試聴する

北の港で待つ女

この曲の表示回数 23,641
歌手:

浜博也


作詞:

麻こよみ


作曲:

岡千秋


おまえに似合う 男になって
必ずいつの日か 迎えに戻る
ユラユラと漁火が きらめく夜に
涙こらえて 見送(おく)ってくれた
北の港で ひとり待つ女

ふたりで暮らす 幸せあれば
何(なん)にもいらないと 微笑(わら)っていたね
面影を抱きしめて グラスの酒に
酔えばなおさら 逢いたさつのる
北の港で 今も待つ女

離れていても 心はひとつ
会えない年月(としつき)は 無駄にはしない
ヒュルヒュルと海鳴りが おまえの声で
泣いてこの俺 呼んでる頃か
北の港で ひとり待つ女
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:北の港で待つ女 歌手:浜博也

浜博也の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2018/08/15
商品番号:TECA-13863
テイチクエンタテインメント

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP