信濃川哀歌

この曲の表示回数 3,477

湯けむりの 宿を抜け出して
泣きにきた せせらぎのほとり
悲しみの影を重ねた 信濃川
せめて も一度 あの人の
ああ 胸で泣きたい

思い出が 残る恋文を
手にとれば こぼれ散る涙
束の間の夢を浮かべて 信濃川
風に流れる 木の葉舟
ああ 月にうるんで

夢ひとつ 一夜腕まくら
温もりに 包まれていたい
流れゆく音に揺られて 信濃川
遠く離れた 人だけど
ああ 今も恋しい
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:信濃川哀歌 歌手:朝倉由美子

朝倉由美子の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2020/02/26
商品番号:TKCA-91242
徳間ジャパンコミュニケーションズ

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP