走る自画像

この曲の表示回数 5,739
歌手:

eastern youth


作詞:

吉野寿


作曲:

吉野寿


まるで踊り出すような足取りで
長い坂道駆け降りる
俺を呼ぶのは誰なんだろう?
雪の匂いと白樺並木

靴音と連れ立って
逃げる逃げ水追い掛ける
俺を呼ぶのは俺なんだろう
倦めど絶えざる彼の呼び声

正体は危うく 燃焼は儚い
誰だってそうなんだって
人込みに逃げ込むのか

残像に火を付けろ
体温で駆け抜けろ
孤独のそのままで
人間のそのままで

夜の雨音寂しさに
胸の灯消えかけても
皮膚に眼に焼き付いた
蒼き決意を忘れるな

実体は小さく 諦念は根深い
誰だってそうなんだって
両耳を差し出すのか

残像に火を付けろ
体温で駆け抜けろ
孤独のそのままで
人間のそのままで
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:走る自画像 歌手:eastern youth

eastern youthの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2003-03-05
商品番号:KICS-1000
キングレコード

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP