女・十年

この曲の表示回数 6,035
歌手:

音羽しのぶ


作詞:

松井由利夫


作曲:

遠藤実


肩が触れあう ただそれだけで
こころが燃えた 泣けてきた
にじむ瞼に くちびる寄せて
涙をすすって くれた人
烈しい恋は 蜃気楼
やさしい夢は 走馬燈
…… あれは十九の 春おぼろ

たとえ小さな 過失(あやまち)だって
許せばいつか 火傷する
あなたしかない わたしにとって
死ぬより切ない ことでした
烈しい恋は 蜃気楼
やさしい夢は 走馬燈
…… 窓に木枯し 舞う落葉

風の噂じゃ 夕陽のように
ただれた暮し してるとか
胸のすき間に いいことだけを
埋めて今夜も 爪を噛む
烈しい恋は 蜃気楼
やさしい夢は 走馬燈
…… 外は簓の 雪模様
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:女・十年 歌手:音羽しのぶ

音羽しのぶの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2007-03-07
商品番号:KICM-30066
キングレコード

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP