男の居酒屋

この曲の表示回数 13,597
歌手:

三門忠司


作詞:

池田充男


作曲:

山口ひろし


酒は酔うため あるものさ
若いなりして 今夜の俺は
意気地がないぜ 泣いてるぜ
ぐちを肴に のむ酒じゃ
露地ののれんに すまないね…

恋はほどよく するものさ
虫もころさぬ 可愛ゆい顔で
あの娘は派手な あそび花
俺の負けだよ くやしいが
おんなという奴ァ つかめない…

これが苦労と いうものさ
右で拾って 左で捨てる
明日があるさ ゆめがある
すぐに止むだろ 走り雨
故郷のうたでも 唄おうか…
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:男の居酒屋 歌手:三門忠司

三門忠司の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:1996-11-01
商品番号:SRCL-3696
ソニー・ミュージックレコーズ

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP