試聴する

悲しみの子供たち

この曲の表示回数 5,597

冷たい夜が今、透明な息をする。
降り出す雨はいつか公園の影を切る。

正しい間違いを波の音さらってく。
落ちた虹色に悲しみが手を伸ばす。

誰もいない街の中、時計の鳥は鳴いて。
海の底で涙を垂らしてる君を消してるの。

悲しみの子供たち。
いまも、どこか、一人きり。
海に流した指輪。
君の声は揺れてるの。

滴る地下で嘘をついて色を買う。
仮面の中で笑っていた黒い人。

高いビルの屋上で今、鳥になる。
なにか変わるかな。透明で描いてる。

僕もいない街は今涙が溶かしてゆく。
君に書いた手紙は白く濁って汚れてくの。

悲しみの子供たち。
いつも、ずっと、笑ってる。
夢を食べた鯨は君の声で揺れてるの。
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:悲しみの子供たち 歌手:Maison book girl

Maison book girlの新着情報

  • river / ♪繰り返すあの日々はいつも雨
  • Fiction / ♪綺麗な朝君の横顔照らしてる
  • 海辺にて / ♪海の底で君は泣いてたの膝を
  • ノーワンダーランド / ♪それは不完全な雨でキミに
  • LandmarK / ♪空の下滲む屋上の煙銀色と二人

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2019/12/18
商品番号:PCCA-4876
ポニーキャニオン

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP