花のあとさき

この曲の表示回数 9,794
歌手:

川中美幸


作詞:

吉岡治


作曲:

弦哲也


明日の見えない 憂き世でも
恋は命を はこんでる
花でいうなら 桜の花の
大樹いっぽん 男気通す
凛とした あのひとに
わたしは惚れました

雨に濡れてる 紫陽花は
色をかえては 艶を増す
酒のちからで 勢いつけて
言ってしまおか 心のうちを
恋しさに せつなさに
なんども泣きました

所帯もてたら 朽ちるまで
情が濃いめの おんなです
どちらともなく 寄り添いあえば
長くなります ふたつの影が
あかね空 赤とんぼ
あなたに惚れました
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:花のあとさき 歌手:川中美幸

川中美幸の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2009-04-16
商品番号:TECA-12177
テイチクエンタテインメント

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP