浪花春秋

この曲の表示回数 9,202
歌手:

鏡五郎


作詞:

もず唱平


作曲:

叶弦大


通天閣を 見上げる町で
お前に逢って ほだされて
ゴンタ納めた 二十一
浪花春秋 八方破れ
果ての果て
凌ぐ情が オレにはあった

世間のそしり 背にうけながら
お前と越えた 山坂は
あかり憚る 獣道
浪花春秋
切ない夜は願かけて
この掌あわせた あゝ法善寺

人より勝る ところはないが
お前と酒を くみかわす
宵の一献 宝だよ
浪花春秋 これから先も その先も
縁でこそあれ 夫婦の絆
icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:浪花春秋 歌手:鏡五郎

鏡五郎の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2004-09-01
商品番号:KICX-3207
キングレコード

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP