試聴する

見返り橋まで

この曲の表示回数 20,408
歌手:

浅田あつこ


作詞:

喜多條忠


作曲:

大谷明裕


宿からつづく 山つつじ
私のこころを 映して燃えて
今朝の別れを 切ながる
添えぬふたりと わかっていても
夢を見ました 寄り添いながら
見返り橋まで 送らせて

大きな杉を 巻いて咲く
山藤みたいに あなたの胸に
ついてゆきたい どこまでも
今度いつまた 逢えるのですか
それもかなわぬ 恋ですか
見返り橋まで 抱きしめて

河原に光る なごり雪
いつかは消えゆく 宿命(さだめ)の雪を
ずっとみつめる ふたりです
何度何度も 振りむく人は
きっともう一度 出逢えるという
見返り橋まで 送らせて
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:見返り橋まで 歌手:浅田あつこ

浅田あつこの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2010/05/12
商品番号:TKCA-90381
徳間ジャパンコミュニケーションズ

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP