試聴する

ブランコからおりて

この曲の表示回数 3,760
歌手:

nangi


作詞:

nangi


作曲:

nangi


ブランコの上で足が地面に届かないな。
おもいっきりこいだけど、あの空にも届かないな。

どっちにも行けないことを誰かのせいにして逃げたって、
変わるものなど何もないや。

ここには私が描いた世界が確かにあったのに。
あの空に憧れてしまった。色褪せてしまった。大切な日常。
そして、どこにも行けない私は宙吊りの夢から覚めないまま。

カラフルな色したベンチ、よく見れば古びている。
まるで今の私をそのまま映したみたい。

あっちにはキレイな青の新しいベンチが出来ていた。
憧ればかり追いかけてる。

ここには私のこの手で必死につかんだ今がある
ふと思い出してみたら辛くって、こんなにも愛しかった。ちっぽけなプライド。
そして迷いを飛ばした私は、ブランコからおりて前を向いた。

ここには私が描いた世界が確かにあるはずで…。
ふと思い出してみたら辛くって、こんなにも愛しかった。ちっぽけなプライド。
そして迷いを飛ばした私は、ブランコからおりて前を向いた。

そして、どこにも行けない私は宙吊りの夢から目覚めるのさ。
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:ブランコからおりて 歌手:nangi

nangiの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2010-09-15
商品番号:ESCL-3513
ERJ

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP