みれん夜曲

この曲の表示回数 4,969
歌手:

朝倉由美子


作詞:

水木れいじ


作曲:

岡千秋


心で どんなに 憎んでみても
この手があなたを恋しがる
雨よ雨よ雨よ流して 女のみれん
眠れない夜は 淋しくて
あゝあゝ いまさら他人に戻れない

海峡みなとの 故郷(こきょう)の町へ
一緒に来るかと 抱いた人
夜よ夜よ夜よかえして あの日の夢を
寝ものがたりの嘘だって
あゝあゝ 死ぬまで だまして欲しかった

灯(あか)りの数ほど 男はいても
惚れたら涙に なるばかり
酒よ酒よ酒よ酔わせて命が寒い
なにもいらないなぐさめは
あゝあゝ もいちどあの人 つれて来て
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:みれん夜曲 歌手:朝倉由美子

朝倉由美子の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2008-09-24
商品番号:VICL-36446
ビクターエンタテインメント

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP