試聴する

レインコートと首の無い鳥

この曲の表示回数 1,457
歌手:

Maison book girl


作詞:

サクライケンタ


作曲:

サクライケンタ


今、不思議な鏡を見つめてる。ただ、汚れてゆくのは誰の顔?

白、拭えない記憶。公園の青。カーテンの隙間、目を逸らす。

時計の鳥は、静かな街の音。光と影は次の朝に消えてゆくの。

レインコート揺れた。
行方を捜した。
夢の足音から虹が薄れて夢を溶かした。

壊れかけている窓、工場の写真の笑顔の指ねじれてく。

ホテルの秘密。最後に鳴いたのは屋上の上。鏡の裏、冷たい朝。

重ねた体まだ。
首の無い鳥の声。
消える部屋の中でひとつひとつ記憶を許すの。
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:レインコートと首の無い鳥 歌手:Maison book girl

Maison book girlの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2018-06-20
商品番号:PCCA-4692
ポニーキャニオン

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP