純情の花

この曲の表示回数 5,920
歌手:

朝倉由美子


作詞:

大矢弘子


作曲:

三島大輔


泣きの十六家(いえ)を出て すねた十九にゃ振られ花(ばな)
数えりゃ男も十(とお)の指
惚れて振られた ばかな女の
問わず語りの 止まり木にゃ
あゝ 純情の花が咲いてた夜もある

情(じょう)の一字(いちじ)にほだされて
泣いて別れた愛もある
深みにはまった恋もある
妻も子もいる男性(ひと)に誘われ
着の身 着のまま旅に出た
あゝ 純情の花が咲いてた街もある

甘い言葉に酔いしれて
燃えた自分が憎らしい
女の悲しい体ぐせ
あんな男の どこがいいのと
燃える唇 噛みしめて
あゝ 純情の旅の夜風に泣きました
あゝ 純情の花が咲いてた夜もある
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:純情の花 歌手:朝倉由美子

朝倉由美子の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2013-02-06
商品番号:TKCA-73869
徳間ジャパンコミュニケーションズ

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP