冬花火

この曲の表示回数 13,482
歌手:

大川栄策


作詞:

吉岡治


作曲:

市川昭介


棄てちゃいやよと 紅ひもで
ふたつからだを 縛ったおまえ
ばかなやつだよ
死ぬまで 死ぬまでおんな
抱けば火となる あゝ冬花火

肌に残った くれないの
花はふたりの 愛する証し
離しゃしないよ
最後の 最後のおんな
朝を呼ぶなよ あゝ冬花火

心細いか 身を寄せて
眠るおまえの 背中が薄い
夢で泣くなよ
愛しい 愛しいおんな
耐えて花咲け あゝ冬花火
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:冬花火 歌手:大川栄策

大川栄策の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:1996-08-21
商品番号:COCA-13689
日本コロムビア

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP