点立ち止り 見上げたなら東京 辺りは夕餉の支度のカレーの匂いがする 腕時計を外したなら きっと 君の笑顔が見える 改札通り抜ける5秒前 存在と距離と過去を 楽観主義でサンプリング サイズの合わない靴で 君を守るなんてのは無理な話さ 足りないピース探すのは 朝メシ前 五線譜に踊る 重なるフュージョン 食らいつけ 風の音も聴こえる 笑いとばせ 巧みな罠を 行く手に落とし穴こしらえてはニヤリと背を押す 導火線追いかけて咲いた花火 東京 世界は美しい 青い絵の具で塗られている 遠回りも嫌じゃあないね きっと 懐かしい歌 聴こえる あれは.... “Everything's Gonna Be Alright” 交差点立ち止り 見上げたなら東京 辺りは夕餉の支度のカレーの匂いがする 腕時計を外したなら きっと 君の笑顔が見える 改札通り抜ける5秒前 君の笑顔が見える さりげなく 見過ごしてしまう 微笑み5秒前YUKIYUKI田中秀典玉井健二・百田留衣・YUKIサイドミラーを覗けば 出会い頭アクシデント 銀杏の木も揺れてる 黄色いアーチをくぐれば絵画庭園 今さらどうかと思うが 根っからの乱視です 光と影のプリズム 裸眼で反射をしてひるがえす綺麗 洗いたてのシャツを汚しちまえ! 点と線をつなぐ 時のイリュージョン 飛び越え 季節は巡り巡る 笑いとばせ 自分の影を どこまでも後ろついてきてはニヤリと背を押す 交差点立ち止り 見上げたなら東京 辺りは夕餉の支度のカレーの匂いがする 腕時計を外したなら きっと 君の笑顔が見える 改札通り抜ける5秒前 存在と距離と過去を 楽観主義でサンプリング サイズの合わない靴で 君を守るなんてのは無理な話さ 足りないピース探すのは 朝メシ前 五線譜に踊る 重なるフュージョン 食らいつけ 風の音も聴こえる 笑いとばせ 巧みな罠を 行く手に落とし穴こしらえてはニヤリと背を押す 導火線追いかけて咲いた花火 東京 世界は美しい 青い絵の具で塗られている 遠回りも嫌じゃあないね きっと 懐かしい歌 聴こえる あれは.... “Everything's Gonna Be Alright” 交差点立ち止り 見上げたなら東京 辺りは夕餉の支度のカレーの匂いがする 腕時計を外したなら きっと 君の笑顔が見える 改札通り抜ける5秒前 君の笑顔が見える さりげなく 見過ごしてしまう 微笑み5秒前
ワンダーラインGOLD LYLICばらまいて 空色の天井に トュナイト 瞬いて 雨つぶの ビート ゴーズ オン 「さようなら」さっきから ゆううつに 恋してるのも つらい 太陽を 味方にするさ すぐに プリーズ プリーズ プリーズ ワンダーライン 渡しあって ただ走る 空 ワンダーガール 私達は わずかなコインならして シャイニング オーライ! 船長さんへ ワンス モア キス 夢の彼方まで ワープしてんだ ワンダーライン アンド ワンダーガール 星の明かり 頼りに 浮かんだ船 はにかんで 砂の城を 壊して トュナイト 航海を 夢見て ライフ ゴーズ オン また抱いて 不安なの 全部出して きらい 愛なんて いらないかもよ まだ知らないふり ワンダーライン つなぎあって 生まれてく 空 ワンダーガール 私達は 虹の上からの ダイビング オーライ! 最先端で ワンス モア キッス 鳥のまなざしで ワークアウトしてんだ ワンダーライン アンド ワンダーガール 長い夢を くさりに つないだ 船 階段 ひとつ 下りて 点と 線を 結んだなら ひといき ついてもいいよ のらり くらり のらり 生きている意味なんて 考えてる暇 ないのさ Take me to the H・O・L・I・D・A・Y 遊ぶ Today Today Today いえーい ワンダーライン 渡しあって ただ走る 空 ワンダーガール 私達は わずかなコインならして シャイニング オーライ! 船長さんへ ワンス モア キス 夢の彼方まで ワープしてんだ ワンダーライン アンド ワンダーガール 虹の橋を 渡ればきこえる歌 バンプ エンド グラインド バンプ エンド グラインド バンプ エンド グラインド バンプ エンド グラインド ワンダーライン アンド ワンダーガール グラインド グラインド グラインド グラインドGOLD LYLICYUKIYUKI野間康介大川カズト・玉井健二・橋本竜樹・YUKIばらまいて 空色の天井に トュナイト 瞬いて 雨つぶの ビート ゴーズ オン 「さようなら」さっきから ゆううつに 恋してるのも つらい 太陽を 味方にするさ すぐに プリーズ プリーズ プリーズ ワンダーライン 渡しあって ただ走る 空 ワンダーガール 私達は わずかなコインならして シャイニング オーライ! 船長さんへ ワンス モア キス 夢の彼方まで ワープしてんだ ワンダーライン アンド ワンダーガール 星の明かり 頼りに 浮かんだ船 はにかんで 砂の城を 壊して トュナイト 航海を 夢見て ライフ ゴーズ オン また抱いて 不安なの 全部出して きらい 愛なんて いらないかもよ まだ知らないふり ワンダーライン つなぎあって 生まれてく 空 ワンダーガール 私達は 虹の上からの ダイビング オーライ! 最先端で ワンス モア キッス 鳥のまなざしで ワークアウトしてんだ ワンダーライン アンド ワンダーガール 長い夢を くさりに つないだ 船 階段 ひとつ 下りて 点と 線を 結んだなら ひといき ついてもいいよ のらり くらり のらり 生きている意味なんて 考えてる暇 ないのさ Take me to the H・O・L・I・D・A・Y 遊ぶ Today Today Today いえーい ワンダーライン 渡しあって ただ走る 空 ワンダーガール 私達は わずかなコインならして シャイニング オーライ! 船長さんへ ワンス モア キス 夢の彼方まで ワープしてんだ ワンダーライン アンド ワンダーガール 虹の橋を 渡ればきこえる歌 バンプ エンド グラインド バンプ エンド グラインド バンプ エンド グラインド バンプ エンド グラインド ワンダーライン アンド ワンダーガール グラインド グラインド グラインド グラインド
全1ページ中 1ページを表示

リアルタイムランキング

  1. Subtitle
  2. KICK BACK
  3. ここにはないもの
  4. 可愛くてごめん feat. ちゅーたん(早見沙織)
  5. ツキヨミ

歌ネットのアクセス数を元に作成
サムネイルはAmazonのデータを参照

注目度ランキング

  1. 希望のチューしよっ
  2. Accelerate
  3. Deep down
  4. Blue Moon
  5. 霹靂

歌ネットのアクセス数を元に作成
サムネイルはAmazonのデータを参照