紙芝居

この曲の表示回数 9,773

あんたは心の ペンキをはがし
誰かと綺麗に 塗り変える
どこかで別れが 待ち伏せて
背中を押すような 気がしてた
涙の井戸が 涸れるまで
せめて三ヶ月(みつき)は かかるけど
それでも 一番 倖せだった
あめ玉 ひとつの 紙芝居

あんたは嘘まで 夕陽に染めて
誰かと遠くへ 逃げてゆく
いいことなんかは 続かずに
迷子になるよな 気がしてた
心の風邪が 治るまで
ひとりぼっちは 寒いけど
それでも 面影 抱きしめて
昨日の 続きの 紙芝居

涙の井戸が 涸れるまで
せめて三ヶ月は かかるけど
それでも 一番 倖せだった
あめ玉 ひとつの 紙芝居

それでも 一番 倖せだった
あめ玉 ひとつの 紙芝居
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:紙芝居 歌手:堀内孝雄

堀内孝雄の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2000-04-12
商品番号:EPCE-5053
ZETIMA

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP