試聴する

木蓮の花庭

この曲の表示回数 431
歌手:

次松大助


作詞:

次松大助


作曲:

次松大助


目覚める前の白い光 どこかほっとした寂しい気持ち
枯葉の残る 春の小径 花の木陰に座ったその顔

眩暈の中で会えたのは 会いたかった悲しいもの
ぼくはどこにもいかないよ 木蓮の庭でほら午睡をした

白い空と強く吹く風 花の重みも知らないよ
何度めの春かと 君は笑っていて

嵐の中で会えたのは 会いたかった優しいもの
空の広さを、花の重さを、幾たび忘れては慄えるのでしょう
眩暈の中で会えたのは 会いたかった悲しいもの
いつか忘れてしまうのかな 君もぼくも愛と呼んだものを

目覚める前の白い光 風の音が消えた

眩暈の中で会えたのは 触れたかった儚いもの
ぼくはどこにもいかないよ 何度めの春かと空を見ていた
嵐の中で会えたのは 会いたかった優しいもの
いつかこの日を思い出すでしょう

永遠をゆるした あわい恋を
君とぼくが、愛と呼んだ日々を
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:木蓮の花庭 歌手:次松大助

次松大助の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2018-05-16
商品番号:PCD-25255
Pヴァイン・レコード

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP