試聴する

枇杷に捧ぐ

この曲の表示回数 73
歌手:

次松大助


作詞:

次松大助


作曲:

次松大助


うなだれた形になった
影は濃くて 夏に吐きだされた

そのままの青さで たった産声みたいに
しおらしく固めた右手は空を切った

この雲は夏を伏せて
うなだれた僕らの熱を奪うんだ
そう言った、その危うさで
僕らは夏に吐き出された

それはどこか帰れない場所
枇杷の実がとおく垂れていた

嫌いじゃなかった君の臆病さと
転げたところで笑うしか出来ない僕に

枇杷の実がぬるく揺れてた
吐き出した種は二人に重なる
夏の大気の静けさで 君だけが空を傾げてた

「ハロー、ハロー、最後に見た景色を憶えてるかい?」

夕陽色に戸惑って 僕ら散り散りになって、あぁ

子どもじみた遊びをして僕らはいつか摩滅し合うんだ
そう言った、その危うさで
うなだれ、仰ぎ、口をあけた

この雲は夏を伏せて
しおらしい暴力で熱を奪うだろう
忘れるための思い出を
君がくれた枇杷に捧ぐ
icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:枇杷に捧ぐ 歌手:次松大助

次松大助の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2018-05-16
商品番号:PCD-25255
Pヴァイン・レコード

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP