夕立雨

この曲の表示回数 6,632
歌手:

服部浩子


作詞:

山田孝雄


作曲:

聖川湧


ひとりぼっちが 淋しくて
男ごころに からみ酒
のめないお酒と遊んでいても
今夜は逢えない舞酔草(まよいそう)
恋のしずくに 流されて
想いは 夕立雨(わたしあめ)

指で回した 水割りの
うすい幸せ のめますか
あなたが教えた いたずらぐせも
可愛い仕草に見えないわ
拗ねているのが わかるでしょう
今すぐ 逢いに来て

腕に抱かれて 目を閉じて
女ごころに 灯が点もる
探して見ましょう賑わう街を
希望の灯を消さないで
恋に濡れます 傘はない
想いは 夕立雨
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:夕立雨 歌手:服部浩子

服部浩子の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:1999-10-20
商品番号:TOCT-24215
EMIミュージック・ジャパン

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP