試聴する

サンデー

この曲の表示回数 5,096
歌手:

ジルバ


作詞:

ジルバ


作曲:

ジルバ


心の日付変更線を越える為に

信号機変わる瞬間に
迷わず右足踏み出した

タバコが無意識に灰になった
吸い殻は、まるでピラミッド
息遣い乱れてんだ
目頭が震えてんだ
愛するウサギが今日息絶えた

半信半疑なんだ
寝台特急に不安を積んだ
存在価値だとか存在意義にずっと
悩んで越えた日付変更線は
サンデー

静かなる景色恋しくて
遥かなる海が恋しくて
だから
あの頃を思い出してんだ
忘れかけて苦しいんだ
ウサギの墓に花が咲いた

半信半疑なんだ
寝台特急が光を浴びた
金木犀の香り やっと探してきっと
飛び越えていく
日付変更線が
サンデー
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:サンデー 歌手:ジルバ

ジルバの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2009/11/25
商品番号:JTBG-10001
インディーズ・メーカー

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP