snow irony

Maison book girl

snow irony

作詞:サクライケンタ
作曲:サクライケンタ
発売日:2015/09/23
この曲の表示回数:8,202回

snow irony
始まりの日の夜は、いつでも雨が降って。
裏口の扉には、煙の中の僕ら、ゆれて。

16月から、君はガラスで隠されたよ。
ベッドの中で一人。雪が雨に変わるよ。

何も知らないままで、失った。
声は変わってしまった。

見たくない見たくない見たくない見たくない。これ以上。
知りたくなかった。美しい記憶を笑って。
終わりを分かってた。汚れた結末、気付いてた。
許さない許さない許さない許さない許さない

あの狂った日常、なにより美しくて、
まるで夜中に光る工場の光の様。

ページ破ったって、変わらない。いつか忘れてしまうの?

わからないわからないわからないわからない。愛とか。
消えてく感情、青色、叶わない夢とか。
ただ一つ思うのはそんな世界さえ愛すの?
もう一つ思うなら、ふふふふんふふふふん知らない。

何も知らないままで失った。
君は変わってしまった。

コトバのキモチ 投稿フォーム

ココでは、アナタのお気に入りの歌詞のフレーズを募集しています。
下記の投稿フォームに必要事項を記入の上、アナタの「熱い想い」を添えてドシドシ送って下さい。

推薦者:アナタのお名前(ペンネーム可)
性別:
 
年齢:
 歳
投稿フレーズ:
曲名:
歌手名:
コメント:
歌ネットに一言あれば:

※歌詞間違いのご指摘、歌ネットへのご要望、
その他返信希望のお問い合わせなどは
コチラからどうぞ。→ 問い合わせフォーム

この曲のフレーズを投稿する

コトバのキモチ 投稿フォーム

ココでは、アナタのお気に入りの歌詞のフレーズを募集しています。
下記の投稿フォームに必要事項を記入の上、アナタの「熱い想い」を添えてドシドシ送って下さい。

推薦者:アナタのお名前(ペンネーム可)
性別:
 
年齢:
 歳
投稿フレーズ:
曲名:
歌手名:
コメント:
歌ネットに一言あれば:

※歌詞間違いのご指摘、歌ネットへのご要望、
その他返信希望のお問い合わせなどは
コチラからどうぞ。→ 問い合わせフォーム

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません