試聴する

花束を

この曲の表示回数 63
歌手:

次松大助


作詞:

次松大助


作曲:

次松大助


鐘は鳴った
天(あめ)と地(つち)の袋を握った少女たちは
なにを祝うの、なにを祝ったの
年の老いた尼僧が泣いた
ぼくは花束を持たせたかった
なにを棄てるの、なにを抱いたの

ドアがひらく、無数の音で
何も聞こえなくって
どう歌うの

祈れ、祈れ、祈れ、祈れ、祈れ、祈れ
世界を、こころを、
そこにあるべき花束を、祈れ

春を鬻(ひさ)ぐ少女が嗤う
ぼくはお人形を持たせたかった

だまれ、だまれ、だまれ、だまれ、だまれ、だまれ
嫌悪して依存した
ままならない世界を、祈れ

“維尼熊(ウェイニーション)は氷の上に投げられた
口伊口育(イーユゥオ)のほうがずっとずっと、ずっとステキだったのに
遥か未来 ままならない おうどんを啜って
維尼熊が投げられるのをぼくは見ていた”

眠れ、眠れ、眠れ、眠れ、眠れ、眠れ
世界も、こころも、
そこにあるべき花束も、
眠れ
icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:花束を 歌手:次松大助

次松大助の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2018-05-16
商品番号:PCD-25255
Pヴァイン・レコード

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP