おばこ吹雪

この曲の表示回数 9,109
歌手:

小桜舞子


作詞:

木下龍太郎


作曲:

岡千秋


明日に賭けてる 男の夢の
邪魔になっては いけないの
分かりながらも 心の内は
貴方を止めたい 冬の駅
おばこ吹雪よ ひと荒れ荒れて
上り列車を 出さないで

ねぶり流しの 提灯揺れて
秋田竿燈(かんとう) 夏まつり
竿を片手に 大見得切った
半纏(はんてん)姿に ひと目惚れ
おばこ十八 逢瀬のたびに
胸を焦がした 紺がすり

きっと戻って 私の許(もと)へ
嫁に行かない それまでは
走る列車を 追ってはみても
ホームのはずれで 行き止まり
おばこ吹雪よ 送って行って
従(つ)いて行けない その先は
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:おばこ吹雪 歌手:小桜舞子

小桜舞子の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2008-07-23
商品番号:TECA-12146
テイチクエンタテインメント

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP