北の哀歌

この曲の表示回数 7,331
歌手:

浜博也


作詞:

槙桜子


作曲:

徳久広司


身の丈ちかく 雪が降る
故郷(ふるさと)は 線路(みち)の果て
九年(くねん)数えた都会(まち)の暮らしに
別れを告げるベルが鳴る
後ろ髪引く思い出ならば
胸のすき間に埋めりゃいいさ
軋(きし)む明日に身をゆだね
北へ北へ、北へ北へ…揺られる夜汽車

失くしたものは 蒼(あお)き夢
やるせない 恋ひとつ
「それであなたがいいというなら…」
俺には出来(すぎ)た女(ひと)だった
詫びて飲み干すカップの酒に
浮かぶ未練のほろ苦さよ
きつく唇かみしめて
北へ北へ、北へ北へ…揺られる夜汽車

春の芽吹きは まだ遠く
故郷は 雪だろう
上り列車の窓の灯りに
昔の俺がすれちがう
老いた親父と妹ふたり
駅のホームで待っているよ
土産ものなど無いけれど
北へ北へ、北へ北へ…揺られる夜汽車
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:北の哀歌 歌手:浜博也

浜博也の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2002-08-21
商品番号:GRDE-111
ガウスエンタテインメント

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP