試聴する

おまもりのうた

この曲の表示回数 6,790
歌手:

羊毛とおはな


作詞:

千葉はな


作曲:

市川和則


故郷に向かう 三号車
流れる景色は 春模様
向かいは 夢見る女の子
あの日を 思い出す

「大きくなるまで帰らない」
誓った心は 消えました
都会の暮らしは 空回り
寂しい時には いつも口ずさむ

ひらり ひらり 桜の花舞う度に
瞳とじて 耳をすませば
遠く遠く 微かだけど懐かしい
優しい歌に すべて忘れよう

そう 母がくれた おまもりのうた

「頼られないから寂しい」と
届いた手紙に 泣きました
想いはいつも 空回り
大切なことを 一つ思い出す

ひらり ひらり 涙流れてく度に
瞳とじて 耳をすませば
遥か遥か 胸の奥であたたかい
名もない歌に すべて委ねよう

そう 母がくれた おまもりのうた

離れてても 同じ空の下
いつも あたたかく見守ってくれた
素直に
「ありがとう」

ひらり ひらり 桜の花舞う度に
瞳とじて 耳をすませば
遠く遠く 微かだけど懐かしい
優しい歌に すべて忘れよう

そう 母がくれた おまもりのうた
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:おまもりのうた 歌手:羊毛とおはな

羊毛とおはなの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2007-11-06
商品番号:LRTCD-20
インディペンデントレーベル

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP