裸足で行かざるを得ない

この曲の表示回数 13,989
歌手:

eastern youth


作詞:

吉野寿


作曲:

吉野寿


遍く照らし出す光へ
渋々歩み行く毎日へ
嬉しかれ悲しかれ道すがら
声高く歌はある
誰にでも

朝を告げるベルの鳴る頃は
夢は海の底に沈み行く

孤立無援の花、咲くばかり
明日の在りや無しや、知るものか

そぼ降る雨に濡れ帰り道
『過ぎ去りし夢だよ』と気取るなよ
その命、燃ゆるなら何時の日も
声高く歌はある
誰にでも

五時の鐘の音が鳴る頃は
夕闇に心を解き放つ

孤立無援の花、咲くばかり
明日の在りや無しや、知るものか

そして何時の間にか消えていて
氷細工の様に脆過ぎた
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:裸足で行かざるを得ない 歌手:eastern youth

eastern youthの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2008-07-23
商品番号:TFCC-86262
トイズファクトリー

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP