二季物語

この曲の表示回数 19,942
歌手:

寺尾聰


作詞:

有川正沙子


作曲:

寺尾聰


凍えた湖 まぶたに銀の木洩れ陽
冬に届いた手紙を 開けるたびに
あなたが悲しい

グレイの便箋 見知らぬ文字が教える
あなたは二度と 俺を訪ねはしない
眠りの汽車で旅に出た

愛してると繰りかえした俺に 髪をゆらし微笑った
真冬をひとりすごすはずのヴィラに 誘えばよかった

水鳥ながめる もの憂い午後は空白…
俺のこころの 静かな雪は止まず

あなたへ愛を閉じこめる
あなたへ愛を閉じこめる

真夏の 波間で あなたとデッキにまどろむ
旧いラジオのJazzに この身まかせて
グラスをうけとる

入江のホテルで 泊まり合わせた偶然
過ぎた夏ごとの痛みがふとよぎる
今年はあなたが共犯者さ

夏はふたり甘い蜜に溺れ 灼けた肌を重ねる
強い酒をあおるような恋に めまいさえ憶えて

テラスにもたれて 濡れた背中を目で追う
ふりむくあなたを 光に奪われて
つかのま ため息

砂に 抱かれ あなたは何故に……
このまま夏を止めてしまえるならば
すべてを棄てても 惜しくないぜ
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:二季物語 歌手:寺尾聰

寺尾聰の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2007-05-16
商品番号:TOCT-26252
EMIミュージック・ジャパン

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP