試聴する

LAST BUS

この曲の表示回数 3,711
歌手:

ジルバ


作詞:

ジルバ


作曲:

ジルバ


車の音がうるさすぎて 僕の鼻歌は風に紛れた
無常に鐘は鳴り響いた 胸の鼓動は張り裂けそう

きっと今夜 世界中で光が消え また生まれる
そう当り前さ だから君は街に埋もれ 枯れていた

終わるはずの映画さえも続くはずと信じていた
ただ祈るように
最終バスが行った後も何か起こるはずと信じていた
待っていた

窓の日差しがまぶし過ぎて 夢の続きはお蔵入りさ今日も
無意識に僕は声を上げ 無い物を探す旅に出た

きっと今夜 世界中で光が消え また生まれる
そう当り前さ だから君は街に埋もれ 枯れていた

終わるはずの映画さえも続くはずと信じていた
ただ祈るように
最終バスが行った後も何か起こるはずと信じていた
待っていた

世界中で光が消え
そう当たり前さ だから君は街に埋もれ 枯れていた

終わるはずの映画さえも続くはずと信じていた
ただ祈るように
最終バスが行った後も何か起こるはずと信じていた
待っていた

いつか君と無限の空へ飛んでみたい
消えた星さえも見つかるかな
だから僕はずっと待ってる
最終バスが行ったバス停で
待っている
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:LAST BUS 歌手:ジルバ

ジルバの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2009-04-08
商品番号:CTCR-40290
エイベックス・エンタテインメント

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP