ひこうき雲の空の下

この曲の表示回数 19,224
歌手:

亜波根綾乃


作詞:

柴野繁幸


作曲:

関淳二郎


手に触れる波の心 誰も知らない
花添えた丘の声 誰も知らない

生まれた街が 小さく見える
卒業の春がゆく
20世紀の果てで育った 父や母の愛で…

ひこうき雲の空の下 夢を見つめて来た
例えば恋 例えば未来
胸に抱きしめながら

見つめ合うあなたの祖国(くに) 私は知らない
のぞき込む青い瞳 優しいけれど

嵐の夏を いくつも越えて
巡り会えたふたり
豊かな国の南遥かに 風が運んだ愛で…

星の願いがかなう夜 教会に咲いた
桜によせて 交わした誓い
胸に抱きしめている

私もやがて母になり 夢伝えるだろう
明日を生きる 子供(たびびと)たちに
いつも微笑みながら
いつか波のワルツを
icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:ひこうき雲の空の下 歌手:亜波根綾乃

亜波根綾乃の新着情報

  • Penetrator / ♪もっと心も混ざり合ったらいい
  • わたし / ♪あの時のあの朝に強く生きよう
  • FATE TO HEAVEN / ♪ゆびにからまる白い風
  • 虹の彼方へ / ♪うすれゆく夜を雲が追いかける
  • Circle / ♪くやしかった泣いていた

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:1999-12-22
商品番号:PICL-1196
パイオニアLDC

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP