金曜エンタテイメント  15曲中 1-15曲を表示

全1ページ中 1ページを表示
15曲中 1-15曲を表示
曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 編曲者名 歌い出し
会いたくて…石井聖子石井聖子岡本真夜岡本真夜十川知司会いたくて…会いたくて… 涙が止まらない夜  ひざを抱え 電話の前 今日もベルは鳴らない つまらないケンカをして 今日で2週間経つ あなたは今どこにいるの?誰といるの?  会いたくて…会いたくて… 涙が止まらないどうしようもない 星空も 街の灯も あなたがいたからキレイに見えた  友達に 電話しても一人で ビデオを見ても 時計ばかり気になっちゃう 何にも手につかなくて 私は今 ここにいるよあなたを待ってるよ  会いたくて…会いたくて… 素直にゴメンねと伝えたくて 星空も 街の灯も あなたがいたからキレイに思えた  会いたくて…会いたくて… 涙が止まらないどうしようもない 星空も 街の灯も あなたがいたからキレイに見えた  会いたくて…会いたいよ やっぱりあなたがいなくちゃダメだよ 星空も 街の灯も あなたがいたからキレイに思えた  (会いたくて)今すぐ あなたに会いたい (抱きしめて)あなたがいなくちゃダメだよ (会いたいよ)今すぐ あなたに会いたいよそばにいてほしい
愛と呼ぶものHIBARIHIBARI小山内舞松本良喜安部潤優しいコトバを信じたら 傷つくだけだと思ってた 初めてあなたと話した日 音をたてて扉が開いたの  笑うたび揺れる肩がいとしい ふるえる心によく似てるから これからの日々で 私から 何を贈ろう  かなしい気持ちを隠しても 必ずどこかで気づく人 昨夜のあなたのふざけ顔 笑いすぎて涙がこぼれたの 手をつなぎ歩く道が楽しい ふたりのリズムを感じたいから これからの旅で 私たち 何を歌おう  優しい時間につつまれて あなたの強さを知りました  こんな気持ちを 愛と呼ぶのでしょう たぶん 幼い頃に 描いてたのと 少し違うわ でも もっと素敵 「All I want is you.」  笑うたび揺れる肩がいとしい ふるえる心によく似てるから これからの日々で 私から 何を贈ろう  櫓(ろ)を漕いで渡る海がまぶしい ふたりのリズムは波になるから これからの旅で 私たち 何を目指そう  優しい時間につつまれて 愛と呼ぶものを知りました
AQUA今井美樹今井美樹今井美樹布袋寅泰布袋寅泰コバルト色が 揺れている きれいな波紋を描きながら まぶしく光る 柔らかな水に 身体 委ねて 目を閉じる  不思議な力 受けとめて 塞いだ心が開いてゆく あなたの声で 私が目覚める 恵みの雨受けて輝く花のように  かけがえのない 時を重ねて 今ここにある 日溜まりの日々 風のように過ぎゆく毎日さえも あなたとなら永遠を感じるの  わたしにとってあなたは 冷たく甘い水 渇ききった心に 静かに沁みてゆく  あなたのくれた その微笑みや あなたのくれた その一言は 砂漠に降り注ぐ愛のスコール 明日に架ける幸せの虹になる  わたしにとってあなたは 優しく青い水 さざ波のきらめきで すべてを解き放つ  わたしにとってあなたは まるで魔法の水 もつれた心の糸 解きほぐしてくれる
オリオンの炎徳永英明徳永英明徳永英明徳永英明瀬尾一三Ah- 誰もが皆この地球に生まれて来て 同じ道を歩むことが運命ならば Ah- 君と僕は何故あんなに悲しんで 違う道を選び別れたのだろう  果てしないこの空に どうにもならない現実を叫んでも…  あのオリオンに君と肩寄せ合い 夢…叶えると 君に誓ったはずさ…あの日  Ah- 昔ならばもうこの場で諦めて 逃げるように僕は帰っただろう  枯れる程涙して どうにもならない現実を悔やんでも…  あのオリオンを君も見ているかい 君…勇気にして 僕は会いに帰るよ…きっと  愛の火が この空に 離れれば 離れる程 燃え上がる  あのオリオンを君も見ているかい 今届けたいよ僕のこの想いを 君…勇気にして 僕は会いに帰るよ  僕は会いに帰るよ…きっと
恋の彗星Original LoveOriginal Love田島貴男田島貴男田島貴男胸のギタアの弦をつむじ巻いて風が鳴らす きみのなかの荒れ地に新しい種を蒔くのさ  花ざかりにいつなるかなって 傷だらけの夜もきみは言うのさ  Carry on, Carry on 一直線に走る恋の彗星 Carry on, Carry on きみの彼方までゆけるかな  仕掛けのないマジックでぼくを宙に浮かべてみて うつむくきみが振り向いた夢から覚えた机 頬が痛い  きみが欲しくてやりきれない 街のざわめきを聞きにゆくよ  Carry on, Carry on まっしぐらに走る恋の彗星 Carry on, Carry on ぼくの彼方まで  Carry on, Carry on 一直線に走る恋の彗星 Carry on, Carry on きみのところまで届くかな  Carry on, Carry on きみの彼方まで
この街のどこかで平松愛理平松愛理平松愛理平松愛理清水信之君なしじゃただの街 そんなこと言っていたっけ 忘れかけてた 一歩ずつゆっくりと  胸の隅 しまった記憶よみがえるの この本屋 通り過ぎたら いつもあなたがいなくなり捜した そしてここから店をのぞくあのくせ 今日もまた知らずくりかえすの それぞれの人生 もう待つ人がいて どんなに幸福だとしても 時に迷って 時に悩んで 自分を確かめたい日もある お互いあの恋は必死に守ったね 愛とは言えなかったけど あなたどうなの?ふと思い出す? この街のどこかで  今日の様に陽がだいぶ短くなったあのベンチでケンカをしたね  理由さえ失くすほど 難しい 長話(ながばなし)で 風邪をひいた 熱が出た と電話したら 二つもつぶれた目玉焼きサンキュー 今は愛する人に作る 卵  失敗したらその日は風邪をひく あれからの道のり  充分 過去になって毎日満たされていても 時に迷って 時に悩んで  自分を確かめたい場所がある 笑顔でもう一度 会いたくはないよね あの日はここで終わったの 全てのものが始まりだったこの街のあの頃  いつからか あなたと同じ名前呼ばれても振り向かなくなり いつからか 人混みの中あなたの面影と歩かなくなったの  それぞれの人生 もう待つ人がいて どんなに幸福だとしても  時に迷って 時に悩んで 自分を確かめたい日もある お互いあの恋は必死に守ったね 愛とは言えなかったけど あなたどうなの?ふと思い出す? この街のどこかで今ごろきっとくしゃみしてるね この街のどこかで 
雪・月・花工藤静香工藤静香中島みゆき中島みゆき瀬尾一三シーツの波間にあなたを探していた 探せると思った 会いたくて固く抱きあっていても もっと会いたいと思うばかり どこへゆけばあなたに会える あなたに訊く 不思議がられる 会ってるよとあなたは笑う もっと会うと私はねだる なんにもわかっていない人ね 雪・月・花 移ろわないのが恋心 雪・月・花 ひたすらつのるばかり Ah…  何かを私に与えてくれるならば ひとつだけ与えて 自由をください あなたを愛してもいいという自由だけをください 解き放して私を早く 縛らないで私を早く あなたなしで生きる未来の 淋しさから自由にしてよ なんにもわかっていない人ね 雪・月・花 移ろわないのが恋心 雪・月・花 ひたすらつのるばかり Ah…  雪・月・花 移ろわないのが恋心 雪・月・花 ひたすらつのるばかり 雪・月・花 移ろわないのが恋心 雪・月・花 ひたすらつのるばかり Ah…
time to say goodbyeKOKIAKOKIAKOKIAKOKIAKOKIA・中西亮輔避けることのできない 別れという場面が その度に私を 強くしてゆく  あの日出逢えなければ あなたを知らなかった 当たり前だけれど そんな偶然が嬉しいの  もう行かなくちゃ time to say goodbye 1番の笑顔で  別れの数だけ強くなってゆく 瞳を閉じて いつでも会える  あたたかな想い出 いつまでも胸の中 純粋な気持ちを 思い出させてくれた笑顔  最後はkissで time to say goodbye ありがとうを込めて  出逢えてよかった またいつか会える 忘れないように 抱きしめあって  離れても前よりも あなた一緒に居るから 今 私 前向いて 歩き出せるよ  別れの数だけ強くなってゆく 瞳を閉じて いつでも会える  最後はkissで time to say goodbye
挑戦者近藤真彦近藤真彦ロクセンチロクセンチ白井良明練習生募集のチラシ握って玄関に立った男 年齢といい体格といい あまりに場違いで 困り顔のトレーナーは言った 「人には向き不向きがあるものだ」 その日を境に一人のボクサーが生まれた  一日の仕事終わって9時からすぐ練習 足元もおぼつかずにサンドバッグに打たれている 隠しもせずみんな笑った 「ほらほら クラゲのダンスだぜ」 男は黙って通い続けた 毎日  失うことを恐れて何も手にしてこなかった いわばもう敗れたはずだ 今更何を取り戻すのか  燃えてるんだかなんだか知らないが まるで道化じゃないか痛々しい やめろよ やめなって 自問に対して自答するなら  一度限りなんだこの人生は 何もなくていいはずないだろ 理由なんて探す暇あるなら 右の拳をもっと深く打ちぬけ  練習用シューズのかかとのゴムもずいぶん減ったある日のこと 同じジムの有望株と試合を組むという 咬ませ犬ならまだマシだ 「そろそろあきらめさせたほうがいい」 それでも男は帰り道にガッツポーズ 何度も  とうとうその日が来た 震えて仕方がなかった 全ては分かってたはずだ 勝ち目はないぞ 笑われてるぞ  ちぎれそうな心にバンテージ 興味本位のギャラリー待つリングヘ 目眩と恐怖 無情のゴングは鳴り響いた  黒光りのグローブは容赦なく 男の顔面とボディを壊していく これが現実なんだよシロートさん 左ストレートを最後に男は崩れ落ちた  答えなんか元々あるわけない 栄光も夢も関係ない 欲しいのは 欲しいのは僕が僕である証だ  一度限りなんだこの人生は 何もなくていいはずないだろ 理由なんて探す暇あるなら 右の拳をもっと深く打ちぬけ  打ちぬけ
パズル藤木直人藤木直人シライシ紗トリ藤木直人・シライシ紗トリシライシ紗トリ願いを込めて眠る 夢のような空間がほら 明日を探している ざわついてく世界は 想いのまま顔もカタチも変わっていく キスしたことも 頬杖さえも 二人がここにいた記憶すら  求めては壊して開き直った 信じてて欲しいと呟いた 頑に揺れる花はいつか 美しく咲いてくれるでしょうか? 教えて欲しいよ 愛する愛される事を  願いを止めて眠る 足をのばす暗闇の中 昨日を抱きしめている 乾いていく涙は 誰の為に流したのだろう? いつの間にか 優しいはずの 愛しいはずの 二人がここから消えていくよ  見つけては並べて好きに描いた 信じてみる事を試してみた 散らばってしまった欠片たちは いつか一つの絵になるのでしょうか? 教えて欲しいよ 愛する愛される事を  求めては壊して開き直った 信じてて欲しいと呟いた 頑に揺れる花はいつか 美しく咲いてくれるでしょうか? 教えて欲しいよ 愛する愛される事を
パラシュートの部屋でCHAGE and ASKACHAGE and ASKAASKAASKAASKA・鈴川夏樹・Paul O'Duffy・Richard Cottle空から この部屋にパラシュートが降りて 君と僕の形をした 部屋を造ってる  ねえ君がゆっくりと 丁寧に喋り出す時は 危険なムードが漂うんだよ  だから僕の回線は色んな場所で 高速でクラッシュして 言葉がカタカナみたいになっちゃう  愛する物はいっぱいあるけど 恋する人は君なんだよ こんなんじゃ疑いは消せないね  この部屋にパラシュートが降りて 君と僕の形をした 部屋を造ってる  こんなに狭いシーツの部屋で 世界を感じ合う 今日も同じ分だけ 満たし合おうよ  ねえここでは街中の時間じゃなく ふたりに合わせた時間が流れているんだよ  君の聞き取れない言葉が 僕を幸せにするんだよ もっと虹色で歌って  この部屋にパラシュートが降りて 君と僕の形をした 部屋を造ってる  薄明かりで君の顔が 染まって見えるとき 僕は誉められてる 気持ちがするよ  寄せて返す波のように 僕の砂浜に戻ってくる ずっと君に触れていたいねって 想い願うことって変じゃないだろう  空から この部屋にパラシュートが降りて 君と僕の形をした 部屋を造ってる  空から この部屋にパラシュートが降りて 君と僕の形をした 部屋を造ってる
僕たちのTomorrow池田綾子池田綾子池田綾子・渡辺なつみTATOOTATOO変わりはじめる 心が君を見てる その笑顔にまた 戸惑ってる このまま何も そう 何も願わなければ めぐり会ったまま 続くのに  今年の冬が過ぎて また春になっても 笑っているのかな 二人で  永遠なんて時 いらないから 明日逢いたい そこから探しに行こう 咲き乱れる花が 風に揺れる季節の中で 君とめくる時を ひとつひとつ 紡ぎながら  二人で そばにいて  永遠なんて時 いらないから 明日逢いたい そこから探しに行こう もし傷ついても 今はきっと 悔やんだりしない 君とめくる時を ひとつひとつ 紡ぎながら  そばにいる
Poplarcalyncalyn園田凌士・Calyn和田昌哉・Calyn揺れるポプラの並木の下 冷たい指を 強く握り返す 産まれたての想い 溢れ出す  笑ったり 泣いたりして 気が付いてゆく 存在  あなたの腕で眠っていたい 今夜も 星の数程 ある愛の中で 見つけたその果実  瞳 閉じれば浮かんでくる 形のない その温もり 穏やかな 光と安らぎ 捧げたい  今はまだ見えないけど 手探りで 愛築こう  あなたの腕で夢を見ていた 静かな 吐息の中で 幸せな時が ゆっくりと流れ続ける  お互いの苦しみを 受け止め合える 本当のやさしさ みつけた 二人で  あなたの腕で目覚める朝は いつでも 素晴らしい愛で満たされ 生まれたての想い 今甦る
myself ~蘇生~小池映小池映小池映小池映小原礼すごく痛かった 扉の閉まる音 とがった言葉は 今も突き刺さる とても辛かった 急に広い部屋 息が詰まったままで なにもできなくて  どこかであの日にしがみついて 切なさに閉じこもれば楽だけど  壊れた想い なくした勇気 生まれ変わるまで もう少し あと少しだけ…  とても好きだった揺り起こされる朝 重ねた身体は 遠い土曜の午後  どこかでかすかに気づいていた 優しさあなただけに求めてた  明日のために 私のために まっすぐな気持ちを 取りもどそう ちぎれた誓いとぎれた願い 生まれ変わるまで もう少し あと少しだけ…  明日のために 私のために 焦らなくていい ひとりなら 壊れた想い なくした勇気 生まれ変わるまで もう少し あと少しだから…
MIDAS TOUCH山下達郎山下達郎山下達郎山下達郎山下達郎その指が触れた途端に 何もかも変わってしまう 僕はもうあなたの虜 動けない MIDAS TOUCH (YOUR TOUCH) YOUR GOLDEN TOUCH (SWEET TOUCH) YOUR LOVIN' TOUCH (YOUR TOUCH)  言葉だけなら 何でも言える 心にもない 「愛してる」とか 「あなただけ」だとか 思わせぶりに  だけどなぜ あなたなしじゃいられない その瞳 そのくちびる メデューサの微笑 溺れさせて 息が止まるまで  黄金(きんいろ)の夜に抱かれて ちっぽけな鉱石(いし)になりたい ジェラシーで目が眩むほど 愛してる MIDAS TOUCH (YOUR TOUCH) YOUR GOLDEN TOUCH (SWEET TOUCH) YOUR LOVIN' TOUCH (YOUR TOUCH)  全ての愛を ひとりじめする なんて出来ない 「一度だけ」とか 「本気じゃない」とか 繰り返しても  もう二度と あなたのいない朝など 生きられない 狂おしい セリーヌの溜息 燃え尽きて 灰に変わるまで  その指で触れておくれよ 何もかも捨ててしまえる 艶やかな光の中で 崩れてく MIDAS TOUCH (YOUR TOUCH) YOUR GOLDEN TOUCH (SWEET TOUCH) YOUR LOVIN' TOUCH (YOUR TOUCH)  その指が触れた途端に 何もかも変わってしまう 僕はもうあなたの虜 動けない MIDAS TOUCH (YOUR TOUCH) YOUR GOLDEN TOUCH (SWEET TOUCH) YOUR LOVIN' TOUCH (YOUR TOUCH)  黄金(きんいろ)の夜に抱かれて ちっぽけな鉱石(いし)になりたい ジェラシーで目が眩むほど 愛してる MIDAS TOUCH (YOUR TOUCH) YOUR GOLDEN TOUCH (SWEET TOUCH) YOUR LOVIN' TOUCH (YOUR TOUCH)
全1ページ中 1ページを表示

リアルタイムランキング

  1. 命に嫌われている
  2. 命に嫌われている。
  3. アルジャーノン
  4. Subtitle
  5. Boom Boom Back

歌ネットのアクセス数を元に作成
サムネイルはAmazonのデータを参照

注目度ランキング

  1. Boom Boom Back
  2. Romance
  3. アルジャーノン
  4. この空がトリガー
  5. 女のはじまり

歌ネットのアクセス数を元に作成
サムネイルはAmazonのデータを参照