試聴する

時計台の鐘

この曲の表示回数 12,371
歌手:

eastern youth


作詞:

吉野寿


作曲:

eastern youth


時計台の鐘が鳴っている俺のどん底には
喜びも悲しみも孤独もなんにもねえのさ
交差点に立たされて 証明を迫られる
灰のような雪が降ってくる

本当は雪なんて降っていなかった
ただ吐息だけが降っていた
時計台の鐘なんて鳴っていなかった
ただ鼓動だけが鳴っていた
ただ鼓動だけを聴いていた

感傷必要ねえ 俺の感情回路を
夜の環状八号線が掻き消してゆく
感動は路肩の塵

明日は見えない
過去は朧げで触れられない
ただ今だけが横たわっている
地平線に
去って行く今日を見送って
背中で夜明けを待っている
訪れる何かを待っている

本当は雪なんて降っていなかった
吐息だけが降っていた
時計台の鐘なんて鳴っていなかった
鼓動だけが鳴っていた
鼓動だけを聴いていた
それだけを信じていた
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:時計台の鐘 歌手:eastern youth

eastern youthの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2018/11/14
商品番号:GNCA-544
NBCユニバーサル・エンターテイメントジャパン

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP