季節風

この曲の表示回数 7,596
歌手:

寺尾聰


作詞:

有川正沙子


作曲:

高水健司


今でも 記憶の風が胸かすめて
斜めに 夕陽が影落とす街角

まぶたに焼き付いてる せつないまなざし
あなたを許せたなら 失うこともなかった

夜へと 続く痛みを持て余し 佇む

あれから ひとりで棲む部屋に戻れば
あなたの 寂しげなエア・メール届いてた

“出来るならば日付を 5月に戻して
何もなかったように…”
あなたの願い哀しい

グラスの 氷が溶けて細い文字 にじんだ

僅かに開けた窓を 翼が横切る
男と女なんて 所詮はわかり合えない

流れる 季節(とき)が痛み消すのをただ 待つだけ
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:季節風 歌手:寺尾聰

寺尾聰の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:1998-05-13
商品番号:TOCT-10281
EMIミュージック・ジャパン

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP