試聴する

紅筆哀歌

この曲の表示回数 1,194
歌手:

服部浩子


作詞:

石原信一


作曲:

徳久広司


紅をひと筆 引く手の重さ
来ないあなたを 待つ夜更け
化粧鏡に 映るのは
二年あまりで 落ちた肩
ひどい男(ひと)だと 甘えてすがり
明けて朝には 紅が泣く

奪い取れない さだめの恋に
なんで心を 寄せたのか
浴衣うなじの ほつれ毛を
月の灯りが 照らし出す
影を重ねる つかのまだけは
風よ静かに しておくれ

咲いた花なら 散りゆくまでは
あなた綺麗と 言われたい
涙隠して くちびるを
いつも色染め 耐えてきた
もしも別れの その日が来たら
紅もつけずに 旅に立つ
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:紅筆哀歌 歌手:服部浩子

服部浩子の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2019-05-01
商品番号:TECA-13922
テイチクエンタテインメント

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP